中川悠介の名言

中川悠介のプロフィール

中川悠介、なかがわ・ゆうすけ。「アソビシステム」社長。

中川悠介の名言 一覧

いまはむしろ、計算しないほうがヒットする時代。


一度「ものさし」を決めてしまうと、押しつけになってしまいますよね。今の時代、押しつけからヒットは生まれないんじゃないでしょうか。


人と同じことはしたくなかった。もともと、1を10にするより0を1にするほうが好きなんです。


「ブームを作るよりも、カルチャーを創る」という意識で、今後も活動していきたい。


「これがいける」というものは、人と話したり、反応を見たりすれば、たいていわかるもの。


私だって9割は失敗していますよ。でもその中に次への成功のヒントが隠されている。だから面白いと思ったらとりあえず、戦略とか細かいことを考えずにやってみるようにしています。


ヒットの予感を感じるのは、世の中の「ざわつき」が感じられたときでしょうか。今まで「渋谷」と言っていた人が、急に「原宿」と言いだしたりとか(笑)。ただ、あくまで直感的なものですね。


大事なのは、自分たちが自信を持っていいと思うものを、みんなの前に「置いてみる」ことだと思います。すると、共感してくれた人たちが自発的に、「いいね!」と言ってくれる。


「これがいいだろう!」という押しつけではなく、「これがいいのでは?」という「問いかけ」をすべきではないかと思っています。かつてはメディアを用いた大々的なプロモーションで「いいだろう!」と宣伝することで、消費者に「いいね!」と言わせていた。でもそうした押しつけは通用しなくなっています。


私が最初に手がけたのは、美容師を集めてのイベント「美容師ナイト」でした。そこに多くのモデルやアーティストが集まってきて、じゃあその人たちをマネジメントしようという話になった。それで法人化したのです。つまり元をたどればイベントだったものが、アメーバのように広がっていって、今に至るわけです。これもまた、「ものさし」を決めなかったからこそだと思います。


中川悠介の経歴・略歴

中川悠介、なかがわ・ゆうすけ。「アソビシステム」社長。

他の記事も読んでみる

津賀一宏

私の最大のメッセージは、49事業部はすべてが対等であるということです。これまでは松下電器産業があり、松下電工があり、三洋電機があり、パナホームがあるといったように、それぞれが異なる枠組みでスタートし、それをもとに「親子関係」がどうだ、といったことも言われていた。また、従来は陽の当たる事業部、陽の当たるドメインというところに重きが置かれていた傾向がありました。象徴的なものがデジタルテレビです。これからは決してそうではない。事業部のなかには、これらの企業体が混ざり合っており、そうした議論が出る余地がない。そして、事業部が対等に競い合い、連携し合う。そこで新たなモノを生みだしてほしいという期待を表明しています。


家入一真

悩んでいる人に「そこから逃げてもいいよ」と言うと、「無責任なことをいうな。逃げたあとはどうするんだ」と言われるかもしれません。しかし、先のことは逃げてから考えればいいと思います。逃げるということは場所を変えるということです。その先では、それまでとは違った景色が見えるはずです。そこで一人になって自分を見つめ直すと、やれることが必ず見つかります。


西成活裕

「困難は分割せよ」とは、哲学者・デカルトの言。一気に片づけるのは大変でも、フェーズごとに分ければ解決が見えてくる。


宮内誠

私に父(オリックス会長・宮内義彦)ほどの才能があるとは思わないし、時代も違う。でもゼロからスタートしてあそこまで大きくなったオリックスの精神は学びたい。それは新しいものへのチャレンジを続けるということです。与えられた環境や能力を最大限使って、チャレンジしていきたい。


白井一幸

プロ野球の指導者の中には、自分の成功談を語り、選手にも同じようにやれと指導する人がいます。それは、名選手が指導者になるケースが多いためでもあるのですが、これも正しい指導法とはいえません。なぜなら、選手は、やり方は理解しているけれど、それができないがゆえに悩んでいるからです。成功談というのは、自分主体の発想であり、選手の立場に立っていません。それを聞いた選手は、「自分はあなたとは違う」「自分にはできない」と思うだけです。ただ、成功談そのものが悪いわけではなく、それを活かすには失敗談も一緒に伝えることが大切なのです。


本多均

私は以前は証券会社に勤務して、さまざまな企業の実情を見てきました。そこでわかったことは、どれほど素晴らしい事業でも必ず、「成長→安定→成熟→衰退」という道をたどること。


鍵山秀三郎

目の前の好都合こそ正しく、幸せにつながると勘違いしている人たちは、好都合の条件ばかりにとらわれてしまう。だから、世の中全体が自分勝手になってきたわけです。


藤田晋

新しい流れや動きに対して、「時代遅れの解釈」や「勝手な思い込み」を当てはめて否定的に捉えてしまう人がよくいます。そういう人は、まずは自分の常識を疑ってかかり、「今、何が起きているのか」を客観的に捉えるようにするといい。


井上真一(牧野フライス製作所)

工作機械は安定的に動き続ける信頼性が命です。工作機械の主軸は新幹線の車軸の10倍の速度で回転し、休まずに金属を加工するタフさが求められます。ですから品質とは信頼性で、その先に納期や価格などの話があります。当社の企業理念、「品質第一」を徹底的に守っていく覚悟です。


小島希世子

本当にもう、できることからやっていくしかない。


高田明(ジャパネットたかた)

私は人間性や考え方について人一倍厳しく指導しています。9叱っても1しか褒めません。今の若い人がメンタル的に耐えられるかという難しさはありますね。


佐藤誠治(経営者)

今は「一億総不安社会」。老後の資金繰りなど悩みは尽きませんが、我々はそうしたお客様の心配事や悩み事を掘り起こし、明確な意志をもって解決策を提案していく銀行でありたい。皆様の人生を前向きにするためのビジネスサポーターに徹していきたい。


水田正道

働き方の問題にしっかり対応していくことが、世の中に必要とされる企業になる大前提。


吉野真由美

話が長いということは、「論理的思考ができない人」、もっと言えば「知性が低い人」という印象を与えかねません。話が長いと思われないためには、ひとつずつの文を短くすることを意識しましょう。


大串亜由美

仕事を頼まれたときに、「断ったら相手が困るかも」と迷う人がいますが、断っても相手にほかの選択肢がないわけではありません。早めにダメとわかれば、すぐほかの人に当たれるし、別の方法も考えられるはず。だから、迷う仕事であれば、早めに断ったほうがいいでしょう。


ページの先頭へ