名言DB

9412 人 / 110637 名言

中川志郎の名言

twitter Facebook はてブ

中川志郎のプロフィール

中川志郎、なかがわ・しろう。日本の飼育員、動物園経営者。上野動物園園長。茨城県生まれ。宇都宮農林専門学校獣医科(現:宇都宮大学)卒業後、上野動物園に獣医として勤務。ロンドン動物学教会研修留学後、上野動物園飼育課長、多摩動物公園園長、上野動物園園長を務めた。そのほか財団法人日本動物愛護協会理事長、日本博物館協会会長、茨城県自然博物館館長なども務めた。パンダに関する本を多数執筆している。

中川志郎の名言 一覧

(パンダの観察活動に)事務員にも参加してもらいました。餌の大豆の粉ひとつ取っても、日本で一般に入手できるものは中国のものとは違います。これを探してくるのは事務職員の仕事ですが、その人が自分の仕事だと思わない限り、熱心にやってくれません。ですから「人手が足りない」を口実に、使命感の醸成と共有を狙って、パンダの観察を始めたわけです。


(日本初の上野動物園でのパンダ飼育時に)17人でチームを作りました。「トラの本間」「カバの西山」などと言われたように、動物の飼育は職人芸の世界でした。しかし、パンダの飼育には中国語の文献を読むことも必要です。病気になったときの対応や餌である笹の調達などに、多くの人の力を借りる必要があります。パンダの飼育は、結果として動物の飼育法の転換点になりました。


動物の飼育というのは理屈ではなく、経験がものをいう仕事です。しかし、パンダのように野生では笹しか食べないクマの飼育経験はありません。いままでの蓄積がぜんぜん生かせない動物がやってくることになったのです。そこで私が考えたのは、まず、安心できる状況にパンダを置くことでした。動物は心を持っていますから、いつも心から信頼できる飼育員がそばにいることが大切だと考えたのです。そしてベテラン飼育員を主任に据えました。
【覚書き|上野動物園飼育部長時代にパンダがやってきたときを振り返っての発言】


中川志郎の経歴・略歴

中川志郎、なかがわ・しろう。日本の飼育員、動物園経営者。上野動物園園長。茨城県生まれ。宇都宮農林専門学校獣医科(現:宇都宮大学)卒業後、上野動物園に獣医として勤務。ロンドン動物学教会研修留学後、上野動物園飼育課長、多摩動物公園園長、上野動物園園長を務めた。そのほか財団法人日本動物愛護協会理事長、日本博物館協会会長、茨城県自然博物館館長なども務めた。パンダに関する本を多数執筆している。

他の記事も読んでみる

村岡恵理

昨今では「虚礼廃止」が叫ばれ、部下から上司へのお歳暮は禁止、場合によっては年賀状も不要とする会社が多く見られます。それが会社の決めたルールなら、迷うことなくルールに従うべき。ただお得意様や取引先、個人的にお世話になった方へ、御礼や感謝の気持ちの表現として、また、時にはご無沙汰してしまっているお詫びの意味を含めて、お歳暮はご縁を繋いでくれるありがたい慣習です。


北条重時

人からの用事を請け合ったならば、急いで終わらせるようにしなさい。たとえ大した事柄とは思われなくても、努力しなければならない。もしそれが自分の力でどうにもできない事であったならば、その訳を話し、よくよくお詫びしなくてはならない。


仲山進也

「楽天大学にはどんなノウハウがあるのですか」とよく聞かれますが、「こうすればうまくいく」というものはありません。変化のスピードが激しいネットの世界では正解や前例のない状況が常なので、「こうすればうまくいく」というやり方を表面的にとらえると、3か月後には通用しなくなっている可能性があります。


ケリー・マクゴニガル

人生を変えようとしているなら、それがいい考えかどうか聞くのではなく、その変化を実行に移すための「最善の方法」について聞き、サポートしてくれるよう頼みましょう。あなたの目標が何かを知ってもらうことから始めてみましょう。その仕事をするに当たり、どんな希望や抱負が湧き上がったか、その人とシェアすると同時に、その仕事に就くことで感じる葛藤について話してみましょう。希望や抱負を実行に移すための「最善の方法」や、心配を処理するための「最善の方法」を考えるのを手伝ってほしいと、頼んでみましょう。


伊藤雅俊(味の素)

どの産業分野でも世界で勝負するには、海外の競合にはない日本独自の普遍性で勝負していくしかない。


吉田忠裕

今の日本を含む、世界の国々の動きはそこまで読み切れませんから、厳しい状態が今後も続いていく前提で、我々は事業を強化し、実績を出すことを考えていく。


松下幸之助

自分は病弱だったから、すべて人に任せました。結果的にはそれで人が育ち、事業が成功しました。病弱だったのは不運でしたが、結果的にはそれが幸運でした。


アレックス・カー

短い人生を「無事に終わらせる」なんて、本当にもったいない。それより、今から少しずつでもリスクに慣れておき、この先、目前にチャンスが巡ってきた時に自信を持って手を伸ばせるようにしておきたいものですね。


岩崎裕美子

ある人に経営者の価値観を決めろと言われたんです。自分たちもブレなくなるし、社員も会社の価値観に賛同できるかどうかが分かると。その価値観が「挑戦」でした。古いものと新しいもの、どっちを選びますかとなったら、新しい方に行くよと。私達はベンチャーだし、会社は変化しないと生き残れない。


岡田裕介(東映)

子会社の基本的な経営はそこの社長にすべて任せています。昔は子会社の社長は本体の一部長という感じがありましたが、それではダメで自主独立していけと。


ジャック・マー(馬雲)

なぜミッションとビジョンが必要かというと、多くの人がナンバーワンになったらどうなるのか、なった後はどうするのかを考えておらず、目標のナンバーワンになった後に結局迷い、自分の将来が分からなくなってしまうからです。それは一番恐いこと。


野口美佳

私が面接するのは幹部候補だけです。採用は基本的に各部署のリーダーに任せています。ただ、「好きな人」「気の合う人」を入れて、とだけは言っています。極端にいえば、「声が好き」「顔が好き」でもいいんです。履歴書を見て、学歴やこれまでの実績が優れていても、人柄がいまひとつだったり、相性がよくなかったら、一緒に働いたとき、上手くいかないでしょ。人を見る目に自信がない人にかぎって、履歴書やキャリアに頼ってしまう。それよりも、「この人いいな」と思った人を採用したほうが、職場は上手くいきます。


高橋智隆

第一志望だった企業の最終面接に落ちたことをきっかけに、もの作りを仕事にしたいと気づきました。子供の頃からの夢だったロボット科学者を実現するには、大学の工学部に入り直さなければと、その日の夜から、高校時代の教科書を引っ張り出し、猛勉強を始めました。不採用の電話が来たあの日こそ、私のターニングポイントです。


滝岡幸子

オフィスは間借り、飲食店なら居抜き物件など。起業するときは最初からカッコつけようと思わないこと。


井上由美子(脚本家)

プロになる確実な方法は、当たり前ですがとにかく「書くこと」です。シナリオスクールでは、毎回課題が出されるのですが、じつは、ちゃんと書いてくる人は、意外と多くないんです。もっといいものをと、肩に力が入ってしまうのかもしれません。かくいう私も書けない一人でしたが、誰も書かない斬新なファーストシーンを求めて、最初の一枚を延々何十回も書き直していました。でも、これじゃ、いつまで経っても一本もかけないと思い直して、そこを突破しました。