名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中川志郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川志郎のプロフィール

中川志郎、なかがわ・しろう。日本の飼育員、動物園経営者。上野動物園園長。茨城県生まれ。宇都宮農林専門学校獣医科(現:宇都宮大学)卒業後、上野動物園に獣医として勤務。ロンドン動物学教会研修留学後、上野動物園飼育課長、多摩動物公園園長、上野動物園園長を務めた。そのほか財団法人日本動物愛護協会理事長、日本博物館協会会長、茨城県自然博物館館長なども務めた。パンダに関する本を多数執筆している。

中川志郎の名言 一覧

(パンダの観察活動に)事務員にも参加してもらいました。餌の大豆の粉ひとつ取っても、日本で一般に入手できるものは中国のものとは違います。これを探してくるのは事務職員の仕事ですが、その人が自分の仕事だと思わない限り、熱心にやってくれません。ですから「人手が足りない」を口実に、使命感の醸成と共有を狙って、パンダの観察を始めたわけです。


(日本初の上野動物園でのパンダ飼育時に)17人でチームを作りました。「トラの本間」「カバの西山」などと言われたように、動物の飼育は職人芸の世界でした。しかし、パンダの飼育には中国語の文献を読むことも必要です。病気になったときの対応や餌である笹の調達などに、多くの人の力を借りる必要があります。パンダの飼育は、結果として動物の飼育法の転換点になりました。


動物の飼育というのは理屈ではなく、経験がものをいう仕事です。しかし、パンダのように野生では笹しか食べないクマの飼育経験はありません。いままでの蓄積がぜんぜん生かせない動物がやってくることになったのです。そこで私が考えたのは、まず、安心できる状況にパンダを置くことでした。動物は心を持っていますから、いつも心から信頼できる飼育員がそばにいることが大切だと考えたのです。そしてベテラン飼育員を主任に据えました。
【覚書き|上野動物園飼育部長時代にパンダがやってきたときを振り返っての発言】


中川志郎の経歴・略歴

中川志郎、なかがわ・しろう。日本の飼育員、動物園経営者。上野動物園園長。茨城県生まれ。宇都宮農林専門学校獣医科(現:宇都宮大学)卒業後、上野動物園に獣医として勤務。ロンドン動物学教会研修留学後、上野動物園飼育課長、多摩動物公園園長、上野動物園園長を務めた。そのほか財団法人日本動物愛護協会理事長、日本博物館協会会長、茨城県自然博物館館長なども務めた。パンダに関する本を多数執筆している。

他の記事も読んでみる

渡邉幸義

私は「未来ノート」をつけています。1カ月に1冊。社会課題を解決するためのプランを毎日4時間、土日10時間、26年間1日も欠かさず書き続けています。今年で310冊目になりました。


石井ふく子

「あきらめない」と「あせらない」は同じだと思うんです。あせって結論を急ぐから、すぐあきらめちゃうわけでしょ?


磯崎功典

失敗を恐れるな、加点主義でいこう。


森下一喜

年間計画に沿って、そこそこの面白さのゲームを一定量出せば利益が出るかというと、そんなことはない。


千葉智之

同じ会社、同じ部署には、やっぱり似た者同士が集まっているんですよね。そんな世界を広げてくれるのが、僕にとってのランチ。できる限りアポを入れるようにし、デスクの上で10分ランチなんていうことがないように心がけています。昼なら、誘いやすいのもメリットですね。


野村克也

叱られて燃えるか、褒められたら頑張ろうとするか。自信のない自分に共感して欲しい、そっとして欲しいかも違う。性格や習性によって、欲しい言葉もタイミングも違うってことだよ。裏返せば、上滑りの言葉や間の悪い言葉はむしろ「俺なんて見てくれていないんだ」と自信をなくさせてしまう。だから相手がどんなタイプか見極めることが、重要なんだよ。


喜多川泰

僕の本が答えたというつもりはなくて、人によって答えは違っていいんです。大人でさえも自分の答えに確信を持つことは難しいですから、物事にはいろんな見方、考え方があることを伝えたかった。


石田忠正

数字の目標が一方的に降ってくるだけだと、反発されるでしょうね。本社と各国社長の間では、かなりの議論をした上で、納得ずくで利益目標が設定されます。各国の社長と部下の関係も同様です。その議論のプロセスが大切なのです。


稲盛和夫

仕事は「ど」がつくくらい「ど真剣」に打ち込むべき。一度きりの人生を「ど真剣」に生き抜く真摯な姿勢があれば、どんな仕事も好きになる。


吉川良三

世界市場に臨むにあたって最も重要なことは、意思決定を速くすることである。物事を速く決めて、とにかく先頭を走る。二番手ではダメなのだ。


大西洋

お客様に挨拶するのは当たり前ですが、仲間への挨拶も重要です。そこから会話が始まり、会話が重なって対話となり、コミュニケーションが成立するからです。


篠原菊紀

単に読むだけでも、思い出すだけでもなく、他の情報と組み合わせて使うこと。つまりアウトプットすることが、脳に最も強く記憶させる秘訣。一所懸命読むだけでは、記憶として定着しないのは、これが原因。つまり、人間の脳はそもそも「丸暗記」には向いていない。