名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中川強(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川強(コンサルタント)のプロフィール

中川強、なかがわ・つよし。日本のフランチャイズ専門コンサルタント、中小企業診断士。「フルスイングパートナーズ」代表。大学卒業後、コンサルティング会社、大手フランチャイズ本部などを経て独立。

中川強(コンサルタント)の名言 一覧

経営ノウハウは本部のマニュアルがあります。実務は部下や店員さんがやります。オーナーがやることは、その人たちのケア。人というのはそれぞれですから、マニュアルで対応できるものではありません。ケアすることが、オーナーにとって非常に重要な業務になってくるのです。


まるでFC(フランチャイズ)に就職する気持ちで加盟する人が多いんですが、それでは成功は難しい。オーナーと本部は対等の関係。おんぶにだっこではなく、経営者の自覚を持って取り組まないと、上手くいきませんよ。


FC(フランチャイズ)ビジネスは、本部のマニュアルに従うことが成功の鍵。ところがなまじ経験があると、ついそれにアレンジしてしまうんです。もちろんそれでよい結果が出る場合もありますが、ほとんどは失敗します。


成功の基本は、まず本部選びです。FC(フランチャイズ)ビジネスは、その構造上、本部を超えるビジネスはできません。ここを間違ってしまうと、どんなに才能があっても、絶対に上手くいきません。


中川強(コンサルタント)の経歴・略歴

中川強、なかがわ・つよし。日本のフランチャイズ専門コンサルタント、中小企業診断士。「フルスイングパートナーズ」代表。大学卒業後、コンサルティング会社、大手フランチャイズ本部などを経て独立。

他の記事も読んでみる

浦沢直樹

毎回毎回、毎ページ白い紙が来るじゃないですか。これ埋められなかったらどうしようとか、全然気に入った絵が入れられなかったらどうしようとか、新人が白い紙に向かうのも、ベテランが白い紙に向かうのも、基本同じみたいな気がする。


吉野真由美

通常、依頼する立場は、それを受けるかどうかの主導権を相手に握られている弱い立場です。ところが、劣勢な状況を一瞬で優勢に転じることのできる言葉があります。「ご関心がない場合は、はっきりお断りください」。余裕を持ってこう言い切ると、形勢が逆転し、こちら側に場の主導権が移ることがあります。また、もともと買う気のない顧客を峻別することができ、時間の無駄がなくなります。


進藤晶弘

どんなに非常識だと見られても、自分の気持ちをとめることはできない。


山西健一郎

改善活動で大事なのは、まずは聞き役に徹すること。社長は10人の役員の話を聞き、役員はさらに10人の部下と話し合う。理解してもらえるまで説明することで、自発的な改善活動が定着する。


武宮正樹

自分が打ちたい手を素直に打つ。これがなかなかできない。はじめの頃は自分の思う打ち手があるのに、見栄や傍目を気にして「よそ行き」の手を打ってしまう。これ、一番いけないことなんです。自分の打ちたい手を打てば、たとえ間違っていても反省材料になるし、自分でも納得がいく。


鈴木敏文

トップがどれほど怒っているかということは、やはり唾の飛ぶ範囲で話をしないとわかりません。それでも聞いていない奴がいるのですから。
【覚書き|なぜ東京本社に人を集めるのかと問われての発言】


横山信治(経営者)

ため息はもちろん、マイナスの言葉は一切使わないようにしました。逆に「ありがとう」という感謝の言葉など、プラスの言葉をたくさん使うようにしたら、家族の雰囲気も、仕事の回り方も、驚くほど変わっていきました。


佐藤優

恋愛の結末としての結婚もよいのですが、えてして見失われがちなのが結婚の経済的な利点。一人暮らしで行き詰まりがあるなら、むしろ結婚して一気にに環境を変えてしまう。結婚を機にどちらかの故郷に戻って、まったく新しい人生をスタートするのもいい。住んでいる場所が大きく変わると、人生の流れも変わり、良い方向に動き出すこともあるでしょう。


川村隆

英国の軍艦の興味深い話があります。軍艦をそのまま放っておくと、毎年1インチ(2.54cm)ずつ喫水が下がり、船の航行速度が落ちて、最後には使い物にならなくなるそうです。錆びて浸水したり、貝殻が付着したりというようなことではなく、艦の重量が毎年少しずつ増えてくるのが原因です。なぜかというと、乗組員が勤務に慣れてくるに従って、自分のベッドや個室に本などの私物を持ち込み、それが全体ではバカにならない重量になるというのです。従って英海軍では私物の持ち込みについて厳重な規定を設け、検査しているそうです。


中沢啓治

伝えるということは本当に難しい。日本は唯一の被爆国だと毎年騒いでいたって、実際には伝わっていないのです。僕に送られてくる読者からの手紙は、「漫画に描かれている原爆の状態は本当だったのですか」「まったく知りませんでした」「戦争と原爆の本当の姿をもっと教えてください」というものが多い。これは40年前の読者も、いまの読者も同じです。


アリストテレス

自殺は、たとえその人自身にとって不正でなくとも、国家に対しては不正なり。


林修

やらなかったことを嘆くなんて不毛。「やったけれど至らなかった」という反省の言葉ならまだしも。