名言DB

9490 人 / 112001 名言

中川強(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川強(コンサルタント)のプロフィール

中川強、なかがわ・つよし。日本のフランチャイズ専門コンサルタント、中小企業診断士。「フルスイングパートナーズ」代表。大学卒業後、コンサルティング会社、大手フランチャイズ本部などを経て独立。

中川強(コンサルタント)の名言 一覧

経営ノウハウは本部のマニュアルがあります。実務は部下や店員さんがやります。オーナーがやることは、その人たちのケア。人というのはそれぞれですから、マニュアルで対応できるものではありません。ケアすることが、オーナーにとって非常に重要な業務になってくるのです。


まるでFC(フランチャイズ)に就職する気持ちで加盟する人が多いんですが、それでは成功は難しい。オーナーと本部は対等の関係。おんぶにだっこではなく、経営者の自覚を持って取り組まないと、上手くいきませんよ。


FC(フランチャイズ)ビジネスは、本部のマニュアルに従うことが成功の鍵。ところがなまじ経験があると、ついそれにアレンジしてしまうんです。もちろんそれでよい結果が出る場合もありますが、ほとんどは失敗します。


成功の基本は、まず本部選びです。FC(フランチャイズ)ビジネスは、その構造上、本部を超えるビジネスはできません。ここを間違ってしまうと、どんなに才能があっても、絶対に上手くいきません。


中川強(コンサルタント)の経歴・略歴

中川強、なかがわ・つよし。日本のフランチャイズ専門コンサルタント、中小企業診断士。「フルスイングパートナーズ」代表。大学卒業後、コンサルティング会社、大手フランチャイズ本部などを経て独立。

他の記事も読んでみる

立川志らく

タレントになったからといって、すぐに仕事ができるわけではない。これからどうしようかと考えていたところ、落語家だから何か話せるだろうということで、コメンテーターの仕事が舞い込んできた。苦手意識のある仕事であったが、そもそも落語家は「世情の粗(あら)で飯を食い」と言われるほど、枕で世の中の時事ネタを笑いに変えてきた。その要領でコメンテーターをやってみようと発想を変えたところ、このスタイルが受け入れられた。すると、TBSの「ひるおび!」という番組でレギュラーをもらうようになり、ここから仕事の幅が広がっていった。


西澤ロイ

上達のために大事なことは、英語の学習を「日常の自然なこと」にすることです。自分の興味のある分野や、自分の仕事に近い分野を題材にするのは、そのための最も効果的な方法なのです。そうして「自分のなかにある種」を伸ばしていけば、いつの間にか英語への抵抗感がなくなり、使える単語や表現も増えていることでしょう。


神田昌典

ネット情報の問題点のひとつは、その情報に「ラベル」が貼られてしまうこと。たとえば竹田(恒泰)さんのことをネットで調べると、「右翼」「反中反韓」などというラベルが貼られた情報ばかりが出てくる。あるいは、「AKB」とか(笑)。こうした断片的な情報ばかりで、竹田さんのことをわかったような気になってしまうのは、非常に危険ですよね。


若生正廣

野球で実際にプレーするのは選手たちです。彼らが自ら動かなければ、いいプレーはできません。もっと選手たちの自主性を引き出さなければならない。


木川眞

イノベーションを起こすために、ヤマトグループが培ってきた強みを分析しました。もともとヤマト運輸や小倉(昌男)さんのことは、銀行員時代から知っていました。ただ中に入ってみたいとわからないこともあります。外と内、両方の視点で需要創出の仕組を客観的に分析しました。


隈研吾

ビジネスの相手として、結局同志にならないとやっていけない。大建築物には何十億、何百億円のおカネが出るから、下手をすれば共倒れになる。運命共同体なのだ。相手のビジネスが失敗したら僕だってつらいし、僕が満足できなかったら相手だってつらい。共倒れの関係が根底にあれば、プロジェクトはうまく進むようになる。


鎌田實

人と歩調を合わせることも大事だが、それだけでは一人前になれない。自分にしかできないこと、本当にしたいことを見つけ、行動することが大切。何も見つからないなら、人とは違う色のスーツを選ぶなど、外見から変えていくといい。


滝茂夫

真面目にコツコツ物を作り、地域に雇用とお金を落とすことを地味にやってきたので、完全に浸透しています。大げさにCSRを喧伝するのではなく、真面目に粛々とやっていくことが大切。


内藤忍

いつも3日坊主で終わってしまうという人は、持続するための仕組みをつくることから始めるとよいと思います。私の場合は、手帳に記録することがその役割を果たしています。毎日体重を量って記録する、ピアノを練習した時間を書いておく。ふとしたことでやる気をなくしても、手帳にある過去の記録が目に入ると、これだけ続けてこれたのだからもう少し頑張ってみようという気持ちになれ、逆境にも強くなります。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

本当に全力を注ぎ、学ぶ姿勢を厭わなければ最後には頂上にたどり着ける。


アルバート・アインシュタイン

人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには、走らなければならない。


林家木久扇(初代 林家木久蔵)

「口は奢ってなくちゃいけないよ」って、師匠によく言われました。口が奢っていない人は面白い話ができない、と。美味しいものを知っていることは、話の豊かさとつながるんです。すぐに芸にはつながりませんけど、選別能力がつく。「これはつまんない」「これは面白い」ってのが、わかるようになる。きっと感性が豊かになるんでしょうね。だから、まずいものを平気で食べていると、噺家仲間から軽蔑されます。僕はあえて弟子には話しませんけど、一緒に美味しいものを食べているから、わかってくれていると思います。