名言DB

9413 人 / 110706 名言

中川強(コンサルタント)の名言

twitter Facebook はてブ

中川強(コンサルタント)のプロフィール

中川強、なかがわ・つよし。日本のフランチャイズ専門コンサルタント、中小企業診断士。「フルスイングパートナーズ」代表。大学卒業後、コンサルティング会社、大手フランチャイズ本部などを経て独立。

中川強(コンサルタント)の名言 一覧

経営ノウハウは本部のマニュアルがあります。実務は部下や店員さんがやります。オーナーがやることは、その人たちのケア。人というのはそれぞれですから、マニュアルで対応できるものではありません。ケアすることが、オーナーにとって非常に重要な業務になってくるのです。


まるでFC(フランチャイズ)に就職する気持ちで加盟する人が多いんですが、それでは成功は難しい。オーナーと本部は対等の関係。おんぶにだっこではなく、経営者の自覚を持って取り組まないと、上手くいきませんよ。


FC(フランチャイズ)ビジネスは、本部のマニュアルに従うことが成功の鍵。ところがなまじ経験があると、ついそれにアレンジしてしまうんです。もちろんそれでよい結果が出る場合もありますが、ほとんどは失敗します。


成功の基本は、まず本部選びです。FC(フランチャイズ)ビジネスは、その構造上、本部を超えるビジネスはできません。ここを間違ってしまうと、どんなに才能があっても、絶対に上手くいきません。


中川強(コンサルタント)の経歴・略歴

中川強、なかがわ・つよし。日本のフランチャイズ専門コンサルタント、中小企業診断士。「フルスイングパートナーズ」代表。大学卒業後、コンサルティング会社、大手フランチャイズ本部などを経て独立。

他の記事も読んでみる

津川雅彦(マキノ雅彦)

30歳のときにデヴィ夫人とのスキャンダルが勃発し、週刊誌に4週連続で叩かれ、とうとう仕事が一本もなくなった。そんな最中に仲良くしていた朝日放送のディレクターが「えらい宣伝になっとるやないか。喫茶店に入ったら、みんながお前の噂しとる。広告費にしたら何十億円、いや浸透度から言えば何百億や!」。で、「せっかくみんなに嫌われとんのや! そのエネルギーをプラスにせえ」と、『必殺仕置人』に悪役で出させてもらった。これが大好評でね。以降、仇役のオファーがどんどん来るようになった。


岡田充弘(経営者)

求められるリーダー像は、チームが置かれている状況や部下の性格によって変わってきます。ワークスタイルや若手社員への仕事への意識が大きく変化している現在、求められるリーダー像はひとつではありません。ぐいぐい引っ張る上司ではなく、後ろから頑張ってこいとポンと背中を押してあげるようなリーダーをあなたの部下は求めているかも知れません。まずは自分が「リーダーとはこうあるべき」というこだわりを捨てることが必要です。


田原総一朗

僕が小5の夏休みに玉音放送がありました。1学期まで先生は「この戦争は米英に植民地化されたアジアの国々を解放する正しい戦争だ」と教えてきました。しかし、2学期になったら同じ先生が「あの戦争は悪い戦争」と言う。ラジオや新聞も同じで、態度がl80度変わった。その様子を見て、国は国民を騙すことがあるし、マスコミも信用できないと思いました。マスコミが本当のことを伝えなかったのは、言論の自由がなかったから。だから僕は体を張って言論の自由を守りたい。かつて評論家の山本七平さんは「日本は空気の国。空気を乱すと弾かれる」と言いました。僕は生きている限り、空気を乱し続けていこうと思っています。


石塚粂蔵

碁、将棋などもやったが、ひとつとしてモノにならなかった。玉突きもよくやったが、これもあまり上達できなかった。大弓にはかなり熱をあげたおかげで名誉付きながら2段をもらった。ゴルフの腕前もしれたものだし、何ひとつ自慢の出来るものはない。しかし、ものごとはあまり名人達人になっては面白くない、というのが私の持論だから始末がいい。


内藤剛志

よくここまでやってきたと思いますよ。いくら懸命に生きてきたといって、運というか、自分の力だけじゃどうにもならない世界です。


高向巖

地方銀行の良さは、地元企業を応援することができるし、その結果もよく見えることでしょう。そこに地銀マンの生きがいがあります。若い人で、地域経済や地元の人たちと苦楽を共にしたい気持ちがあれば、地銀へ入ることをお勧めします。


前川孝雄

部下や後輩に仕事を任せられない人が乗り越えるべき2つの壁

  1. 後輩や部下への期待値が高すぎること。
    まずは、言葉は良くないかもしれませんが、相手への期待値を下げる必要があります。
  2. 相手のできない部分ばかりが目につき、相手に自分のやり方を押しつけてしまうこと。
    相手は「やらされ感」を感じるためにやる気を失い、思考を止めてしまいます。言われたことを言われたとおりにしかやらない後輩や部下ができあがってしまうのです。

松岡浩(経営者)

社員から改善提案を募集し始めたのは創業6年目のこと。社員たちにこの会社で働くことの意識を高めてもらおうと考えて始めました。毎月1件知恵を出すというのが、当初、私が社員に唯一の命令として強制したことです。だから最初は「何でもいいからアイディアを出したら1件500円の報奨金を差し上げます」と。そしたら一気に1か月で500件近く出たので、知恵をつのれば改善というのはこんなにも出るものなのかと思いました。


高橋名人(高橋利幸)

私自身、わりと口下手で恥ずかしがり屋なのですが、そういう人間に限って、開き直れば強くなれる。


挽野元

スピーカーはとても多くの素材で構成されます。それらひとつひとつにこだわり抜き、納得がいかなければ自分たちで開発する。すべてはお客様に、感動を届けるためです。


大串亜由美

頼み事をするときには、「何を」「いつまでに」「なぜ」を具体的に伝えることが大切です。そのうえで、「××をお願いできますか」と相手の行動を明確にした依頼形で伝えます。最後に「もちろん私も手伝います」と歩み寄りの姿勢を示すとベターです。一方的に協力を求めるのではなく、一緒にミッションを進めるという姿勢を示すことが重要になります。


青木利勝

本当に突き詰めるべきは、お客様にいかに美味しい寿司をお出しし、質の高いサービスで満足してもらうか。


飯島彰己

明白なのは、我々にとって唯一の資産は人材だということです。想像力を働かせ、対応策は練りますが、将来を完全に予測するのは難しい。10年先を見据えた現在の長期ビジョンも、作ってからたった2年で環境が激変しました。つくったときにはシェールガスなんて出ていなかった。それだけ変化が激しいのです。ただ、どんな事態になっても、人さえ鍛えておけば、対応できます。だからこそ人材育成にかける思いは強い。


原ゆたか

手に取ってもらえたらしめたもの。ページを開けたら、最後まで一気に引っ張っていく本を作ろうと思っている。


マハトマ・ガンジー

きっぱりと、心の底から発した「NO」という言葉は、相手に合わせて、ましてや面倒を避けるためについ言ってしまった「YES」に比べたら、はるかに価値のある言葉である。