名言DB

9412 人 / 110637 名言

中川州男の名言

twitter Facebook はてブ

中川州男のプロフィール

中川州男、なかがわ・くにお。大日本帝国陸軍軍人。熊本県出身。最終階級は陸軍中将。満州での活躍を経て、パラオ諸島ペリリュー島に一個大隊とともに配属される。米軍との熾烈な戦闘を行い最終的には自決。ゲリラ戦で自軍の損耗を最小限に抑え、米軍へ大きな損害を与えた戦術は硫黄島、沖縄戦の参考にされた。

中川州男の名言 一覧

お前らの気持ちはよくわかる。友軍機も来んかもわからん。だが、軍人は最後まで戦うのが務めだ。百姓がクワを持つのも、兵が銃を握るのも、それが務めであり、最後まで務めは果たさならんのは、同じだ。務めを果たすときは、誰でも鬼になる。まして戦(いくさ)じゃけん。鬼にならんでできるものじゃなか。


中川州男の経歴・略歴

中川州男、なかがわ・くにお。大日本帝国陸軍軍人。熊本県出身。最終階級は陸軍中将。満州での活躍を経て、パラオ諸島ペリリュー島に一個大隊とともに配属される。米軍との熾烈な戦闘を行い最終的には自決。ゲリラ戦で自軍の損耗を最小限に抑え、米軍へ大きな損害を与えた戦術は硫黄島、沖縄戦の参考にされた。

他の記事も読んでみる

岩田松雄

経営者には痛みを伴う決断をしなければならない時があります。それも社長の仕事。恨まれる覚悟も必要。


平田進也

じつは、小学生までは引っ込み思案な子供でした。中学校に入ったとき奮起して学級委員長になったんですが、当然上手にはしゃべれませんでした。そこで、先生のモノマネをやったらウケたんです。それが快感になって、それ以来、人を楽しませることだけを徹底的に追究してきました。


藤本篤志

従来、営業マンの育成は、直属の上司が自分のやり方を教えるのが一般的だったかもしれませんが、それではその人のやり方しか吸収できず、合わない場合は成果が上がらないことになります。チーム全員のスキルを共有化し、マニュアルを作り、営業の基礎を新人全員が学べるようにすべきです。


玉山鉄二

誰かに何かを言われて演技すると、見えないところで「やらされている感」が出てしまうんじゃないかと思ったんです。だから、「1回自由にやらせてください」「1回見てください」って頼んだんです。その点で監督はすごく自由にさせてくれたので、ありがたかったです。


朴セリ

私は意志が強いと思っています。でも、それは自分で強くしてきたのです。最終的には自分一人しかいません。両親や家族でさえ手伝ってはくれません。


飯伏幸太

同じ練習をやっていたら、みんなと同じプロレスになってしまう。


南場智子

気をつけている点は「すべてのステップで返事を早くする」ということと、「なるべくシンプルに」の2点。返事の速さは能力の現れだと思います。一度言ったことはなかなか撤回できないので、慎重を要すというのは分かります。が、情報が整理されていて優先順位がはっきりしている会社、つまり優秀な会社は当然返答が速いわけです。返事が遅くなると、「この会社、大丈夫かな?」と思われます。そして何より相手に迷惑をかけてしまいます。


茂木健一郎

通勤電車の中で、あるいは注文した料理が出てくるまでの数分間でも、集中して知識を吸収しようと努める。ほんの2、3分でも、累積すればかなりのものになる。また、このようなスキマ時間の集中勉強法は、脳の特性にマッチした学習法でもある。なぜならインターバルをあけて何度もインプットを繰り返すことで、学んだことが記憶として定着しやすくなるからだ。


窪田規一

黒字の創薬会社がほとんど無い中で、我々は黒字を続けています。創薬会社がどこも赤字なのは、薬の種を作って芽が出ても、その段階では実がなるか分からず、資金を貸してもらえないため。我々の技術は、一緒に会社を興した東大理学部教授の菅裕明が20年以上かけて作り上げた独自のものです。世界中でうちしか作れないので、完成する前から資金援助をしてもらえたのです。


遠藤弘満

資金調達には、ネットを通じて個人から広く出資を募る「クラウドファンディング」という手法を使いました。理由は2つ。実績のない会社ではなかなか銀行からお金を借りられなかったことが一点。もう一つは、自分たちのビジネスに対する考え方や思いなどの情報をまず消費者に与えることで、その反応を見たかったから。


日覺昭廣

東レは、個々の現状を徹底的に分析し、方向性を決めたうえで、最適な道を選択しています。専門的な知識を持った人たちが集まって方向性を決めているので、決断ではなく判断であり、悩むこともありません。この手順をしっかり踏めば、前提条件が変わっても、軌道修正できます。


戸塚隆将

エリートと呼ばれる彼らは、基本に徹することで、そうではない人と大きな差を出しています。


金子雅臣

世代によって価値観は変わるから、どんな言い方をネガティブに感じるかという基準が、自分と違う可能性がある。


栗山千明

一緒に仕事をしていて楽しいと思う人は、ONとOFFの区別をつけられる人です。やるときはやる、ちゃんとやりつつも力を抜くところは抜いて、普通に会話ができて、一緒にお酒を飲んで楽しい人。ずーっと真面目にされても、私も疲れてしまうので(笑)。


庵野秀明

別に意識してやったわけでもなく、綾波レイは合成人格だったんです。いろんな人の「こういうのがいいな、ああいうのがいいな」っていうのが、まとまってできただけ。ただ、女性キャラの配置として髪が長いの短いの、明るいの暗いのとかは決まってた。結局、綾波の方向性みたいなのを決定的な形にしたのは薩川昭夫さん。綾波は5話の脚本の段階でなんとなくできた。どういう暮らしをしてるかとか。あと、貞本の包帯姿の画。