名言DB

9419 人 / 110788 名言

中川州男の名言

twitter Facebook はてブ

中川州男のプロフィール

中川州男、なかがわ・くにお。大日本帝国陸軍軍人。熊本県出身。最終階級は陸軍中将。満州での活躍を経て、パラオ諸島ペリリュー島に一個大隊とともに配属される。米軍との熾烈な戦闘を行い最終的には自決。ゲリラ戦で自軍の損耗を最小限に抑え、米軍へ大きな損害を与えた戦術は硫黄島、沖縄戦の参考にされた。

中川州男の名言 一覧

お前らの気持ちはよくわかる。友軍機も来んかもわからん。だが、軍人は最後まで戦うのが務めだ。百姓がクワを持つのも、兵が銃を握るのも、それが務めであり、最後まで務めは果たさならんのは、同じだ。務めを果たすときは、誰でも鬼になる。まして戦(いくさ)じゃけん。鬼にならんでできるものじゃなか。


中川州男の経歴・略歴

中川州男、なかがわ・くにお。大日本帝国陸軍軍人。熊本県出身。最終階級は陸軍中将。満州での活躍を経て、パラオ諸島ペリリュー島に一個大隊とともに配属される。米軍との熾烈な戦闘を行い最終的には自決。ゲリラ戦で自軍の損耗を最小限に抑え、米軍へ大きな損害を与えた戦術は硫黄島、沖縄戦の参考にされた。

他の記事も読んでみる

星野佳路

私たちは海外にも通用する都市型日本旅館のサービスのあり方を模索する狙いも込めて、星のや東京を開業しました。日本旅館でありながら、都市を訪れる観光客やビジネス客のニーズにも対応できるようサービスを進化させていく。日本に来たから日本旅館に泊まるのではなく、快適でサービスが素晴らしいから日本旅館に泊まるという市場を作り出したいと思っています。


宮治勇輔

農業変革の最速の方法は都心で働く農家の小せがれが実家に戻って農業を始めること。農家の小せがれには、土地もあり、指導者もいる。近所の人も自分のことを知っているなど、すぐに始められる条件がすべて揃っている。そこに、これまでのビジネススキルを融合させれば農家の変革は可能。


土光敏夫

いつの時代を見ても「今の若い者は、実によくやっている」なんて年寄りがいってきた時代はないはずなんだ。昔から「今の若い者はどうしようもない。世の中は悪くなる一方だ」と、年寄りはぼやいてきたんだ。だからといって、ぼやいてばかりもいられない。年寄りはどんどん荷かけ役をやって、若い人たちに荷物を背負わさねばならない。おしなべて考えれば、世の中は悪くなった面も少しはあるかもしれないが、良くなったほうが多いに決まっている。世の中そういうものだ。


柳弘之

リーダーたるもの、決めて、断行しなければなりません。A案にすべきかB案にすべきかといった判断は、環境の変化によってどんどん変わっていくことですから、あまりこだわる必要はない。ともかく決めて、断行する。もちろんやってみてうまくいかなかったらC案に切り替えるというように、腹案を持っておくこともリーダーには大切な心得です。


知野雅彦

M&A後の経営統合というと、多くの経営者は自社の方式に買収先を合わせようとしがちですが、それでは効果は限られます。従来より良い経営システムを模索し、新しいシステムを創っていくのが真の経営統合であり、M&A成功の秘訣。


藤井美保代

メモについて大事なのは、「書いた内容を実行する時間を決める」ということです。急がない仕事や時間がかかる仕事については、手帳やTODOリストに書き写すようにしましょう。こうした時間を1日のうちに2~3回設けておくと、ついうっかり忘れてしまったというミスはかなりの程度減らせるでしょう。


美輪明宏

微笑みは幸運を開く鍵。私はそう信じています。微笑んでいる人を嫌う人はいません。大げさではなく、微笑みは一生を変えてくれる。


加賀見俊夫

当社の従業員満足度が高い背景には、モチベーションだけではなく、キャスト(スタッフ)がお互いに協力して学び合いながら、顧客満足度の向上に取り組むような工夫を取り入れていることも大きいと思います。例えば、「ユニバーシティ・リーダー」の存在です。現場のキャストからお手本となる人材を毎年15人程度選抜して1年の任期で、他のキャストの各種研修で先生役を務めてもらいます。正社員だけが教え込むのではなく、現場のキャストが自分たちで考えることがサービスの向上につながっていきます。


佐々木大輔(経営者)

私はグーグルに転じて中小企業向けの広告ビジネスを手掛けるようになりました。その過程で直面したのが、日本の中小企業の生産性の低さ中でもバックオフィスの領域で、最新技術の活用が非常に遅れていました。その原因を突き詰めると、中小企業にとって使いやすいツール、特に会計ソフトがほとんどなかったことに気付かされました。インターネットがこれだけ普及していたのに、進化が止まっていたのです。ならば自分で会計ソフトを作ってみて、世の中に受け入れられるか試してみよう。そう考えて起業を決断しました。


太田和伸

税理士として駆け出しのころ、お客さんである社長さんに財務のアドバイスをしても、「机上の空論だ」といって一蹴されてしまうことがありました。たしかにお客さんの指摘もごもっとも。それを確かめるために、一度は自分で会社を経営してみたいという思いをずっと持っていました。