名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中川大志(俳優)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川大志(俳優)のプロフィール

中川大志、なかがわ・たいし。日本の俳優。東京都出身。小学生時代にスカウトされ、NHK『わたしが子どもだったころ』で俳優デビュー、『半次郎』で映画デビュー。テレビドラマ、映画、CMなどで活躍。

中川大志(俳優)の名言 一覧

押しつぶされそうな不安を払いのけて夢中になれるからこそ、その瞬間がかけがえのないものになる。


「わからないこと」がたぶん、僕にとってすべての原動力なんです。


生まれてきた意味なんて誰にもわからないし、たぶんわからなくていい。未知のものに立ち向かうのは確かに怖いけれど、何もかも知り尽くしてしまったら生きていくのがつまらなくないですか?


宇宙のことを考えていると自分がすごくちっぽけな存在に思えて気が楽になるんです。くよくよ悩んでも仕方ないって、気持ちをリセットできる。人は何かに夢中になることで、不安や自信のなさから解放されて前に進んでいけるのかもしれない。


中川大志(俳優)の経歴・略歴

中川大志、なかがわ・たいし。日本の俳優。東京都出身。小学生時代にスカウトされ、NHK『わたしが子どもだったころ』で俳優デビュー、『半次郎』で映画デビュー。テレビドラマ、映画、CMなどで活躍。

他の記事も読んでみる

ベンジャミン・フランクリン

もしあなたが金の価値を知りたいと思うなら、出かけていっていくらかの借金を申し込んでみるといい。


伊藤洋一(エコノミスト)

人間は他者を必要としながら社会を形成しています。自分がどこに必要かを考えれば就職できないということはないのではないでしょうか。


香山リカ(精神科医)

ヘタな商法に安易に手を出すのは危険です。「君には才能がある」とか「君にならできる」なんて甘い言葉をささやきつつ近づいて、悪徳商法の罠にかけようとする人もいますから。自己評価が下がっているときは、とくに注意が必要です。


藤原和博

ある分野のプロになるには時間が必要。天才と言われる人が天才たり得るのは、資質ではなく、練習時間が圧倒的に長い。どんな人でも1つのテーマに1万時間を費やせば、少なくとも二流の一番にはなれる。


東国原英夫(そのまんま東)

行政の文書は分厚い書類になって僕のところに回ってきますが、その内容をポイントとしてわかりやすく要約できるのが県職員の能力だと僕は思っています。ここがポイントだなというところを理解し、自分なりに書くことが大切です。


桑原祐

組織の中では、どうしても「上司はこう考えているから、それに合わせて自分も考えよう」というように、思考が力関係に引っ張られてしまいます。場合によっては、上司から「こういう方向で考えてみて」と指示されることだってあるでしょう。ロジカルシンキングを身につけるためには、期待されている答えがわかっていても、「本当にそうかな?」「なんでそうなる?」と一歩引いて考えることが大切です。少なくとも、一人で考える段階では自由に考えてみましょう。しがらみを考慮するのは、報告や議論の段階でいいのです。


堺屋太一

個人も組織も、ひとつのことが成功すると、同じことばかりを手がけたがる。イギリスのことわざに「競馬のやりはじめに大穴を当てた者は破産する」というのがある。万馬券に味を占め、大穴狙いがやめられないからだ。


村川勉

私が心掛けてきたことは結論を先送りにしないこと。一社員であれば、少し立ち止まることも許されますが、経営トップは必ず結論を出さねばなりません。なぜなら、企業は止まってはならないからです。


齋藤孝(教育学者)

とくに日本人の場合、意見の対立は「感情の悪化」に直結しやすい。いわゆる「ディベート」の文化が定着していない以上、勝敗を白黒はっきりさせるようなコミュニケーション自体が、そもそも無意味なのだ。これは、仕事上の会議や交渉についても言えることだろう。いくら対立点があったとしても、理論武装して相手を言い負かそうとか、ましてや相手の弱点を突いて黙らせようなどと考えてはいけない。その場の議論で勝ったとしても、相手の中に感情的な「しこり」を残すだけで、思い通りには動いてくれないだろう。それは結局、両者にとって不利益だ。


孫正義

意地でやる奴はバカだと思え。退却できない奴はバカだと思え、退却できない奴はケチだと思え。そんなケチな奴がリーダーになっちゃいけない。それは無能というんです。


草開千仁

一番のリスクは自分たち。慢心が怖い。


出口治明

我が国の関連会社の人事では大抵親会社のトップ争いに敗れた人が一番大きい関連会社に行き、70歳ぐらいまで社長をやる。専務で敗れた人が次のクラスの関連会社の社長になり、常務で敗れた人はそのまた下のクラスの関連会社の社長になる。こんな無駄なポストの使い方はない。外に出て自分の力で修羅場を乗り越えた者を引き上げるべきだ。