名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

中川和宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川和宏のプロフィール

中川和宏、なかがわ・かずひろ。米国医学博士。広島県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。ビジョンフィットネスセンター所長、ボルチモア視力アカデミー主任研究員、アメリカ視力眼科振興財団研究員などを務めた。

中川和宏の名言 一覧

元々、脳の中に情報がない状態では、イマジネーションは働きません。そのためには、常日頃から、何かあたまに想い描いたら、それをちゃんと映像化して、脳に残すことです。それがちゃんとできているかがとても重要。


やるべきことを当たり前にこなす習慣をつけると、努力が集中に変わる。集中は全然くたびれないもの。


集中すると不可能が可能になる。ビリから這い上がって成功する人は、みんなものすごい集中力を持っている。


ポイントはどんな願いも「必ずできる」と考えること。そこに主観はまったく必要なし。瞬間にそう思うクセをつけるのです。すると、もう具体的な映像があたまに浮かんでくるはずです。そのためになにをするべきかも映像で浮かびます。だからすぐに行動に移すことができる。常にあたまにあると継続もできる。よって成功につながるというわけです。


自分には集中力がないという人は多いですが、それはただ単に集中の正体を知らないだけ。集中力がないのではなく、集中状態を知らないだけ。集中力をひと言でいうと、「何かに夢中になって、それと一体化すること」。


「想像力」、それはすべての始まりです。身の回りにあるすべてのもの、事柄、それらは全部、想像の産物です。過去に脳にインプットされている図や色、経験という豊富なネタをもとに、それらを組み合わることで、新しい何かが産み出されていくのです。ビジネスの世界においても、想像力やアイデアに優れていることは不可欠。想像力をアップすることが確実に成功への近道となります。


誰もが夢や願いを叶えたいと思っているはずですが、実際に叶えることができるのは、ほんの一握りの人たちです。それ以外の大半の人は「彼らは特別な才能の持ち主だ」と最初から成功を諦めています。しかし、彼らが成功しているのは、想いを映像として脳の前頭葉に記録する作業を怠らないからなのです。「痩せたい」と思ったら、すっきりとスリムになって身動きも軽くなっている姿を具体的に何度も想像し、前頭葉に映像で残す。映像で記録されたものはなかなか消えません。しかし、ただ想ったり願ったりだけのことは、スーッと消えてしまいます。朝に痩せたいと想っていても、昼には「今日のお昼は何にしようかな」なんてことになるのはそのためです。


中川和宏の経歴・略歴

中川和宏、なかがわ・かずひろ。米国医学博士。広島県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。ビジョンフィットネスセンター所長、ボルチモア視力アカデミー主任研究員、アメリカ視力眼科振興財団研究員などを務めた。

他の記事も読んでみる

浜口友一

企業にとって、システムトラブルはいつ起こってもおかしくないわけです。この現実を経営者は知り、腹を括ってシステムの仕事にいまよりも強い関心を持ってほしいのです。社内でシステム障害を想定した対策訓練を実施するとしたら、CIO(最高情報責任者)やシステム部長に任せず、社長自ら参加すべきです。


林望

お酒もへべれけに酔っぱらうまで飲むようでは駄目です。酒を飲むなとは言いませんけれど、定量飲みというのが大事です。ワインはグラスに一杯とか。それを最大限に楽しむようにしたいですね。量で楽しむんじゃなくて質で楽しむ。おいしいものをちょっとだけ飲む。そういう暮らしの方が豊かだろうなと思います。


北条重時

身の振る舞いも、住む家屋も、持ち具足(鎧)なども、すべて、地位や身分に従って、適当なものを選ぶべきだ。身分に過ぎたことがあれば、人から煩わせられがちで、また、それを後々まで維持し全うすることはとうていできない。


三崎優太

まだ企業としての土台は決して強固とは言えません。次のフェーズとしては足元を固め、真の意味での100億円企業になりたいと思っています。戦略的には積極的なM&Aによって事業の多角化やイノベーションを推進すること。直近ではリサイクル企業と農業関連企業2社とのM&Aを成功させました。


辻野晃一郎

新しいものを得るには、古いものを手放さなければなりません。そうやって人生を変化させていった方が、ずっと同じ人生を生きるより楽しいと思います。


渋沢健(渋澤健)

仕事の社会的意義というと堅苦しく感じますが、そう窮屈にとらえる必要はないのではないでしょうか。どんな仕事にも社会的な意義はあるし、人を雇用し、富を創出しているだけで、企業は社会に貢献しています。もう少し気楽に考えて、まず自分の仕事を楽しむことをお勧めします。


宋文洲

日本企業の製造部門の生産性が高いのは、技術の高い職人が社内にいるからだと思っていないでしょうか。そうではありません。誰がラインに入っても高品質のクルマを製造できるように、作業を徹底的に標準化しているからです。つまり、営業部門などの販管部門だって作業の標準化を徹底すれば、効率はもっと上がります。ソフトブレーンで営業改革のソフトウェアを開発し、それを導入した多くの企業が営業効率をめざましく向上させているのをこの目で見てきた僕が言うのだから、間違いはありません。


松本大

僕の中には金融をやる以上は、金融の中心である米国の知識やサービスを取り込んでいくべきという思いがありました。米国でビジネスをし、その刺激を日本へフィードバックしていくことで、サービスはもっと良くなるはずです。


池田匡弥

サントリーを退職し、自分で事業を起こしたのですが結果的に失敗しました。マンパワーに来たのは、自分が仕事をする上で挫折した経験があったため、求職者の方々の力になれるのではないかと考えたからです。


佐藤勝人

フィルムカメラであろうがデジタルカメラであろうが、あるいはそれが「スマホ」に替わろうが、お客さんには関係ない。お客さんは、「想い出をきれいに残す」ためにカメラを買うのであって、突き詰めれば我々も、そのためにこの商売をしている。


成毛眞

これから資格を取ろうと考えている人は、社会の動きをきちんと見定めるべき。語学で言えば、AI時代には自動翻訳の技術が進歩し、実務ベースでも言葉の壁はさらになくなっていくでしょう。たとえば貿易の手続きを代行する通関士は、自動化が進んで手続きそのものが簡素かつスピーディになるなかで、ニーズは下がっていくということもありました。


斉藤惇

日立製作所の中西宏明さんや、東原敏昭さんといった方々の経営を見ていると、本当は社外取締役など必要ないと思うんです。驕ってはいけないということを、あの方々自身が認識されていますからね。ですが、そんな会社でも社外取締役制度を導入するところに素晴らしさがあるんです。