中川和宏の名言

中川和宏のプロフィール

中川和宏、なかがわ・かずひろ。米国医学博士。広島県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。ビジョンフィットネスセンター所長、ボルチモア視力アカデミー主任研究員、アメリカ視力眼科振興財団研究員などを務めた。

中川和宏の名言 一覧

元々、脳の中に情報がない状態では、イマジネーションは働きません。そのためには、常日頃から、何かあたまに想い描いたら、それをちゃんと映像化して、脳に残すことです。それがちゃんとできているかがとても重要。


やるべきことを当たり前にこなす習慣をつけると、努力が集中に変わる。集中は全然くたびれないもの。


集中すると不可能が可能になる。ビリから這い上がって成功する人は、みんなものすごい集中力を持っている。


ポイントはどんな願いも「必ずできる」と考えること。そこに主観はまったく必要なし。瞬間にそう思うクセをつけるのです。すると、もう具体的な映像があたまに浮かんでくるはずです。そのためになにをするべきかも映像で浮かびます。だからすぐに行動に移すことができる。常にあたまにあると継続もできる。よって成功につながるというわけです。


自分には集中力がないという人は多いですが、それはただ単に集中の正体を知らないだけ。集中力がないのではなく、集中状態を知らないだけ。集中力をひと言でいうと、「何かに夢中になって、それと一体化すること」。


「想像力」、それはすべての始まりです。身の回りにあるすべてのもの、事柄、それらは全部、想像の産物です。過去に脳にインプットされている図や色、経験という豊富なネタをもとに、それらを組み合わることで、新しい何かが産み出されていくのです。ビジネスの世界においても、想像力やアイデアに優れていることは不可欠。想像力をアップすることが確実に成功への近道となります。


誰もが夢や願いを叶えたいと思っているはずですが、実際に叶えることができるのは、ほんの一握りの人たちです。それ以外の大半の人は「彼らは特別な才能の持ち主だ」と最初から成功を諦めています。しかし、彼らが成功しているのは、想いを映像として脳の前頭葉に記録する作業を怠らないからなのです。「痩せたい」と思ったら、すっきりとスリムになって身動きも軽くなっている姿を具体的に何度も想像し、前頭葉に映像で残す。映像で記録されたものはなかなか消えません。しかし、ただ想ったり願ったりだけのことは、スーッと消えてしまいます。朝に痩せたいと想っていても、昼には「今日のお昼は何にしようかな」なんてことになるのはそのためです。


中川和宏の経歴・略歴

中川和宏、なかがわ・かずひろ。米国医学博士。広島県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。ビジョンフィットネスセンター所長、ボルチモア視力アカデミー主任研究員、アメリカ視力眼科振興財団研究員などを務めた。

他の記事も読んでみる

堀紘一(コンサルタント)

右肩上がりの幸福な時代は去った。いまは悩みの多い時代である。だが、考えてみて欲しい。仕事で悩むのは、そもそも当たり前のことなのだ。何の悩みもない仕事、人生などない。むしろ大事なのは、悩んだときに、そこからどうやって次の明るいステージへ脱出、脱却するかである。


松本晃(経営者)

生産性の高い働き方をするうえで最も大切なことは、ビジネスパーソンとしての能力を上げることです。野球選手が試合でヒットを打つために素振りをするように、ビジネスパーソンも成長するためには勉強をおろそかにしてはいけません。日々の鍛錬が大切です。


小池龍之介(小池龍照)

「今」目の前にある現実に起こっていることへの対応に専念するべきです。たとえば最近よく耳にする北朝鮮が核ミサイルを撃ってくるかもという話も、「今」起こっていることではなく、将来を脳が勝手に予測して、自分のなかで心配しているにすぎないのです。実際に起こってもいないことを心配してもしょうがありません。もし、実際にミサイルが飛んできたとしても、飛んできて身の回りに変化が起こってから考えればいいのです。


ナポレオン

勝利はもっとも耐え抜いた者にふさわしいものである。


荻原浩

なかには、「面白い」とか「最高です」といわれ続け、2年がかりで作品を書き上げてみたら、手のひらを返すように「数字が取れないから」って断られた作品もあるんです。それまで小説の世界って、マーケティングよりも個人の思い入れみたいなものに支えられていると思っていたから、ショックで。小説なんかやめてやると思ったこともあります。逆に渡辺謙さん主演で映画になった『明日の記憶』は、それまで単行本で増刷したことがなかったにもかかわらず、初版で2万部も刷ってくれたんです。それまで何千部だったのに。そのときの編集者のガッツが、ロサンゼルスの渡辺謙さんに伝わって、映画化にまでつながっていったんじゃないでしょうか。


中村天風

積極的精神というのは、決して先天的なものじゃない。言い換えると、後天的に人間の修行や努力では、どんなことをしても完全につくり上げることができないもののように、多くの人が思い込んでいるのは大変な間違いだということを、まず一番にはっきり自覚されたい。


林田正光

CS(顧客満足度)向上には、ES(従業員満足度)を高めることも大切。将来に夢と希望を持てるような職場環境をつくることは、結果的にCSを高めることにつながる。


サミュエル・スマイルズ

世の中に悪が栄えるのは、われわれがノーという勇気をもたないためである。


原田泳幸

社長就任当初、「QSC(クオリティ、サービス、クリンリネス)以外はやるな」と明言していました。業績不振はQSCを疎かにしていたことによると分析していたからです。


蔵田理

営業マンが商品を説明するとき、相手の表情などをよく見て「ここに興味を持っていそうだな」という部分があれば、そこに的を当ててポイントを3点に絞って伝えること。相手の顔色を見ながら、「このあたりはわかっていないかな」と思うところがあれば、そこをわかりやすく重点的に説明するのです。


モンテスキュー

幸福を数えたら、すぐ幸福になれる。


高橋忠仁

社員みんなと心をひとつにしておくことが大切です。そうでないと、ピンチが訪れたときに、社員から見限られます。まずは、会社の理念を共有しておくことが何よりも大事です。


津賀一宏

我々の会社は家電メーカーであるという意識が過去から強いが、実態は必ずしもそうではありません。家電比率は3分の1。北米では10%を切っています。まず、社内外に対して何がパナソニックなのかということを正しく伝えます。


渡文明

機会をとらえて積極的に勉強し、仕事を通じて得た知識・ノウハウを試したり改良したりしながら自分のものにしておけば、いつか役に立つ日が来ると思います。


山極清子

男性上司にしてみれば、決して悪意はないのだけれど、女性部下から見ればハラスメントと感じる。逆もあって、ダメな男性上司は「もしハラスメントで訴えられたら、自分の次がない」と意識しすぎて、当たらず触らずの関係性しか築けない。できる上司は、女性部下に対し仕事のパートナーと考えているので、一歩踏み込んだ本音の話ができるのです。


ページの先頭へ