中川和宏の名言

中川和宏のプロフィール

中川和宏、なかがわ・かずひろ。米国医学博士。広島県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。ビジョンフィットネスセンター所長、ボルチモア視力アカデミー主任研究員、アメリカ視力眼科振興財団研究員などを務めた。

中川和宏の名言 一覧

元々、脳の中に情報がない状態では、イマジネーションは働きません。そのためには、常日頃から、何かあたまに想い描いたら、それをちゃんと映像化して、脳に残すことです。それがちゃんとできているかがとても重要。

やるべきことを当たり前にこなす習慣をつけると、努力が集中に変わる。集中は全然くたびれないもの。

集中すると不可能が可能になる。ビリから這い上がって成功する人は、みんなものすごい集中力を持っている。

ポイントはどんな願いも「必ずできる」と考えること。そこに主観はまったく必要なし。瞬間にそう思うクセをつけるのです。すると、もう具体的な映像があたまに浮かんでくるはずです。そのためになにをするべきかも映像で浮かびます。だからすぐに行動に移すことができる。常にあたまにあると継続もできる。よって成功につながるというわけです。

自分には集中力がないという人は多いですが、それはただ単に集中の正体を知らないだけ。集中力がないのではなく、集中状態を知らないだけ。集中力をひと言でいうと、「何かに夢中になって、それと一体化すること」。

「想像力」、それはすべての始まりです。身の回りにあるすべてのもの、事柄、それらは全部、想像の産物です。過去に脳にインプットされている図や色、経験という豊富なネタをもとに、それらを組み合わることで、新しい何かが産み出されていくのです。ビジネスの世界においても、想像力やアイデアに優れていることは不可欠。想像力をアップすることが確実に成功への近道となります。

誰もが夢や願いを叶えたいと思っているはずですが、実際に叶えることができるのは、ほんの一握りの人たちです。それ以外の大半の人は「彼らは特別な才能の持ち主だ」と最初から成功を諦めています。しかし、彼らが成功しているのは、想いを映像として脳の前頭葉に記録する作業を怠らないからなのです。「痩せたい」と思ったら、すっきりとスリムになって身動きも軽くなっている姿を具体的に何度も想像し、前頭葉に映像で残す。映像で記録されたものはなかなか消えません。しかし、ただ想ったり願ったりだけのことは、スーッと消えてしまいます。朝に痩せたいと想っていても、昼には「今日のお昼は何にしようかな」なんてことになるのはそのためです。

中川和宏の経歴・略歴

中川和宏、なかがわ・かずひろ。米国医学博士。広島県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。ビジョンフィットネスセンター所長、ボルチモア視力アカデミー主任研究員、アメリカ視力眼科振興財団研究員などを務めた。

ページの先頭へ