名言DB

9413 人 / 110706 名言

中川具隆の名言

twitter Facebook はてブ

中川具隆のプロフィール

中川具隆、なかがわ・ともたか。日本の経営者。動画配信サービス「ユーストリーム・アジア」社長。熊本県出身。成践大学工学部経営工学科卒業後、日本NCR、キヤノン販売(のちのキヤノンマーケティングジャパン)、ソフトバンクBBなどを経てユーストリーム・アジア社長に就任。

中川具隆の名言 一覧

単にものづくりだけじゃなくて、文化に根ざしたコンテンツをどう世界に広げていくかということが大切。


システムもネットワークも世界規模で複数業者を競わせて価格を出していただいているので、国内価格よりも圧倒的に安く済んでいます。


中川具隆の経歴・略歴

中川具隆、なかがわ・ともたか。日本の経営者。動画配信サービス「ユーストリーム・アジア」社長。熊本県出身。成践大学工学部経営工学科卒業後、日本NCR、キヤノン販売(のちのキヤノンマーケティングジャパン)、ソフトバンクBBなどを経てユーストリーム・アジア社長に就任。

他の記事も読んでみる

金子兜太

私は日銀在職中に「俳句のために日銀を食い物にする」と宣言していました。友人から「そんなふうに言うのはよした方がいいよ」と、たしなめられることがありました。でもこれは俳人として歩むためには、たとえ同期や後輩に差をつけられようが日銀マンを貫くという決心を示した表現だったのです。


上野金太郎

「メルセデス・ベンツコネクション」の店員は、その魅力を深く知ってもらうために、あえて自分たちでは売りません。あくまでもメルセデス・ベンツのそばでコーヒーを飲み、食事をしていただくだけ。そうやって親しんでいただくなかから「欲しい」とおっしゃるお客様が現れたら、販売店につなぐ。いきなり売ろうとするのではなく、段階的に認知を高めていただくことによって、新しい顧客の開拓につなげていきたいわけです。


ビル・ゲイツ

人間にはものを考える時間が必要だ。


市村清

人生というものは、たとえいかなる逆境・悲運に遭遇しても、希望さえ失わなければまったく消えてしまうものではない。


八ツ井慶子

定年後、月に数万円でも収入があると安心感が増します。そうした働き口があるかどうかは、それまでにどういう人間関係を築いてきたかに左右されます。いろいろな意味で、定年は人生の総決算だといえるわけです。


吉永賢一

「読書は投資である」と考え、コストとリターンとリスクを想定して読むことが大切です。読書にかかるコストはお金と時間とエネルギーです。これらのリソースを投資した結果、うまくいった場合に得られるのがリターン。そして、失敗した場合に発生するのがリスクです。


堀江貴文

パブリックな薄っぺらい信用はどうでもいいんです。僕にはがっちりグリップしている一定の層があって、僕はその人たちを大事にしてきたし、その人たちも応援してくれている。もともと僕は、わかってくれる人だけわかってくれればいいというスタンスでやってきました。わかってくれている人はずっとわかってくれている。それが僕のいう「信用」です。


石田智子

また走りたいという目標があったから、療養中も暗くならずに済んだ。


齋藤孝(教育学者)

真に「できる人」は、決しておごらず、媚びたりせず、「できる」「できない」の境界線を知っている。これが、様々な業種・業界の「できる人」を見てきた私の印象だ。


マーサ・スチュワート

私はアイデアを忘れないようにするため、よく電子メールを使います。メールの即時性は素晴らしいですね。また、旅行のときは、いつでもデザインのスケッチやメモができるようにノートを持っていきます。私がアイデアを書き溜めたフォルダーは1000冊を超え、アシスタントに整理を手伝ってもらっています。


國貞文隆

待ち合わせ時間の5分前には現場に到着すること、絶対遅刻しないということが大切です。三菱の岩崎家当主と面会した際、私は10分前に着いたのですが、相手方はすでに到着して待っていました。優秀な人は絶対に遅れない。相手のメンツを潰さないためにも、心しておきたいことです。


魚谷雅彦

ある外資系企業の日本法人に招かれ講演をした際、壇上でコカコーラを一気飲みしました。これだけでみんなが笑顔になり、笑い声が響きました。気持ちがオープンになり、スムーズに本題を吸収してくれました。実はその会社も、これからはマーケティングをしっかりやっていかなければいけないという課題を持っていました。だから僕のような広告プロモーションをいくつも考えている会社の人間を招いてくれたのです。


玉川勝

重要なことは、当初の計画が間違っていなければ、諦めないこと、多少の遅れがあっても、一歩ずつ着実に歩みを進めることです。


山田昭男

報連相をやめた結果、自発性のある社員ばかりという理想的な組織になった。それが、大手に負けない商品を次々と打ち出せる原動力になっている。


アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン

私は決して指揮権の共有を受け入れない。たとえ神との共有でも断る。