名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中川具隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川具隆のプロフィール

中川具隆、なかがわ・ともたか。日本の経営者。動画配信サービス「ユーストリーム・アジア」社長。熊本県出身。成践大学工学部経営工学科卒業後、日本NCR、キヤノン販売(のちのキヤノンマーケティングジャパン)、ソフトバンクBBなどを経てユーストリーム・アジア社長に就任。

中川具隆の名言 一覧

単にものづくりだけじゃなくて、文化に根ざしたコンテンツをどう世界に広げていくかということが大切。


システムもネットワークも世界規模で複数業者を競わせて価格を出していただいているので、国内価格よりも圧倒的に安く済んでいます。


中川具隆の経歴・略歴

中川具隆、なかがわ・ともたか。日本の経営者。動画配信サービス「ユーストリーム・アジア」社長。熊本県出身。成践大学工学部経営工学科卒業後、日本NCR、キヤノン販売(のちのキヤノンマーケティングジャパン)、ソフトバンクBBなどを経てユーストリーム・アジア社長に就任。

他の記事も読んでみる

此本臣吾

イノベーションの要諦は、既成勢力の至らない部分を突くことにある。そのため、既存事業と必ず衝突する。


清水久三子

資料を作成する際に意識してほしいのは、いきなりパソコンを立ち上げないことです。最初は、ペンで紙に書いてみる。手書きなら、デザインや色など体裁を無視して本質的なメッセージだけを書くことができるからです。もし書くことが浮かんでこないのなら、それは考えが深まっていない証拠。何を伝えたいのか、相手にどうしてほしいかという資料の本質をふまえ、全体の構成をじっくり考えましょう。パワーポイントを立ち上げるのは、それからです。そのほうが経験上、速くて楽で、内容的にも優れたものがつくれます。


土田晃之

高校のころ、芸人の道を本気で考え出し、卒業後、当時は東京に吉本の養成所がなかったので、「お笑い科」がある専門学校へ進もうと思いました。ウンナンさんのように。それで実際、ウンナンさんが出た日本映画学校(のちの日本映画大学)を受けたんです。それも推薦で。ところが、推薦なのに落とされたんです! 「まさか専門学校、推薦なのに落とされるやつなんかいねぇだろう(笑)」って思いましたね。でも、わかんないもんですね。ボクらの世代で日本映画学校へ行った人間は、誰ひとり、プロの芸人になってない。ボクは落とされて、たまたまアナ学(東京アナウンス学院)に行ったから相方とも出会えたわけで。


赤塚保

商品開発で大事なのは、職人に任せっきりにしないことです。つくるプロであっても、外で売れている商品まで勉強していないことがあります。当社ではおはぎを始めるにあたって、百貨店の担当者にお願いして全国の美味いおはぎを相当数集めてもらい、製造日の同じものを賞味しました。


藤田晋

どんな苦境も「復活の目」は必ずある。


水木しげる

悲壮な顔をした人たちは、成功や栄誉や勝ち負けにこだわってばかりで、仕事でも趣味でも恋愛でも、熱中することを忘れてしまったんじゃないですか!好きなことに没頭する、そのこと自体が幸せなはずなのに……。もちろん、成功することに越したことはないが、成功できるかどうかは時の運です。


富野由悠季

好きだというだけの理由で仕事を選ぶのは、かなり危険だと思います。好きなだけで就いた仕事は、その仕事を獲得した時点で満足を得てしまいますから、そこで働くことになってもそれ以上の努力はしません。その結果、人生的にはマイナスに作用してしまった人というのを僕は何十人も知っています。好きな職業に就いても幸せになるとは限らない。どんな仕事や境遇にも負けない素養をいまのうちに身につけよう。


坂根正弘

まず「自分は何を伝えたいのか」をよく考え、日本語で整理してみること。日本語で要領よく説明できないことは、英語にしたところで伝わるはずがありません。


宮本慎也

トライしてみようとする素直な子は必ず伸びる。


米長邦雄

変える必要もないし、変えられない、あるいは変えるのが億劫だということになったら、そのときは僕が引退するときだ。変えられる間はまだ頑張れる。
【覚書き|羽生善治氏に言った言葉】


渡瀬謙

社名や所属部署を言えば自分の仕事の内容が伝わると思っている人もいますが、それは大きな誤解です。自己紹介では「誰に対して、何を提供している人間なのか」をはっきり示すべきです。


羽子田礼秀

よく三現主義と言いますよね。現地に足を運び、現物を手に取り、現実を知る。でも、私はそこに「現人」を加えた「四現主義」を唱えます。現地のお客様や従業員と接点を持つことが大事だと思うからです。お客様がおいしそうに試食している姿を見れば、私たちの考えが間違っていないことを確認できます。現地社員の努力も手に取るように感じられる。