名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

中川具隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川具隆のプロフィール

中川具隆、なかがわ・ともたか。日本の経営者。動画配信サービス「ユーストリーム・アジア」社長。熊本県出身。成践大学工学部経営工学科卒業後、日本NCR、キヤノン販売(のちのキヤノンマーケティングジャパン)、ソフトバンクBBなどを経てユーストリーム・アジア社長に就任。

中川具隆の名言 一覧

単にものづくりだけじゃなくて、文化に根ざしたコンテンツをどう世界に広げていくかということが大切。


システムもネットワークも世界規模で複数業者を競わせて価格を出していただいているので、国内価格よりも圧倒的に安く済んでいます。


中川具隆の経歴・略歴

中川具隆、なかがわ・ともたか。日本の経営者。動画配信サービス「ユーストリーム・アジア」社長。熊本県出身。成践大学工学部経営工学科卒業後、日本NCR、キヤノン販売(のちのキヤノンマーケティングジャパン)、ソフトバンクBBなどを経てユーストリーム・アジア社長に就任。

他の記事も読んでみる

木下弘貴(経営者)

経営者の仕事は判断することですが、判断するための情報を選別する基準は、自分が立てた目標です。何のために情報をインプットするのかを明確にしておく必要があります。


スティーブ・ジョブズ

将来を見据えて点と点をつなぐことはできない。できるのは後からつなぐだけ。だから、いつか点がつながることを信じなければならない。


ウォーレン・ベニス

ジャック・ウェルチ並みとはいかなくても、良い指導者には心がけ次第でなれます。たまたま私がいま相談に乗っているハイテク企業の経営者は、見識・人格とも素晴らしい。しかし他者を巻き込む要素にかけています。技術者だからついキーボードを叩いて、部下にメールで指示しているんです。だから、「おいどうだい。受話器を取って話そうよ」と私は言いました。


桑原豊(経営者)

意識しているのは、いいことと悪いことをはっきりさせること。「何をするといけないのか」という共通のルールがないと、悪気なくいけないことをしてしまう人が出てきて、チームがぎくしゃくする恐れがあります。ただ、決めるのは、最低限やってはいけないことだけでいい。そのラインさえ守れば、あとはナイストライと評価します。


宮崎富夫(宮﨑富夫)

再建にあたり、まずは現場を見て回りました。当時は紙の台帳しかなく、まずはそれらを全てエクセルに入力する作業から開始しました。各部屋の稼働率などを1~2週間かけてまずは独自に分析しました。分析開始から2ヶ月後には採算の合わないレストランを閉鎖し、また、部屋食を廃止しレストランに集約するなど新しい経営方針を打ち出しました。設備投資は出来ないので今あるものを使いながら変えていきました。


本庶佑

私は日本は外に開国すると同時に内側にも開国してくれと言いたい。日本の中のタコツボを全部壊して、業界だの部課だのの枠に閉じこもらず、全部ガラガラポンで、率直にやろうじゃないですか。


西村英俊

社長はあらゆるリスク、危険を頭に入れ、次に起こる場面を想定しながら、いま何が一番危険な因子なのか、四六時中見張り続けなければなりません。財務的に弱いところはどこか、金融市場の変調に耐えうるのか、いまあるビジネスモデルが誰かにとってかわられないか、会社のエースに次ぐ第二第三の柱は育っているか、当社のビジネスモデルはグローバル市場で十分に闘えるか、気まぐれなマーケットは変化していないか、技術の陳腐化は当社のビジネスモデルを否定しないか、当社は社会的に有用か、違法性が出る部署はどこか、いまは違法ではなくとも社会的な指弾を受ける恐れはないか、会社内の不届きな人間が会社の評価を傷つけるようなことをしていないか。


長谷川健太

長丁場を戦っていくうえで、「小さな目標」をつくっておかないと途中で中だるみしてしまい、優勝という大目標には到達しにくい。


似鳥昭雄

私は普段から、自分を着飾ることもごまかすこともしない。そんなことをしても、必ずボロが出るからだ。嘘はつけないし、つかない。


林野宏

明るく楽観的で頑張っている人は、職場でも社外でも周りを明るくするから好かれます。人が集まってくるから、ネットワークが広がり、様々な情報も集まってくる。ツキを呼び寄せて、成功しますよ。逆に、しょげて暗い顔をしている人や、物事に悲観的な人には、親しくしている人ですら近づきたくない。これではツキだって近寄りません。


吉田たかよし

企画立案や営業戦略を練るなどのクリエイティブな仕事は午前中に。午後は外回りで人と会ったり、メールの返事や情報収集、身の回りの書類整理など、頭を使わないルーティーンや雑務に充てるべき。


松井忠三

無印良品らしさというブランドの原点をしっかり確認しながら、さらに次の時代に向けて、つくり直していかなければなりません。つくり直しも、業務の標準化や人材育成も含め、社員の意識共有につながるような仕組みが必要です。仕組みも時代に合わせて革新されないと、モノづくりがどんどん退化してしまいます。