名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中川一政の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川一政のプロフィール

中川一政、なかがわ・かずまさ。日本の洋画家、美術家、歌人。東京出身。主にバラを好んで描き、97歳で死去する直前まで描き続けた。洋画だけではなく、水墨画、版画、陶芸、詩、和歌、書など多彩な分野で活躍。また、随筆家として多くの著作を残している。

中川一政の名言 一覧

肩書が付くにはそれだけの経歴と実力があるわけである。肩書が目立って人物にそぐわないというのもあるが、たいていは肩書通りに人間の幅が出来てくるものだ。人間というものは自分の力があると思い込みすぎると空転してしまうが、ないと思いすぎるといじけてしまう。そういう人間が肩書を与えられると、自分で意識しなかった力が出る。自分の力を自覚してきたということである。反対に肩書が付かないために自分の力を知らず、また自分の力の振る舞いようがなくて一生終わってしまう人もいる。


中川一政の経歴・略歴

中川一政、なかがわ・かずまさ。日本の洋画家、美術家、歌人。東京出身。主にバラを好んで描き、97歳で死去する直前まで描き続けた。洋画だけではなく、水墨画、版画、陶芸、詩、和歌、書など多彩な分野で活躍。また、随筆家として多くの著作を残している。

他の記事も読んでみる

三宅占二

一般にはリスク分散とかよく言われていますが、我々はメーカーですから、サプライヤー(原料や部品の供給元)がそれぞれのミッションを遂行するために分散させるというのは、そちらで考えればいいと思っています。我々がペットボトルのキャップの仕入れを分散させた方がいいとか言い出すと絶対コストアップになり、最終的にはお客様に負担してもらわなければいけなくなります。


島純

専門性が高いほど、互いに相手の立場を配慮できるもの。自分の都合ばかり押し通そうとしないことがカギ。


髙橋和夫(高橋和夫・経営者)

子会社から戻ってくると、社内全体のことが全然分からなかったのですが、それがかえって良かったですね。本社の外にいて、「親会社がろくなことをしていない」というのがよく分かっていましたから。色々な無駄に気づくこともできました。今、気になるのは会議の多さと参加者の多さでしょう。運動会じゃないのだから、こんなに人を集めてどうするんだと言い始めています。


有馬利男

イノベーションは不可欠であり、それによって高い企業品質が実現します。


小松美羽

ゆっくりでも急いでも結局大いなる流れの中での選択に違いはない。だからこそ、今やりたいことが今でなかった時の意味を考え、大切にしなくてはいけないと感じる。


大隈郁仁

大事なのは物件に「付加価値」をいかに付けるか。「ハコやモノの枠を超えたライフスタイルの提案・創造」ができるグループでありたいと思っています。


松本大

トレーディングの肝は相場の方向をピンポイントで当てることではない。上がるときは誰でも儲かり、下がるときは誰でも損する。差が出るのは、上がるときにビシッとお金を入れられるか。これはつまり、投資している資金の出し入れの巧拙だ。わずかでもいいから、常にお金を入れておく。そうすると温度感も分かって、「キタキタ」というときに増やせる。


横田正夫

どんな業界でも、全体を見渡して、スケジュールや仕事の「構造を組み立てられる人」こそが、できる人。


水野泰三(経営者)

創業当時、スキーしか知らないから、選択と集中で特化した。


寺澤芳男

本を読んだり、先輩の話を聞いたり、自分自身が失敗したり、苦しい思いをしたりして、やっとそういう自分自身の考え方というものができてくると思う。いろいろな経験をしながら、その都度決断は自分の考え方でやるということを身につけなければ、就職してもミゼラブル(惨めで不幸)な状態になるだろうと思います。


黒鉄ヒロシ

「孤独死は悲惨なものである」「現代人は人間関係が空疎な無縁社会だ」という論調があります。しかし、そもそも死とはひとりで向き合うもので、かつての田舎にも空疎な人間関係はありました。とくに「孤独死」は第三者からの見立てです。言葉の印象が悪いだけで、当人の身に立てば誇り高い死に様といえるのではないでしょうか。それを「かわいそう」などとセンチメンタリズムでくくるのは、生き残った者の傲慢です。


石川康晴

死ぬようなこと以外は全て挑戦すべき。これは自分にも言い聞かせているスローガンです。