名言DB

9413 人 / 110706 名言

中川一政の名言

twitter Facebook はてブ

中川一政のプロフィール

中川一政、なかがわ・かずまさ。日本の洋画家、美術家、歌人。東京出身。主にバラを好んで描き、97歳で死去する直前まで描き続けた。洋画だけではなく、水墨画、版画、陶芸、詩、和歌、書など多彩な分野で活躍。また、随筆家として多くの著作を残している。

中川一政の名言 一覧

肩書が付くにはそれだけの経歴と実力があるわけである。肩書が目立って人物にそぐわないというのもあるが、たいていは肩書通りに人間の幅が出来てくるものだ。人間というものは自分の力があると思い込みすぎると空転してしまうが、ないと思いすぎるといじけてしまう。そういう人間が肩書を与えられると、自分で意識しなかった力が出る。自分の力を自覚してきたということである。反対に肩書が付かないために自分の力を知らず、また自分の力の振る舞いようがなくて一生終わってしまう人もいる。


中川一政の経歴・略歴

中川一政、なかがわ・かずまさ。日本の洋画家、美術家、歌人。東京出身。主にバラを好んで描き、97歳で死去する直前まで描き続けた。洋画だけではなく、水墨画、版画、陶芸、詩、和歌、書など多彩な分野で活躍。また、随筆家として多くの著作を残している。

他の記事も読んでみる

シャンタヌ・ナラヤン

どの企業も過去にうまくいったから、将来もうまくいくと思ってしまうリスクがある。そうならないような努力が必要だ。


ピーター・ティール

すべての成功した企業はそれぞれ異なるユニークな問題を解決したことで独占を実現している。一方、すべての失敗した企業は同じ土俵での競争から逃れられなかった点で似ている。


野坂英吾

最近の取り組みとして、ビフォア・アフターをきちんと示すことを徹底してもらっています。「こうしたい」というアフターについては皆注目しますが、「コレをこうしたい」という「今」を意識する観点が抜け落ちていることがあります。現状を正しく把握しなければ、徐々に目標もズレていきます。新しいことを提案する人の頭の中を整理するためにも必要な手順です。


石川光久

日本のアニメーターのすごさは日本らしさ。つまり、ディティールにこだわる。たとえば、衣服を描くとき、生地の質感とか、めくれたシャツの裏地まで研究して描く。アメリカ人だとこうはいかない。


二宮尊徳(二宮金次郎)

一万石の米は一粒ずつ積んだもの。1万町歩の田は一鍬ずつの積んだもの。万里の道は一歩ずつ積み重ねたもの。高い築山(つきやま)も、もっこ一杯ずつの土を積んだものなのだだから小事を努めて怠らなければ、大事は必ず成就する。


イーロン・マスク

「私たちは世界に役立つことをしている」。それが一番大事で、それこそが私のモットーです。


田中マルクス闘莉王

チームを勝たせる力になるには、仲間の信頼を得ることが欠かせない。この人にボールを出せばなんとかしてくれる。いいパスを出せばゴールを決めてくれる。そういう信頼関係は結果とリンクして循環していく。


三村孝仁

55歳で中国の巨大市場の本格開拓を任せられました。もちろん最初は右も左も分かりません。業種に関係なく、いろいろな人にひたすら話を聞きました。そこでとても大きな気づきを得ました。


宇佐美進典

ベンチャーというのはロジックだけで押し進めていくのではなく、誰か1人の熱い夢や志や情熱があってはじめて「無理なんじゃないの?」というものが実現します。


本田健

高級ブランドのバッグに、人はなぜ何十万円も、時には何百万円も払うのか? 縫製がよくて丈夫だとか、皮革の色があせないなどという実利的な価値だけを求めるなら、探せばもっとリーズナブルなものがいくらだってあるはずです。しかし、それでもブランド品が売れ続けるのは、そうしたロジックを超えて感情を揺さぶられる「何か」がそこにあるからではないでしょうか。それは、ブランドロゴに秘められた歴史や物語かもしれません。持つだけでステータスを得たような高揚感や満足感かもしれません。私たちは、そうした感情価値に対してお金を払っているのです。


アリストテレス

常に特定の行動を取り続けることで、人は特定の資質を獲得する。


飯田亮

泣き言を言わないことが大切。円高もですが、いつの時代だって泣き言のタネはたくさんあるもの。


戸松信博

情報収集にお金をかけることで、さらなるお金を呼び込むことができる。


大川隆法

個人として傑出している人が、人を使って仕事をするのは大変なことです。「自分ができる」ということと、「人を使って成果をあげる」ということは、別の能力。


福田俊夫

会議で感情がもつれ、メンバーが冷静さを失ってしまうと、主観に走る発言が増え、会議が長引き、時間を浪費してしまいます。そこで、中盤あるいは締めの5分間を感情を出す時間とあらかじめ決めておき、誰かが感情的な発言をはじめたら、「気持ちの部分は最後に聞くから」と発言を遮り、クールダウンします。