名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中川一政の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川一政のプロフィール

中川一政、なかがわ・かずまさ。日本の洋画家、美術家、歌人。東京出身。主にバラを好んで描き、97歳で死去する直前まで描き続けた。洋画だけではなく、水墨画、版画、陶芸、詩、和歌、書など多彩な分野で活躍。また、随筆家として多くの著作を残している。

中川一政の名言 一覧

肩書が付くにはそれだけの経歴と実力があるわけである。肩書が目立って人物にそぐわないというのもあるが、たいていは肩書通りに人間の幅が出来てくるものだ。人間というものは自分の力があると思い込みすぎると空転してしまうが、ないと思いすぎるといじけてしまう。そういう人間が肩書を与えられると、自分で意識しなかった力が出る。自分の力を自覚してきたということである。反対に肩書が付かないために自分の力を知らず、また自分の力の振る舞いようがなくて一生終わってしまう人もいる。


中川一政の経歴・略歴

中川一政、なかがわ・かずまさ。日本の洋画家、美術家、歌人。東京出身。主にバラを好んで描き、97歳で死去する直前まで描き続けた。洋画だけではなく、水墨画、版画、陶芸、詩、和歌、書など多彩な分野で活躍。また、随筆家として多くの著作を残している。

他の記事も読んでみる

田口佳史

1日1人に自己の最善を尽くしきるとしましょう。1年で365人と感謝の人間関係ができます。10年で3650人ですね。仮に1万人の組織に尽くしきれば、10年間で日本人の約35パーセントにあたる3650万人があなたのファンになるのです。そうした精神を社員に持たせるのが名リーダーであり、その蓄積を図ってきているのが優れた組織です。


ディビッド・ユーゼ

特定分野の売上が過大になると、事業運営上のリスクが大きくなります。特定分野に偏らせないことは、開発から市場投入までの時間が分野によって異なることを利用して、品質の要求が高い製品の成熟度を時間をかけて高めることができるという利点もあります。


小路明善

メーカーと流通は、協調する時代。共に働き、商品づくりと店づくりとで、消費者に高い価値を提供する必要がある。


栗和田榮一

優れた文化は平和な世が続くことで育まれるもの。豊かな暮らしとは何か、あらためて考えさせられます。


太田義勝

普通のおっさんが普通のことをしたにすぎません。過去の話なんて振り返ればみんな美しい思い出。たまたま事業が成長軌道に入ったときの流れに、うまく乗っかっただけですよ。


南雲吉則

筋トレは、至って単純で退屈な作業です。当然、毎日続けるのは大変。逆に言えば、それを淡々と継続できる人はすごいということです。筋トレに限らず、木刀の素振りでもいい。単調で退屈な作業を毎日続けられたら、それは強い自信につながるでしょう。そして、人生で起こり得るどんなつらいことにも耐えられるようになるはずです。これがすなわち「鍛錬」というものです。運動の真の効用は、そこにあると思います。


二宮雅也

経営統合に際し、意思決定者を1人に絞っていったのも大きかった。やはり1つの会社で本部長が2人いて、その下に組織が連なっていると、いくら同じフロアで仕事をしていても本当の意味での協調体制にはなりにくい。部支店長も1人体制、今年の4月には課支社長も1人体制にして、合併に備えてきました。前倒しで協調と融和を図ってきた効果が出ています。


家入一真

僕がいいたいのは「もっとわがままに生きていい」ということです。いまは「空気を読むこと」が社会人として必須のスキルのようにいわれていますが、最近は、空気を読みすぎて、自分が空気みたいになっている人が多いのが心配です。周囲に合わせすぎて、自分を押し殺して生きることは、とてもつらい。それで苦しんでいる人を見ると切なくなります。


五十嵐光喜

オンオフのメリハリをつけて、ワークライフバランスを整えています。平日は仕事に集中し、休日はゴルフや山登り、ジョギングなどデジタルから離れてアナログな生活を送っています。


松下正幸

パナソニックも創業したての頃は、いつ潰れるかわからない小さな企業でしたから、優秀な人材は望むべくもありませんでした。しかし、松下幸之助は会社に来てくれた人たちに、「自分はこういう目標を持っているんだ」「こんなやり方でやっていくんだ」と何回も説明し、自分と相手の心を一つに合わせようと努めました。そうすると、多少能力で劣る人でも、熱意を持って力を発揮してくれるようになると申しておりました。


鎌田浩毅

私は「好きなことよりできること」を自分の標語にしています。岡目八目(おかめはちもく)で、自分自身よりも他人のほうが自分の能力を的確に評価していると思っています。自分では興味がなかったり、苦手だなと思っていることも、人に言われて誘われたままにやってみると、意外と自分にぴたっとはまることもあります。得てして、そういう場合は成功する確率も高いものです。


前田安正

正確に伝えるためには、「5W1H」の要素を盛り込むことが基本。文章が続かない人は、「WHY」が抜けている。「なぜ、どうして」と自問しながら答えを書き進めることで、伝えたい内容の理由や原因が肉づけされ、情報が詰まった文章になる。