中川一政の名言

中川一政のプロフィール

中川一政、なかがわ・かずまさ。日本の洋画家、美術家、歌人。東京出身。主にバラを好んで描き、97歳で死去する直前まで描き続けた。洋画だけではなく、水墨画、版画、陶芸、詩、和歌、書など多彩な分野で活躍。また、随筆家として多くの著作を残している。

中川一政の名言 一覧

肩書が付くにはそれだけの経歴と実力があるわけである。肩書が目立って人物にそぐわないというのもあるが、たいていは肩書通りに人間の幅が出来てくるものだ。人間というものは自分の力があると思い込みすぎると空転してしまうが、ないと思いすぎるといじけてしまう。そういう人間が肩書を与えられると、自分で意識しなかった力が出る。自分の力を自覚してきたということである。反対に肩書が付かないために自分の力を知らず、また自分の力の振る舞いようがなくて一生終わってしまう人もいる。


中川一政の経歴・略歴

中川一政、なかがわ・かずまさ。日本の洋画家、美術家、歌人。東京出身。主にバラを好んで描き、97歳で死去する直前まで描き続けた。洋画だけではなく、水墨画、版画、陶芸、詩、和歌、書など多彩な分野で活躍。また、随筆家として多くの著作を残している。

他の記事も読んでみる

パンカジ・クマール・ガルグ

インドには「カルマ」という言葉があります。人のために懸命にやれば、結果として自分に戻ってくるという教えです。インドの大学を出て日本に来てから20数年、日本は私を育ててくれました。だから、私はお世話になった日本へ恩返しをしようと思っています。


岸田一郎

雑誌で取り上げる商品を選ぶ基準は、「費用対効果」です。何かモノを買うとき、値段に見合った価値があるかを、読者も見極めようとするでしょう。『LEON』で紹介する商品も、そうした費用対効果に見合ったものを紹介しようと、値段と価値の視点は常に頭に入れています。


本庄八郎

お客様第一主義が伊藤園経営の中核。お客様とは、商品を買っていただく消費者だけでなく、原材料の購買先、地域社会と私たちと取引や関係のある企業や人たちすべて。


永守重信

本当の意味でのCEO(経営最高責任者)が権限を持って、ストップ&ゴーを繰り返すことが必要になる。そういう経営手法がもっと日本に入ってこなければいけない。


碓井稔

変わろうという意識はない。今までにないものを作ろうとしているだけだ。「エプソンが最近、ほかにはないものを作っているな」と見られるようになってきたなら、会社が変わってきているということかもしれない。


横田英毅

私たちは、会社を隅々まで見せることにしました。自分たちの考え方、仕事への取り組み方をとことん見せ、先輩社員たちに次々会わせる。そうして良いところも悪いところもすべて見せて、学生に私たちの会社を選ばせるのです。これで自然にうちが欲しいと思う人材が最後に残る。


山名昌衛

戦略は現場に宿る。いくら戦略が優れていても、現場に即していない机上の空論では勝てない。


出雲充

私は困っている課題があれば、あえて遠くに行きます。東京で悩んだら石垣に行く。若い人だけで考えて分からなかったら、経験豊富な年配の先生に躊躇なく教えを請います。大企業からも大変参考になる助言をもらえます。


神谷正太郎

私は決して経営の多角化を目指していたわけではない。モータリゼーションが進展しやすい環境を作ろうとしただけである。需要の拡大は潜在需要の開拓にあるが、その潜在需要層が存在しなければいかんともしがたい。つまり、需要開発の出発点は潜在需要層の育成にあるのだ。


山田昭男

未来工業では800人の従業員全員が正社員だ。派遣やパートを雇うことはない。これも社員が喜び、一生懸命に働く動機になっている。正社員として雇用し、30万円の給料を払ったら、社員はみなモチベーションが高まって、必ず30万円分以上働いてくれるものだ。世の多くの経営者は、パート従業員を15万円で雇ったら、正社員を雇っよりも15万円節約できたと思っている。しかし、15万円の従業員は、「安月給で働かされている」と思っているから、まず15万円分働いてくれることはない。社長や管理者が見ている前では働いているふりをするが、見ていないところではできるだけ働くまいとするのが人情だ。つまり生産性や仕事の質は著しく下がってしまう。


馬場じむこ

「同時並行」が効果を発揮することもあります。実を言うと、私にとって家事はなかなかモチベーションの上がらないタスク。しかし、行きたかったけれど、スケジュールが合わなくて行けなかったセミナーの販売音声を聞きながら、掃除や食器洗いを行なえば、いつの間にか終わっているくらいに進みます。


伊佐山元

企業は積み上げてきたブランド・エクイティ(資産価値)があるから、簡単に冒険できません。おもしろいアイデアが出てきてもボツになる可能性が高い。それならば、僕たちが代わりにそのアイデアにお金を出して実行してあげればいい。失敗したらWiLのせいで、企業はノー・ダメージ。うまくいったら、ビジネスとして買い戻してもいいし、独立企業として育てることもできる。大企業にとって僕たちは“都合のいいR&D(研究開発)センター”なわけです。


和田秀樹

どんな話に対しても「その話は本当か」「(本当だとしたら)その方法論はふさわしいか」「正解は一つではなく、ほかにもあるはず」と多段階で疑ってかかることが、支配されない思考のコツ。


古森重隆

五分五分の勝負だったらまずやりません。六割か七割は勝てるとわかったからやれるなと判断できました。それだけ確率があれば、あとは「やり遂げるんだ」と思えばいい。


大竹美喜

東大生やIQの高い優等生を企業のトップに据える傾向が続いていますが、これからの時代に必要なのは、頭脳より人格です。ものをつくりだす能力や人間力に欠けていては、社員を統率することも、お客様にメッセージを発することもできません。今、頭脳だけで人格がない、心が冷蔵庫のような経営者が多い気がします。心から社員を愛し、お客様のために命がけでやる。そんな経営者が求められています。


ページの先頭へ