名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中嶌秀高の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中嶌秀高のプロフィール

中嶌秀高、なかじま・ひでたか。日本の経営者。自動車ディーラー「メルセデス・ベンツ中央」「ナカリンオート」社長。三菱商事自販を経て父が創業したナカリンオートに入社。同社社長を務めた。

中嶌秀高の名言 一覧

経営理念というものは、変える必要のないものだと思っています。たしかに商売のやり方は時代とともに変わるものです。父の代にはやってこなかったことも、時代の変遷とともにやるかもしれません。でも、商売の基本的な考え方は、これまでも、これからも、変わりません。


当社の社員教育で特別なことはしていませんが、あいさつや発声、お辞儀の仕方といった基本は、それこそ毎朝の朝礼で訓練しています。それで完全にできるようになるわけではないものの、日々の積み重ねが大事なのではないでしょうか。


ベンツという商品自体はどこで買われても同じですから、最終的には人だと思います。来店される方にも、お電話で最初のコンタクトをとられる方にも、第一印象が非常に大事でしょう。受付の女性、応対する社員、商談を進めるうえであいさつをする上司、それぞれの対応が大切です。


中嶌秀高の経歴・略歴

中嶌秀高、なかじま・ひでたか。日本の経営者。自動車ディーラー「メルセデス・ベンツ中央」「ナカリンオート」社長。三菱商事自販を経て父が創業したナカリンオートに入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

マルコ・ファン・バステン

9本のスーバーゴールと10本の平凡なゴール、選べと言われたら迷わず10本の方を選ぶ。


ジェイ・エイブラハム

「自分はやれる」と信じること、そして「すべての人や物事に対して好奇心を抱くこと」で、心の炎を灯し続けてきました。みなさんにも、自分で自分の限界を決めつけたり、この世界をつまらないものだと思い込むことなく、みなさん自身の無限の可能性を信じ、モチベーション高く仕事や人生に向き合っていただきたい。


ジャン・パウル

人生は一冊の本に似ている。馬鹿者たちはそれをペラペラとめくっていくが、賢い人間は念入りにそれを読む。なぜなら、彼はただ一度しかその本を読めないことを知っているからだ。


新宅祐太郎

大事なのは、コモディティー化した製品にも価値を付け続けることです。もちろん、低価格品ですからコストはかけられません。でも、日本企業には、一つの製品を長年、改善・改良し続けて質を上げるというカイゼン活動が根付いています。これを生かせば、コモディティーでもまだまだ戦える。


野儀健太郎

厳しく向かわなければいけないところを向かいきれず、結局成果が上がらなくて社員が辞めてしまうという悪循環でした。正しい厳しさと勇気をもって向き合おうと、会社説明会や入社後の研修の内容も見直しました。


出雲充

メンター(師)は得ようとしないで得られることは絶対にない。自ら探し、会いに行く。その努力によって得られるのがメンターです。


西野朗

チームというのは生き物。そう簡単に変えることはできない。変えることにはじめから自信があったわけでもない。それでも日本代表に集まっているメンバーであれば、チームを変えられる可能性があるとは思っていた。選手個々のタレントは非常にレベルが高く、ヨーロッパで活躍している選手も多い。世界のトップクラブで揉まれているメンバーもいる。だからこそ、アプローチの仕方によってはチームを大きく変化させられると期待していた。


西多昌規

もし、飽きっぽい性格で支障がある場合は、飽きることを前提にして予め対策を考えておくのがいいでしょう。その1つとしておすすめしたいのは、マルチタスクです。たとえば英語を勉強するなら、リスニングと英単語の2つの勉強を用意します。リスニングに飽きてきたら、英単語の暗記に切り替える。リスニングと暗記では脳の中で使う場所が違うので、ちょうどいい気分転換になります。クルマのドライブでいうと、高速道路と一般道の2つのルートを用意して、どちらかが渋滞したら、もう一方の道に変更するイメージです。もし両方が渋滞してやる気がわかなければ、その時は諦めて睡眠をとったり、気分転換をしたほうがいいでしょう。集中できない状態で取り組むと、脳のパフォーマンスは落ちる一方です。リフレッシュして取り組んだほうが、効率はアップします。


ジョン・ハム(経営者)

起業家に最も重要なものを一つ挙げろと言われれば、志に尽きると思います。


本庄八郎

会社は、社員の失敗では絶対に潰れません。潰すのは社長の失敗です。ですから、社員は若い頃から縮こまらず、新しいことに挑戦し続けてほしい。


佐々木俊尚

同僚や家族といった近くて強い繋がりだけでは、同じ情報が回るだけで新鮮な情報が入ってこない。ネット上の友人やパーティーで知り合った知人など、たまにしか会わないコミュニティが不可欠。「弱い紐帯(ちゅうたい)」を増やすことで、いままでの自分にはない世界が広がる。


永守重信

創業当時、私が取引先を求めて国内企業を回っていると、行く先々で「お宅の会社、資本金いくらや」「従業員何人おるのや」と必ず聞かれた。従業員3人ですと答えると、その時点で門前払い。自分たちと取引するような会社ではないと判断されるわけです。だからやむなくアメリカに渡ったのですが、あちらでは、3MやIBMのような大企業ですら、私に「資本金いくらや」なんて一切聞きませんでした。その代わりに「あなたは我々に対して、どういうメリットを与えてくれるんだ」と聞いてきた。だから「あなたが使っておられるこのモーターをうちでつくらせてくれれば、形状が半分になるし、コストも安くなって性能がうんと向上する」と答えました。結局、日本電産は世界43か国で事業を展開するまでになり、売上の8割以上を海外が占めています。もし国内だけで取引していたら、日本の一企業で終わっていたでしょうね。