名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中嶌武夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中嶌武夫のプロフィール

中嶌武夫、なかじま・たけお。日本の経営者。ナカリンオート、メルセデスベンツ専門ディーラーのシュテルン中央創業者。兵庫県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。小学校の代用教員を務めたのち軍隊に招集される。軍隊に入って2ヶ月で太平洋戦争が終結。上京し、自転車屋のアルバイトとなる。その後、勤めていた自転車屋が倒産したのをきっかけに、負債ごと経営権を譲り受ける。自転車屋からスタートし、自動車関連の商売で大きな成功を収めた。主な受賞に運輸大臣賞、黄綬褒章。

中嶌武夫の名言 一覧

商法は日々新たなり、商道は不変なり。


ナカリングループの理念は、三者鼎立(ていりつ)の原則です。お客様と会社と社員が三者等しく共に、どこにもかたよらず、本当に喜び満足を感じるようにすることこそが商売なのです。


「なろう」と強く思わなければ、日本一にはなれません。


お金を儲けて財産を残すというのも、ひとつのやり方でしょう。しかし私は、それがすべてではないと思っています。目標を自分で立てて、その目標に向かって精進努力をしていくことに生きがいや喜びを感ずることこそが大事ではないのかと。


遺伝子工学者の村上和雄先生によると、人間がこの世に生まれ合わせるというのは、一億円の宝くじに百万回連続当選したようなものだそうです。人生とはそれだけ貴重なものであるということ。ならば、残された時間を大切に過ごしたい。遊びたいだけ遊び、おいしいものをたくさん食べ、面白おかしく生きるというのもひとつの考え方でありましょうが、私はそう思いません。自分の立てた目標に向かって一歩でも近づくべく精進努力することこそが、生きがいではないでしょうか。


掃除は自宅のトイレをきれいにするのは基本。会社でも、地球を磨くくらいのつもりで掃除をする。お店でかたちばかりの礼儀作法や清掃の仕方だけ身につけても、お客様に満足していただける日本一の販売店にはなれません。


社員がきちんとあいさつができて礼儀正しくあらねばならないことは言うまでもありませんが、これは社員が家庭の中でもあいさつする習慣ができていないとなかなかむずかしい。夫婦や親子のあいだで「おはようございます」と毎朝言っていることが積み重なってようやく社風にも反映されるのです。


私の会社の場合、メルセデス・ベンツの販売台数では日本一になりました。しかしそれは、私の考える日本一ではない。「あのシュテルン中央という会社のお店でベンツを買いたい」とお客様に思っていただけるようになって初めて日本一だということです。


私自身についてはまず、お客様に喜んでいただくことに何のこだわりもなく素直に「ありがとう」と思える自分でありたい。そして、逆にお客様のほうから「ありがとうね」と、口には出していただかなくとも、心の中で思っていただける自分でありたいとも思っています。


人間は必ず旅立ちます。それは間違いありません。そのとき、「この世に生まれてよかった」と思い、手を合わせて「ありがとうございました」と言って、あの世へ行きたいものです。


「お客様の喜びが自分の喜びになる」という喜びの境地に達するのには時間がかかりました。私は三者鼎立(ていりつ)の原則を毎日唱えて50年になりますけれど、以前はやっぱり、お金を儲けたいという気持ちが先にきました。でも、年齢が80歳を過ぎたころから、そういう気持ちがなくなったのです。金を儲けることよりも、お客様に喜んでいただけるかどうかが本当に大事だと。喜んでいただければ、「人様に迷惑をかけずに済んだ」「ありがたいことだ」という充実した気持ちで人生をまっとうできるのではないかと、そう思っています。


4年後は当社の創業70周年、私は92歳になりますが、その日までに「日本一クラブ」をつくりたい。これは私の夢。どんな業種、商売でもいいから、それぞれの分野で日本一をめざす人の集まりをつくりたいんです。それにはまず当社自身が、日本一と認めてもらわないといけません。


正直なところベンツを扱うことができなかったら、(ナカリングループの)経営は縮小せざるを得なかったかもしれません。三菱自動車さんのお世話があって、ベンツを扱わせていただくことができました。そういうわけですから、三菱自動車さんのディーラーとしての仕事も大事なのです。お世話になったことを忘れてはいけません。


お客様から、「中嶌君、いつまでも自転車いじってないでオートバイをやらないか」と言われて、「はい、やります」と。それでオートバイを扱うようになると、「自動車もやれよ」と。そうやって、お客様に導いていただきながらやってきたということなんです。


中嶌武夫の経歴・略歴

中嶌武夫、なかじま・たけお。日本の経営者。ナカリンオート、メルセデスベンツ専門ディーラーのシュテルン中央創業者。兵庫県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。小学校の代用教員を務めたのち軍隊に招集される。軍隊に入って2ヶ月で太平洋戦争が終結。上京し、自転車屋のアルバイトとなる。その後、勤めていた自転車屋が倒産したのをきっかけに、負債ごと経営権を譲り受ける。自転車屋からスタートし、自動車関連の商売で大きな成功を収めた。主な受賞に運輸大臣賞、黄綬褒章。

他の記事も読んでみる

高橋興三(経営者)

シャープにはお客様よりも社内を優先する文化もありました。口では、「大切なのはお客様」とみんな言います。でも、行動を見ると違う。僕が新入社員時代に、社内で複写機の試作依頼を外部の業者にお願いしている最中に先輩が来て、「課長が呼んでいる。すぐ来い」って当たり前のように言うんですよ。「何でお客様より課長の方が大事やねん」と普通は思いますよね。こんなけったいな文化が続いてきました。


新美春之

企業ならリーダーは経営者です。昭和シェル石油を例にとりますと、1995年ごろまで石油業界は護送船団方式でやってきたし、当社も例外ではなかった。それで95年ごろから、私はこのままでは会社の存続は危ういと思い始めました。社内では昭和シェルの実態は中小企業なのに動きの鈍さは大企業と説明しました。社員は我が社はまず大丈夫だろうと思っているのです。見かけ上、連結売上が1兆6000億円くらいありますから。しかし売上から揮発油税など税金を引いてみるとどうだ、付加価値という点で見るとどうだ、と問い詰めていく。残りを見れば本当の規模は中小企業ではないかと。


飯島延浩

ビジネスの仕組みは、キリスト教文化から切り離せません。だから、神の教えに忠実に経営をすればよい結果が得られます。


心屋仁之助

恐れを乗り越え、やりたいことを発掘するには「最悪の状況を想像してみる」のが効果的です。たとえば、独立しても仕事がなく、家を追い出されて家族から見捨てられる……。そんな未来をできるだけ具体的に想像しましょう。すると、現実はここまでひどくならないと気づけるのです。


貴島孝雄

経営者の妥協を許さない姿勢を受けて、技術者は品質とコストを高いレベルで合致させるべく努力するのです。


トマス・エジソン

さらに良い方法がある。それを見つけよ。


坂口幸雄

上に立つものは見識と判断力を養い、部下に将来への確かな筋道を見せてやる。同時に下意上達、つまり部下の意見をくみ上げる気配りを欠かさないことだ。そうすれば信望は自然と集まる。【覚書き:上記はトップが部下に影響力を持つにはどうすればいいかについて聞かれた時の答え】


吉村征之

僕は好奇心が強い男だと思うんです。結果的に好奇心がいろいろなことにチャレンジしたいという気を起こさせた。


糸井重里

週に1回1時間ほど、「こういうことを考えているから知っておいてほしい」ということを話します。彼ら(社員)が僕と話をする機会はしょっちゅうあるので。その場で意見を言えというリーダーもいますよね。でも、そういうのは得意じゃないんです。すべてをわかっていない状態で、今聞いた話に反応できるほうがおかしいと思っているので。


赤塚保正

柿安の場合、株主の皆様に喜んでもらうのは株価だけではありません。それは当社で株式の40%を所有しており、関係者を除けば個人株主の方がほとんどですので、株主はすなわち当社のお客様でもあるわけです。だからこそ、我々がお客様が喜ぶ商品を提供できる商売をしていれば、株主の皆様にも喜んでいただけます。


ジャン=ジャック・ルソー

ラブレターを書くには、まず何を言おうとしているのか考えずに書きはじめること。そして何を書いたのかを知ろうとせずに、書き終わらなければならない。


鎌田富久

パソコンやスマートフォンではアメリカ勢に敗れてしまいましたが、ゲーム機のような成功例を見れば、日本勢でも勝てない理由はありません。本来モノづくりが得意な国ですからね。