名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中嶋茂夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中嶋茂夫のプロフィール

中嶋茂夫、なかじま・しげお。日本のコンサルタント。京都工芸繊維大学繊維学部高分子学科、ニューヨークのファッション工科大学アパレル生産マネジメント学科を卒業。その後、第一紡績を経て子供服の中嶋商店に入社。同社代表取締役に就任。アパレル業のインターネット集客に携わり、コンサルティング業を開始。鉄道ジャーナリストとしても活動している。

中嶋茂夫の名言 一覧

SNSで情報を発信することは、「自分が何を好きなのか」「どんなことを大切にしているのか」を確認する作業だと言うことができるかもしれません。自らを深く知り、そんな自分を受け入れてくれて、自分が受け入れられる人たちと交流を深めれば、それは強い結びつきになります。その絆はデジタルの世界で培ったものであっても、リアルの世界で活かすのは決して難しくないのです。


SNSを人脈づくりに活かしたいなら、まず楽しもうとすることが大切です。自分が楽しめなければ、他のメンバーとのやり取りも弾みません。それでは友達ができにくいことは、説明するまでもないでしょう。たとえ仕事の人脈がつくりたいという場合でも、まずは趣味の分野などで自分が楽しむことから始めた方がいいでしょう。趣味を同じくする人たちのコミュニティに参加すれば、友人を一気に増やせる可能性もあります。


ビジネスの基本は、新規顧客よりリピーターの確保です。


世の中には似た商品やサービスを提供する企業が数多くあります。そこで選択の決め手になるのは、商品やサービスを提供する側の「人となり」です。人柄や創業の志、趣味などを発信し、共感してくれる人を増やせば、ビジネスにもプラスに働くはずです。


フェイスブックで儲けようと考える人もいますが、それは幻想です。むしろ、人とつながる楽しさを満喫しましょう。ワクワクしながら使うことが、ネットになれる最短の道です。そうして人の輪を広げれば、いずれビジネスにも役立つかもしれないという立場で臨むべきだと思います。


実は素晴らしい知識や経験を持っているのに、自分自身がそれに気づいていない人は少なくありません。SNSを使うことで、そうした面がネット上で評価され、自分では気づかなかった長所を発見することもあり得ます。


社会人が新たに友人をつくるのは、学生時代よりも難しいと感じませんか。社会人の人間関係は、学生と違って会社が中心になりがちです。仕事でたくさんの人に会っても、それはビジネス上の人間関係です。そこから友人や人脈と呼べるような関係になるには、なかなか高いハードルがあります。しかし、インターネットの世界では、あらゆる垣根を越えた議論や交流が昼夜を問わず活発に行われています。しかも、情報交換の場が無数にあり、趣味を通じて同好の士と仲良くなれる可能性も高い。人脈をつくりたいのであれば、これを活用しない手はありません。


SNSによる人脈づくりにも、人によって向き不向きがあります。ネット上とはいえ、その人の人柄は自然とにじみ出てくるものです。気軽にメッセージを投げかけやすい「いじられキャラ」の人は、デジタルの世界でも場が盛り上がります。その結果、より多くの人とつながりやすくなります。一方、あまり向いていないのは、とくに好きなことがないという人です。


私はネットプロモーションの専門家として認知されてきましたが、今回、夢だった鉄道ジャーナリストとしてデビューしました。これは実名登録のフェイスブックだからこそ可能だったんです。私はフェイスブックのなかで仕事のつながりと趣味の鉄道のつながり両方もっています。どちらも実名で活動してきたので、ネットプロモーション関連の人たちにも、私が本を出すほどの鉄道オタクであることは浸透していたんです。でも普通なら、仕事相手にそこまで鉄道好きだということは伝わりません。今回は仕事と趣味のつながりが相乗効果を起こして「鉄道本も売れる著者」という実績を作れたのは、フェイスブックのおかげです。


中嶋茂夫の経歴・略歴

中嶋茂夫、なかじま・しげお。日本のコンサルタント。京都工芸繊維大学繊維学部高分子学科、ニューヨークのファッション工科大学アパレル生産マネジメント学科を卒業。その後、第一紡績を経て子供服の中嶋商店に入社。同社代表取締役に就任。アパレル業のインターネット集客に携わり、コンサルティング業を開始。鉄道ジャーナリストとしても活動している。

他の記事も読んでみる

ピーター・リンチ

誰もが株式市場を理解する知力を持っている。小学校5年生までの算数をやり遂げていれば、あなたにも絶対できる。自分の知っているものに投資することだ。個人投資家はもっと株式から、ファンドマネージャーよりもお金を儲けることができる。


襟川陽一(シブサワ・コウ)

私の場合は「ゲームが好きだ」ということが出発点。そうした原点があれば、トラブルが起きたとしても、楽しみながら乗り越えていける。


ニーチェ

最上の愛の杯のなかにも、苦いものはある。


上山直英

社長に就任した数年後、ユーゴスラビア連邦が解体して、その中の、セルビア・モンテネグロ共和国(のちのセルビア共和国)から名誉総領事の依頼があったのです。まったく見当のつかない話だったので、大使館に出向いて「なぜ私に話を持ってこられたのですか」と尋ねますと、大使から「ほかにセルビアと関係のある人を探したけど、見つからない。それに、あなたのひいおじいさん(創業者・上山英一郎)がユーゴスラビアの名誉領事をやっていたでしょう」と言われました。これは本当に驚きました。曾祖父は様々な団体の役職に就いていましたから、名誉領事もその中の一つくらいに思っていて、なぜその職にあったのか深く考えたことがなかったからです。創業時に、蚊取線香の原料になった除虫菊の原産地がセルビアです。それまで、歴史というものは終わったことだからと考え、自社の歴史にも興味がありませんでした。しかし、歴史が積み重なって今の会社があって、今の自分もあるということに、あらためて気がつきました。


金川千尋

他の人が決断したのではなく、シンテックは他ならぬ私自身が企画立案して設立した会社です。従って、とにかく自分で開拓するしかないと、営業で世界中を飛び回りました。作った製品は全部売り切ってきました。ただ、そう簡単に売れるものではありません。売れたというより、懸命に売っていったのです。


三浦展

いま会社はすっかり真面目な空間だらけで、オフィシャルではない曖昧な遊びの空間がありません。かつては、オフィスの延長線上に位置していた居酒屋が、その役割を果たしていましたが、そうした力がなくなってしまいました。曖昧な遊びの空間をどこかに確保しないと、いいアイデアは生まれません。


奥田務

会長兼CEOを退く前の最後の仕事として、子会社のピーコックストアを売却しました。この売却によって良い意味で社内に緊張感が生まれました。「赤字を出していては売却されるかもしれない」という緊張感が出たのはメリットでしょう。


小泉進次郎

僕は政治家とつるむ機会はほとんどない。反対に友人には自民党のことが大嫌いだろうな、という人も多い。内側に閉じこもりたくないんです。僕が一番よくないと思うのは、政治のことしか話せない政治家。それはつまらない。


鈴木与平(8代目)

私が社長に就任して以来、本当にいろいろなことがありましたし、今回のような地震(東日本大震災)も起きました。今後も様々なことが起きると思いますが、そういう時にどう柔軟に対応していくか、自分の肌で感じていくかということが、一番大事なことなのかなと思っています。


森本智子

一緒に仕事をする人や視聴者の立場になって、ものごとを考えられるようになりました。入社して3、4年目ぐらいまでは、目の前の仕事をこなすのに精いっぱいで、周りなんてまったく見えていませんでしたから。


小山昇

人の成長はすべて模倣から始まるもの。模倣のあとに、自分ならではの強みが見つかる。


中野信子

セロトニンという幸せを感じる物質を出すのに、最も効果的なのが「肉」という研究データがあります。相手の機嫌を損ね、険悪になったら焼き肉に誘うといいですよ。ほかにも、チョコレートやピーナッツにも同様の効果があります。