名言DB

9419 人 / 110788 名言

中嶋茂夫の名言

twitter Facebook はてブ

中嶋茂夫のプロフィール

中嶋茂夫、なかじま・しげお。日本のコンサルタント。京都工芸繊維大学繊維学部高分子学科、ニューヨークのファッション工科大学アパレル生産マネジメント学科を卒業。その後、第一紡績を経て子供服の中嶋商店に入社。同社代表取締役に就任。アパレル業のインターネット集客に携わり、コンサルティング業を開始。鉄道ジャーナリストとしても活動している。

中嶋茂夫の名言 一覧

SNSで情報を発信することは、「自分が何を好きなのか」「どんなことを大切にしているのか」を確認する作業だと言うことができるかもしれません。自らを深く知り、そんな自分を受け入れてくれて、自分が受け入れられる人たちと交流を深めれば、それは強い結びつきになります。その絆はデジタルの世界で培ったものであっても、リアルの世界で活かすのは決して難しくないのです。


SNSを人脈づくりに活かしたいなら、まず楽しもうとすることが大切です。自分が楽しめなければ、他のメンバーとのやり取りも弾みません。それでは友達ができにくいことは、説明するまでもないでしょう。たとえ仕事の人脈がつくりたいという場合でも、まずは趣味の分野などで自分が楽しむことから始めた方がいいでしょう。趣味を同じくする人たちのコミュニティに参加すれば、友人を一気に増やせる可能性もあります。


ビジネスの基本は、新規顧客よりリピーターの確保です。


世の中には似た商品やサービスを提供する企業が数多くあります。そこで選択の決め手になるのは、商品やサービスを提供する側の「人となり」です。人柄や創業の志、趣味などを発信し、共感してくれる人を増やせば、ビジネスにもプラスに働くはずです。


フェイスブックで儲けようと考える人もいますが、それは幻想です。むしろ、人とつながる楽しさを満喫しましょう。ワクワクしながら使うことが、ネットになれる最短の道です。そうして人の輪を広げれば、いずれビジネスにも役立つかもしれないという立場で臨むべきだと思います。


実は素晴らしい知識や経験を持っているのに、自分自身がそれに気づいていない人は少なくありません。SNSを使うことで、そうした面がネット上で評価され、自分では気づかなかった長所を発見することもあり得ます。


社会人が新たに友人をつくるのは、学生時代よりも難しいと感じませんか。社会人の人間関係は、学生と違って会社が中心になりがちです。仕事でたくさんの人に会っても、それはビジネス上の人間関係です。そこから友人や人脈と呼べるような関係になるには、なかなか高いハードルがあります。しかし、インターネットの世界では、あらゆる垣根を越えた議論や交流が昼夜を問わず活発に行われています。しかも、情報交換の場が無数にあり、趣味を通じて同好の士と仲良くなれる可能性も高い。人脈をつくりたいのであれば、これを活用しない手はありません。


SNSによる人脈づくりにも、人によって向き不向きがあります。ネット上とはいえ、その人の人柄は自然とにじみ出てくるものです。気軽にメッセージを投げかけやすい「いじられキャラ」の人は、デジタルの世界でも場が盛り上がります。その結果、より多くの人とつながりやすくなります。一方、あまり向いていないのは、とくに好きなことがないという人です。


私はネットプロモーションの専門家として認知されてきましたが、今回、夢だった鉄道ジャーナリストとしてデビューしました。これは実名登録のフェイスブックだからこそ可能だったんです。私はフェイスブックのなかで仕事のつながりと趣味の鉄道のつながり両方もっています。どちらも実名で活動してきたので、ネットプロモーション関連の人たちにも、私が本を出すほどの鉄道オタクであることは浸透していたんです。でも普通なら、仕事相手にそこまで鉄道好きだということは伝わりません。今回は仕事と趣味のつながりが相乗効果を起こして「鉄道本も売れる著者」という実績を作れたのは、フェイスブックのおかげです。


中嶋茂夫の経歴・略歴

中嶋茂夫、なかじま・しげお。日本のコンサルタント。京都工芸繊維大学繊維学部高分子学科、ニューヨークのファッション工科大学アパレル生産マネジメント学科を卒業。その後、第一紡績を経て子供服の中嶋商店に入社。同社代表取締役に就任。アパレル業のインターネット集客に携わり、コンサルティング業を開始。鉄道ジャーナリストとしても活動している。

他の記事も読んでみる

中田敦彦

大切なのは、とにかくやってみること。「Just Do It」。これは僕のビジネスの信条でもあります。まずは、やりたいことを言う、始めてみる。すると大きな目標をともにする人が集まってくるものです。その中で、掛け合わせが起こり、別々のスキルや目標を持っていた人同士の間で、新しい関心が生まれ、プロジェクトになる。


石原良純

子供を持って初めて、自分の親父も、こんなことを考えていたのだなとわかるものですね。


原孝(組織戦略コンサルタント)

論理と感情をひとつの方向性で束ねなければ、経済活動は短期間での失速を招き、社会貢献活動も地域に根付かない独りよがりの活動を招いてしまいます。


兒玉圭司

弊社の監査役である高橋浩氏も元卓球選手ですが、彼は3度も世界チャンピオンになった中国の荘則棟(ツァンヅートン)という伝説的な選手に対し、世界でただ一人、3勝1敗と勝ち越した人物です。あるとき、高橋氏は中国のテレビ局から「荘則棟に2勝も勝ち越した感想は?」と聞かれて、「私は頭の中で荘選手と500回試合をして、すべて勝った。だから私の戦績は、3勝1敗ではなく、503勝1敗です」と言ったのです。これは誇張ではなく、彼は本当に500回、イメージを描いたのです。だから、あれだけの強豪に勝つことができた。イメージの力はそれほど絶大なのです。


森川亮

落ちこぼれを育成するにあたって大事なことは、「何をやらなければいけないのか」を明確にして、「それができなかった場合に、どうしたらできるようになるのか」を考えさせて、きちんと実行させることです。やることの内容は、できるだけ明確な方がいい。内容以上に、レベルの設定が重要です。「あなたは、このレベルまでいかなければダメだ」と目標を設定する。そして、「このレベルまで上がるために何をしなければいけないかを具体的に考えて、実行してください」と。


永守重信

これからグローバルに打って出ようとする企業にアドバイスしたいのは、「日本の悪しき感性は捨てろ」ということです。人事体系から給与体系から、現在日本で当然のことと考えていることを、いったんすべて忘れる。そして、グローバル社会で通用することしかやらない。


名越康文

人間は本来、成長しながら世界を広げていくもの。見える世界が広がれば、感情に振り回されにくくなる。


田岡敬

(理想の経営は)BtoCに限ってかもしれませんが、いかに階層をフラットにして顧客接点を理解するかということと、それに基づいて戦略を立て意思決定できるか、ではないでしょうか。意思決定も、独断で決めるのではなくて、顧客接点理解をメンバーと共有し、ディスカッションを重ねて、というスタイルが良いと思います。


大西一寛

弊社はデータ至上主義に走っているわけではありません。私自身、経営をしていく上で感じる直感や違和感、現場から直接上がってくる従業員の声は、非常に重視しています。


元祖爆笑王

一生懸命話してくれる相手は、不目然に褒めるよりも「素晴らしい」「ナルホド」「面白い」の三つのうちどれかひとつを言葉にして返してあげれば、気分が乗ってきます。池上彰さんがよく使う「いい質問ですね」の一言は、一回褒められたら、気分の乗った質問者がその後もガンガン聞いてくるところまで考え抜いていると思います。