名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中嶋章義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中嶋章義のプロフィール

中嶋章義、なかじま・あきよし。日本の経営者。クラシエ社長、会長。兵庫県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、鐘紡(のちの旧カネボウ)へ入社。カネボウ化粧品南関東販売取締役、神奈川北支社支配人、化粧品百貨店営業推進室長、取締役常務総支配人、カネボウ・トリニティ(のちのクラシエ)・ホールディングス社長・会長などを務めた経営者。

中嶋章義の名言 一覧

「一人一人が主役になって復活した日本を代表するモデル企業」になるというビジョンに向けて愚直に日々を進んでいく所存です。


トイレタリーをはじめとする私たちの商品は、パーティーやイベントなど特別な日に使われるものではなく、何でもない毎日の暮らしのためにあります。良質で安心できる商品を暮らしの中で提供していくことが当社の役目です。


5・6人1チームになって生産性や歩留まりを向上させるプロジェクトを行っています。全従業員が収益について真剣に考えるきっかけになればと考えています。


私は可能な限り工場や支店に足を運び、従業員と積極的にコミュニケーションをはかりました。我々経営陣の考え方も、かなりの部分で伝わったのではないかと思います。


新しい社名は、これからの私たちの進むべき方向性を示し、それを共有し、長く愛されるものでなければなりません。そこで社名は従業員から公募し、さらに2回のアンケートを行いました。最初の公募ではカネボウのネーミングやマークから離れられず、「カネ」や「ベル(旧カネボウのマーク)」を含む案が出てきました。しかし当社がこれから大きくジャンプアップするためには、社名も思い切った変更が必要でした。
【覚書き|カネボウ・トリニティからクラシエに社名変更した当時を振り返っての発言】


クラシエはかつてのような大組織ではありませんが、全員が一丸となるにはちょうどいいサイズになりました。いい商品を出し続け、リピーターを増やしながら、愛される会社に育てていきたいと思っています。
【覚書き|旧カネボウが分割されクラシエができたことについて語った言葉】


中嶋章義の経歴・略歴

中嶋章義、なかじま・あきよし。日本の経営者。クラシエ社長、会長。兵庫県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、鐘紡(のちの旧カネボウ)へ入社。カネボウ化粧品南関東販売取締役、神奈川北支社支配人、化粧品百貨店営業推進室長、取締役常務総支配人、カネボウ・トリニティ(のちのクラシエ)・ホールディングス社長・会長などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

松井道夫

朝はなかなか頭が働かないため、出勤前に水泳をして頭を覚まし、思考のスイッチをオンにしています。20~30分かけて1kmをクロールで泳ぐのですが、最初は慣らし運転。体が慣れてきた15分後くらいから、泳ぐというより、体が勝手に動いて、ただ水に浮遊しているようなスイマーズハイの状態に入ります。脳がリラックスし、研ぎ澄まされていく感覚が得られます。この時、自分から積極的に何かを考えたりはしない。いろいろなことが頭に浮かんだりはしますが、基本的には「脳の休息時間」になっています。


澤田秀雄

利益は大切ですが、いかに世の中のためになるかが企業にとって一番大切だと思います。


鳥羽博道

一杯のおいしいコーヒーは私の仕事に対する取り組み方を大きく変えた。それまではただ漠然とコーヒーをいれていたように思う。だが、それからというもの、毎日コーヒーをいれるのが楽しくてしょうがなかった。昨日よりも今日のコーヒーの方が味がまろやかだとか、どうしたらもっとおいしいコーヒーがいれられるようになるかとか、コーヒーの味に私はすっかり魅了されてしまった。生きていかなければという思いからたまたま飛び込んだ喫茶業界。その世界で働くことに少しずつやりがいを感じ始めていたのである。
【覚書き|上京し、レストランのバーテンダーとして働き始めたときを振り返って】


白洲次郎

政治をやる人はもっともっと行政の対象の国民の立場になって考えてみるがいい。農民の生活の向上を叫びたい人は、農民の生活がどんなものかと体験してからにしてもらいたい。


畔柳茂樹

効率中心のビジネス社会にどっぷり浸ると損得でものを考えがち。頭で考えているうちはなかなか行動ができない。まずそんなメンタルブロックを外すことだと思います。


吉岡信一(経営者)

樋口廣太郎社長から、「アメリカで遊んで来い。成果はいらない」と、まだ経営が苦しいのに送り出されました。人材育成で受けた経験を、いまは当社に活かしたい。
【覚書き|アサヒビール時代を振り返っての発言】


佐々木大輔(経営者)

中小企業こそ、テクノロジーの導入でイノベーションを起こせる。


宮内大介

お客様が欲しいのはボイラ自体じゃなくて、ボイラが作る熱です。


藤原和博

人を動かせる人とそうでない人の違いは、「リサーチ力」にある。言いかえれば、「相手は何をやりたいと思っているのか」を掴む力。ロジックや熱意で、自分の希望を押しつけても、人は動きません。「これを引き受ければ、やりたいことが実現できる」。そう思わせて、初めて動いてくれるのです。


山下勝(経営学者)

組織論の見地から言えば、部下に口でうるさくがみがみ言うことは、上司の役割です。しかし、限度を超えて上司が口うるさいとなると問題です。ただ、上司側にも同情すべき事情があります。現在、日本の職場では上司がマネジメントを全うしにくい。純粋な管理職でなく自らも動くプレイングマネジャーであることが多いからです。


小路明善

ビール類の消費がシュリンク(縮小)していく状況で、私は業界を牽引するのではなく、業界全体を活性化させたい。


塚本昌彦

「楽しい」に勝るエンジンは無い。