名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中嶋章義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中嶋章義のプロフィール

中嶋章義、なかじま・あきよし。日本の経営者。クラシエ社長、会長。兵庫県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、鐘紡(のちの旧カネボウ)へ入社。カネボウ化粧品南関東販売取締役、神奈川北支社支配人、化粧品百貨店営業推進室長、取締役常務総支配人、カネボウ・トリニティ(のちのクラシエ)・ホールディングス社長・会長などを務めた経営者。

中嶋章義の名言 一覧

「一人一人が主役になって復活した日本を代表するモデル企業」になるというビジョンに向けて愚直に日々を進んでいく所存です。


トイレタリーをはじめとする私たちの商品は、パーティーやイベントなど特別な日に使われるものではなく、何でもない毎日の暮らしのためにあります。良質で安心できる商品を暮らしの中で提供していくことが当社の役目です。


5・6人1チームになって生産性や歩留まりを向上させるプロジェクトを行っています。全従業員が収益について真剣に考えるきっかけになればと考えています。


私は可能な限り工場や支店に足を運び、従業員と積極的にコミュニケーションをはかりました。我々経営陣の考え方も、かなりの部分で伝わったのではないかと思います。


新しい社名は、これからの私たちの進むべき方向性を示し、それを共有し、長く愛されるものでなければなりません。そこで社名は従業員から公募し、さらに2回のアンケートを行いました。最初の公募ではカネボウのネーミングやマークから離れられず、「カネ」や「ベル(旧カネボウのマーク)」を含む案が出てきました。しかし当社がこれから大きくジャンプアップするためには、社名も思い切った変更が必要でした。
【覚書き|カネボウ・トリニティからクラシエに社名変更した当時を振り返っての発言】


クラシエはかつてのような大組織ではありませんが、全員が一丸となるにはちょうどいいサイズになりました。いい商品を出し続け、リピーターを増やしながら、愛される会社に育てていきたいと思っています。
【覚書き|旧カネボウが分割されクラシエができたことについて語った言葉】


中嶋章義の経歴・略歴

中嶋章義、なかじま・あきよし。日本の経営者。クラシエ社長、会長。兵庫県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、鐘紡(のちの旧カネボウ)へ入社。カネボウ化粧品南関東販売取締役、神奈川北支社支配人、化粧品百貨店営業推進室長、取締役常務総支配人、カネボウ・トリニティ(のちのクラシエ)・ホールディングス社長・会長などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

手倉森誠

おまえたちは何も成し遂げていない。俺も何も成し遂げていない。だから、一緒に大きなことを成し遂げようぜ。


重光昭夫(辛東彬)

経済が伸びるところ、伸びそうなところに賭けていくことが重要ではないでしょうか。縮小する市場で永続的に成長していくのは難しいですから。


南雲吉則

過去30年でがんにかかる人の数は倍増しました。ですから私は、次の30年間でその数を半減させたいのです。30年後、僕は90歳。それまで働ける身体、それも最高のパフォーマンスを上げられる身体を維持しなければ、到底達成できない目標です。だから、日々自分を律して、健康維持の努力をしているのです。


山下泰裕

私が人生で何より望むのは、充実した毎日を送ることです。だから、「人間としての自分を磨く時間」「心身の健康のための時間」「家庭のための時間」の3つを確保することを意識しています。


小笹芳央

私は今、「個人個人がアイ・カンパニーになりましょう」ということをあちこちで言い続けています。自分自身が、自分株式会社の経営者という意識を持ち、自分という商品を販売していくという意識を持とうという提案です。「アイ・カンパニー」を人気企業、優良企業にしていこうという意識がもっと持てるようになれば、たくさんの日本人がより自立的に人生やキャリアを切り開いていけるようになるでしょう。


岡村陽久

利益の大半は、人材育成や海外進出に投じるため、純利益の比率は低くなる。利益より、社会にどれだけ大きな影響を与えるかが重要だと考えている。


阿部サダヲ

現場で「さっきの演技良かったね」なんて言われると、どうしても意識してしまう。だから褒められたら、そのたびに気持ちをリセットしています。


阿部祐二

ああだこうだ心配している暇があったら、その日を最大限に生きてみる。考えるのはその後でもできることです。そんな姿勢で日々を過ごしていれば、自然と不安も解消され、疲れも吹き飛びます。


高橋がなり

必ず自分の周りに気に入らない嫌な奴っているよね。そいつと面と向かって喧嘩する。そうすればそいつは敵になるでしょ。そうしたらしめたもの。そいつにだけは負けたくないと自然に思えるから。自分がくじけたら、そいつが喜ぶし、そいつに笑われると思えば頑張れる。


俣野成敏

仕事で成果を出せば、あなたの影響力が高まります。そのため発言権が強くなって、意向を聞いてもらいやすくなります。


栗原幹雄

大きな組織で新しいことをやろうとすると、意見がブレたり、みんなに好かれる業態にしようとしたりするから、面白いものが生まれない。


林野宏

例えば味方がパスをミスしてツキが相手に流れても、「絶対に勝つんだ」という気迫をみなぎらせれば、ツキを呼び戻すことは決して不可能ではない。