名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中嶋章義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中嶋章義のプロフィール

中嶋章義、なかじま・あきよし。日本の経営者。クラシエ社長、会長。兵庫県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、鐘紡(のちの旧カネボウ)へ入社。カネボウ化粧品南関東販売取締役、神奈川北支社支配人、化粧品百貨店営業推進室長、取締役常務総支配人、カネボウ・トリニティ(のちのクラシエ)・ホールディングス社長・会長などを務めた経営者。

中嶋章義の名言 一覧

「一人一人が主役になって復活した日本を代表するモデル企業」になるというビジョンに向けて愚直に日々を進んでいく所存です。


トイレタリーをはじめとする私たちの商品は、パーティーやイベントなど特別な日に使われるものではなく、何でもない毎日の暮らしのためにあります。良質で安心できる商品を暮らしの中で提供していくことが当社の役目です。


5・6人1チームになって生産性や歩留まりを向上させるプロジェクトを行っています。全従業員が収益について真剣に考えるきっかけになればと考えています。


私は可能な限り工場や支店に足を運び、従業員と積極的にコミュニケーションをはかりました。我々経営陣の考え方も、かなりの部分で伝わったのではないかと思います。


新しい社名は、これからの私たちの進むべき方向性を示し、それを共有し、長く愛されるものでなければなりません。そこで社名は従業員から公募し、さらに2回のアンケートを行いました。最初の公募ではカネボウのネーミングやマークから離れられず、「カネ」や「ベル(旧カネボウのマーク)」を含む案が出てきました。しかし当社がこれから大きくジャンプアップするためには、社名も思い切った変更が必要でした。
【覚書き|カネボウ・トリニティからクラシエに社名変更した当時を振り返っての発言】


クラシエはかつてのような大組織ではありませんが、全員が一丸となるにはちょうどいいサイズになりました。いい商品を出し続け、リピーターを増やしながら、愛される会社に育てていきたいと思っています。
【覚書き|旧カネボウが分割されクラシエができたことについて語った言葉】


中嶋章義の経歴・略歴

中嶋章義、なかじま・あきよし。日本の経営者。クラシエ社長、会長。兵庫県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、鐘紡(のちの旧カネボウ)へ入社。カネボウ化粧品南関東販売取締役、神奈川北支社支配人、化粧品百貨店営業推進室長、取締役常務総支配人、カネボウ・トリニティ(のちのクラシエ)・ホールディングス社長・会長などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

佐々木圭吾

入園者数が伸び悩んでいた旭山動物園では、入園者に動物園のファンになってもらうために、飼育員自身が檻の前で動物について解説するガイドを始めたのです。すると、入園者の反応に直接触れられるようになり、入園者にもっと喜んでもらえるような理想の展示方法を考え、そのスケッチを描くようになります。やがて、そのスケッチが一つずつ実現し、理想の動物園へと変わっていきました。


佐々木常夫

最近、企業の不祥事がよく起こるのは、社会貢献という鉄則を忘れてリーダーたちが自己の利益ばかり考えるようになってしまったからです。人間性がなく信頼もない。それは心の奥底にあるべき真摯さ、誠意が欠如しているからだと思います。


小林喜光

中庸バランスであると思うんですよね。ひとつの指標だけをよくしようというような考え方では、程度が低いのではないかと思います。


田中仁(経営者)

強い経営者とは真剣勝負をくぐり抜けた人。真剣勝負とは読んで字のごとく真剣なので、負けたら斬られて死にます。そこを斬られずに生き残った人は強い。


樫尾和宏

作るべきは、ブームではなく文化。


小寺圭

何かしらの事態にぶつかったときの対応力を養うには、やはり現場で場数を踏むしかないでしょう。もっといえば、修羅場に何回出合うか。その際には、とにかく逃げずに向き合うことです。


茂木健一郎

笑うと創造力が高まり、良いアイデアも出やすくなります。これはおそらく、笑うとうれしいときなどに出る神経伝達物質のひとつであるドーパミンが分泌され、脳の司令塔の機能を持つ前頭前野を刺激し、フロー状態に入りやすくするためです。


田原総一朗

自分の言葉で話すことに意味がある。


安西祐一郎

教育現場が変わるだけでは不十分です。というのは、結局、出口はその先の企業の処遇になるからです。受け身の学習から能動的学習(アクティブ・ラーニング)に変えていく理由は、将来社会に出たときに、自ら考え行動する力が求められる時代になっているからです。したがって、企業側にもそういった姿勢を持っていただかなくてはなりません。


アーネスト・M・比嘉

自分で事業を興すときには、事業の先行きにはたくさんのリスクが付き物であり、チャレンジングな出来事が必ず待ち受けています。だから、その際には、ポジティブシンキングを持っていなくては、なかなかそれを乗り越えることが難しい。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

どんな勉強がどこに役立つかを、すべて予測することはできません。実際FP(ファイナンシャル・プランナー)になったとき、数字を扱って問題解決をするということで、技術者だった経験がずいぶんプラスになりました。


樋口武男

私が大和団地の社長に就いたとき、新聞記者が何人も取材に来ましたが異口同音に「社長、まずはリストラですね」と言いました。しかし私は、世間一般で言われるリストラ、つまりクビ切りをするつもりは毛頭ありませんでした。弱っている会社で人員整理をしたところで何の解決にもなりません。