名言DB

9419 人 / 110788 名言

中嶋章義の名言

twitter Facebook はてブ

中嶋章義のプロフィール

中嶋章義、なかじま・あきよし。日本の経営者。クラシエ社長、会長。兵庫県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、鐘紡(のちの旧カネボウ)へ入社。カネボウ化粧品南関東販売取締役、神奈川北支社支配人、化粧品百貨店営業推進室長、取締役常務総支配人、カネボウ・トリニティ(のちのクラシエ)・ホールディングス社長・会長などを務めた経営者。

中嶋章義の名言 一覧

「一人一人が主役になって復活した日本を代表するモデル企業」になるというビジョンに向けて愚直に日々を進んでいく所存です。


トイレタリーをはじめとする私たちの商品は、パーティーやイベントなど特別な日に使われるものではなく、何でもない毎日の暮らしのためにあります。良質で安心できる商品を暮らしの中で提供していくことが当社の役目です。


5・6人1チームになって生産性や歩留まりを向上させるプロジェクトを行っています。全従業員が収益について真剣に考えるきっかけになればと考えています。


私は可能な限り工場や支店に足を運び、従業員と積極的にコミュニケーションをはかりました。我々経営陣の考え方も、かなりの部分で伝わったのではないかと思います。


新しい社名は、これからの私たちの進むべき方向性を示し、それを共有し、長く愛されるものでなければなりません。そこで社名は従業員から公募し、さらに2回のアンケートを行いました。最初の公募ではカネボウのネーミングやマークから離れられず、「カネ」や「ベル(旧カネボウのマーク)」を含む案が出てきました。しかし当社がこれから大きくジャンプアップするためには、社名も思い切った変更が必要でした。
【覚書き|カネボウ・トリニティからクラシエに社名変更した当時を振り返っての発言】


クラシエはかつてのような大組織ではありませんが、全員が一丸となるにはちょうどいいサイズになりました。いい商品を出し続け、リピーターを増やしながら、愛される会社に育てていきたいと思っています。
【覚書き|旧カネボウが分割されクラシエができたことについて語った言葉】


中嶋章義の経歴・略歴

中嶋章義、なかじま・あきよし。日本の経営者。クラシエ社長、会長。兵庫県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、鐘紡(のちの旧カネボウ)へ入社。カネボウ化粧品南関東販売取締役、神奈川北支社支配人、化粧品百貨店営業推進室長、取締役常務総支配人、カネボウ・トリニティ(のちのクラシエ)・ホールディングス社長・会長などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

ヴォルテール

その年齢の知恵を持たない者は、その年齢のすべての困苦を持つ。


法華津孝太

企業である以上利潤は上げなければならないが、まず社会的、国家的に見てこの事業に携わることが少しでも役に立つかどうかという価値判断の上に立つこと。私はこれをいまも経営理念にしている。


築山節

一冊の本を最初に読み終えたとき、脳内に残っている情報はほんの雫程度にすぎません。しかし繰り返し入力するうちに記憶の点が線になり、網目を形成するようになります。こうして自分が自由に使える情報になってゆくのです。


小林義雄(経営者)

ブランドにぶら下がっていてはいけない。会社の看板に頼らず、自分たちで切り拓くことでブランドができる。


伊集院静

苦境がなかった企業はほとんど伸びていない。逆境、苦境だけが企業を伸ばしているといってもいい。


酒井穣

スキルが不足しているのではないかと、自信が持てない人もいるかもしれません。でも、満足のいくスキルが身につく日なんて絶対に来ません。スキルも経験もない仕事をすれば、もちろん失敗もするでしょう。そんなことは恐れるに足りません。どういうスキルを身につけるべきかが、失敗したときにはっきりとわかるからです。それから、そのスキルを身につければいいのです。こうした学びのための時間は楽しい。


ドナルド・トランプ

多くを与えられた者は多くを期待される。


野口敏(話し方)

リラックスして話しているときこそアイデアは生まれるもの。会議室で頭を突き合わせて会議をするよりも、ざっくばらんに雑談形式で話したほうが仕事の効率も上がる。


チャールズ・クーリー

明日はなんとかなると思うのは馬鹿者だ。今日でさえ遅すぎる。賢者は昨日のうちに済ませてしまっている。


高田明(ジャパネットたかた)

後ろ向きになるな、攻めろ。