名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中嶋悟の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中嶋悟のプロフィール

中嶋悟、なかじま・さとる。日本のレーシングドライバー。愛知県出身。名城大学附属高等学校在学中にレーシングカートを始める。卒業後、ガソリンスタンドで働きながらレースに参加。鈴鹿シルバーカップ決勝3位、FL500シリーズチャンピオン獲得。その後、様々なレースでチャンピオンを獲得。日本人初のF1フルタイムドライバー。

中嶋悟の名言 一覧

もし、並のレーサーとトップクラスのレーサーに差があるとすれば、それは執着心と根気の差だ。


中嶋悟の経歴・略歴

中嶋悟、なかじま・さとる。日本のレーシングドライバー。愛知県出身。名城大学附属高等学校在学中にレーシングカートを始める。卒業後、ガソリンスタンドで働きながらレースに参加。鈴鹿シルバーカップ決勝3位、FL500シリーズチャンピオン獲得。その後、様々なレースでチャンピオンを獲得。日本人初のF1フルタイムドライバー。

他の記事も読んでみる

島正博

規模が大きければ画一的になってしまいますが、小さければ相手の立場を理解したり、どう創造性を高めていくかなどを考えることができます。買う人の満足が得られるようなモノづくりをしていかなければいけない。


斎藤司

ボケをずっと繰り返すことの自分なりの意味――それは「すっぽんに噛まれたら、もっと指を突っ込め」というポリシーです。もともとシャイで人見知り、高校時代は友達が全然いなかったぐらいの暗い性格でした。今でも漫才の舞台に上がると、お客さんの顔を見るのが怖くて仕方がない。でも、怖いからといって逃げてしまったら終わりです。自分たちのネタを披露して、ちっとも笑ってくれないお客さんがいたとしても、その人から目をそらしたら負け。逆にそのお客さんをロックオンして、彼が笑うまでしつこくボケを繰り返す。つまり、すっぽんが噛むのに疲れて口を離してくれるまで、指を突っ込み続けるというわけです。「すっぽん理論」は、舞台以外の仕事の現場でも生かしています。


山本昌(山本昌広)

僕は、自分に自信が持てない人間なんですよ。だから、人に言われたことはまず試し、必要なものは取り入れて、不要なものは捨てる。素直なのですが、ポジティブとネガティブが入り混ざった珍しい性格なのかも(笑)。


高橋がなり

伸びる人間というのは無意識のうちにリスクを背負いたがるんです。本人にはそういうつもりはないけど、無意識のうちにリスクのある方に進むんです。そういう人間は小さなミスをたくさんできるんです。


遠藤功

「創る」「変える」「挑む」を成し遂げることは、一人の力では不可能です。多くの人を巻き込んでいく必要があります。


古川武士

さっさとやって、早い時間に帰る。仕事ができる人ほど、午後7時退社などと決め、それを実行できるよう逆算して毎日の計画を立てます。もちろん、残業せざるをえない多忙な日もあるでしょう。それでも週2日は残業しても、残りの日は定時に退社できるよう努める。また日々のスケジュールだけでなく、1週間単位、1カ月単位で仕事とプライベートの時間配分バランスを調整すれば、仕事べったりということは減るはずです。


菅原勇継

職場の仲間同士に信頼関係がないと、やる気も出てきません。その人間関係を築く方法のひとつが、勤務時間外のコミュニケーションの場づくりです。そこで当社では、社員同士の飲み会の経費を認めています。金額に規定は設けておらず、一人300円でも500円でも自主的に申請すればいい。カラオケ大会だったのに、結局、仕事の話ばかりだったこともあるようです。


遠藤功

中国メーカーと同等のコストで安かろう悪かろうの製品を作っても意味はありません。価格は高いけれどもトータルで見たときにメリットがある付加価値の高い製品を作ることが大切です。そうすれば、お客さんは必ず戻ってくる。お客さんから見たときの価値と価格のバランスです。これを「バリュー・フォー・マネー」と言います。価格は価値とのバランスの中で決まっていくものです。


楠木建

今の日本は安全で安心、清潔です。不況とは言ってもギリシャやブラジル、シリアと比べればはるかに豊かで住みやすい。となれば、外に出たくなくなって当然。もし、日本人が昔と比べて内向きになっているとしたら、それこそ戦後日本の偉大な成果です。


井上和雄

現代は物質的には非常に恵まれた時代だと思います。ただその中で個々の楽しみや便利さを追求するだけではなく、家族や社会、国のあり方という基本的なことを、原点にたちもどって考えて欲しいです。何らかのかたちで社会から受けている恩恵を、いずれは社会に還元して行くという姿勢を大切に、いろいろと挑戦してみて下さい。


宮崎哲弥

新書を読むときには、自分の求めるものをより早く見つけるために、各社の特徴をつかんでおくといい。例えば、岩波・講談社現代・中公の老舗御三家は専門性が高く、書き手も実績のある研究者が多いので、じっくりとテーマを掘り下げて理解したい時に向く。逆に、PHPや新潮は時事性の強いテーマを扱うことが多いので、ビジネス書に近い内容の本が手に入る。ちくま・集英社・光文社はその中間。御三家より躍進的なところがあり、若手研究者の先端的な知見に触れられる可能性が高い。


伊藤喜之

人を助けるためには、なにもすごい才能が必要なわけではない。相手より少しだけ秀でた知識や能力があれば助けられる。友達の知恵や才能を借りたっていい。