名言DB

9412 人 / 110637 名言

中嶋悟の名言

twitter Facebook はてブ

中嶋悟のプロフィール

中嶋悟、なかじま・さとる。日本のレーシングドライバー。愛知県出身。名城大学附属高等学校在学中にレーシングカートを始める。卒業後、ガソリンスタンドで働きながらレースに参加。鈴鹿シルバーカップ決勝3位、FL500シリーズチャンピオン獲得。その後、様々なレースでチャンピオンを獲得。日本人初のF1フルタイムドライバー。

中嶋悟の名言 一覧

もし、並のレーサーとトップクラスのレーサーに差があるとすれば、それは執着心と根気の差だ。


中嶋悟の経歴・略歴

中嶋悟、なかじま・さとる。日本のレーシングドライバー。愛知県出身。名城大学附属高等学校在学中にレーシングカートを始める。卒業後、ガソリンスタンドで働きながらレースに参加。鈴鹿シルバーカップ決勝3位、FL500シリーズチャンピオン獲得。その後、様々なレースでチャンピオンを獲得。日本人初のF1フルタイムドライバー。

他の記事も読んでみる

土井英司

筋トレはテレビで情報収集をしながら行っています。「やらないよりマシ」と割り切って気楽に取り組むことが、成功への近道。


出口知史

相手を「やっかいな人だ」と感じると、その人の悪い面ばかりに目がいきがちです。それは自分の行動にも表われるので、相手との溝が深まります。仕事を離れた場で彼らを観察し、「この人にもこんないい一面があるんだな」と思えるところを見つけてください。それを思い浮かべると、ストレスは軽減できます。


小笹芳央

私自身、新人時代も2年目もMVPを取り続けていたので、自分でも「できるヤツだ」と思っていました。しかし、ある時、先輩から周囲は私を「気合と根性だけで仕事をしている」と見ていることを知らされました。それがロジカルシンキングの勉強など、ウィングを広げるきっかけになった。同僚とのコミュニケーションは、スキーやゴルフで、自分のプレーを録画してチェックするようなものです。「できているつもり」と実態とのズレを埋めていくプロセスこそが成長へとつながるのです。


田岡信夫

秀吉という人は、いろいろな文献を調べてみると、戦いを行う前に敵の兵力数を調べるのが常であった。だが、秀吉の優れているのは、味方の兵力数と比較して敵が一兵でも多い場合には絶対に戦いをしないという鉄則を守った点にある。連戦連勝は当然であった。たとえば、小田原の北条氏を叩いたときに、秀吉は30万の兵力を投入した。これに対し北条氏は、わずかに4万であった。したがって、数日で戦闘は終わってしまったようである。


細田守

振り返ってみると、若い頃に山下(高明)さんと一緒に仕事をさせていただいたのが大きかったと思いますね。山下さんが色々な人から尊敬されている人なので、「山下さんの仕事なら」と引き受けてくれて、つながりができた人が多い。ですから、優秀な先輩と一緒に仕事をするということが、すごく大事だと思います。


永守重信

利益を2倍にしようと思ったら、2倍の努力では足りない。2乗倍の4倍の努力が必要。利益を3倍にしようと思ったら、9倍頑張らないと。


塚本隆史

銀行の人事評価と言えば「減点主義」とのイメージを持つ方が多いかもしれません。しかし、いまの時代となっては、それは全くの誤解なのです。現在の人事評価については相当程度、加点主義の評価軸に変わってきています。私どもは商業銀行として安定した信頼される経営が求められる一方で、グローバル化の波のもと世界の列強と伍して戦い、新規分野に出ていかなければいけません。減点主義では競争に勝てるわけがないのです。


柴田励司

40歳の頃の私は、社員のほぼ全員からノーを突きつけられるほど、ダメダメな社長でした。「瞬間湯沸かし器」とあだ名がつくくらい怒りっぽく、「とにかく言うとおりにしろ」というタイプ。だから、社員もたくさん辞めていきました。そして過労で倒れました。そうやって痛い目を見た末に、「自分を見直すべきだ」と悟ったのです。


川越達也

今日より明日、明日より明後日とパフォーマンスを向上させていくのは当然のこと。「やっぱり来てよかった!」と思っていただけるには、昨日と同じことをしていてはダメです。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

笑顔を効果的に用いることが重要。相手との距離が離れがちな場面こそ、笑顔の対応を心掛けてみてください。効果的な場面で笑顔を用いることで、コミュニケーションの質は格段に上がります。


野口悠紀雄

紙の手帳には、デジタルにはない長所があります。重要なのはどちらか一方を選択することではなく、上手に併用すること。それにはまず、両者の得意分野を知ることが大切です。


堀木エリ子

巨大な和紙をすく技術や、骨組みやノリを使わずに立体物をつくる手法も、昔の人のように道具からつくっていけば、革新的な技術につながるのでは、という発想から生まれたものなんです。


茂木友三郎

KII(キッコーマン・インターナショナル、海外での醤油販売会社)設立を担ったのは英語は駄目でしたが営業センス抜群の駐在員です。英語が堪能な人を駐在員にするのが当然の時代でしたが、経営陣はいい判断をしたと思います。


高田明(ジャパネットたかた)

どれだけ妥協せずに問題をしっかり見て、議論を重ねて、自分で考えるかが大事。どれだけ議論を尽くしたかで成果が違う。


松本淳志

人が生涯で得ることができる報酬の総額は、その人が生涯で提供したサービスの「質×量」で決まると私は考えています。そのため、「もらう」先行ではなく、「与えること」から考える。自らが提供する技術やサービスの質と量を高めていけば、報酬や対価は後から自然と返ってきます。