中嶋悟の名言

中嶋悟のプロフィール

中嶋悟、なかじま・さとる。日本のレーシングドライバー。愛知県出身。名城大学附属高等学校在学中にレーシングカートを始める。卒業後、ガソリンスタンドで働きながらレースに参加。鈴鹿シルバーカップ決勝3位、FL500シリーズチャンピオン獲得。その後、様々なレースでチャンピオンを獲得。日本人初のF1フルタイムドライバー。

中嶋悟の名言 一覧

もし、並のレーサーとトップクラスのレーサーに差があるとすれば、それは執着心と根気の差だ。


中嶋悟の経歴・略歴

中嶋悟、なかじま・さとる。日本のレーシングドライバー。愛知県出身。名城大学附属高等学校在学中にレーシングカートを始める。卒業後、ガソリンスタンドで働きながらレースに参加。鈴鹿シルバーカップ決勝3位、FL500シリーズチャンピオン獲得。その後、様々なレースでチャンピオンを獲得。日本人初のF1フルタイムドライバー。

他の記事も読んでみる

藤野英人

投資というのは、ある企業を多くの人がどう評価していくかを想像すること。その力がある人がリターンを上げやすい。いざという時に客観的に判断するには、自分の中に複数の人格を持っておくことが必要。


神戸守一

美味しいと喜んでもらえるものを作れば、人は来てくれるもの。材料にこだわり、ひとマネをせず、儲けに走らず。これが私の商売。


近藤宣之

「マタハラ、セクハラをしない」と理念的に掲げるだけではなく、女性が活躍できる仕組みをつくっておくことが重要です。当社がこの仕組みをつくったのは、法律の求めに従ったというより、女性社員に仕事と育児を両立させてもらうほうが、会社にとってメリットが大きいと判断したからです。


高津和彦

ドラマのセリフって大袈裟でしょ。「俺……お前のこと……好きだーっ!」とか(笑)。あれくらいオーバーに言うと伝わりやすい、という面もある。声を出して実際に練習してみると、いざ、というとき差が出てきます。


本田直之

成長を続ける人たちのネットワークの中にいると、みんなの成長がスピードアップする。


シラー

誰も恐れない者は、誰からも怖がられている者に劣らず強い。


山村輝治

創業者に「仕事で利益は求めるな」と言われました。はじめの頃は正直よく分からなかった。営業で断られると自分が傷つけられたような気分になりますよね。つらくて教師に戻ろうと何度も思いました。しかしあるお店で「そんなに言うなら使ってみよう」と当社のマットを採用してくれました。そのとき、「商品がいいだけじゃなくて、あなたが一生懸命だから、あなたを信頼したのです」と言ってくださった。商売はモノを売ることではないのだと、創業者の言葉を思い起こしました。


清水久三子

わかりやすい資料をつくる人は、必ず相手の期待を超えた何かを提供します。期待を把握したうえで、「こうお考えかもしれませんが、少し違います。実は……」と相手にとって意外性のある内容にすれば、前のめりのアクションに結びつきやすくなります。


渡辺健太郎(経営者)

最高のパフォーマンスを出すために、コンディション管理を心がけています。その意味では、経営者もスポーツマンも同じ。


津田大介

自分は今もコミュニケーションが得意とは思わないし、人見知り。30代前半まで立食パーティーとか超苦手でしたから。何十人規模でも、とりあえずご飯をお皿に取ったら壁際の端っこで食べて、知り合いがいたらその人たちとだけ話すみたいなタイプ。誰も知り合いがいなかったら、すぐに帰っていました。でも、それじゃ仕事の質も変わらないし、人とのつながりも広がらない。誰の力も借りられない、と。仕事を通して、そう気づく機会があって、そこから10年。実感として、30代からでも自分を変えていくことはできるんだなと感じています。


山本梁介

当社はお客様のリピート率が70%を超えています。最初こそノーチェックアウトを実現するための設備投資や、お客様に仕組みを説明するための人員配置が必要でしたが、リピート客はいずれ説明の必要がなくなります。最終的には運用コストが減って、元が取れました。


川本信彦

おやじさん(本田宗一郎氏)が創った「他人に迷惑をかけるな」、「自分で知恵を出せ」「得手に帆を揚げよ」といったホンダの思想は、まだまだ可能性があると思います。


高岡浩三

高齢化社会では、日常生活を支障なく過こ守せる健康寿命をいかに延ばすかが大切です。ネスレはこれを独自のビジネスモデルでサポートしていきます。


久瑠あさ美

脳の働きには、自分で意識できている顕在能力と、意識できていない潜在能力があります。そのうち潜在能力が9割以上を占めていて、自分を変える大きなパワーを秘めています。そして、早朝はその潜在能力を発揮させる絶好のチャンスです。早朝は脳が覚醒しきっていない意識と無意識の境目である「まどろみ」の時間。頭のなかが白紙の状態になっているため、潜在意識を引き出しやすいからです。早朝は一人きりの時間であることが多く、自分の心を見つめ直す「マインドフォーカス」にも向いています。


辻本春弘

私はルーズに時間を使うのが好きではありません。ですから早く出社し、夕方には帰ります。朝は8時に出社し、お昼は秘書にサラダとインスタントみそ汁を買ってきてもらい食べながら仕事しています。会社を出るのは5時半か6時ごろ。その後はジムや会合に行ったり、子供と過ごすために早めに帰宅します。


ページの先頭へ