名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中嶋常幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中嶋常幸のプロフィール

中嶋常幸、なかじま・つねゆき。日本のプロゴルファー。群馬県出身。10歳からゴルフを開始。日本ゴルフツアー通算48勝(歴代3位)を達成した日本男子プロゴルフ界を代表する選手。

中嶋常幸の名言 一覧

好奇心が強いので、新しいものに挑戦したい、という思いは常にある。


プロというのは日々、技術へのチャレンジ。


やるかやめるか、迷った時は、臆せずやってみる。どうせ後悔するなら、やって後悔の方が自分の成長につながるから。


自分自身を受け入れることが、可能性を広げてくれる。


「楽しむ」ことも大切。苦しい場面でも、それを楽しんでしまう。せっかくだから、普段できないことをしてみたり――。


諦めずに前に進んでいくと、プレゼントがもらえるんだよ。もう一回挑戦する機会がちゃんと巡ってくる。


僕は意外と冒険心が強くてね。やろうかやめようか、と迷ったときは、トライするタイプなんです。モチベーションをアップさせるために、いつも新たなチャレンジをするし、夢も持つようにしている。


若手には現状に満足せず、もっと前に踏み出せと言いたい。


まだ若手に道を譲る気はないけどね(笑)。行くなら僕らを乗り越えて行け、と。


僕は、これまで3回大きなスランプを経験している。一番長くきつかったのが40代のとき。父親が亡くなったこともあって、「一体何のためにゴルフしているんだろう」と。あと年齢による変化もあり、狙ったところにポールが飛ばない。「こんな俺は俺じゃない!」と自己否定していた。他人に責任転嫁もした。だけどあることがきっかけで、そんな自分を丸ごと受け入れようと決めたんだ。するとスランプは逆にチャンスに見えてきた。これをきっかけに「新たな自分に出会える」のではないか、と。それで状況が一変した。


諦めないためにどうするか。強い選手を見ていると、いわゆるルーティン、スイングまでの一連の動作がしっかり固まっている。あとは抜群の集中力。こうした土台があって、それに気持ちが加わるから、「ここぞ!」というときに闘えるわけだ。


ボールがしっかりフェアウェイのど真ん中にいって「ナイスショット!」。でも、それがディボット(ショットなどを行った際に削りとられた芝の断片)の跡にはまってしまうこともある。必ずしもナイスショットが良い結果にはつながらない。これは人生も同じでしょう。順調にいっていた仕事の流れが、ちょっとしたことで変わってしまったり。良かれと思ったことが裏目に出たり。


ゴルフというのは、近づいたなと思えば逃げていく、常に目標が先にあるスポーツ。だから経験を重ねても新鮮に戦える。きっと人生も同じで、それは頂上の見えないエベレスト。まだ見ぬ最高峰を目指して、登り続けていく。クラブを置いたときに初めて、ここが自分の人生の最高地点だ、と思えるんだろうね。


40代で前に進む力が少し弱まったときに「僕にとってゴルフって何だろう」と考えた。なかなか勝てないし、随分もがいた。そんな中で一つ思ったのは、できない自分を受け入れようということ。「お前はよくやっている」とね。それで自分を好きになれたし、あらためて「ゴルフが天職だ」と感じられた。自己受容の能力が高いと、自然にポジティブで意欲的になれる。


中嶋常幸の経歴・略歴

中嶋常幸、なかじま・つねゆき。日本のプロゴルファー。群馬県出身。10歳からゴルフを開始。日本ゴルフツアー通算48勝(歴代3位)を達成した日本男子プロゴルフ界を代表する選手。

他の記事も読んでみる

羽田圭介

いま、経済の本や雑誌を読むと、日本の人口は減少し、衰退の一途をたどっているという。でも、データとか数字というのは客観的なものに過ぎない。実際に一人ひとりがどう感じるかをリアルに考えたら、みんながみんな、不幸に感じるとは言えないと思うんです。たとえば、年収1000万円までは、収入額と幸せの感じ方は比例するけど、それ以上になると一定で、そこからは人間関係の充実度で幸せかどうか決まってくると言っている人もいます。いくら日本という全体が衰退しても、メディアが煽るように、「人生、先行き真っ暗」なんてことにはならないと思うんです、リアルな人間の生活というのは。そこを見つめ続けていきたいです。


千本倖生

「千本さんだからできたのでは」と言われることもあります。ただ、大きな志と、世の中の常識にとらわれない心を持てば、必ず一歩を踏み出せます。


菊原智明

お客様に読んでもらえる手紙や資料のつくり方にもコツがあります。お客様は忙しいですから、文字だけが書かれた手紙や資料では読んでもらえません。お客様はDMをパッと見てからおよそ3秒で読むか読まないかを判断しているものです。ですから、「3秒以内で何が書いてあるかわかること」が重要なポイントなのです。


栗山敏昭

「なんで自分が?」と、思ったらうまくいかない。まずは「よし、新しいことをやってやろう」という前向きな気持ちがなければリーダーは始まらない。


トム・ケリー(IDEO)

今後企業が成長するためには、どのようにして組織内のアイデアを吸い上げ、学びを実践していけるかにかかっている。


J・P・モルガン

その話はもう結構。忙しくてそんなことに付き合っている暇はありません。さようなら。
【覚書き|JPモルガンが取引先を救った時、救ってあげた経営者が涙を流して感謝したときの発言。モルガンのビジネスライクを徹底する性格を物語るエピソード】


岡島悦子

この人は自分たちの価値観をわかってくれる、と感じてもらうことが大切。


橋本和良

環境整備について、私たちは定義を設けました。すなわち「礼儀、規律、清潔、整頓、安全、衛生」という6つの面に着目し、すべてを維持向上させていくことを目標に定めているのです。


浅野秀則

自分の経営者人生を振り返ると人に恵まれました。ピザーラを始めるとき力になってくれたのは、学生時代、一緒に旅行サービス業をしたり、選挙応援で走り回ったりした仲間たち。父が病に倒れ学校をやめようかと思った私に「学校だけは出なさい。それが財産になるから」と言ってくれたのは、友達のお母さんたち。そして誰よりも妻と母の2人に支えられました。妻は「清く正しく美しく」、母は「清濁併せ呑む」とタイプは違いますが。感謝ですね。


松井忠三

結局、クチコミの形で伝わっていくのでなければ、ブランドは浸透していきません。


梅宮辰夫

僕は、30代半ばを境に生き方をがらりと変えた。仕事が終わったら、すぐに家に帰る。外にいてもなんの収穫もないんだ、と決めつけた。それまでの僕は、20歳でデビューしてから毎晩、銀座に行っていた。いまとなっては恥ずかしいけど、遊びまくっていたよ。それをある日突然、止めたんだ。


玉塚元一

競争のステージが変わり、この先はグループ総力戦でないと負ける。