名言DB

9490 人 / 112001 名言

中嶋常幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中嶋常幸のプロフィール

中嶋常幸、なかじま・つねゆき。日本のプロゴルファー。群馬県出身。10歳からゴルフを開始。日本ゴルフツアー通算48勝(歴代3位)を達成した日本男子プロゴルフ界を代表する選手。

中嶋常幸の名言 一覧

好奇心が強いので、新しいものに挑戦したい、という思いは常にある。


プロというのは日々、技術へのチャレンジ。


やるかやめるか、迷った時は、臆せずやってみる。どうせ後悔するなら、やって後悔の方が自分の成長につながるから。


自分自身を受け入れることが、可能性を広げてくれる。


「楽しむ」ことも大切。苦しい場面でも、それを楽しんでしまう。せっかくだから、普段できないことをしてみたり――。


諦めずに前に進んでいくと、プレゼントがもらえるんだよ。もう一回挑戦する機会がちゃんと巡ってくる。


僕は意外と冒険心が強くてね。やろうかやめようか、と迷ったときは、トライするタイプなんです。モチベーションをアップさせるために、いつも新たなチャレンジをするし、夢も持つようにしている。


若手には現状に満足せず、もっと前に踏み出せと言いたい。


まだ若手に道を譲る気はないけどね(笑)。行くなら僕らを乗り越えて行け、と。


僕は、これまで3回大きなスランプを経験している。一番長くきつかったのが40代のとき。父親が亡くなったこともあって、「一体何のためにゴルフしているんだろう」と。あと年齢による変化もあり、狙ったところにポールが飛ばない。「こんな俺は俺じゃない!」と自己否定していた。他人に責任転嫁もした。だけどあることがきっかけで、そんな自分を丸ごと受け入れようと決めたんだ。するとスランプは逆にチャンスに見えてきた。これをきっかけに「新たな自分に出会える」のではないか、と。それで状況が一変した。


諦めないためにどうするか。強い選手を見ていると、いわゆるルーティン、スイングまでの一連の動作がしっかり固まっている。あとは抜群の集中力。こうした土台があって、それに気持ちが加わるから、「ここぞ!」というときに闘えるわけだ。


ボールがしっかりフェアウェイのど真ん中にいって「ナイスショット!」。でも、それがディボット(ショットなどを行った際に削りとられた芝の断片)の跡にはまってしまうこともある。必ずしもナイスショットが良い結果にはつながらない。これは人生も同じでしょう。順調にいっていた仕事の流れが、ちょっとしたことで変わってしまったり。良かれと思ったことが裏目に出たり。


ゴルフというのは、近づいたなと思えば逃げていく、常に目標が先にあるスポーツ。だから経験を重ねても新鮮に戦える。きっと人生も同じで、それは頂上の見えないエベレスト。まだ見ぬ最高峰を目指して、登り続けていく。クラブを置いたときに初めて、ここが自分の人生の最高地点だ、と思えるんだろうね。


40代で前に進む力が少し弱まったときに「僕にとってゴルフって何だろう」と考えた。なかなか勝てないし、随分もがいた。そんな中で一つ思ったのは、できない自分を受け入れようということ。「お前はよくやっている」とね。それで自分を好きになれたし、あらためて「ゴルフが天職だ」と感じられた。自己受容の能力が高いと、自然にポジティブで意欲的になれる。


中嶋常幸の経歴・略歴

中嶋常幸、なかじま・つねゆき。日本のプロゴルファー。群馬県出身。10歳からゴルフを開始。日本ゴルフツアー通算48勝(歴代3位)を達成した日本男子プロゴルフ界を代表する選手。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

年商500万円でスタートした頃は、家族を食べさせるために必死でした。お客様のところへ行き「何でもやります」と言って仕事を受注してきました。その頃の私の強みは、若さだったからです。儲からない仕事でも、夜中、自分で機械を動かせば何とか採算が取れました。


坂東眞理子

ひとつの組織にどっぷりはまっているとクリエーテイブな発想は生まれず、化学反応も起きにくくなる。


花村仁八郎

決してでしゃばらないことも大切。私は経団連副会長になってもいつも末席に座っています。経団連のスタッフ諸君には「民僚」だという意識で、いつも謙虚に接しろ、と言っています。


髙橋ツトム(高橋ツトム)

思わぬことが起こると面白いんですよ。「え、こんな風になるんだ」みたいな、自分で驚けるっていうね。不確かなところを生んで、それも楽しんじゃう。そうしなかったら飽きるで。


山内溥

ソフトハウスの囲い込みによって任天堂に勝ったという意見があり、かつてそのような状況があったことは認める。しかし、今は状況が変わっており、役に立たないソフトハウスを大量に抱え込めばいいわけではない。


柳弘之

モノ創りというと開発や生産というイメージになりますが、それはつまりお客様の価値を探して実際の製品にしていくことです。そこには販売、開発、生産、そして最近では「つなぐ機能」が非常に大事です。総合力でモノ創りは成り立っています。


ロベルト・シンヤシキ

私の父はよくこんな風に言っていました。「人に親切にするチャンスを逃してはいけないよ」と。人生を美しいものにする素朴な物事を味わえるようになったとき、心の中で幸福が育ちます。そして自分が本当に必要としているものが、愛する人たちからの愛情であることに気づくのです。


泉谷直木

私の場合は、考え事をする時に手帳を取り出してパラパラとページをめくると、脳にスイッチが入り、自分の頭に叩き込まれた思考の「型」が動き出す。手帳の内容を参照するのではなく、手帳に書いたことが脳を刺激してくれる。


押井守

世の中にあまた作られる映画を見まわしてみても、優れた表現を持つ映画は全体の5%といったところだろう。残りの95%は凡作だ。だが、その95%の凡作は不必要かというとそんなことはない。この世界は優秀な5%と残りの95%で構成されているが、その5%は95%に依拠して成り立っているからだ。


中野信子

本の内容を定着させるには「言語化」もカギになります。まずは、雑な言葉でいいので本から得た感動を言葉にしてみる。そしてそれを、言葉を少し整えて誰かに話す。この二段階を経ることで、本の内容はしっかり脳に記録されます。


近藤太香巳

ユーザーにとって、クライアントにとって理想的な形は何なのかということを徹底的に研究、科学してきた。


犬伏泰夫

現在、日本の鉄鋼業が好調なのは、お客様である日本の製造業が世界で存在感を高めたことが影響しています。それに対応して、鉄鋼各社も価格競争が激しい汎用品ではなくハイエンド品の比重を高めてきました。