中嶋常幸の名言

中嶋常幸のプロフィール

中嶋常幸、なかじま・つねゆき。日本のプロゴルファー。群馬県出身。10歳からゴルフを開始。日本ゴルフツアー通算48勝(歴代3位)を達成した日本男子プロゴルフ界を代表する選手。

中嶋常幸の名言 一覧

好奇心が強いので、新しいものに挑戦したい、という思いは常にある。


プロというのは日々、技術へのチャレンジ。


やるかやめるか、迷った時は、臆せずやってみる。どうせ後悔するなら、やって後悔の方が自分の成長につながるから。


自分自身を受け入れることが、可能性を広げてくれる。


「楽しむ」ことも大切。苦しい場面でも、それを楽しんでしまう。せっかくだから、普段できないことをしてみたり――。


諦めずに前に進んでいくと、プレゼントがもらえるんだよ。もう一回挑戦する機会がちゃんと巡ってくる。


僕は意外と冒険心が強くてね。やろうかやめようか、と迷ったときは、トライするタイプなんです。モチベーションをアップさせるために、いつも新たなチャレンジをするし、夢も持つようにしている。


若手には現状に満足せず、もっと前に踏み出せと言いたい。


まだ若手に道を譲る気はないけどね(笑)。行くなら僕らを乗り越えて行け、と。


僕は、これまで3回大きなスランプを経験している。一番長くきつかったのが40代のとき。父親が亡くなったこともあって、「一体何のためにゴルフしているんだろう」と。あと年齢による変化もあり、狙ったところにポールが飛ばない。「こんな俺は俺じゃない!」と自己否定していた。他人に責任転嫁もした。だけどあることがきっかけで、そんな自分を丸ごと受け入れようと決めたんだ。するとスランプは逆にチャンスに見えてきた。これをきっかけに「新たな自分に出会える」のではないか、と。それで状況が一変した。


諦めないためにどうするか。強い選手を見ていると、いわゆるルーティン、スイングまでの一連の動作がしっかり固まっている。あとは抜群の集中力。こうした土台があって、それに気持ちが加わるから、「ここぞ!」というときに闘えるわけだ。


ボールがしっかりフェアウェイのど真ん中にいって「ナイスショット!」。でも、それがディボット(ショットなどを行った際に削りとられた芝の断片)の跡にはまってしまうこともある。必ずしもナイスショットが良い結果にはつながらない。これは人生も同じでしょう。順調にいっていた仕事の流れが、ちょっとしたことで変わってしまったり。良かれと思ったことが裏目に出たり。


ゴルフというのは、近づいたなと思えば逃げていく、常に目標が先にあるスポーツ。だから経験を重ねても新鮮に戦える。きっと人生も同じで、それは頂上の見えないエベレスト。まだ見ぬ最高峰を目指して、登り続けていく。クラブを置いたときに初めて、ここが自分の人生の最高地点だ、と思えるんだろうね。


40代で前に進む力が少し弱まったときに「僕にとってゴルフって何だろう」と考えた。なかなか勝てないし、随分もがいた。そんな中で一つ思ったのは、できない自分を受け入れようということ。「お前はよくやっている」とね。それで自分を好きになれたし、あらためて「ゴルフが天職だ」と感じられた。自己受容の能力が高いと、自然にポジティブで意欲的になれる。


中嶋常幸の経歴・略歴

中嶋常幸、なかじま・つねゆき。日本のプロゴルファー。群馬県出身。10歳からゴルフを開始。日本ゴルフツアー通算48勝(歴代3位)を達成した日本男子プロゴルフ界を代表する選手。

他の記事も読んでみる

南原竜樹

社員が成長しなければ、会社も成長しない。進歩しなくなった社員というのは、会社にとってお荷物になりかねない。


ムーギー・キム(金武貴)

人は、睡眠を取っている間、自律神経をはじめとした様々な機能を休めています。ですから目覚めた直後は、身体も心もフルチャージされた状態であり、集中力も創造性も最も高い時間帯に当たるのです。朝起きた直後の2時間で、その日の仕事の8割を終わらせるくらいの気持ちで、仕事に取り組むことをお勧めします。そして、出社後も、午前中は、重要で、かつ頭を使う仕事をしましょう。


冨安徳久

人間は忘れてしまう。同じ話をとにかく何度も繰り返して、頭に刷り込んでいくことが重要です。


ダニエル・ウェブスター

価値のあるものに新しいものはなく、新しいものに価値のあるものはない。


山下俊彦

社員全体が満足感を得るように仕事を与えることが大切。そのためには、やはり適度に難しい仕事を与えるなり、会社としても新たな分野にチャレンジすることです。


中村久三

日本は新しいものを生み出す力がある製造業の国です。そこで一番重要なのは独創性です。外国にできないユニークなモノづくりの研究以外に生き残る道はありません。


梛野憲克

客さまに当社のサービスを長く使っていただく中で、さらにお客様が成長するための新サービスを開発する。当社自身がお客様と共に成長していきたい。


田中実(経営者)

スペック分類にはこだわっています。新しい製品が出ればデータはすぐに手入力しています。たとえばデジカメだと、何ピクセルとかバッテリーはどのくらい保つかとか、毎日すごい量を入力している。ですから条件検索も簡単にできるわけで、かなりマニアックな作りになっている。そうするとコメントを書く一般のユーザーも製品に詳しい人が集まってくるという好循環になります。


和田秀樹

エジソンの学歴は小学校中退。自分の席で落ち着いて授業を受けられなかったからです。母親はそんな特性を見抜き、エジソンが耳を傾けていられる3分程度ごと、いろんな話を聞かせました。それが功を奏して博識となったように、短時間であっても細切れに仕事や勉強にあてればいいのです。


阿部寛

「自分の仕事を好きになる」ことが、成功するための近道。


桐山一憲

もし旧来型のリベート営業や地域担当制を続けていたら、2ケタ成長どころか、新製品を投入してもせいぜい売上高を前年並みに維持していくのが精いっぱいだったでしょう。


白川敬裕

ビジネスパーソンが最低限の教養を獲得するには、どうすればいいのか。一番いいのは、様々なジャンルの本を読むことです。入社して間もないビジネスマンであれば、人間学、工学、自然科学など社会人にとって必須と思われるジャンルの基礎知識をまとめたシリーズものなどもおすすめです。


森川陽太郎

よくモチベーションを上げたいと聞きますが、無理やり上げられるものではありません。モチベーションは時間をかけて育てるものです。行動を起こすきっかけに必要な短期的なやる気はテンションです。テンションをモチベーションに育てればいい。そのためには自分が確実にできることをこなして成功体験を重ね、モチベーションを高めていけば効果的です。


曽山哲人

「マキシムズ(自社の価値観を明文化したもの)」に「挑戦した結果の敗者には、セカンドチャンスを」と記したとおり、「失敗しても、次にはその分がんばるだろう」と期待し、「失敗してもいいからやってみなさい」と背中を押してやることが重要なのです。


鈴木喬(経営者)

昔から誇大妄想なんですよ。小さいときから、「俺が世界で一番だ」ってかたく信じ込んで、大ボラを吹いて自己暗示をかけ続けてきた。


ページの先頭へ