名言DB

9412 人 / 110637 名言

中嶋マコトの名言

twitter Facebook はてブ

中嶋マコトのプロフィール

中嶋マコト、なかじま・まこと。日本のモデル・ビューティージャーナリスト、アロマ・アドバイザー。

中嶋マコトの名言 一覧

人は思っている以上に他の人の持ち物をよく観察していて、そこから様々なことを判断していますから。


審美眼で仕事をしている自分が、仕事相手の前でいい加減な文具を持つわけにはいきません。文具は黙っていても自分がどういう人間か、どういうセンスをしているのかを表現してくれる大切なプレゼンツール。仕事に対する真剣な姿勢を相手に伝える意味でも、こだわりの文具を使うことは大切だと考えています。


中嶋マコトの経歴・略歴

中嶋マコト、なかじま・まこと。日本のモデル・ビューティージャーナリスト、アロマ・アドバイザー。

他の記事も読んでみる

横田南嶺

何のためかとか、あまり考えすぎてもいかがかと思います。私自身そんなに意識して考えることはありません。何かのために生まれてきたわけではないし、管長になろうと思って生きてきたわけでもありません。ただこうして生まれてきたという事実があって、目の前に与えられていることがあって、それに精一杯取り組んでいくというだけです。与えられたところで、精一杯皆さんのために少しでも尽くしていこうということではないでしょうか。


渡部肇史

手本になる教科書がなかったため、「次に何が起きても良いように万全の準備を怠るまい」という身構えが培われたように感じています。大変な仕事ではありましたが、会社の一大事に最前線で立ち会えたのは幸せでした。


田村潤

私は入社以来、「人は何のために働くのか」といったことを考え続けてきました。自分で導き出した結論の1つが、「生きることとは命を燃焼させること。仕事はその目的を果たすための手段」でした。自分の職務を全うするならば、「ヒラ社員」でも果たすべき役目があると。


毛利輝元

人と会った時にたとえ腹が立つことがあっても、晴ればれとした心持ちで丁寧にあしらってほしい。


柳井正

企業のバイタリティーは新陳代謝を活性化する政策からしか出てこない。


植村直己

怖いがゆえ、死にたくないがゆえに、自分の技術以上のことをやらないよう、自分に言い聞かせている。


西藤彰

発明王のトーマス・エジソンは失敗の連続だったといいます。私自身も連続ではありませんが失敗することもありました。しかし、私は企業のオーナーですから失敗しても文句は言わせませんし、取り返します。ところが日本の大企業では失敗は、その人の経歴に傷が付くということでアウトになってしまいます。これは日本の困った点だと思います。


加治敬通

私が今あるのは、経営危機当時の社員やパートのみんなに助けてもらったからこそ。だからパートに対しては、「面白くないかもしれない仕事を、どうしたら楽しくしてもらえるか」を常に念頭に置いています。それが私の一番の恩返しだと思いますから。


渡邉正裕

他のニュースサイトは質よりも量に走る傾向があって、ネタの選別も推敲も甘い。読者が身銭を切ってでも読みたいと思わせる記事を作っていかないと、既存マスコミを利するだけで、ニュースサイトのブランド力が落ちる。


安藤正弘

各地域にハウスドゥの店舗ができれば、お客様はわざわざ遠い大手の不動産会社に行くよりも、地元にある安心できる不動産会社に頼むようになるはずです。例えばコンビニは、自社ブランドもありますが、いろいろな売れ筋商品を並べて消費者が選べる形にしています。不動産も、いろいろなところの情報を中立的に紹介してもらいたいとお客様は望んでいるのです。大手不動産チェーンは仲介がメーンで、地域に密着したビジネスを展開していません当社チェーンは不動産仲介と売買を組み合わせることで高収益を生みしています。


一瀬邦夫

経営にも大きな意味でリズムがあり、そのリズムにうまく乗ることで、スピーディーに事業を展開し、会社を成長させることができる。


羽田圭介

僕は日常生活での違和感とか、面白いなと思ったことをネタにして小説を書いているんですけど、その思考回路って、作品を出すことで、どんどん強まってくるんですよね。小説を書く人の感受性で、日常を見るようになっていく。そういうサイクルが楽しいんです。


柏木斉

大学に入り、素人でも始められそうなスポーツは何かと考え、ボートとアメリカンフットボールと自転車が浮かんで、中でもすぐに大きな大会に出られそうだったのが自転車でした。どうせやるなら大きな舞台でやらないとやる気が起こらないと自転車にしました。


ポール・ダグラス

相手と意見が食い違うときは、敵意をむき出しにしないで、相手を敬愛している気持を、表情にも行動にも言葉にもあらわすように務めることだ。


三枝理枝子

会社に入りたての新人ならば、元気なだけでも好感を持たれますが、ある程度の年齢を重ねたビジネスマンでは、それだけでは認められません。やはり美しい振る舞いができないと、なかなか信頼されません。