名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中嶋マコトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中嶋マコトのプロフィール

中嶋マコト、なかじま・まこと。日本のモデル・ビューティージャーナリスト、アロマ・アドバイザー。

中嶋マコトの名言 一覧

人は思っている以上に他の人の持ち物をよく観察していて、そこから様々なことを判断していますから。


審美眼で仕事をしている自分が、仕事相手の前でいい加減な文具を持つわけにはいきません。文具は黙っていても自分がどういう人間か、どういうセンスをしているのかを表現してくれる大切なプレゼンツール。仕事に対する真剣な姿勢を相手に伝える意味でも、こだわりの文具を使うことは大切だと考えています。


中嶋マコトの経歴・略歴

中嶋マコト、なかじま・まこと。日本のモデル・ビューティージャーナリスト、アロマ・アドバイザー。

他の記事も読んでみる

森本容子

半年か1年もすれはブームは去るんだって思っていました。だから、モテはやされていることを自分の実力だなんて勘違いしないよう注意していましたね。「身の丈を知る」って言葉が好きなんですが、それで早く辞めようと思ったんです。
【覚え書き|渋谷109のカリスマ店員時代を振り返って】


藤沢晃治

段取り下手な人ほど、なるべく仕事を早く終えようと、ギリギリの日程を組みたがる傾向があるような気がします。しかし、これはNGです。予期せぬトラブルなどを想定し、ある程度の余裕(バッファ)をもたせたスケジュールを組むことが大切です。


風間健

使命は人に与えられるものではなく、自らが判断し、自らに課すものだ。そう思えれば、義に反する行為に対しては戦いも辞さない覚悟ができますし、逆に無益な諍いは避けるようになるものです。


常陰均

企業の資金需要が減るなか、新しい貸出先を開拓することが我々の役目でした。最初にやったのは、当時はまだ都市銀行がほとんどやっていなかった船舶金融の調査です。机上の分析と足で稼いだ情報を総合し「いける」と思えば調査書にまとめます。たくさん書きましたが、結果的には融資をした3つの海運会社が後に倒産してしまいました。当時、企業が倒産すると案件に関与した責任者は副社長名の「注意喚起状」を受け取ることになっていました。不名誉にも受け取った3通は、戒めとして今も大切に保管しています。
【覚え書き|事業調査部時代を振り返って】


松本晃(経営者)

トラブルが生じたならば、「よーし、俺の出番だ!」と前向きに考えるようにしている。トラブルは人を成長させる。


カルロス・ゴーン

信頼とは二つの柱の上に成り立っています。ひとつめは成果(パフォーマンス)です。成果が上がらなければ信頼されません。もう一つの柱は透明性です。成果が上がっていなくても、透明性があれば会社は信頼を得ることができます。何か問題があったら、それを明らかにして対応すること。何か過ちを犯したら、きちんと公表して対処すること。これが大切なのです。


新井直之(執事)

富裕層の方は情報は何かしら意図があって流されることをご存じですから、必す当事者や話題になった会社の関係者にアポを取り、ニュースソースに近づこうとされます。


小川仁志

哲学は、「自然哲学」「政治哲学」「教育哲学」「公共価学」「法哲学」というように、扱う対象で分類できるので、対象を絞って学ぶことも可能です。ですが、どの哲学を学ぶにしても「基礎となる哲学」は知っておいた方がいいと思います。おすすめは時系列を追って理解していく「哲学史で学ぶ手法」です。哲学は「新しい思想→批判→新しい思想」の繰り返しで発展してきましたから、流れを把握するのは有効です。


鈴木貴博(コンサルタント)

現代のビジネスの世界は、「敵」がよそからやってくる時代です。ある業界の中で安穏としていたら、他業界や外国から来たライバルに一気に蹴散らされてしまう。そんな時代に、まじめにコツコツとオペレーションをしているだけでは生き残ることは難しい。業界や日本という枠からひとつシフトアップして考えなくてはならないのです。


加藤照和

2週間の研修のあと、配属されたのは経理部門でした。元々、営業志望で入社しましたから、正直なところちょっとがっかりしました。そんな時、東京・八重洲の地下街を歩いていて、たまたま立ち寄った書店で目に留まったのが、『松下経理大学の本』でした。私が当初抱いていた経理のイメージは、この本によって完全に覆されました。経理は単なる会計係ではなく、「企業経営の羅針盤」の役割を果たすべきもの、つまり、経営管理、経営経理でなければならないと述べられています。ですから本書の冒頭には、「初めに経営基本方針ありき」と謳われていました。大学時代に経営学を学んできたものの、経理から見た経営という観点には初めて気づかされました。


豊川竜也

私たちのミッションは、世界中の読者に知識と感動をお届けすることなんです。それは子供たちの未来をつくることにつながっています。その理念を象徴して、我が社はサンタクロースのような存在となることを目指しています。サンタクロースって、世界中の子供たちにプレゼントを届けるじゃないですか。しかも、届け先を間違えることは絶対にないし、遅れることもない。物流という観点から見て、サンタクロースは理想の姿です。ですから当社の理念をひと言ではなくひと目で表すと、サンタクロースになるんです。


石原良純

どんなに準備しても、楽な仕事はないですよ。成功か失敗かはギリギリまで競い合う気がします。どれだけ石橋を叩いても、結果は紙一重で決まりますね。