中嶋マコトの名言

中嶋マコトのプロフィール

中嶋マコト、なかじま・まこと。日本のモデル・ビューティージャーナリスト、アロマ・アドバイザー。

中嶋マコトの名言 一覧

人は思っている以上に他の人の持ち物をよく観察していて、そこから様々なことを判断していますから。


審美眼で仕事をしている自分が、仕事相手の前でいい加減な文具を持つわけにはいきません。文具は黙っていても自分がどういう人間か、どういうセンスをしているのかを表現してくれる大切なプレゼンツール。仕事に対する真剣な姿勢を相手に伝える意味でも、こだわりの文具を使うことは大切だと考えています。


中嶋マコトの経歴・略歴

中嶋マコト、なかじま・まこと。日本のモデル・ビューティージャーナリスト、アロマ・アドバイザー。

他の記事も読んでみる

下郷伝平(初代)

質素勤勉は先君以来の家法であって、今なおその趣旨を遵奉しつつあるけれども、安易なことに流れるのは人情の弱点である。わが子弟や後世の子孫にいたっては、先君が苦労を重ねて励むことで、家を興したことを忘れたり、あるいは驕奢遊惰(きょうしゃゆうだ)に流れる恐れもある。この美徳を守り、各自が事業に励むべきことを、特にここに示すゆえんである。


森永卓郎

新聞を1紙だけ読んでいると、視点がひとつに固定してしまい、物事の本質を正確に捉えられなくなってしまうのである。これを防ぐには、1紙に書かれたことを鵜呑みにせず、複数の紙面を比較すればいい。つまり、新聞を読む際は横読みというのが大事なのである。


佐々木常夫

私はよく講演などで「運命を受け入れなさい」という話をします。たとえ理不尽な運命でも受け入れて、いったん腹をくくってしまえば、そのほうが生きやすいからです。


作田久男

「就職はいいけど、就社はやめろ」と部下によく言ってきました。重要なのは仕事の中身であって、会社は個人が成長するための器であるともいえます。社内のほかの事業に移ってゼロから新しい経験を積むよりも、経験を生かして活躍の場を広げられるのなら、他社に移るのも選択肢のひとつです。


広野道子

昼間の会議はやりません。日中は実務をこなし、社外の人と会う貴重な時間です。私にとって人から得る情報がビジネスで最も大切なことのひとつですから。


原田泳幸

「売れた」と「売った」は違います。何としても「売る」。そのためにサイエンス(科学)とサイコロジー(心理学)を駆使して、知恵を絞って新たな顧客価値を生み出し続ける。勝ち続けるための道はそれ以外ないと思っています。


鎌原正直

私は繊維会社に就職したにもかかわらず、花形だった繊維部門に配属されずに樹脂部門に配属されて「ついていない」と当時は思いました。しかし、樹脂部門に配属されたからこそ今の自分があると言えます。このようにどんなことにも、二面性があるのです。


堤清二

無印良品は(既存のブランドに対する)反体制商品なのだ。自由の確保を忘れて、消費者への押し付けがでてきたら、その段階で、無印は「印」すなわち「ブランド」になってしまう。


永守重信

1人の天才より100人の凡才。当社にとって何より重要な柱は、社員が高い士気をもって仕事に取り組むこと。


髙村正人(高村正人)

仕事の上で、あまり自分自身を精神的に追い込むことつもりもないのですが、常に自制し、己に勝つことができるように、ストイックに仕事をしていきたい。


柳弘之

本当にいい技術は構造的に、体系的に説明できるはずです。これができないということは、技術のどこかにムダや無理があります。もちろん、説明の巧拙という属人的な面も多少はありますけれど。「分かりやすさ」は経営にとどまらず、あらゆる仕事の要諦だと考えています。


星野佳路

スタッフが自由に発想し提案できる環境であることも重要。私たちが進化し続けていくためには、世代もバックグラウンドも異なる人たちが、自由に意見を言える環境を整えることが不可欠。


高橋忠仁

半導体業界は競合他社からのヘッドハンティングが多く、高い技術力を持つ当社社員には好条件の誘いがあったようですが、ほとんどがそれに応じることはありませんでした。社員一人一人が当社の経営理念「社員、お客様、仕入れ先、株主といった関係者との共生」に誇りを持って仕事をしてくれているからでしょう。


間寛平

東京行きを決めたとき、はじめは周りのみんなから反対されたんです。「寬平ちゃんの芸は大阪向きやから、東京では無理ですよ。絶対、ウケませんから」って。でもやっと、神様が降りてきてくれたんやないですかね。東京の初代マネジャーだった比企啓之という男の頑張りもあって、ギリシャの鉄人レース・スパルタスロンで走っている姿を、テレビが放映してくれて、すごく話題になった。そこから仕事も一気に増えて、僕の人生もどーんと変わっていったんです。


ダニエル・ピンク

周囲に流されないためには、どんな小さいことでもいいから、何かを始めることが重要です。


ページの先頭へ