名言DB

9412 人 / 110637 名言

中島雄一の名言

twitter Facebook はてブ

中島雄一のプロフィール

中島雄一、なかしま・ゆういち。日本の経営者。中島薫商店(キユーピー、アヲハタの親会社)社長、キユーピー社長会長。

中島雄一の名言 一覧

自分で考え仕掛けた仕事について、先輩や上司と議論していけば、社内の風通しも良くなる。
【覚書き:社内の風通しを良くするにはどうすればいいかと問われた時の発言。社員に仕事を任せ、議論させることで社内が活性化するという趣旨の発言】


中島雄一の経歴・略歴

中島雄一、なかしま・ゆういち。日本の経営者。中島薫商店(キユーピー、アヲハタの親会社)社長、キユーピー社長会長。

他の記事も読んでみる

コシノジュンコ

デザインとは、一言でいえば整理すること。まずゼロにして足して、一歩引いてまた足していく。デザインは、ファッションだけではなく、すべてに通じるものなのです。


渡邉英彦

町おこしのカギはネーミングです。名前を聞いた時に、面白そうだなと興味を持ってもらうことが大切です。


武藤清栄

会話がマイナスに向かおうとする場合は、プラスに転換するような質問をしてあげるといいでしょう。たとえば「最近、残業が減って収入が減ってしまった」と嘆く相手には、「残業が減って良かったことはある?」と質問してみましょう。すると、「そういえば、家族と一緒に過ごす時間が増えたかな」とプラスの面に焦点が当たるようになります。


似鳥昭雄

私は常に逆の発想。土地も株も上がっている時に買うのではなく、底の時に買わないとダメ。底についたことを見極める目が大事。


入江慎也

人に喜んでもらおうとするサービス精神は、人脈を広げるために不可欠です。そして、サービス精神の源になるのが「人への愛」だと思います。好きになった人のためなら、どんなことだってしてあけたくなるもの。人脈を広げたいなら、好きな人を見つけ、その人と一緒に仕事をすることですね。


前川孝雄

私がリクルート在職中に編集長を務めた『仕事の教室』では企画書を廃止しました。アイデアを広げる初期では綿密さはいらない。むしろ数が欲しい。企画書の代わりに行ったのが短冊会議です。A3の紙を半分に切って短冊をつくります。そこに電車の中吊り広告に入れることを想定したタイトルだけをバンバン書いて提出してもらうのです。会議の場では、それを壁一面に貼り出して、全員が想定読者になりきってどれが読みたいか挙手していきます。そして、得票数が高いタイトルだけ、挙手したメンバーに「どこがよかったのか」「さらによくするには」と質問していきました。


野村克也

南海に入って4年目。俺は3割打者となった。プロとして満足な結果や。ところが、5年目の打率は2割5分。翌年以降も似たようなもので、気がつけば打順も8番が定位置になった。最初は焦ったよ。打率で3割と2割5分では評価が大違いだからな。ただ、この時、「2割5分」という数字をズラしてみたんだ。「100本のうち25本をヒットにする」。それが2割5分だと捉え直したんだよ。じゃあ3割はわかるか? そう。「100本のうち30本ヒットを打つこと」だ。ようするに、その差は「5本」でしかないんだよ。「たった5本か」と思えるだろ? そうしてまず気持ちを軽くしてから、俺は昔読んだテッド・ウィリアムズの打撃論などを読み直した。もちろん自分の打撃も見直した。「たった5本だ」と軽くなった頭と体に、改めて打撃の基礎理論が染みこんだ気がしたよ。結果、8年目の時、打率を2割9分6厘にまで戻した。


小林佳雄

上場するために、競合が多くても成長性の見込める大きな市場で勝負すると決めた。


西本甲介

席を残したままではつい口を出してしまう。それでは会社の将来にとってよくありません。
【覚え書き|会長を退いた後の発言】


波頭亮

20代というのは半分以上、仕事と会社、社会を知るための期間のような気がします。この間に腰を据えて頑張れば、30歳くらいで希望する仕事ができるようになるはずです。そして、この時期に一生の仕事を決める。三十にして立つためには、やはり20代は懸命に頑張るしかないでしょう。


田中和彦

リクルートでの課長時代、上司である部長や役員が取締役会によく私を呼び出しました。そのうちに、これは事前に上司のスケジュールを把握し、指示の内容を先読みするしかないと思い至りました。そうした視点でスケジュールを見直すと、事前にやっておくべきことが見えてきます。おかげで急な要請でスケジュールが混乱する事態をかなり減らせるようになりました。


ハワード・シュルツ

私の動機は、父の惨めな姿です。父は生涯を通じて30もの酷いブルーカラーの仕事につき、不安定な生活しか送れなかった。教育のない人間にはチャンスが与えられなかったのです。このことはスターバックスの文化や価値の形成に、直接つながっています。私が作りたかったのは、自分の父親が働くチャンスを生涯得られなかったような会社です。従業員が大切にされ、かつ尊敬され、出身地・肌の色・教育のレベルを問わない会社です。


中溪正樹

エア・ドゥはゼロから一つの航空会社を築き上げるのですから、現場と一緒に知恵を出していかなければ、就航すら難しかったでしょう。


成田靖也

よく「個々の売上はエクセルで共有」「ランキングも社内に掲示している」という社長はいますが、それは単なる「管理」にすぎません。重要なのは管理ではなく、人の感情に響く施策を行うこと。文字だけのメールや数字を紙で張り出しても、人の心は動きません。


福井威夫

私は失敗を気にせず、好きなことをどんどんやれと言っています。本来ならば、失敗はあってはならないことです。しかし、新しい技術に挑戦していくうえで、失敗は当たり前なんです。