名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島進(マラソン指導者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島進(マラソン指導者)のプロフィール

中島進、なかじま・すすむ。日本のマラソン指導者。ランナーのための総合施設「ハイテクタウン」主宰者。タバコをやめるためにランニングを開始。その後、ハイテクタウンを主宰し、多くのトップランナーを育てた。

中島進(マラソン指導者)の名言 一覧

朝起きて歯を磨くように、走ることも日常的にしないとダメだ。


マラソンで芸能界で一番になれば絶対、仕事に困らなくなるから。
【覚え書き|のちにカンボジア代表として五輪に出場した猫ひろしへの言葉】


マラソンは単純な動作の繰り返しで、長く続けないとパフォーマンスに繋がりません。ぜひ「継続」することを前提にしていただければと思います。「走った後のビールが美味しい」「ダイエットになる」という気持ちをうまく利用して、やる気を繋げるのも良いでしょう。


中島進(マラソン指導者)の経歴・略歴

中島進、なかじま・すすむ。日本のマラソン指導者。ランナーのための総合施設「ハイテクタウン」主宰者。タバコをやめるためにランニングを開始。その後、ハイテクタウンを主宰し、多くのトップランナーを育てた。

他の記事も読んでみる

渡邉美樹

時間配分は、目標達成の予定日から逆算して計画します。現在からの足し算や掛け算ではなく、予定からの引き算と割り算によって、どの行動にどの時間を割り当てるのかを決めるのです。


小杉信光

変化の激しい業界、乗り遅れれば負け。70%以上の成算が見込めれば、リスクがあってもやっていく。


堺美保

市場において真似をしない商品開発を具現化し生産技術化していこうと考えています。それが実現しなければ消費者の方々に存在感のある企業として、期待していただくことはできない。


竹中平蔵

「お前が言うなら、死ぬまでついていく」と決断を下すことができるのが本当のチーム。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

憎しみ、怒り、欲張り、わがまま、うぬぼれ、権力欲、名誉欲など。強欲な心が生み出す独善と欲望の数々は、人生に不運をもたらす道具です。こんな不細工な道具を生み出す人たちの心は、なんて無知で未熟なことでしょう。愛、忍耐、優しさ、自制心、気高い望み、ひたむきな願い。充分に満たされた幸せを創り出す優れた道具は、真理がもたらす賢明で熟練した心の愛用品です。


越智直正

大学の経営学の先生に「先生、友人が不渡りを出しました。こんなときどうしたらいいんですか」と聞きました。そうしたら、先生は「それは私の専門じゃありません」と答えた。ぼく、たまげましたわ。絶句した。会社というものは、設立して30年たったら99パーセントが倒産するといわれています。つまり、経営学というのは倒産学なのです。99パーセントが倒産するということは、戦争にたとえるなら玉砕。そのときの策を知らない経営学なんてありますか。剣術でも柔術でも、守りや受け身というものがある。自分だけは打たれない、投げられない、そんな状況を前提とした戦いなんて存在しません。いくら防いでも、やられるときはやられます。倒産したときに、どう手を打つか分からない経営学なんか意味がありません。


横山信弘

会議も、ゼロにするのが難しいなら、時間を短縮するよりも、これまで10回だったのを5回にするなど、「なくしていく」ほうが断然効果的な時短になります。そして生まれた時間を、お客様との対面に使うのです。


中村獅童(二代目)

一気に伸びる人の共通項は、一見出来が悪いように見えても、とにかく一生懸命に食らいついてくること。


高橋尚子

新しいものを手に入れるためには、今データが手に入ることをやっていたのでは打ち破ることはできません。「非常識の領域に行ってみよう」。その決断を下す度胸を持てたことがよかったわけです。


高橋克徳

最近は自分の感情をうまく出せない20~30代が増えているようですね。その原因の多くは「自己否定感」でしょう。短期的成果が求められ、いつ解雇されるかわからないいま、成果が出ない人は「オレは駄目なヤツだ……」と自己否定感を抱きがちです。だから「周りの人にもバカにされている」と思い込み、周囲との関わりを避け始める。その状態が続くと感情を素直に出せなくなります。最終的には心が潰れてしまう。


村上太一

もう仕事が生き甲斐というか、生きる意味になっています。じつは「リブセンス」という社名もそこから取りました。事業を通じて社会に発信すること自体に、自分たちが生きる意味があると考えているからです。そこで「生きる意味」で、「リブセンス」と。


冨安徳久

ご遺族の悲しみに敏感になって、寄り添おうという使命感を持って仕事のできる社員が会社にいるかどうかが大きな差になる。目には見えない差ですが、この考え方を理解した社員とそうでない社員では、働き方が天と地ほども変わってくる。そのため、当社では社員教育の機関であるティアアカデミーを設置して、理念の浸透に取り組んでいます。