中島進(マラソン指導者)の名言

中島進(マラソン指導者)のプロフィール

中島進、なかじま・すすむ。日本のマラソン指導者。ランナーのための総合施設「ハイテクタウン」主宰者。タバコをやめるためにランニングを開始。その後、ハイテクタウンを主宰し、多くのトップランナーを育てた。

中島進(マラソン指導者)の名言 一覧

朝起きて歯を磨くように、走ることも日常的にしないとダメだ。


マラソンで芸能界で一番になれば絶対、仕事に困らなくなるから。
【覚え書き|のちにカンボジア代表として五輪に出場した猫ひろしへの言葉】


マラソンは単純な動作の繰り返しで、長く続けないとパフォーマンスに繋がりません。ぜひ「継続」することを前提にしていただければと思います。「走った後のビールが美味しい」「ダイエットになる」という気持ちをうまく利用して、やる気を繋げるのも良いでしょう。


中島進(マラソン指導者)の経歴・略歴

中島進、なかじま・すすむ。日本のマラソン指導者。ランナーのための総合施設「ハイテクタウン」主宰者。タバコをやめるためにランニングを開始。その後、ハイテクタウンを主宰し、多くのトップランナーを育てた。

他の記事も読んでみる

山田静江

だらだら生きるのではなく、残りの人生に真剣に向き合うタイミングが早いほど、充実した後半生を送ることができる。人生を折り返したと感じる30代後半から40代の人は一度考えてみてほしい。


松井忠三

「勉強になった」と思うだけでは意味がない。アイデアをモノにするには、「とにかくすぐやってみよう」と、行動に変えることも非常に大切。


窪田規一

勢いとやる気だけでは駄目。成功するには、ビジネスモデルをしっかり作ろう。


石川善樹

人生100年の時代に到達しつつあります。これまでは「長時間」働くことがビジネスパーソンとしての価値でしたが、今後は「長期間」働くことが重要。


有馬利男

企業の価値創造を支えているのは、定型的な情報だけではなく、それ以上に非定型な情報が重要な役割を担っています。ITが担う経営データや顧客データなどの基幹系の情報は人にたとえれば、骨格や筋肉に相当し、アイデアやノウハウ、経験、さらには思いといった非定型な情報は脳や神経のようなものです。


似鳥昭雄

お客様に「儲かったな」と思っていただけなければ、また店に来てもらうことはできない。


吉田たかよし

歩くことは、脳の血流を増やし、脳の活性化に大変効果があります。そこで、ちょっと集中が途切れたと思ったら、あえて自動販売機にジュースを買いに行く。もしくは、立ち上がって机の周りを一周するだけでも、脳の機能はリフレッシュします。人と会話を交わすことも脳をリフレッシュさせるには効果的です。デスクワークに偏りがちな現代人の脳にとって、おしゃべりは不可欠です。


増田紀彦

厳しい事態に向き合い逃げずに乗り越えようとする経験は、人としての底力を涵養する。


福井威夫

ホンダは2輪車では世界一だが、4輪車ではまだまだほかに大きな会社がある。ライバルがなかなか動けない時こそ、ホンダは俊敏に動く必要があった。


和田秀樹

「和田先生の本業はなんですか?」と質問されることもありますが、私は専門分野を絞って、何かを捨てるという考えをしません。ひとつに絞ると経済的にも精神的にも自由度がなくなります。だから、皆さんにも是非「2足のワラジ」を履くことを勧めます。


楊元慶(ヤン・ユアンチン)

いかなる買収も投資も一夜にして利益は得られません。大事なことは、現在の事業や会社の仕組みにうまく溶け込ませること。これには買収後、一定の期間が必要。


田岡信夫

ナンバーワン商品を持っている強者ほど、後発で参入する場合には、弱者の戦略が取れないというケースが多い。つまりプライドとジェラシーがそれを許さないのである。そのため、強引に強者の戦略で参入しようとする。


小杉友巳

そもそも日本の会社に初めて定年制度が導入されたのは、1902年といわれています。当時の平均寿命は43歳でしかありませんでした。その数字をもとにして55歳の定年制度がつくられたのですが、現在の日本人の平均寿命は当時の倍に近い82歳になります。それなのに、60歳で定年になってしまうのでは、不満が出てくるのも当然です。
【覚書き|日本郵船が1902年(明治35年)に定年制を導入した】


今村暁

日記をつける目的は、できることをやり続けて自分をレベルアップさせること。目標達成のための努力というと、我慢強さや気合いで取り組むものだと考える人もいますが、そうではありません。


斉藤秀樹(人材開発コンサルタント)

チームというのは「器」です。器が壊れていれば、良い人材を採用しても成長しないし、新しいシステムや制度を導入しても成果は出ない。逆に器がしっかりしていれば、中にいる人間同士に共同意識が生まれ、シナジーが発生します。外から人材や制度を持ってこなくても、今いるメンバーでパフォーマンスを最大化できるのです。


ページの先頭へ