名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島輝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島輝のプロフィール

中島輝、なかしま・てる。日本の心理カウンセラー。著書に『トラウマが99%消える本』『負の感情を捨てる方法』。

中島輝の名言 一覧

デスクまわりに自分が癒やされる家族や趣味の写真などを貼ってみましょう。常に目にする場所に癒される物があれば、それらを見るたびに快の気持ちがアップします。


不愉快な気分から、パッと気分を上げるグッズとしては「アメ」も有効。5種類ほど買い置きし、「ハーブ味のアメをなめると、イライラが落ち着く」「ぶどう味のアメをなめると、沈んだ気持ちが元気になる」と、それぞれに意味付けをして、その気分になりたい時に、アメを口に入れます。最初は単なる思い込みに過ぎませんが、習慣づけていると、「このアメをなめると、気分が上がる」と本当に思うようになります。習慣の力は大きいのです。


落ち込んだり、イライラした時、まずはその場を離れると、気分も変わります。席を離れたらなるべく高い所、ビルにいるなら屋上に行ってみてください。高い位置から下を見下ろすと、広がる風景に圧倒されつつ、大きな建物や木々も小さく見える。すると、いま目の前の嫌な気分に支配されていることも、大きな問題でなく、ちっぽけに見えてくるのです。


イライラはペン1本で解決することができます。相手へのイライラをぶつけるように、全力でペンを握りしめます。5秒ほどしたら手を緩め、嫌な感情と一緒に手放すイメージでベンを転がします。「こんなことで怒りが晴れるかよ」と思うでしょうが、思いのほかスッキリして気分も上がる効果があります。嫌な感情を捨てるイメージの力に加え、全力で握った後に脱力することで、リフレッシュできて嫌な気分から開放されます。


中島輝の経歴・略歴

中島輝、なかしま・てる。日本の心理カウンセラー。著書に『トラウマが99%消える本』『負の感情を捨てる方法』。

他の記事も読んでみる

奥田陽一

変化はどの業界でも必ず起こります。そのとき新しいことに挑戦できると思える人材をいかに育てるか。それは人材育成の普遍的なテーマかもしれません。


山内雅喜

セールス・ドライバーがつねに、会社の代表であるという意識をもってお客様の元に向かってくれなければ、ヤマト運輸という会社は成り立ちません。では、個々の社員にそういう意識を持たせるためにどうすればよいかといえば、強いリーダーがひとり存在してガンガン引っ張っていくような組織ではなく、一人一人が自主的かつ自律的に最適解、全体解をめざして動いていく組織である必要があるのです。


古森重隆

人間は他者との競争を通して自分自身の強みや弱みを知り、人生における己の武器と立ち位置を見いだしていく。


吉永泰之

我々は成長してきたとはいえ100万台。世界市場の約1%に過ぎません。そんな会社が数を目指してはいけない。200万台、300万台を目指すと言った瞬間に、当社のビジネスモデルが崩れてしまう。


プラユキ・ナラテボー

戒律やルールを守ることが、心の自由を得るための「忍耐力」「受容力」「覚醒力」を培うことにつながる。


能町光香

日頃からさまざまな相手と親しくなっておくと、一緒に仕事をするときの「頼みやすさ」が格段に違います。また関係を築けていれば、堅苦しい形式を踏む手間を省略できるのです。


前村哲路

不景気の影響は大きい。事実として、価格を安くしても、簡単には買っていただけません。私は、お客様の要求は大きく4つあると考えています。「品質」「品揃え」「サービス」、そして「価格」です。日本の製造業が世界的に強いのは、お客様の目が厳しいからでしょう。4つの要素に応えなければ生き残れません。


尾崎元規

いくら企業理念が立派にあっても、現場から反応情報を取って、消費者を見て、いろいろなものごとを動かし形にするのは社員。その社員にやる気がないとダメです。


河本薫

データを解析した結果資料は、グラフなどのビジュアルだけでなく、文章で補足することも忘れてはいけません。資料は自分の手を離れて一人歩きすることがあります。そうなると口頭で説明できないので、数字が指し示す意味について、きちんと資料に盛り込んでおく必要があります。文章化すると、説明するほうも資料を読むほうもごまかしがきかなくなります。分析同様、資料作りにもしっかりと時間をかけてください。


寺井和彦

それまでは、いわば半国産のソフトを使っている状況でした。そうした中で、全部を自分たちでつくりたいという仲間が、CSKの中にできたんです。独立しても給料分の仕事はなんとでもなると思っての退職でした。怖いもの知らずだったんですね。


沢村一樹

役者の仕事って、人間としてにじみ出るモノに影響されるじゃないですか。それならできるだけいいものをにじみ出させたい。これからも出会った人や読んだ本から受けた影響を積み重ね、好きな表現をしたい。


ハワード・シュルツ

チーム内の一流選手、最高の技術を持つ経験豊かな選手でも土壇場になるとくじけてしまうことがある。しかし、ときには技術も練習も一流とは言えない労働者階級出身の選手がチームに加わっている場合もある。コーチが土壇場で起用するのはこういう選手なのだ。勝つことに執念を燃やすハングリーな選手は、いざというときに一流選手を凌ぐ力を発揮する。