名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島輝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島輝のプロフィール

中島輝、なかしま・てる。日本の心理カウンセラー。著書に『トラウマが99%消える本』『負の感情を捨てる方法』。

中島輝の名言 一覧

デスクまわりに自分が癒やされる家族や趣味の写真などを貼ってみましょう。常に目にする場所に癒される物があれば、それらを見るたびに快の気持ちがアップします。


不愉快な気分から、パッと気分を上げるグッズとしては「アメ」も有効。5種類ほど買い置きし、「ハーブ味のアメをなめると、イライラが落ち着く」「ぶどう味のアメをなめると、沈んだ気持ちが元気になる」と、それぞれに意味付けをして、その気分になりたい時に、アメを口に入れます。最初は単なる思い込みに過ぎませんが、習慣づけていると、「このアメをなめると、気分が上がる」と本当に思うようになります。習慣の力は大きいのです。


落ち込んだり、イライラした時、まずはその場を離れると、気分も変わります。席を離れたらなるべく高い所、ビルにいるなら屋上に行ってみてください。高い位置から下を見下ろすと、広がる風景に圧倒されつつ、大きな建物や木々も小さく見える。すると、いま目の前の嫌な気分に支配されていることも、大きな問題でなく、ちっぽけに見えてくるのです。


イライラはペン1本で解決することができます。相手へのイライラをぶつけるように、全力でペンを握りしめます。5秒ほどしたら手を緩め、嫌な感情と一緒に手放すイメージでベンを転がします。「こんなことで怒りが晴れるかよ」と思うでしょうが、思いのほかスッキリして気分も上がる効果があります。嫌な感情を捨てるイメージの力に加え、全力で握った後に脱力することで、リフレッシュできて嫌な気分から開放されます。


中島輝の経歴・略歴

中島輝、なかしま・てる。日本の心理カウンセラー。著書に『トラウマが99%消える本』『負の感情を捨てる方法』。

他の記事も読んでみる

築山節

ウォーキングや散歩は決まりきったルートばかりを行くよりも、通ったことのないルートを行くと、より注意深くなり目をキョロキョロさせます。そのとき脳は見慣れぬ視覚情報を積極的に捉えようとしてフォーメーション全体がダイナミックに活動しています。その点、フィットネスジムでウォーキングやランニングをするのは、体力向上とストレス発散にはなっても、脳の活性化にはあまりつながらないといえるかもしれません。


福地茂雄

アサヒビールの東北統括本部を視察したとき、8つのグループ会社がひとつのフロアにあって、「これはいい!」と本部長を褒めたことがあります。アサヒビールの営業、経理、総務だけでなく、グループ会社もついたてで仕切っただけで同居しています。まさに垣根がないのです。


古賀辰男

優秀な社員を引きとめたいと思うのなら、昇進、昇給はいうに及ばず、希望の部署に異動させるなど、あらゆる手を打つこと。打つ手に意味があるというよりは、その部下を何としてでも引きとめたいという気持ちを伝える。つまり「熱意」を見せることで相手の心を動かすのだ。


内田和成

新規事業の失敗時に得るものとは、新規事業に関わった社員の成長です。たとえ新規事業がとん挫して撤退することになっても、その経験から社員が何かを学び取り、次に生かしてくれるなら、それは会社にとっての財産になります。


松井忠三

家庭をコントロールする難しさは、仕事と真逆の価値観で動くことです。仕事で求められることは、スピードと効率。そのため報告するにも結論から先に言います。でも、家庭で奥さんに「結論から先に」などと言うと機嫌を悪くされてしまうでしょう(笑)。家庭の価値観は「共有」すること。一緒に過ごすことこそが求められます。


二宮尊徳(二宮金次郎)

桃栗三年、柿八年というように、因果にも応報にも遅速があることを忘れてはならない。


鈴木喬(経営者)

一般の社員が何か突飛なことを口にして、実行しようとすると、変な奴と思われて上から抑え込まれがちです。周囲が呆れるようなことを実行できる立場にいるのは、社長しかいません。社長は「チーフイノベーター」であるべきです。


山口勉(経営者)

近隣に大型家電量販店が続々と進出してきたことで経営難に陥ったとき、頭の中は、社員を守るということでいっぱいでした。彼らを路頭に迷わすことはできません。それに、社員一人を採用するのに、だいたい100万円以上のお金をかけていました。せっかく来てくれた優秀な人材をリストラすることになれば取り返しがつかない。そもそも規模の小さな会社ですから、うちに来たいと思ってくれる人が大勢いるわけではないという事情もあります。


宇野郁夫

私は若いころから本を読むことが一番の楽しみで、いまでも多くの本を読んでいます。本を読むことが役に立つことかどうかは、ある程度まではわからないものですが、ある一線を越えると急に世界が違って見えるような気がしました。


安藤忠雄

平常心を身につけるには、ギリギリまで追い込まれた経験があるかどうかだと思います。


前刀禎明

インプットばかりしていると、それだけで頭がいっぱいになってしまいます。自分で情報を咀嚼して考えないと、蓄積されません。


柳井正

経営者がいいかげんな仕事をしていたら、社員は絶対に仕事をしない。