名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中島輝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島輝のプロフィール

中島輝、なかしま・てる。日本の心理カウンセラー。著書に『トラウマが99%消える本』『負の感情を捨てる方法』。

中島輝の名言 一覧

デスクまわりに自分が癒やされる家族や趣味の写真などを貼ってみましょう。常に目にする場所に癒される物があれば、それらを見るたびに快の気持ちがアップします。


不愉快な気分から、パッと気分を上げるグッズとしては「アメ」も有効。5種類ほど買い置きし、「ハーブ味のアメをなめると、イライラが落ち着く」「ぶどう味のアメをなめると、沈んだ気持ちが元気になる」と、それぞれに意味付けをして、その気分になりたい時に、アメを口に入れます。最初は単なる思い込みに過ぎませんが、習慣づけていると、「このアメをなめると、気分が上がる」と本当に思うようになります。習慣の力は大きいのです。


落ち込んだり、イライラした時、まずはその場を離れると、気分も変わります。席を離れたらなるべく高い所、ビルにいるなら屋上に行ってみてください。高い位置から下を見下ろすと、広がる風景に圧倒されつつ、大きな建物や木々も小さく見える。すると、いま目の前の嫌な気分に支配されていることも、大きな問題でなく、ちっぽけに見えてくるのです。


イライラはペン1本で解決することができます。相手へのイライラをぶつけるように、全力でペンを握りしめます。5秒ほどしたら手を緩め、嫌な感情と一緒に手放すイメージでベンを転がします。「こんなことで怒りが晴れるかよ」と思うでしょうが、思いのほかスッキリして気分も上がる効果があります。嫌な感情を捨てるイメージの力に加え、全力で握った後に脱力することで、リフレッシュできて嫌な気分から開放されます。


中島輝の経歴・略歴

中島輝、なかしま・てる。日本の心理カウンセラー。著書に『トラウマが99%消える本』『負の感情を捨てる方法』。

他の記事も読んでみる

井阪隆一

企業のトップが目線や基準を下げてしまうと、商品や企業そのものが劣化していきます。だからトップは絶対に、目線を下げてはいけない。妥協してはいけない。


油井亀美也

宇宙から地球を眺めた瞬間は、本当にうれしかったのと同時に、現実感がない不思議な感じでした。国際宇宙ステーション(ISS)にいるわけですけど、目の前にはSFの世界のような景色が広がっていて、私の人生で最も「現実離れ」していました。もちろん宇宙ではやるべき仕事がたくさんあるので、そうそう物思いにふけるわけにはいかないのですが、それでもふとしたときに青い地球が目に入り、「あのうっすらと青く地球を包んでいるのが大気で、人間はその下にしか住めないのか」などと考えることがありましたね。


トーマス・エドワード・ロレンス(アラビアのロレンス)

確実な成功にはなんらの栄誉もありえないが、確実な敗北からは多くの力がほじくりだされるはずだ。


橋本治

人間は、わかろうと背伸びをして、わからないことを咀嚼する中でしかものごとをわからないってところがあるのではないでしょうか。そういう背伸びを拒絶するようになったら、人間はもうおしまいでしょう。


田岡信夫

ナンバーワンとはどういうことか。具体的な戦略としては、ナンバーワンの「地域」をいかにつくるか。ナンバーワンの「得意先」をいかに持つか。ナンバーワンの「商品」をいかにつくるか。私は企業の体質というものは、この3つの条件を満たしているかどうかにかかっていると思う。


宇野郁夫

「俺が、俺が」という考えに支配され、自分さえよければ、他のものなどどうなろうと構わない。そんな極端な思考の中に真理はありません。


コリン・パウエル

部下は、リーダーが自分たちをどのような目的でどこへつれてゆこうとしているのかを知る必要がある。組織が実現しようとしているものを表す言葉としては、ミッション、目標、戦略、ビジョンなどがよく使われる。いずれも有用で素晴らしい言葉だが、私は、別の言葉を使ったほうがいいと思っている――「目的」だ。「目的意識」「目的は?」「目的にかなう」など、とてもよく使われる言葉だからだ。目的とはビジョンの終着点である。ビジョンにエネルギーを注入し、力強く前進させるのが目的だ。目的は前向きで力がなければならないし、組織の大勢に資するものでなければならない。


アンドリュー・カーネギー

すべての成功、すべての巨富は、まずアイデアから始まる。


佐野浩司

仕事のスキルは、同僚に相談するなど本人が働きかけるだけでいくらでも高まるので、そのちょっと手を伸ばす意識が行動に結びつきさえすればいいのです。仕事は教えられるものではなく、自分で学ぶものです。


吉田たかよし

記憶する勉強は、むしろ細切れの時間の方が適しています。たとえば、英単語を暗記する場合、脳は記憶したあと、10分弱の時間をかけて記憶の定着を行います。ですから、60分間ずっと暗記を続けるよりも、「5分間暗記して、しばらく時間を置き、また暗記する」というやり方を12回繰り返す方が、記憶の定着率は高くなるのです。


船ヶ山哲

結婚式を挙げるときは、まず結婚式に呼びたい友人や知人をリストアップし、招待状を書くことで案内をします。そこで出欠をとり、最終人数を確定させるわけですが、もし、あなたがこの結婚式ももう一度、1か月後に行うとしたら何人の人が集まるでしょうか。おそらく1桁ないしゼロになる可能性が大です。しかし、ビジネスも場合、1回売ったからもう終わりということではなく、この先も何度も販売し続ける必要があります。ということは、結婚式以上に膨大なリストが必要になるということです。


山口誠一郎

モットーとしていることは、「変化を恐れず、楽しむこと」です。もちろん、そこにリスクは付きものですが、ベンチャー精神を持って挑み、新しい扉を次々に開いていく。扉の向こうでは必ず成長の可能性が待っています。