中島輝の名言

中島輝のプロフィール

中島輝、なかしま・てる。日本の心理カウンセラー。著書に『トラウマが99%消える本』『負の感情を捨てる方法』。

中島輝の名言 一覧

デスクまわりに自分が癒やされる家族や趣味の写真などを貼ってみましょう。常に目にする場所に癒される物があれば、それらを見るたびに快の気持ちがアップします。


不愉快な気分から、パッと気分を上げるグッズとしては「アメ」も有効。5種類ほど買い置きし、「ハーブ味のアメをなめると、イライラが落ち着く」「ぶどう味のアメをなめると、沈んだ気持ちが元気になる」と、それぞれに意味付けをして、その気分になりたい時に、アメを口に入れます。最初は単なる思い込みに過ぎませんが、習慣づけていると、「このアメをなめると、気分が上がる」と本当に思うようになります。習慣の力は大きいのです。


落ち込んだり、イライラした時、まずはその場を離れると、気分も変わります。席を離れたらなるべく高い所、ビルにいるなら屋上に行ってみてください。高い位置から下を見下ろすと、広がる風景に圧倒されつつ、大きな建物や木々も小さく見える。すると、いま目の前の嫌な気分に支配されていることも、大きな問題でなく、ちっぽけに見えてくるのです。


イライラはペン1本で解決することができます。相手へのイライラをぶつけるように、全力でペンを握りしめます。5秒ほどしたら手を緩め、嫌な感情と一緒に手放すイメージでベンを転がします。「こんなことで怒りが晴れるかよ」と思うでしょうが、思いのほかスッキリして気分も上がる効果があります。嫌な感情を捨てるイメージの力に加え、全力で握った後に脱力することで、リフレッシュできて嫌な気分から開放されます。


中島輝の経歴・略歴

中島輝、なかしま・てる。日本の心理カウンセラー。著書に『トラウマが99%消える本』『負の感情を捨てる方法』。

他の記事も読んでみる

出口治明

どんなプロジェクトでも、山あり谷ありは避けられません。「谷」の時期には、メンバーは元気を失います。そのときに、みんなを安心させて最後まで引っ張っていく力が必要になります。一般には統率力といわれるものですが、その実態を考えれば、コミュニケーション能力ということでしょうね。一人一人と丁寧にコミュニケーションを取って、盛り立てていく能力です。


鈴木泰信

それまで当社では、軸受と軸受以外の自動車製品は異なる事業部で扱っていました。しかし、お客様である完成車メーカーにとっては窓口がひとつの方がいいに決まっています。お客様に対して壁をつくらない組織に変えました。


細谷英二

トップと現場の距離を縮めるために、タウンミーティングといって、現場のスタッフ10名ほどと直接会って話す機会をつくりました。1回3時間ほどですが、毎週何としてでも時間を捻出するようにして、8年間で400回くらいやりました。


宮坂学

状況を判断すること、意思決定すること、実行すること。この経営のサイクルのスピードをケタ違いに上げる。つまり、ビジネスの立ち上げから実現までを「爆速」でやる。たとえは、半年かかっていたことを2週間でやる。


高原慶一朗

「3つの友を選べ。人生の師となる友、原理原則を教えてくれる友、直言してくれる友」。私は先輩に教わったこの言葉を大切にしてる。


鈴木修

一度ばかりの成功で自惚れるわけにもいきません。この(アルトが大ヒットした)ころ、「70までやるとして、俺はあと21年社長をやらないといけない。先は長いから、稼いだ金は社内の内容を充実させるために使おう。ものづくりの会社なのだから生産設備に投資しよう」と経理部長などによく言っていました。


ナディーン・ヴェヒタ・モレノ

私はキッチンに立つことに幸せを感じているので、勤務時間が少し長くても、まったく「つらい」とは思いません。


石川康晴

商品の優位性は模倣されてしまうが、サービスの優位性はなかなか模倣されない。


川島永嗣

僕はこれまで、せっかく才能があるのに、言葉の壁に邪魔されて実力を発揮できずに帰国する選手を何人も見てきました。やはり語学ができる人こそが、海外でも能力を最大限に発揮できると思う。これはアスリート以外でも同じではないでしょうか。日本人の技術や能力は、海外でも十分通用するはずだと信じています。一人でも多くの人に、語学の壁を越えて、その可能性をぜひ試してほしいと思います。


茂手木雅樹

M&Aは、あくまでも互いの企業価値を高めるためのものであり、持ち株比率などの面では柔軟に対応しています。ただ、M&A自体は社内基準に沿って非常にシビアに見ていて、ある意味で手堅く行っています。


いっこく堂

挑戦心やモチベーションが高まるのは、バイオリズムが底辺まで落ち込んだ時ですね。あー、また最高の気分を味わいたいと、過去の自分を懐かしんじゃったりすることもある(笑)。もちろん、新しいことを始めるのは怖いけど、やらないと再びバイオリズムの頂点には行けません。進化しないと生き残っていけない。


大山健太郎

ホームセンターをいくつか買収しましたが、小売り自体を拡大するつもりはありません。テストマーケティングの位置づけです。当社の商品の販路はホームセンターがメインですが、「こう売りたい」という私の考えと、お店でやっている現実が、なかなか噛み合わないことがあります。実際に自分たちでやってみてうまくいったケースは「こうしたらこれだけ売り上げが上がりましたよ」と、オープンにする。そうすれば、みんな納得してくれますし、信頼関係も深まります。


小山昇

経営というのは、幹部をはじめとした全社員が社長の言ったことをきちんとやることだ。社長は絶対だ。


黒川茂

リーマンショック以降、IT関連ビジネスは全体的に縮小しているため、われわれが取りに行けるパイも縮小していますが、採算性が多少落ちても、数多くの案件を取りに行くよう方向転換することで対応しています。数を取ることによって、以後の保守・サービスが継続的に見込めるようになるからです。


稲盛和夫

私も経営者になりたての頃は、研究開発、製造、営業に忙しい日々を過ごしていましたが、経理については素人で、ベテランの経理部長に任せていました。あるとき彼と、次のようなやりとりがあったことを記憶しています。私が「利益は出ましたか?」と訊ねたところ、部長は「売上の一割程度の利益が出ました」といいます。そこで「そのお金はどこにあるの?」と聞くと、彼は「お金はありませんよ。まだ売掛金のままですから、税金は銀行から借りて払います」と答えるではありませんか。いわゆる「勘定合って銭足らず」という状態です。つまり、一割程度の税引前利益が出ていても、場合によっては資金繰りが苦しくなります。手元のキャッシュが少ないようでは、経営戦略上も有効な次の一手が打てません。


ページの先頭へ