名言DB

9490 人 / 112001 名言

中島董一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島董一郎のプロフィール

中島董一郎、なかしま・とういちろう。日本の起業家。キユーピーの創業者。水産講習所(のちに東京水産大学を経て、東京商船大学と合併し東京海洋大学)卒業後、兵站を行う近衛輜重兵大隊(このえしちょうへいだいたい)に一年間所属。除隊後、缶詰会社若狭商店へ入社。農務省海外実業実習生に選ばれ、欧米に留学。海外でマヨネーズに出合い、帰国後缶詰販売の中島董商店を創業。キユーピーの前身である食品工業株式会社を設立しマヨネーズ販売を開始。また、缶詰とジャムのブランドのアヲハタを展開した。

中島董一郎の名言 一覧

従業員は給料のみにて生きるにあらず。給料を多く払えばそれだけ従業員がついてくると過信したのではありませんか? 生活していくのに給料は不可欠ですが、従業員には思いやりも必要です。それがわかっていなかったから、今回の事件が起きたのだと思いますよ。
【覚書き|後継者の藤田近男氏の代で労組のストライキが起きたことについて藤田氏に語った言葉】


会社は社長の人格以上にはならない。この言葉さえ覚えておいてもらえれば何をやってもよい。
【覚書き|後継者の藤田近男氏に社長を任せたときの発言】


組合が主張することでも正しいと判断したことは聞いてあげなさい。しかし、納得できないことを数の力で押し切ろうとするなら断固反対しなさい。それで会社がつぶれてもやむを得ません。


中島董一郎の経歴・略歴

中島董一郎、なかしま・とういちろう。日本の起業家。キユーピーの創業者。水産講習所(のちに東京水産大学を経て、東京商船大学と合併し東京海洋大学)卒業後、兵站を行う近衛輜重兵大隊(このえしちょうへいだいたい)に一年間所属。除隊後、缶詰会社若狭商店へ入社。農務省海外実業実習生に選ばれ、欧米に留学。海外でマヨネーズに出合い、帰国後缶詰販売の中島董商店を創業。キユーピーの前身である食品工業株式会社を設立しマヨネーズ販売を開始。また、缶詰とジャムのブランドのアヲハタを展開した。

他の記事も読んでみる

遠藤弘満

Knotでは時計本体とベルトを別売りにしています。IT企業でよくある、パソコンなどハードを低価格で供給しつつ、ソフトで収益を稼ぐビジネスモデルを時計に応用した格好になります。本体をハード、ベルトをソフトと考えてもらうと、分かりやすいでしょうか。


村田昭治

活躍されている経営者に共通していたのは「我々は選んでもらう企業でなくて、選ばざるをえない企業を目指している」という意味のことを明言されたことだった。それには独自の大きな特徴をもつ会社、ビジョンのある会社、価値創造の場を与える会社、イノベーションを断絶なしに実行していく会社でなければならない。


伊藤正裕(起業家)

自分ではなく、お客様の利益を考えることが重要です。自分の利益のためだけでは、なかなか本気にはなれません。お客様に最大のメリットを与えることを目的としたとき、最大の力が出るのです。


益岡徹

私はあまり引きずらないというか、「引きずらないように努力する」というほうが正確でしょうか。失敗をできるだけ早く忘れるようにしているんです。これは昔からそうですね。


小林靖弘

会社が倒産しそうなとき逃げていく社員と頑張ろうと思う社員と二手に分かれますが、頑張ろうと思ってくれる社員と一緒にやっていきたいと思っています。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

今何もしないでいることが一番のリスク。これをやっていかないと将来これだけ損をするとか、この問題を解決することで新しい価値が生まれるといったことを考えて、そこにエネルギーを注げる人たちはリーダーシップがとれるはず。


遠藤結蔵

IT技術が急速に進歩する中で、既存のサービスがネットに置き換わり、時代とともに姿かたちを変えていく部分があることは確かです。でも、お客様がネットで検索した商品の感触を実際に確かめたり、ネットでは未配信の最新作や、自分がこれまで知らなかった魅力的なDVDタイトルに出会うなど、リアル店舗だからこそ体験できるこも数多くあるわけです。そこで私たちが目指しているのは、ネット販売全盛の今、店舗を最も強力な販売・買取ツールにし、そこに人がいることで価値が生み出される場にしていくことです。


岩切章太郎

無事故への祈り、それは私どもの永遠の祈りであり努力目標である。いつ果たせるかわからないけれども、永遠の祈願として絶えざる努力を続けていきたいと思う。


梅森浩一

仕事の評価は誰がするものでしょうか。顧客や上司といった、自分以外の人です。仕事というのは、いつだって他人目線なものです。たとえあなたが、「これは自分の力からすれば8割の出来だ」と感じたとしても、相手がOKなら、それでいいのです。


片田珠美

大切なのは、できるだけ周囲の人に話すこと。一人で抱え込まず、誰かに話を聞いてもらうことで楽になることもあります。また、同僚や別の上司、他の部署の人に相談することで、意見がもらえます。日頃から相談できる人間関係をつくっておきましょう。


鎌田實

僕は赴任して14年後の39歳で院長になった時、僕らの病院は大学病院とどう違って、地域の中で生き抜くためにどうしたらいいかを語った。最先端の医療は充実していなくても、温かい医療、いい医療をやろう、と。働いている人は皆、自分の仕事に誇りを持ちたいと思っているものです。


陰山英男

私はもともと、放送局のアナウンサーになりたいと思っていましたが、その夢は叶いませんでした。しかしそのときに、モチベーションを下げてしまうのではなく、「それより面白いことは何だろう?」と考えたのです。その結果、「アナウンサーにはなれなかったけれど、久米宏さんにインタビューされるような人間になろう」と考えたのです。ひとつダメでも、ほかにもっと面白いことがないかな、と考えてきた結果、いまの自分があるといえます。