名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中島董一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島董一郎のプロフィール

中島董一郎、なかしま・とういちろう。日本の起業家。キユーピーの創業者。水産講習所(のちに東京水産大学を経て、東京商船大学と合併し東京海洋大学)卒業後、兵站を行う近衛輜重兵大隊(このえしちょうへいだいたい)に一年間所属。除隊後、缶詰会社若狭商店へ入社。農務省海外実業実習生に選ばれ、欧米に留学。海外でマヨネーズに出合い、帰国後缶詰販売の中島董商店を創業。キユーピーの前身である食品工業株式会社を設立しマヨネーズ販売を開始。また、缶詰とジャムのブランドのアヲハタを展開した。

中島董一郎の名言 一覧

従業員は給料のみにて生きるにあらず。給料を多く払えばそれだけ従業員がついてくると過信したのではありませんか? 生活していくのに給料は不可欠ですが、従業員には思いやりも必要です。それがわかっていなかったから、今回の事件が起きたのだと思いますよ。
【覚書き|後継者の藤田近男氏の代で労組のストライキが起きたことについて藤田氏に語った言葉】


会社は社長の人格以上にはならない。この言葉さえ覚えておいてもらえれば何をやってもよい。
【覚書き|後継者の藤田近男氏に社長を任せたときの発言】


組合が主張することでも正しいと判断したことは聞いてあげなさい。しかし、納得できないことを数の力で押し切ろうとするなら断固反対しなさい。それで会社がつぶれてもやむを得ません。


中島董一郎の経歴・略歴

中島董一郎、なかしま・とういちろう。日本の起業家。キユーピーの創業者。水産講習所(のちに東京水産大学を経て、東京商船大学と合併し東京海洋大学)卒業後、兵站を行う近衛輜重兵大隊(このえしちょうへいだいたい)に一年間所属。除隊後、缶詰会社若狭商店へ入社。農務省海外実業実習生に選ばれ、欧米に留学。海外でマヨネーズに出合い、帰国後缶詰販売の中島董商店を創業。キユーピーの前身である食品工業株式会社を設立しマヨネーズ販売を開始。また、缶詰とジャムのブランドのアヲハタを展開した。

他の記事も読んでみる

吉村拓

創業当初から一貫して業界未経験者や営業未経験者の獲得を進めてきました。教育担当者のつきっきりの指導が奏功し、入社した営業全員が着実に成績をアップさせています。社員育成には、「こいつのために」という愛情が欠かせません。


大前研一

太平洋戦争を例にとるまでもなく、日本人は変なところで楽観的で、将来に対しての見通しが甘いところがある。そして表面の現象だけ見て一喜一憂する。


岡藤正広

トップになり、検証してみたら伊藤忠商事は売上総利益は十分にあった。足を引っ張っていたのが経費と特別損失でした。そこで「か・け・ふ」という言葉をつくって「稼ぐ・削る・防ぐ」を頑張ろうと号令をかけました。


小早川智明

値段を決めるのは我々ではなく、お客様であり、市場である。そんな当たり前の意識を全社に浸透させなければいけない。


瀧靖之

脳が喜び、活性化することは「主観的幸福度」を上げる。つまり、「幸せになりたい!」という欲求を満たすぞ、と脳に感じさせることです。やる気が起こらない、集中力が続かない、モチベーションが上がらないというのは、すべて脳が眠っているからです。脳を目覚めさせるには、自分が心地良い、楽しいと思えることをみずから積極的に行なうことが一番。


美輪明宏

幸福とは何でしょうか。それは充足感です。何もかも満ち足りた気分になったとき、それが幸福なのです。しかしその成分は泡でできています。ほんの短い時間、一瞬で消えてゆくものです。でもそれだからこそありがたみがあり、貴重なんのとしての値打ちがあるのです。もし幸福感が絶え間なくずっと持続したとしたら、人間はしまりのないボケーッとした薄らバカになってしまうでしょう。


江上治

常に主役は自分ではなく、お客様に置かなければならない。そうでなくてはお客様に嫌われてしまう。だからまず、自分中心になっているという誤りに早く気付くことが重要。


小林一雅(小林製薬)

社員提案制度によって製品化された商品のひとつに、傷痕を目立たなくする効能がある「アットノン」があります。ある女性社員が自転車で転倒して傷を負った時に、「若い頃はもっと早く治ったのに……」という気づきから商品開発が始まりました。商品化の際は開発担当者の提案が採用されることがほとんどです。ただ、それでも全社員が経営に参画するつもりでアイデアを出さなければなりません。それが開発先行型である小林製薬の原動力となるのですから。


片山幹雄

このまま日本の電機産業が死んでいいはずがないし、やっぱり夢は欲しいじゃない。


仲暁子

ゼロからイチをつくるのは昔から好きです。大学でもミスコンを企画したり、フリーペーパーをつくったりしていました。慶應義塾大学の友達から、「うちの大学では、楽勝科目の履修情報をまとめた『リシュルート』という雑誌が500円で売られている」という話を聞きました。それは面白いと思って京大版をつくりました。ただ、京大は慶應と比べて学生数が少ないので、販売しても元は取れない。だから地域の居酒屋などにスポンサーになってもらって、クーポンをつけて配りました。リクルートの『ホットペッパー』と同じビジネスモデルなので、名前はそれをもじって『チョットベター』。ありがたいことに、いまでも続いています。


中井源左衛門

「始末(倹約)」と「吝嗇(りんしょく)」とは違う。無智な者は同じと思うだろうが、「吝嗇」だと光は消えうせてしまう。一方、「始末」を心掛けるならば、十万億土を照らすほどの光に溢れるだろう。


新田喜男

オーナーの世界観、価値観を理解できなければ、最善の提携先を見つけることは不可能。