中島董一郎の名言

中島董一郎のプロフィール

中島董一郎、なかしま・とういちろう。日本の起業家。キユーピーの創業者。水産講習所(のちに東京水産大学を経て、東京商船大学と合併し東京海洋大学)卒業後、兵站を行う近衛輜重兵大隊(このえしちょうへいだいたい)に一年間所属。除隊後、缶詰会社若狭商店へ入社。農務省海外実業実習生に選ばれ、欧米に留学。海外でマヨネーズに出合い、帰国後缶詰販売の中島董商店を創業。キユーピーの前身である食品工業株式会社を設立しマヨネーズ販売を開始。また、缶詰とジャムのブランドのアヲハタを展開した。

中島董一郎の名言 一覧

従業員は給料のみにて生きるにあらず。給料を多く払えばそれだけ従業員がついてくると過信したのではありませんか? 生活していくのに給料は不可欠ですが、従業員には思いやりも必要です。それがわかっていなかったから、今回の事件が起きたのだと思いますよ。
【覚書き|後継者の藤田近男氏の代で労組のストライキが起きたことについて藤田氏に語った言葉】


会社は社長の人格以上にはならない。この言葉さえ覚えておいてもらえれば何をやってもよい。
【覚書き|後継者の藤田近男氏に社長を任せたときの発言】


組合が主張することでも正しいと判断したことは聞いてあげなさい。しかし、納得できないことを数の力で押し切ろうとするなら断固反対しなさい。それで会社がつぶれてもやむを得ません。


中島董一郎の経歴・略歴

中島董一郎、なかしま・とういちろう。日本の起業家。キユーピーの創業者。水産講習所(のちに東京水産大学を経て、東京商船大学と合併し東京海洋大学)卒業後、兵站を行う近衛輜重兵大隊(このえしちょうへいだいたい)に一年間所属。除隊後、缶詰会社若狭商店へ入社。農務省海外実業実習生に選ばれ、欧米に留学。海外でマヨネーズに出合い、帰国後缶詰販売の中島董商店を創業。キユーピーの前身である食品工業株式会社を設立しマヨネーズ販売を開始。また、缶詰とジャムのブランドのアヲハタを展開した。

他の記事も読んでみる

松浪健四郎

知識よりもやはり元気で、困難が起きても途中で投げ出さず、やり抜く力のある学生を企業も求めている。


竹下佳江

苦しんだぶんだけ人は成長できる。


アルフレッド・アドラー

相手に間違いをわからせるには、親しみのある話し合いをすればよい。大切なのは、それができる信頼関係を築くことだ。


千代の富士

いま強くなる稽古と、3年先に強くなるための稽古を両方しなくてはいけません。


福永雅文

輝ける未来のビジョンを描いてみせ、それを経営者から現場の社員、投資家にまで信じさせてしまう。それさえできれば、一気に形勢を逆転することが可能なのです。


佐々木常夫

子が親を大切にするのは、親に大切にされてきたからではないでしょうか。家族のように大切にされていると部下が感じるほどに、信頼感が生まれ、モチベーションが高まります。結果として、組織全体のパワーを底上げしてくれました。


藤田晋

業績には好不調がある。中長期で成長を見据えるには、役割分担やチームプレーが非常に大事になる局面があり、底力を発揮して危機を乗り切る会社は、社員の帰属意識が高い場合が多いように思える。そのような粘り腰の強い組織にするには、社員の就社意識は非常に重要だ。


高野登

経験を重ねていくことで、頭のなかにお客様のパターンが十数種類できてきて、見ただけである程度は対応の仕方がわかるようになります。しかし、それに頼ってはいけないのです。たとえば、挙式の相談でこられたお客様がいたとしましょう。「挙式の場合は、こういうふうに対応すればいい」と、これまでの経験やノウハウにとらわれて行動してしまうと、目の前のお客様に特有の家庭の事情などに気がつかないかもしれません。相手の気持ちをイメージし、受け入れてこそ、期待を超えるサービスをすることもできるのです。


三ツ井創太郎

問題の本質を探らず、小手先のマーケティング戦略で短期的に売上げを回復させても、むしろ問題を広げてしまい、逆効果になります。そこで私は、まずは「経営の土台」を作ろうと提案します。目先の出血を止めることにだけ集中すると同じ問題がまた起こります。本来、店をどうしたいのか、土台がしっかり固まり、その後で穴を塞げば、販売促進の効果が出て利益が出るようになります。


大山健太郎

うちは、一流大学だからというだけでは採用しません。高学歴であるという点だけで採用すると、どうしても横並びの官僚主義に陥ってしまいます。日本の大企業はみんなこの病気にかかっていると思います。


中島武

一人商売のうまい人間がいれば、その周りの人間も商売はうまいんです。そういう環境に集まってきた人たちは、そこで吸収することがたくさんあって、成長していきますから。


池田欣生

私は楽器に限らず、本当の贅沢は「人」だと思っています。例えばワインを飲む以上に、ワインの作り手の方々と知り合う方が贅沢だと思っています。音楽でも、演奏家が演奏する時間は、その人が人生をかけて練習し続けてきた結果です。それを聴くことができるのは、本当に贅沢なことだと思うんです。日本人は、そうした贅沢にもう少しお金をかけることができるようになるといいですね。


ジェフリー・フェファー

私はスタンフォード大学において、様々な国々から集まった学生を指導してきた。そして、組織内政治に暗すぎたために職を失った人、失脚した人たちを数多く見てきた。こういった人たちは、学校などで人間の本来の正体を教えられておらず、感覚が麻痺しているときにいきなり汚い手を使ってきた相手に驚かされ、対応できないのだ。


勝間和代

気をつけたいのは潜在市場の顧客数は有限である。ということです。顧客が増えていく過程においては、対象としている市場がまるで無限の可能性があるかのように感じられるのですが、どこかでぱたっと顧客増加が止まり、減少に向かうポイントがあります。そこにはまってから慌てても、努力が報われないためいかに潜在市場の人数を把握しておくか、いま現在その市場のどこまでを顧客として取り込んでしまっているか、新しい顧客をどのような手段で開拓しておくべきかということが常に求められる。


小林弘幸

「イヤなこと」→「良いこと」→「目標」という流れで日記に書くことで、効果的にモチベーションを引き上げていくことができる。


ページの先頭へ