名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島茂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島茂のプロフィール

中島茂、なかじま・しげる。日本の弁護士。東京大学法学部卒業。中島経営法律事務所を設立。そのほか、名古屋工業大学大学院講師、警察庁情報セキュリティビジョン策定委員会委員、日本証券クリアリング機構監査役、投資信託協会委員会委員、財務会計基準機構評議員会評議員などを務めた。著書に『社長! それは法律の問題です』『株主総会の進め方』『最強のリスク管理』『その記者会見間違ってます!』ほか。

中島茂の名言 一覧

謝罪会見の内容を正しく伝えるには、服装や会場設営といったテクニカルな問題を蔑ろにすべきではない。しかし、根底に「苦悩」と「誠実さ」がない謝罪会見は、人の心を動かさない。残念ながらこのふたつは、会見マニュアルで演出できるものではない。


いくら誠実な姿勢で事態の収拾を図ったところで、それを世間に伝えようとしない限り、何も伝わらない。


無条件に謝罪をしてしまうと罪を認めたものと受け取られてしまうのではないかという懸念は、わからなくはない。しかし、訴訟社会の米国でさえ、多くの州法が謝罪しただけでは罪を認めたことにはならないと規定している(アイムソーリー法)。特に犠牲者が存在する場合は、弁明よりも心からの哀悼の意を優先させるべきである。


服装や会場といった「外見」と同時に、会見の中身が重要であることは言うまでもないが、メディアの反感を買う内容にはある共通項がある。それは、合法性の主張を優先させている点だ。以前、スーパーが全焼して15名の方が亡くなったとき、スプリンクラーが付いていなかったことについて社長が「消防法は守っていた」と発言してメディアの反感を買ったことがある。社長は虚偽の主張をしたわけではないのだが、被害者の遺族や関係者の心情を逆なでして有り余る会見だったことは疑いない。


会見を行うテーブルにテーブルクロスをかけるのは、足元を隠すという役割がある。人間はいくら神経を集中させていても、手元や足元の動きまでコントロールするのは難しいからだ。


謝罪会見で笑顔が禁物であることは誰にでもわかることだが、派手なスーツやネクタイ、華美な装飾品の着用なども当然ながらタブーである。数年前の出来事になるが、ある食品メーカーが自社製品の中身を偽装する事件を起こしたとき、謝罪会見に臨んだ社長が時価数百万円の高級腕時計を腕に巻いていたことがメディアで大きく報道されたことがあった。「目に涙、腕にキラリと高級時計」といった見出しを記憶しているが、要するに、いくら涙を浮かべて見せたところで、これでは本心から謝っているようには見えないということであろう。


中島茂の経歴・略歴

中島茂、なかじま・しげる。日本の弁護士。東京大学法学部卒業。中島経営法律事務所を設立。そのほか、名古屋工業大学大学院講師、警察庁情報セキュリティビジョン策定委員会委員、日本証券クリアリング機構監査役、投資信託協会委員会委員、財務会計基準機構評議員会評議員などを務めた。著書に『社長! それは法律の問題です』『株主総会の進め方』『最強のリスク管理』『その記者会見間違ってます!』ほか。

他の記事も読んでみる

加来耕三

明治維新では、それまでの江戸時代に通用してきた人たちが通用しなくなり、新しい人間が出てきたわけです。それが西郷隆盛であり、大久保利通であり、いわゆる「非常の才」といわれる人たちでした。その非常の人、つまり非常の才能を発揮した人間が、明治維新を動かしたわけです。それは第2の開国の時も同じで、終戦を迎え、日本は何もかも失い、廃嘘の中から立ち上がってきた人たちは、普通ではない人間だった。平時には役に立たないけれども、非常時に役立つ人々が出てきました。第3の開国といわれる今、まさに求められている人材は、非常の才なのです。


安渕聖司

クレームはサービスを改善する良い機会だと考えています。お客様からは、社内では気づかないことをご指摘いただけますから。


田岡敬

少なくともネガティブな思考をすることほとんどなくなりました。ネガティブなことを考えていても良いことなど本当にないなと思い始めて、いかにそこから抜け出して、好きなことを楽しくポジティブパワーでやるかが一番大事だなと思うようになったんじゃないかと思います。


井上武(経営者)

私は3つの信条を大切にしています。ひとつ目は「与えられた道がベストだと思うこと」、ふたつ目は「経営理念を明確に」、3つ目は「ピンチはチャンス」です。


原田泳幸

我々の改革は私一人でやったわけではない。みんなでチームで考えてやったんです。私の役割はみんなの知恵をどうやって引き出して、どの知恵を結集して、どの知恵を捨てるかと、そういうところです。


本郷陽二

仕事を100%完璧に仕上げようと思うと歩留まり率が悪化して、効率、成果でマイナス面が出るもの。余裕をもって80点主義でよしとすれば、むしろ仕事がはかどり、目標にも早く到達する。つまりショートカットになる。


渡部卓

パワハラ問題を起こす人たちは、リラクセーションが苦手の傾向がある。夏休みにはゆっくりと心身の養生を心がけるようにしたい。


安岡正篤

後ろ姿がしょんぼりしているのは、不徳であることを示しているのだ。怒り肩がいいのかと言うと、これもよろしくない。後光が差すというか、徳のある人は後ろ姿が凛々しく、元気であふれているのである。


水越康介

安いコーヒーだと思って飲めばおいしくないが、高いコーヒーだと思って飲めばおいしく感じてしまう。印象が変わると味も変わる。まずいから安いのではない。安いからまずいと感じるのだ。人間の味覚は、それほどしっかりとはしていない。


いっこく堂

いま苦しい状況にある人も、くじけずにいてほしい。自分の気持ちさえ折れなければ、チャンスは何回でもやってきますから。疲れたときは腹話術でひと笑いして、自分のやり方を信じて挑み続けてください。


和地孝

若い社員に「一流のものに触れろ」「仕事以外の話を2時間以上できるようになれ」とよく言っています。仕事だけでいいと思っていると仕事バカになるだけで、新しいアイデアを生み出すことはできません。仕事に生かすためにも、そしてもちろん人生を豊かにするためにも、優れた文化に触れる時間を大事にしたい。そこには気分転換以上の意味があるのです。


小宮康正

いま、様々な会社で働くビジネスマンも、それぞれの業界の伝統に支えられている。