名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島茂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島茂のプロフィール

中島茂、なかじま・しげる。日本の弁護士。東京大学法学部卒業。中島経営法律事務所を設立。そのほか、名古屋工業大学大学院講師、警察庁情報セキュリティビジョン策定委員会委員、日本証券クリアリング機構監査役、投資信託協会委員会委員、財務会計基準機構評議員会評議員などを務めた。著書に『社長! それは法律の問題です』『株主総会の進め方』『最強のリスク管理』『その記者会見間違ってます!』ほか。

中島茂の名言 一覧

謝罪会見の内容を正しく伝えるには、服装や会場設営といったテクニカルな問題を蔑ろにすべきではない。しかし、根底に「苦悩」と「誠実さ」がない謝罪会見は、人の心を動かさない。残念ながらこのふたつは、会見マニュアルで演出できるものではない。


いくら誠実な姿勢で事態の収拾を図ったところで、それを世間に伝えようとしない限り、何も伝わらない。


無条件に謝罪をしてしまうと罪を認めたものと受け取られてしまうのではないかという懸念は、わからなくはない。しかし、訴訟社会の米国でさえ、多くの州法が謝罪しただけでは罪を認めたことにはならないと規定している(アイムソーリー法)。特に犠牲者が存在する場合は、弁明よりも心からの哀悼の意を優先させるべきである。


服装や会場といった「外見」と同時に、会見の中身が重要であることは言うまでもないが、メディアの反感を買う内容にはある共通項がある。それは、合法性の主張を優先させている点だ。以前、スーパーが全焼して15名の方が亡くなったとき、スプリンクラーが付いていなかったことについて社長が「消防法は守っていた」と発言してメディアの反感を買ったことがある。社長は虚偽の主張をしたわけではないのだが、被害者の遺族や関係者の心情を逆なでして有り余る会見だったことは疑いない。


会見を行うテーブルにテーブルクロスをかけるのは、足元を隠すという役割がある。人間はいくら神経を集中させていても、手元や足元の動きまでコントロールするのは難しいからだ。


謝罪会見で笑顔が禁物であることは誰にでもわかることだが、派手なスーツやネクタイ、華美な装飾品の着用なども当然ながらタブーである。数年前の出来事になるが、ある食品メーカーが自社製品の中身を偽装する事件を起こしたとき、謝罪会見に臨んだ社長が時価数百万円の高級腕時計を腕に巻いていたことがメディアで大きく報道されたことがあった。「目に涙、腕にキラリと高級時計」といった見出しを記憶しているが、要するに、いくら涙を浮かべて見せたところで、これでは本心から謝っているようには見えないということであろう。


中島茂の経歴・略歴

中島茂、なかじま・しげる。日本の弁護士。東京大学法学部卒業。中島経営法律事務所を設立。そのほか、名古屋工業大学大学院講師、警察庁情報セキュリティビジョン策定委員会委員、日本証券クリアリング機構監査役、投資信託協会委員会委員、財務会計基準機構評議員会評議員などを務めた。著書に『社長! それは法律の問題です』『株主総会の進め方』『最強のリスク管理』『その記者会見間違ってます!』ほか。

他の記事も読んでみる

安部徹也

自分のことはわかっているようで意外に理解できていないものです。しかし、それでは適切な目標は設定できません。自分をわかっていても、楽に達成できるような甘い目標を設定しては成長することはできません。心から取り組みたいと思い、なおかつ自分の能力を高める適度な目標が必要です。


高橋大輔(フィギュアスケート)

欲深さは必要だけど、それにとらわれすぎない「バランス」が大事。そのためには、「ここまで準備した」と言える自信が必要。


竹之内幸子

午前中の仕事モードを正午に一度リセットして、体内時計を調整するのが、私にとっての昼休み。手作りのお弁当を食べた後は、ブログを執筆する。そう決めておくと、ブログを毎日更新できます。そして、マッサージローラーを首の周りなどに当てて、リンパの流れをよくして、すっきり午後を迎えます。


ジェイ・エイブラハム

不幸の原因を他者に求めてもしかたがない。肝心なのは、その問題自体ではなく、どうやってそれに対処するかということ。


梶原しげる

人の一生、話す場面はすべてプレゼンだ。


中川政七・13代目(中川淳)

物語はひとつながりになって語れなければ意味がない。「よく切れる」「安い」「長持ちする」といった長所を箇条書きで整理しただけでは消費者には響かない。


マックス桐島

会話とは、まさに話が出会うことですから、すれ違いの感情を芽生えさせた時点で滞ってしまうのは当然の成り行きでしょう。半面、うまく出会った会話に活気と色つやがあるのは、話し手の双方が、面白みと趣を感じるからではないでしょうか。


松沢哲郎

年中無休、1日12時間労働の研究生活が理想。


鳥居勝幸

営業とは本来、仕掛ける仕事です。狩猟のように自分から仕掛け、手にした収穫を持ち帰る。そのプロセスに面白さも楽しみもあるはずなのに、そこが忘れられているのは残念というしかありません。営業の仕事は知的ワークと仕掛けの工夫で成り立っている。そんな肉食系の営業マンがもっと増えてもいいのではないでしょうか。


九鬼政人

会社のため、お客様のため、家族のためなど、忙しさの大義名分は人それぞれでしょうが、仕事での成果が出ていないのであれば、一刻も早くここから抜け出さなくてはなりません。


三輪豊明

私がアメリカ留学で出会ったものは「面白い勉強」。科目は会計でした。日本の会計の講義では、借方・貸方、仕訳の方法から始まり、決算書の作り方を教えます。しかし私は、決算書を作成する仕事に就く予定はありませんでしたから、これも「つまらないなあ」と思っていたのです。ところがアメリカの会計の講義では、まずバランスシートの読み方を教えます。貸借対照表を作るより、読む需要のほうが多いのは当然です。このようにユーザー目線で構成されたステップを踏むことで、着実に理解が深まっていきます。だから、わかりやすいだけでなく、面白いのです。


猪瀬直樹

毎日ぼんやり仕事をしていると、誰でもわかることすら見えなくなります。大切なのは、昨日の延長線上で今日の仕事をしないこと。仕事に向かうときに、本当にこれでベストなのか、もっといい方法があるのではないかと考えることで、日常の仕事に潜んでいたズレが浮かび上がるのです。