名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島茂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島茂のプロフィール

中島茂、なかじま・しげる。日本の弁護士。東京大学法学部卒業。中島経営法律事務所を設立。そのほか、名古屋工業大学大学院講師、警察庁情報セキュリティビジョン策定委員会委員、日本証券クリアリング機構監査役、投資信託協会委員会委員、財務会計基準機構評議員会評議員などを務めた。著書に『社長! それは法律の問題です』『株主総会の進め方』『最強のリスク管理』『その記者会見間違ってます!』ほか。

中島茂の名言 一覧

謝罪会見の内容を正しく伝えるには、服装や会場設営といったテクニカルな問題を蔑ろにすべきではない。しかし、根底に「苦悩」と「誠実さ」がない謝罪会見は、人の心を動かさない。残念ながらこのふたつは、会見マニュアルで演出できるものではない。


いくら誠実な姿勢で事態の収拾を図ったところで、それを世間に伝えようとしない限り、何も伝わらない。


無条件に謝罪をしてしまうと罪を認めたものと受け取られてしまうのではないかという懸念は、わからなくはない。しかし、訴訟社会の米国でさえ、多くの州法が謝罪しただけでは罪を認めたことにはならないと規定している(アイムソーリー法)。特に犠牲者が存在する場合は、弁明よりも心からの哀悼の意を優先させるべきである。


服装や会場といった「外見」と同時に、会見の中身が重要であることは言うまでもないが、メディアの反感を買う内容にはある共通項がある。それは、合法性の主張を優先させている点だ。以前、スーパーが全焼して15名の方が亡くなったとき、スプリンクラーが付いていなかったことについて社長が「消防法は守っていた」と発言してメディアの反感を買ったことがある。社長は虚偽の主張をしたわけではないのだが、被害者の遺族や関係者の心情を逆なでして有り余る会見だったことは疑いない。


会見を行うテーブルにテーブルクロスをかけるのは、足元を隠すという役割がある。人間はいくら神経を集中させていても、手元や足元の動きまでコントロールするのは難しいからだ。


謝罪会見で笑顔が禁物であることは誰にでもわかることだが、派手なスーツやネクタイ、華美な装飾品の着用なども当然ながらタブーである。数年前の出来事になるが、ある食品メーカーが自社製品の中身を偽装する事件を起こしたとき、謝罪会見に臨んだ社長が時価数百万円の高級腕時計を腕に巻いていたことがメディアで大きく報道されたことがあった。「目に涙、腕にキラリと高級時計」といった見出しを記憶しているが、要するに、いくら涙を浮かべて見せたところで、これでは本心から謝っているようには見えないということであろう。


中島茂の経歴・略歴

中島茂、なかじま・しげる。日本の弁護士。東京大学法学部卒業。中島経営法律事務所を設立。そのほか、名古屋工業大学大学院講師、警察庁情報セキュリティビジョン策定委員会委員、日本証券クリアリング機構監査役、投資信託協会委員会委員、財務会計基準機構評議員会評議員などを務めた。著書に『社長! それは法律の問題です』『株主総会の進め方』『最強のリスク管理』『その記者会見間違ってます!』ほか。

他の記事も読んでみる

安渕聖司

自分より上のマネージャーがどのような考え方かを知り、早くその視点を身につけることが重要です。手っ取り早いのは、その人に「私の気がついていない点はどこでしょうか」と直接聞くことです。


伊藤長次郎(二代目)

よい家というのは、慎みある暮らしぶりの家のことをいう。調子に乗った奢った暮らしをすると、よい家とは言われない。衣食住を倹約しなさい。


安中千絵

理想は、旬の野菜や魚、肉、卵、きのこ、海藻などいろいろな食材が含まれている食事。たとえば鍋は理想的ですね。一方、丼ものやラーメンなどは栄養素が偏りがちなので、毎日そればかりという人は要注意です。


奈良雅弘

仕事でミスをして上司にひどく叱られた場合、それを引きずり悩んでいても何ら益はありません。それよりも「次回からミスをしないよう、いまから対策を立てよう」と考える方が建設的だし、負の感情からもいち早く解放されやすくなるのです。


西成活裕

あるひとつの分野で研究を重ねて究める。そういう人は割とどの分野にもたくさんいるわけです。ただ、あるひとつの分野をやったあとに別の分野に飛びこんでみる。すると、ひとつの分野だけをやっていても見えてこなかったものに気づいたりもするんです。


古森重隆

将来的には経営判断もAIが下すようになるという話がある。囲碁では、瞬時に複雑な計算ができるAIにはかなわない。だが、経営判断は違う。数値化できない要素があるからだ。それは、「どうしてもこれをやりたい」という情熱や意欲、使命感、美学、ロマン、直観などだ。


土田晃之

僕は若手の頃から、「行きたくない飲み会は行かない」を貫き通しています。でも、先輩方は大目に見てくれて、ちゃんと芸能界で居場所をつくることができました。どうやったかというと、ただ断り続けただけです。最初は「つき合い悪いヤツ」みたいな印象だったのがいつの間にか「飲み会に行かないキャラ」として認められたんです。そうしてキャラが確立されてしまえば、行かないのが普通だから断っても評価は下がらない。むしろ飲み会にたまに参加したり、こっちから先輩を誘うと喜ばれるくらい。


野村克也

「弱い相手からは、必ず先に点をとれ」。南海で選手だった頃、鶴岡一人監督に徹底して叩きこまれた考え方が、それだった。弱いチームは心が弱い。失点すると「また負けだ……」とすぐ心が折れる。だから先制点で出鼻をくじけば、いとも簡単に自ら調子を崩す、というわけだ。


山口誠一郎

当社の企業理念は、「あらゆる不動産シーンにおいて新たな価値と感動を創造する」です。お客様、そして社会から必要とされる新たな不動産価値を心に届く形で提供したいですね。


小川淳司

プロ野球チームにとって一番大事なことは、お客さんが入ってくれることです。そのためには勝つことが欠かせません。勝つためにはどうすればいいのか。私はそこから出発して、選手への接し方、選手の起用法などを考えています。


重田敦史

PDCAサイクルを愚直に繰り返していけば、必ず良い仕事ができる。


藤田寛之

自分はあまりスランプを意識するタイプではないんですが、もちろん調子の波はあります。シーズンを通しても、大小さまざまな波がある。そんなとき意識しているのは、「軸をブラさない」ことです。不安になると新しい材料を取り入れたくなりがちですが、それよりこれまで積み上げてきたものを大事にする。そのなかで、不調の出口を見つけることが多いように思います。