中島聡(ソフトウェアエンジニア)の名言

中島聡(ソフトウェアエンジニア)のプロフィール

中島聡、なかじま・さとし。日本のソフトウェアエンジニア。早稲田大学大学院理工学研究科修了。高校時代からアスキーで記事執筆、ソフトウェア開発に携わる。大学時代、日本のCADソフトの草分け「CANDY」を開発。大学卒業後、NTTに入社し、武蔵野市の通信研究所でCPUの設計に携わる。その後、設立間もないマイクロソフト日本法人に入社。米国マイクロソフトに移り、ウィンドウズ95、Internet Explorer、ウィンドウズ98の開発に携わった。マイクロソフト退社後、UIEvolution、Big Canvasなどを設立し、数々のソフトを開発した。

中島聡(ソフトウェアエンジニア)の名言 一覧

問題を解決するアイデアが浮かばないときは寝るに限る。不思議なことですが、けっこうな確率で、起きたときに解決策が思い浮かんでいる。


もっと自分の時間を大切にするべき。生きている時間はたかだか100年。その人生をいかに充実させるか。そう考えると、時間を大切にしたくなるはず。


いちいち上司の許可を待って仕事を進めていたらマーケットにおけるチャンスを逃がす危険性があるので、僕はワガママに見えても、許可を待たないで仕事を進めておくんです。すると、許可が出る頃にはもうほとんどできあがっているのですね。


ソフトウェアの開発って、あんまり早すぎても遅すぎてもダメなんですよ。お客さんにとってのニーズに沿うことが一番大事で、ここだというタイミングで時代に合ったソフトを出さなければならない。


あんまり完璧なものを求めすぎてしまうと、いつまでも頭のいい会議をするだけみたいになって、ずっと発表できないままですから、時と場合に応じた「妥協」が必要なんです。その調整や取捨選択は、エンジニアとしての腕の見せどころなんですね。


仕事の進め方としては、バグはとても恥ずかしいことなので、大きなプログラムを組むときほど、テストを細かく刻みながら、コツコツやることにしています。そうすれば、「今日やったところまでは動く」となるので、大失敗ですべてやり直し、とはなりませんから。


普段の生活は、割と規則正しい方だと思います。食べるのは7時、12時、18時と決めていて、運動は週2回やっていますね。それから、ときには何もかも捨てて、睡眠時間も削ってプログラムに没頭するというのも自分にとっては最高の時間です。まあ、基本的には、パソコンの前にいてもいなくても、だいたいいつも頭の中でソフトウェアのことを考えているので、妻と映画を観ていても上の空だったりするんですけどね。食事をしていても人の話を聞いていないときもあるし、運転していても赤信号で進もうとするし、日常生活での僕は結構悲惨なんですけど。


小さくスピードを上げてやる開発は、今のところはうまくいっています。何でそうやって新しいものを手がけるのかと言うと、本当に面白いソフトウェアを開発できるのは、それぞれの分野における黎明期の、ごくごく限られた時間の中だけである、と実感してきたからです。


会社は小さくはじめるべきで、スタッフは売上が出てから増やすべきであるというのは、一回自分で会社をやってみたことでの大きな教訓になりました。それに、資金をたくさん集めすぎても買収につながる動きが出たように、かえって身動きが取れなくなるともわかった。そのために、2008年にはじめた「Big Canvas」という会社は、社員は二人でパートがひとりというところからやることにしたんですよ。


ウィンドウズ95の開発において素晴らしかったのは、チームの意志を統一する方法でした。たった2ページの資料にまとめられたプロジェクトの目的や方針は、1992年から3年間の開発期間において、いっさいブレることがなかったですから。チームのひとりひとりが、その2ページの資料を見ながら、開発コンセプトを共有したまま仕事をやれたので、開発のプロセスにおいては必ず出てくる「ここでは、何を捨てるべきか」などという時にも、すぐに妥当な結論を選ぶことができていました。


僕は完璧主義ではないし、とにかく好きなことや、いま一番面白いものを追いかけていたい方だから、エンジニアに向いているかなと思うんですよね。面白い製品が出ると、その発表している側に自分がいなければ、「なぜ、あれを発表しているのが俺じゃないんだ」と悔しいですから。


気分転換は、「数独」など、数字のパズルをやることですね。プログラムの仕事をしているのとほとんど同じ作業をしているのに、不思議なくらいに肩の力が抜けて気晴らしになるんです。


今やっている仕事について、「なぜ、この仕事は必要なのか?」と一歩下がって考えることもしています。目の前の仕事を次々とこなしていくだけで、仕事の全体像を考える時間がなくなっている人が多い。仕事の全体像を捉えられていないから、目の前の仕事に追われてしまう。


自分の得意な仕事、やりたい仕事を見つけるために、いろいろなことに手を出すことも大事。私自身、起業をしたときにはあらゆる仕事をしなければならなくなりましたから、その中から、改めて自分が得意なことを探すことになりました。


まずは会社に早く来てみてはいかがでしょうか。9時始業なら、7時に出社する。そして、誰にも邪魔されない環境で、大事な仕事を2時間集中してやるのです。9時に他の人が出社してからは、メール返信など集中しなくても出来る仕事をして「流す」。これをやっていると、だんだん仕事が効率化していき、5時に帰れるようになるでしょう。


充実のさせ方は人それぞれですが、僕の場合は「面白い仕事をする」ことで充実させています。自分にしかできないこと、自分が得意なことだけをするのです。自分が不得意なこと、自分では役に立てないことはしないようにしています。


すぐやる人は全体を俯瞰していて、ラストスパート型だと万が一のとき破綻することがわかっています。その危機感からスタートダッシュをするのです。


グズな人は、プロジェクトは計画通りにいくものと信じています。危機感が足りないので、本当にお尻に火がつくまでやる気が出ない。


私の場合、最初の2割の期間で全体の8割まで仕上げます。プロジェクトが計画通りいかないことはあたりまえで、8割まで仕上げてやっと見えてくるものもあります。8割を2割の期間までに仕上げておけば、前提が誤っていたときにもやり直しが可能です。


優秀な人は、仕事そのものに価値を見出しています。だから仕事に前のめりで取り組めるのです。一方、自分の仕事に価値を感じていない人は、労働の対価としてお金や物を求め、もともと好きではないから気分が乗らずに手をつけるのも遅くなる。


私は毎朝4時半起き。朝は頭が冴えているので、クリエイティブな仕事を集中して片づけます。メールチェックは、その後。頭脳明晰な時間にメールを書くのはもったいない。


ラストスパートで一気に仕上げようとする人ほど、コンディションが悪いのに働かなくてはいけない場面が出てくるなど、追い込まれて時間のコントロールが利かなくなります。そうなると仕事の効率も落ちる。


すぐやる人は、自分でコントロール可能なものはできるだけコントロールしようと考えます。それは時間も同じ。プロジェクトの初期はまだ時間をコントロールしやすいので、すぐ手をつけるわけです。


29歳でマイクロソフトの日本法人から移ったアメリカ本社には、私よりはるかに腕のいいプログラマーがゴロゴロいました。彼らを出し抜くには時間を最大限効率的に使うしかなかった。


締切りまでに10日間ある仕事を与えられたとしましょう。本当に10日で終わるどうかは、やってみないとわからないものです。そこで重要なのが、最初の2日で目処をつけることです。2日間全力で取り組んで、8割方終わったら、「10日あれば最後まで終わる」と判断できます。しかし、もし2日間全力で取り組んでも8割に届かなければ、10日あっても終わらないと判断するべき。その時点で期限の延長などを申し出ましょう。ところが、多くの人は最後の2日になってやっと取りかかって、「終わりませんでした」ということになるのです。


仕事に緩急をつけることを意識しています。朝の最初の2時間に集中して仕事をして、その日にやる仕事の8割を終わらせてしまう。そして、あとは「流す」のです。流すといっても、仕事をしないわけではありませんよ。メールに返信をしたり、目の前の仕事に優先順位をつけたりという、集中しなくてもできる仕事をしています。


米国のカルチャーは、日本のカルチャーと全然違っていました。忙しい人は朝7時に会社に来て、集中して働くのです。すると、5時に帰っても、かなりの仕事ができます。こうした働き方をするのは、「どんなに忙しくても、夕食だけは子供たちと一緒に食べる」というような、家族重視の文化があるからでしょう。


中島聡(ソフトウェアエンジニア)の経歴・略歴

中島聡、なかじま・さとし。日本のソフトウェアエンジニア。早稲田大学大学院理工学研究科修了。高校時代からアスキーで記事執筆、ソフトウェア開発に携わる。大学時代、日本のCADソフトの草分け「CANDY」を開発。大学卒業後、NTTに入社し、武蔵野市の通信研究所でCPUの設計に携わる。その後、設立間もないマイクロソフト日本法人に入社。米国マイクロソフトに移り、ウィンドウズ95、Internet Explorer、ウィンドウズ98の開発に携わった。マイクロソフト退社後、UIEvolution、Big Canvasなどを設立し、数々のソフトを開発した。

他の記事も読んでみる

秋山英一(経営者)

韓国に百貨店をつくるので来て欲しいと呼ばれた当時、韓国にも百貨店はありましたが、私が見る限り様々な問題があるように思えました。とりわけひどいと思ったのが従業員の接客態度です。売り場で腕組みしていたり、商品を見るだけで買わずに立ち去るお客様に「チッ」と舌打ちしたり、といった具合です。私は店に来たお客様に楽しく買い物をしてもらえるように、日本の百貨店でやっているようなお辞儀を導入することにしました。社内には「お辞儀などどこもやっていない」という批判もありましたが、結局、押し通しました。百貨店が開業すると、お辞儀の接客は大きな話題となりました。ところが、ある日、一人のお客様が私にこんなことを言ってきたのです。「何も買っていないのに、ありがとうと言われるのはやはりおかしい」。お客様の言葉に、私は日本式の接客を続けるかどうか悩みました。それでも、お客様を大事にする姿勢は間違っていないと信じ、続けることに決めたのです。すると、そのうちにほかにもお辞儀をする店が出てくるようになり、今ではどこの百貨店でもお辞儀をするのが当たり前になりました。


鈴木久仁

災害時のBCP(事業継続計画)をつくる一番の意味合いは経営トップの動揺を防ぐことにあります。実際にプラン通りにはいきませんが、経営トップが頭の中で備えることができるようになります。それが大事なのです。


磯崎功典

もう右肩上がりの時代ではない。今こそゲームチェンジしなければならない。ルールや戦い方も変えていく。


大竹美喜

社員が昨年と同じことをやっているようでは、成長は望めません。


唐鎌謙二

相手によって態度を変えないことは信頼につながる。


有森裕子

今、振り返れば、1992年のバルセロナ五輪で銀メダルが取れたきっかけも手帳でした。91年夏に東京で開催された世界陸上競技選手権大会で敗れ、その悔しさから「オリンピックでメダルを取る」と決めて、それを書いたのです。だからこそ、目標が現実になったのだと思っています。


小柳津林太郎

とくに仕事では、自分のスタンダードを他人のスタンダードと思わない方がいいでしょう。これは、マネージャー時代の経験で学んだことです。自分の視点が絶対ではないことを肝に銘じてじっくり話に聞き入れば、相手の本意もすんなり理解できることが多いものです。その結果、意思疎通が容易になり、互いにストレスを感じない仕事ができるようになると思います。


菊原智明

基本的なマナーができなければ相手にされないが、敬語や挨拶を磨くだけでは売れない。相手への誠意を最敬礼ではなく、手段の選び方や仕事の速さで示すことが成果につながりました。


塚越寛

会社ごとにそれぞれ固有の事情があったとはいえ、「なぜ不正が起きたのか」を突き詰めて考えると、理由は次の1点に絞られるように感じる。経営者が社員たちに、人としての基準を教えてこなかったことだ。


宋文洲

「残業を禁止して労働時間を強引に制限すれば、社員が自発的に様々な工夫を凝らし、自然と生産性も上がるだろう」。本気でそう思っている経営者がいたら、日本人というものを全く分かってないよ。江戸時代から美徳とされるのは、真面目に猪突猛進、滅私奉公、石の上にも3年、急がば回れで、とにかく愚直に量を追い求めること。だから、仕事を増やし労働時間を増やすと本人もうれしいし周囲からも評価される。逆に、同じ仕事をより短い時間でこなすことは手抜きと見なされて、サムライのやることではないとの価値観がある。そう考えたら、日本人が個人で効率を上げることなんて無理なんだよ。


吉田正弘(経営者)

私は長い間ボート部に所属していました。ボートにはチームワークが必要です。誰か一人優秀なプレイヤーがいれば勝つというわけではありません。コックス(舵手)が号令を出して、全員がそれに合わせてボートを漕ぐ。つまり、一人だけが力いっぱい漕いでも船が傾くため、全員がチームワークを組んで漕ぐことが一番理想です。


御手洗冨士夫

価格競争に陥らないように、今後、付加価値の低いものはやめる。付加価値の高いものに産業転換をしていく。同時に省人化、無人化をしていってコストを下げていく。この2つの流れを作っていきたい。


石黒不二代

私たちが変わっていくことによって、お客さまを変えていこう。


宮地正剛

大事にしたのは「人」です。社長になって以降、従来の保証会社ではない風土をつくろうと、働き方を根底から見直しました。顧客本位のマインドへの変革の中、意識改革についていけない社員は会社を去りました。それでも教育を徹底し、社員1人ひとりが仕事にやりがいが持てる環境づくりにこだわって参りました。おかげ様で、今では新しい仲間も加わり社員も400人を超え、離職率も世の中の平均15%を大きく下回る4%です。


谷口秀一(経営者)

先のことなんて全く分からない時代は、会議で相談しても正解なんか出ない。自分で決めてやりながら問題修正した方がいい。


ページの先頭へ