名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

中島義雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島義雄のプロフィール

中島義雄、なかじま・よしお。日本の経営者、官僚。「セーラー万年筆」社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、大蔵省に入省。大阪国税局、大臣官房調査企画課係長、新潟県三条税務署長、国税庁調査査察部査察課課長補佐、銀行局特別金融課課長補佐、大臣官房秘書課兼文書課課長補佐、主計局主査(厚生係担当)、主計局総務課長補佐、大臣官房秘書課企画官、主計局主計企画官、主計局主計官 (内閣・司法・警察係担当)、主計局主計官 (厚生係担当)、主計局主計官兼総務課、主計局総務課長、内閣総理大臣秘書官、主計局次長、財政金融研究所長などを務めたのち退官。京セラ理事、京セラミタ専務、京セラ北京首席代表、船井電機副社長などを経てセーラー万年筆に入社。常務、副社長などを経て社長に就任。

中島義雄の名言 一覧

とにかく知恵と行動だ。行動しなくては駄目だ。とにかく失敗を恐れず行動してほしい。


歴史と伝統の維持・発展には変革の連続こそが王道。


「成功の反対は失敗ではなく何もしないことだ」をモットーに行動することを旨としてきました。


守りの姿勢であっては会社の維持・発展は難しい。


「俺はどん底から這い上がるんだ」という気概を持って努力し続ければ、不思議なもので、周囲の人たちが手を差し伸べてくれる。


振り返ると非常に波乱が多い人生だった。今後もどんなことが起きるかは分からない。確かなことは、様々な人との出会いが転機になっているということ。


責任転嫁は禁物。失敗の原因は自分にあると認め、己の甘さや慢心を直す機会としたい。私も他人を恨みたくなったが、一方で自分自身の心得違いや行き過ぎがあった。他人を責める気持ちを捨て去り、反省すべき点は反省して、前に進んだ。


志もなく、努力もせずに、他人に助けてもらおうとしてもダメだ。努力している姿を打算的に他人に見せてもうまくはいかない。私自身、社会の役に立ちたいという志を、大蔵省時代から一貫して抱いてきた。それが大事な人たちとのご縁につながったと思っている。


人生最大の挫折を味わった。何を信用していいか分からず、茫然自失に陥った。マスコミの報道は、身に覚えのない下半身にまつわる話など、でっち上げが少なくなかった。人格的にも随分と傷つけられ、心はボロボロになった。親しい弁護士にお願いしてマスコミ各社に抗議文を送り付けたが、時間と労力の無駄で、全く効果はなかった。一度、世論が形成されると、もはや抵抗はできない。


中島義雄の経歴・略歴

中島義雄、なかじま・よしお。日本の経営者、官僚。「セーラー万年筆」社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、大蔵省に入省。大阪国税局、大臣官房調査企画課係長、新潟県三条税務署長、国税庁調査査察部査察課課長補佐、銀行局特別金融課課長補佐、大臣官房秘書課兼文書課課長補佐、主計局主査(厚生係担当)、主計局総務課長補佐、大臣官房秘書課企画官、主計局主計企画官、主計局主計官 (内閣・司法・警察係担当)、主計局主計官 (厚生係担当)、主計局主計官兼総務課、主計局総務課長、内閣総理大臣秘書官、主計局次長、財政金融研究所長などを務めたのち退官。京セラ理事、京セラミタ専務、京セラ北京首席代表、船井電機副社長などを経てセーラー万年筆に入社。常務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

宇佐美進典

必要なのは想像する力。一部を見たときに、これはこうなんじゃないかという仮説を持てるかどうか。まずは、自分が知らないことが多くあるということを知ることが重要。すると、いろんな人から考えを聞いてみようとなります。


藤屋伸二

プロとアマを分けるポイントは覚悟。とりわけ「お金をもらう覚悟」の有無。アマは成果が出せなくても、謝れば済むと思いがち。一方プロは、お金をいただく以上、何としてでも期待以上の成果を出さなければならないと覚悟を決めている。


本田圭佑

一歩ずつ、世の中における自分の価値をステップアップさせてきた。


長谷川閑史

この会社(ナイコメッド)を買収するリスクに比べたら、何もやらないリスクの方が高いと思う。いま、主力商品の特許が次々と切れて、売上が下がっている。売上がピークだった2009年と同じ水準に2015年には持っていくと株主や投資会社などに説明している。それには、買収しかない。わかっていながらやらないのは、どういうことなのか。


吉村久夫

多数決がすべて正しいわけではないように、「衆知」がすべて正しいとは限りません。ネット社会でも、足を使った事実の確認が必要であり、少数でも真実を究明する意見の提示が必要です。


井上和雄

地球規模で考えて重要な課題である省資源、環境問題への取り組みなど、社内に環境問題推進委員会を設けて、いち早く着手して来ました。包装は送る側の真心を伝えるもので、その簡素化はたいへん勇気のいることでしたが、最近では多くの方に理解していただけるようになりました。ここ数年、啓発は加速度的で意識の変化を肌で感じております。


大久保幸夫

企業の合併・買収で派閥をつくらない方法としては、ふたつの旧会社で同じ業務内容を担う部門については、徹底的に人材を混ぜ合わせ、業務内容が異なる部門については最初から人材を混ぜ合わせないという組織戦略をとるのが一般的だ。前者は蓄積されたノウハウの相乗効果を狙い、後者は不必要な対立を避ける意図である。


鈴木みゆき(経営者)

10年後を計画することが大事だといえるといいのですが、私の場合はまったくそうではありません。10年前、自分が航空業界に転職するなど考えてもいませんでしたから。私のこれまでのキャリアは、怖いもの知らずに突き進み、目の前のチャンスを必死につかんできた結果に尽きます。


岡島礼奈

研究者に向いてなくても、天文学に貢献したい気持ちは強く持っていました。そのときふと思い浮かんだのがファンドでした。天文学などの基礎科学研究は主に公的資金で賄われています。お金がお金を生むところを知れば、公的資金以外の道で自分も何か貢献できるんじゃないかなと思ったのが(ゴールドマン・サックス証券入社の)きっかけです。


リチャード・ブレスラー

私はどんなことにも「絶対に違う」とは言わない。


吉岡隆治

ワッと売れたものはワッと消える。トレンドとはそういうもの。


八木龍平

相手に「褒めるところがない」と思ってしまうのは、自分の「褒めるキャパシティ」が狭いということ。キャパシティを広げるためには、自分がどんな価値観の人間なのか知ることが必要。