中島義雄の名言

中島義雄のプロフィール

中島義雄、なかじま・よしお。日本の経営者、官僚。「セーラー万年筆」社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、大蔵省に入省。大阪国税局、大臣官房調査企画課係長、新潟県三条税務署長、国税庁調査査察部査察課課長補佐、銀行局特別金融課課長補佐、大臣官房秘書課兼文書課課長補佐、主計局主査(厚生係担当)、主計局総務課長補佐、大臣官房秘書課企画官、主計局主計企画官、主計局主計官 (内閣・司法・警察係担当)、主計局主計官 (厚生係担当)、主計局主計官兼総務課、主計局総務課長、内閣総理大臣秘書官、主計局次長、財政金融研究所長などを務めたのち退官。京セラ理事、京セラミタ専務、京セラ北京首席代表、船井電機副社長などを経てセーラー万年筆に入社。常務、副社長などを経て社長に就任。

中島義雄の名言 一覧

とにかく知恵と行動だ。行動しなくては駄目だ。とにかく失敗を恐れず行動してほしい。


歴史と伝統の維持・発展には変革の連続こそが王道。


「成功の反対は失敗ではなく何もしないことだ」をモットーに行動することを旨としてきました。


守りの姿勢であっては会社の維持・発展は難しい。


「俺はどん底から這い上がるんだ」という気概を持って努力し続ければ、不思議なもので、周囲の人たちが手を差し伸べてくれる。


振り返ると非常に波乱が多い人生だった。今後もどんなことが起きるかは分からない。確かなことは、様々な人との出会いが転機になっているということ。


人生最大の挫折を味わった。何を信用していいか分からず、茫然自失に陥った。マスコミの報道は、身に覚えのない下半身にまつわる話など、でっち上げが少なくなかった。人格的にも随分と傷つけられ、心はボロボロになった。親しい弁護士にお願いしてマスコミ各社に抗議文を送り付けたが、時間と労力の無駄で、全く効果はなかった。一度、世論が形成されると、もはや抵抗はできない。


責任転嫁は禁物。失敗の原因は自分にあると認め、己の甘さや慢心を直す機会としたい。私も他人を恨みたくなったが、一方で自分自身の心得違いや行き過ぎがあった。他人を責める気持ちを捨て去り、反省すべき点は反省して、前に進んだ。


志もなく、努力もせずに、他人に助けてもらおうとしてもダメだ。努力している姿を打算的に他人に見せてもうまくはいかない。私自身、社会の役に立ちたいという志を、大蔵省時代から一貫して抱いてきた。それが大事な人たちとのご縁につながったと思っている。


中島義雄の経歴・略歴

中島義雄、なかじま・よしお。日本の経営者、官僚。「セーラー万年筆」社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、大蔵省に入省。大阪国税局、大臣官房調査企画課係長、新潟県三条税務署長、国税庁調査査察部査察課課長補佐、銀行局特別金融課課長補佐、大臣官房秘書課兼文書課課長補佐、主計局主査(厚生係担当)、主計局総務課長補佐、大臣官房秘書課企画官、主計局主計企画官、主計局主計官 (内閣・司法・警察係担当)、主計局主計官 (厚生係担当)、主計局主計官兼総務課、主計局総務課長、内閣総理大臣秘書官、主計局次長、財政金融研究所長などを務めたのち退官。京セラ理事、京セラミタ専務、京セラ北京首席代表、船井電機副社長などを経てセーラー万年筆に入社。常務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

森田勉(経営者)

私が元気なのは毎日格闘技のジムに行って体を鍛えてますし、ゴルフの素振り、競輪の予想、麻雀の打ち方の勉強など、あらゆる遊びを本気でやっているからでしょうかね。食事をとるみたいに、毎日の習慣になっています。それが若さの秘訣じゃないかと思いますね。


陰山英男

先手を打って動かないと、状況はどんどん悪化していく。「今はリスクを取りたくない」と動かない決断をしている人は、立ち止まっている間に状況が悪化していくことに気づいていません。「動かないことが最大のリスク」と分かっていないのです。


山梨広一

ありがちだが駄目な提案書の典型とは、それを見たクライアントとの議論が紛糾しないタイプのものです。概念度が高い言葉できれいにまとめてあるだけだったり、「とりあえず、この手順で事業を展開すべきです」といった形で、取り組みのプロセスだけを説明して結論について言及しない提案書というのはあまり議論になりません。具体的なリスクや問題点が見えてこないから、クライアントもつっこんでこないのです。


斉藤惇

私は、国家資本主義には限界があるのではないかと見ています。なぜなら、一部の秀才が計画的に資本をアロケーション(分配)していますから、利権が絡み、汚職が発生しやすいし、所得格差が大きくなります。一時的には国家資本主義が良い制度に見えるかもしれませんが、長続きしないのではないでしょうか。


金川千尋

良い会社、やはり強い会社にしていかなければいけない。環境変化の激しい時代ですが、企業を取り巻く環境がどのように変わろうとも、成長し続けるような強い会社にしていかなければ。


中村友哉(経営者)

衛星画像を使えば植物の生育状況がわかるが、それだけで衛星画像を買おうとはならない。生育情報に加えて、作業ログや気象ログなど、衛星情報からはわからない情報を組み合わせることで、初めて価値ある情報になる。ただ、我々がそこまでやることはできない。その意味でも、各業界のプレイヤーとコラボレーションすることで、ビジネスを作っていく。


鈴木誠(経営者)

重視しているのは契約が終わった後の鍵の引き渡しのタイミングです。これが済むとお客さんとはしばらく会う機会がありませんから、重要な別れ際です。転職や結婚などでまた次に部屋を探す時、自分を思い出してもらいたいですからね。たとえば、ホテルのような大げさなキーホルダーがついたカギを渡して出してお客さんに笑って頂くんです(笑)。その時の楽しい印象が、ずっと残るはずですよ。


松本晃(経営者)

改革を進める中で、足は引っ張られませんでしたが、理解してもらうのに時間がかかることはあります。例えばダイバーシティなどは理解されるスピードが遅い。理解の度合いと行動の度合いはいつも正規分布で、早い人がいて真ん中の人がいて遅い人がいる。最初からいっぺんに理解されることは滅多にないですね。


中田宏

目の前の任された仕事を必死でこなし、期待以上の成果を出す。それを繰り返してきただけです。


伊藤有壱

馬鹿なことを楽しんで真剣にできることが、モノ作りの根っこに大切だと思う。


塚田僚一

2日に1回、7~8キロは走ってます。やっぱり運動で抜きん出たいなという気持ちがあって。目に見えた結果が出ると自信がつきますし。


野田岩次郎

その土地の最高のホテルに泊まり、商談は豪華なロビーでする。服装、身だしなみにも気を使い、できるだけ良い服を着て、プレスもきかせ、靴はピカピカに磨いて、髪もきちんと分けてゆく。
【覚書き:三井物産の米国駐在員としてアメリカで生糸のセールスを開始するも、相手になかなか会えなかった時にとった行動。この作戦は成功した】


末川久幸

親子2代が資生堂という人は結構いますよ。自分の子どもが入りたい会社にしておかなければいけないですし、強い会社、チャレンジする会社をしっかりつくりあげて、次の世代の人たちに受け渡すのが私の務めだと思っています。


三島海雲

私は日本一主義(問題が起きたら日本一流の人に相談に行く方針)によって、数十年来各界の権威者とお付き合いを願い、懇意にしてきた。こうした一流人との交友が今日の私と私の事業を支える無形な大きな支柱である。


辻範明

会社が経営支援を受けることになった1990年代、当時営業の責任者だった私が仕事を取ってこないと会社は潰れてしまう、まさに崖っぷちに立たされました。でもその苦しさが逆に社員の気持ちを一つにまとめました。


ページの先頭へ