名言DB

9429 人 / 110879 名言

中島義道の名言

twitter Facebook はてブ

中島義道のプロフィール

中島義道、かなじま・よしみち。日本の哲学者、作家。東京大学教養学部教養学科科学史科学哲学分科卒業、東京大学法学部卒業、東京大学大学院人文科学研究科哲学専攻修士課程修了、ウィーン大学基礎総合学部哲学科修了。東京大学助手、帝京技術科学大学助教授、電気通信大学電気通信学部人間コミュニケーション学科教授などを務めた。

中島義道の名言 一覧

枠を外して物事をみる哲学の性質が、画期的な商品を生むことはありうるでしょう。

【覚え書き|「IT長者に哲学科卒が多いのはなぜか」と問われて】


やりたいことができるのは、お金や尊敬、地位を得るよりも、価値があること。


仕事でいちばん大事なことは、何より好きなことをやること。


もしあなたがビジネスマンとして成功したいのであれば、哲学には深入りしないこと。哲学は人を幸せにしないし、反社会的な場合もある。ビジネスに生かしたいのであれば、哲学の健全な部分だけを切り取って利用するのがいい。


哲学をやっていて結婚するのは間違っているという意見もあります。確かに妻がいなくても私は生活できます。でもね、妻と子供がいたから、人生が豊かになったとも言える。自分が一番わがままな人間だと思っていましたが、妻と出会って私の次にわがままな存在を知りましたから。


夫婦や親子は、何かあったときの責任さえ果たせば、普段は離れていてもいい、と私は考えています。しょせん、夫や父親なんて嫌われる存在なんです。だから端から何も期待しなければいい。結局、妻も子も別人格なんですから。


私の息子は、私を反面教師にしたからか、俗っぽいことが大好きです。以前は日本の広告会社にいて、現在は米国のIT企業に勤めています。役に立たないことが大嫌いで、成功することが大好き。私と正反対の生き方をしています。


中島義道の経歴・略歴

中島義道、かなじま・よしみち。日本の哲学者、作家。東京大学教養学部教養学科科学史科学哲学分科卒業、東京大学法学部卒業、東京大学大学院人文科学研究科哲学専攻修士課程修了、ウィーン大学基礎総合学部哲学科修了。東京大学助手、帝京技術科学大学助教授、電気通信大学電気通信学部人間コミュニケーション学科教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

シェイクスピア

たとえバラ色の唇と頬が、時の半円の大鎌まで刈り取られても、愛は時の道化に成り果てることはない。愛は、短い時間や週単位で変わることはない。最後の審判の日まで耐え抜くものだ。


吉田たかよし

人に八つ当たりできない小心者の人は、お酒を飲むとモノに八つ当たりすることがあります。皿を割ったり、モノを投げたりすると、壊れた瞬間に諺積したものがスカッと晴れるような気になるためです。が、衝動的にモノを壊しまくったり、八つ当たりすると、攻撃本能が強まり、どこまでも破壊欲が肥大化するおそれがあるので、医学的にはあまりおすすめできません。また、壊れたモノの残骸を見ると自己嫌悪感に陥り、なんとなく虚しくなります。「やらなけれはよかった」という思いが残り、それがストレスを強めることも。どうせ壊すなら、「いつも皿を1枚壊すと気分が楽になる」と、壊すものや枚数を決め、一種の儀式にしてやる分には攻撃本能がエスカレートする心配は少ないので、比較的にマシかもしれません。


江上治

プロフィールは、単なる自分の経歴や趣味をなぞるのではなく、そこに「意志」と「志向」を入れ、「自分の価値、社会における存在価値、自分の職業的な強み」に内容を絞り込むようなものでなければ、人にアピールする内容にはならない。言葉を変えれば、自分がどんな専門分野で、人々や社会に役立ったのか、事実をもってアピールしたものであるということだ。


一宮忠男

企業理念を浸透させていくことは、非常に大切なことです。それには企業理念をいかに具体化し、事業に取り込んでいくかが重要なことだと思います。例えば当社には有資格制度があります。人事面において当社は平等ではありません、しかし公平です。やる気のある人、モチベーションの高い人、能力のある人はどんどん登用しています。


李海珍(イ・ヘジン)

LINEがもっと独立した経営をするためには、特定の株主(ネイバー)が独占的にLINEの株式を持っている状態はあまり望ましくありません。今の「親会社、子会社」という関係性ではなく、LINEを本当に独立した大人、一人前の会社にしていくことが、ネイバーとLINE、お互いの発展のためにもいいと思いました。


澤上篤人

自分がバリバリと働きたい、成長したいという気概があるなら、一度、めちゃくちゃに勉強して、めちゃくちゃに働いてみろといいたい。世界には信じられないほど勉強して、働いてトップに登りつめていこうとしている連中がいっぱいいます。そこで競争するとものすごい成長ができます。


田中実(経営者)

カカクコムには熱いおたく集団がいます。うちには、「競合とどう差別化するか」といったことを、ビジネススクール的なアプローチで分析するような社員はいないんです。それに何の技術も特許もない。でも、カメラならカメラ、オーディオならオーディオ、「食べログ」ならレストランに誰よりも詳しいマニアがいる。そういう人材を雇っているのが、ほかとの差別化になっている。


林文子

私が営業の仕事を始めたとき、営業はこうやるのだとは、誰からも教わりませんでした。いきなり営業の世界に飛び込んで、体当たりで始めたのですが、それがよかったのでしょう。


鈴木みゆき(経営者)

お互いに意見をぶつけ合う議論を苦手に感じる人も多いかもしれません。しかし、こう考えてみてはどうでしょうか。相手個人を攻撃するのではなく、問題を一緒に解決するという姿勢で臨むのです。そうすれば健全な形で議論を進めることができるはずです。


北条重時

大勢の人たちと一緒に座り込んでいるとき、茶菓子などが出された場合に、自分もそれを取って食べるように振る舞っても、わざと取りはずしたふりをして、他の者にたくさん取らせるといいだろう。それも人の気付かぬように。