名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島爾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島爾のプロフィール

中島爾、なかじま・みつる。日本の経営者。日本触媒化学工業社長。

中島爾の名言 一覧

失敗を恐れるな迷うくらいなら全部やってみろ。


中島爾の経歴・略歴

中島爾、なかじま・みつる。日本の経営者。日本触媒化学工業社長。

他の記事も読んでみる

山内奏人

プログラミングを始めたのは9歳です。そのころ自分で1枚ずつ写真を撮ってつなげるコマ撮りアニメをつくるのが好きだったんです。その関連本を図書館で読んでいたら、隣の本棚にプログラミングの本があって、これも面白そうだなと。そのころはC言語で、おみくじのアプリをつくったり、パソコンを二重にロックするプログラムを書いたりしていました。


和田秀樹

趣味が多い人も下流スパイラルに巻き込まれやすい。あれもこれも手を出すわりに、どれも中途半端な結果に終わりがち。やっぱり、上流に昇れる人は趣味の世界でも、評価されるレベルになるまで打ち込むもの。


芳賀繁

世間で話題になっているトラブルやミスを、自分の身に置き換えてリスクを考えてみる。そうすると、リスク感度は自然に高まるはずです。


永守重信

意欲の高い社員を増やすための採用戦略のひとつは、採用の段階で何を求めているかをはっきりと示すこと。


田中稔哉

心理学者であり組織行動学者であるダグラス・ホール氏が提唱した「プロティアン・キャリア」という考え方です。「プロティアン」とは「変幻自在」という意味。ギリシア神話に出てくるプロテウスという神に由来しているとのことです。現代社会は環境の変化が激しく、一つのキャリアビジョンにこだわり続けることが難しくなっています。ですから、「環境が変わったら自分も変化していけるようなキャリア形成が重要である」という考え方が必要になってきているのです。そのためには、プロティアン・キャリアについて意識しながら日々の仕事をしてみると良いと思います。


松田悠介

日本とアメリカの両方で高等教育を受けたので、その差は肌で感じています。日本だと、教室は理論を教えてもらうところですよね。一方、アメリカでは毎週、授業を受ける前に500ページ分くらいの論文の束を渡されて、理論を頭に叩き込んでこいといわれます。授業は理論を使って議論する場所。それぞれが自分の意見をぶつけ合うということが非常に重視されていました。


ルー大柴

ものごとはポジティブに考えないといけません。ドントウォーリー、くよくよしないことです。人はみな、多かれ少なかれ悩みを抱えています。それを背負い込んでグダグダ煮詰まっていくよりは、気持ちを上手くチェンジする術を学ぶべきです。


小池直己

お勧めしたいのが、「中学英語」のやり直しです。というのも、英語の基礎は中学の時点でほとんど学んでいるからです。高校英語は、その知識を応用するだけと言っても過言ではありません。英会話に限って言えば、中学英語の文法ですら、すべてをおさらいする必要はないのです。


アルベルト・ザッケローニ

日本の選手は自分に課せられた役割は何か、自分は何を期待されているのかを知りたがる傾向がありますから、気の済むまでとことん説明して納得させます。そうやって包み隠さず説明すると、選手は言い訳がいえなくなります。それは私にとっていいことです。


加藤俊徳

朝顔などを見ていればわかりますが、植物も日々刻々と変化しています。よく観察して心に留めていると、「昨日は花が5つだったが、今日は7つ咲いた」というように変化に気付けるようになってくる。これが右脳の視覚系と記憶系の脳番地の強化につながる。


三澤和則

当社を創業する少し前に体調を崩し、入院していたのですが、その時に人間には医者がいるが、法人にはいないと気がついたのです。そこで「カイシャの病院」というコンセプトが生まれました。次に、「何科の病院がいいだろう?」と考えていた時に「炎上」なんていう言葉も出て来て、PCやスマホで、いわれのない悪意の情報が問題になっていました。適切に対応できなければ閉店、倒産に追いこまれるというようなことも起こりはじめていました。それで会社の評判やブランドを守る事業に取り組みました。


大橋未歩

8か月の療養を経て職場に復帰すると、コンビニの店員さんやタクシーの逆転手さん、清掃のおばさんたちが「お帰りなさい」「よかったわ~」と迎えてくださって。うれしいのと同時にハッとしました。私はテレビ局のアナウンサーとして、こういう皆さんに、何かを伝える仕事をしているんだな、と再確認できたんです。目の前にいるスタッフの期待に応えようと、内向きに仕事をしがちだった自分。カメラを見て話すばかりで、誰に何を伝えているのかを見失いがちだった自分に気づきました。