名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島浩一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島浩一郎のプロフィール

中島浩一郎、なかしま・こういちろう。日本の経営者。「銘建工業」社長。岡山県出身。横浜市立大学理学部卒業後、銘建工業に入社。同社社長を務めた。また、「真庭バイオマス発電」社長を務めた。

中島浩一郎の名言 一覧

余った木の皮やオガクズをバイオマス発電所に持ち込めば、燃料として評価できます。お金を出して捨てているものが、売れるものになる。


大事なのは仕組みづくり。


日本は初めて林業に取り組むんだという視点で物事を考えた方がいいのではないかと思う。林業をやったことがあると思うから、中途半端なことになってしまう。


振り返ると子供の時から両親は「もったいない」、「無駄にするな」ということを私に言っていたように思います。ですから、父からのDNAを受け継いでいると感じますし、父に聞けば、会社を興した祖父から受け継いだと言うでしょう。


木を使う仕組みを通してしか森林は守ることはできません。人工林は、伐って、植えて、育ててという循環です。それをきちんとやれば再生可能な資源で、エネルギーにも、建築資材にもなります。


中島浩一郎の経歴・略歴

中島浩一郎、なかしま・こういちろう。日本の経営者。「銘建工業」社長。岡山県出身。横浜市立大学理学部卒業後、銘建工業に入社。同社社長を務めた。また、「真庭バイオマス発電」社長を務めた。

他の記事も読んでみる

入山章栄

「持論」と「理論」を往復して考えることが重要。いわば、「知の往復」をすることで、自分で考える力を身につけることが重要。


佐々木正悟

一日にいくつもやることが重なって慌てているときには、優先順位の低い、取り組みやすいものから手をつける。仕事が片付けば気持ちに余裕が生まれて、ほどよい緊張感で最も重要な仕事に取り組めます。ただ、提出期限に間に合わないなどの理由でテンパっているなら、期限を延ばしてもらうしか不安や緊張を取り除く方法ありません。


俣野成敏

私も会社員時代には、3回ほど異動をしたことがあります。正直行きたい部署ではありませんでした。でも、ある人にこう言われました。「富士山は、登山道がいくつかあるけど、頂上は1つ。だから上を目指す人には、どんな部署から登りつめていこうと関係ない」と。そんな言葉を胸に、慣れない部署でも腐らず一生懸命やっているうちに、自分でも気づかなかった適性が見えてきました。


三谷宏治

世の中の消費の鍵を握っているのは女性です。男性より消費の感度が高いことに加えて、子どもの消費は母が、夫・彼氏の消費は妻・彼女が主導権を持ちます。食品や日用品、電化製品はもちろん、マンションや自動車などの大型商品まで、女性を意識した商品が多いのは、そのためです。女性の気持ちや感性がわかる人が商品開発に携わらないと売れません。


篠原菊紀

褒められると反応するのが線条体系。叱られたときに活動するのが扁桃体などの恐怖反応系。叱ると褒めるを比べると、叱るほうが効きます。ネガティブなほうが脳に約3倍残りやすい。ただし、副作用も大きい。管理をするうえで、部下を壊さないことは大前提なので、副作用を最低限に抑えることが優先されるので、バランスをとるためには一度叱ったら、その3倍くらい褒めないといけない。


小林喜光

経営者は自分の会社ばかり見ているので、他社のことは分からない。お山の大将になりがちです。けれど社外取締役などで他社の経営を見ることは自分の会社にとってもすごくいいんですよ。


北尾吉孝

先人たちはどうやって試練を乗り越えたのかというところに思いが至れば、自ずとやるべきことが見えてくる。


中本繁実

どんなに素晴らしい発想や思いつきも、頭の中にあるだけではお金にならない。試作品をつくって、企業に売り込みましょう。アイデアを形にして、人に伝えようと行動することで、莫大なロイヤリティをつかむチャンスが広がる。


石原和幸

時代もお客さんも変化しているのに、僕らが変化しないと生き残れない。突き抜けた庭を造るしか生き残る道はない。


長沼毅

成果を出さなければいけないという焦りから研究費用の獲得に躍起になり、学会だ、大学だ、論文だ……と睡眠時間1時間の生活を続けた。心も体もヘトヘトでした。そして、ある日限界が……。深夜、研究室から帰ったとたん、目の前が真っ白に。床に倒れ込みました。診断結果は過労。3か月の安静を言い渡されました。それが転機でしたね。研究もできない、大学にも行けない。ヒマだから、昔よく読んだ中原中也の詩集を読み返したんです。中也って青臭くて、焦って、悲しんでる。「こいつ、もっと肩の力を抜けばいいのに」そう心の中でつぶやいたその瞬間、「あ、これ俺だ……」って悟った。自分で自分を追い込んで、行き詰まってる。それに気づいたら、一気に視界が開けて、肩から力が抜けていきました。そして変わった。力みがなくなったんです。「おカネなんてなくても研究はできるさ」くらいの感じで、ラクに仕事と向き合えるようになった。それまでは成果、成果だったのに、楽しくやろうという気になったんです。


星野佳路

厳しい練習であっても、何のためにそれをやるのかが明確だったり、他人との比較ではなく自分の成長が数字で具体的にわかったりすると、楽しくなるのです。仕事も同じで、上から押し付けられてやったところで、成果が出るはずがありません。


和佐見勝

優秀な人材を育てようと思うのであれば、一流から学ぶべき。