中島浩一郎の名言

中島浩一郎のプロフィール

中島浩一郎、なかしま・こういちろう。日本の経営者。「銘建工業」社長。岡山県出身。横浜市立大学理学部卒業後、銘建工業に入社。同社社長を務めた。また、「真庭バイオマス発電」社長を務めた。

中島浩一郎の名言 一覧

余った木の皮やオガクズをバイオマス発電所に持ち込めば、燃料として評価できます。お金を出して捨てているものが、売れるものになる。


大事なのは仕組みづくり。


日本は初めて林業に取り組むんだという視点で物事を考えた方がいいのではないかと思う。林業をやったことがあると思うから、中途半端なことになってしまう。


振り返ると子供の時から両親は「もったいない」、「無駄にするな」ということを私に言っていたように思います。ですから、父からのDNAを受け継いでいると感じますし、父に聞けば、会社を興した祖父から受け継いだと言うでしょう。


木を使う仕組みを通してしか森林は守ることはできません。人工林は、伐って、植えて、育ててという循環です。それをきちんとやれば再生可能な資源で、エネルギーにも、建築資材にもなります。


中島浩一郎の経歴・略歴

中島浩一郎、なかしま・こういちろう。日本の経営者。「銘建工業」社長。岡山県出身。横浜市立大学理学部卒業後、銘建工業に入社。同社社長を務めた。また、「真庭バイオマス発電」社長を務めた。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

順調に進んだケースだけを想定して、実際にトラブルが起きてから対処法を考えていたら、誰だってアタフタする。このトラブルが生じた場合は筋が悪そうだから手を引くというラインも含めて「想定内」にするかしないかの差は大きい。


リー・ジョンソン(経営者)

立場が違えば考え方が違うのも当たり前。


尾藤公

監督として一番いけないのは、変な先入観を持つことなんですよ。
【覚書き:箕島高校が甲子園出場常連校となった秘訣を問われてのコメント】


森本雄司

大切なのは働き方改革です。接客や販売施策に時間が割けるように他の仕事をどう見直していくのかが大事です。ルミネの理念を実現する上で必要なところで時間が取れていない。他で時間を取られている。その点を見直していくことが非常に大事だと思います。


吉川稲美(吉川稻)

人間は自分の器に合った仕事しかできない。仕事を通じて人間の器を広げれば、その分だけ物事を広く見たり感じたりできるのではないでしょうか。


佐藤裕久

表面的なものに惑わされず、いつでも自分の心が本当に欲しているものに、正直に向き合うことが大切。


松田洋祐

一年単位などと悠長なことは言えない。緊急に改革をやらないといけない。


鳥羽博道

同じような学歴、性格を有する同期入社の社員たちの間に、入社後数年すると大きな差が生じてくることがある。それはやはり、どれだけ自己を高めていきたいかという各人の願望の強さの差によるものだろう。人間というのは本来、その人が成長を願うのであれば、いつまでも成長し続けることができるものだと思う。


的場正晃

上司はもっと自信をもって部下に言うべきことは言わないといけない。間違った考え方や行動に対しても「承認」ではなく「叱責」をしないといけない。


芳川裕誠

我々の会長はビル・タイという非常に有名なベンチャーキャピタリストですが、「彼にぜひ我々のビジョンを買ってほしい」と考え、訪ねました。まだ何の実績もない自分たちのことを、果たして相手にしてくれるのか。非常に緊張しましたけれど、彼は我々のビジョンを理解し、投資を決めてくれました。


本山和夫

私がアサヒグループホールディングスで仕事をさせてもらってきた中で、経営上の意思決定は数学的な要素を伴うものばかりなんです。だから、理科系の素養というものは、経営をやる上で非常に必要。


松川孝一

人と会って話し合う、相手を知る、採用する、育てるといった場合は時間の短縮は考えません。部下であれクライアントであれ、じっくり向き合ってみて、相手に悩みがあるならそれをじっくりと聞くことも大切だと思います。そういうときは時間効率は頭にありません。


榊彰一

人間は崖っぷちを経験しないと頑張れない。ハングリー精神がないと駄目、オアシスにいたら頑張れない。


松井忠三

お客様の声から新しい商品を開発するだけではなく、一度売り場から消えた商品を復活させることもあります。360度全部開くダブルリングノートはあまり売れずに何回か廃盤になっているのですが、一定のファンから強い要望が多かったので今は残っています。


三戸政和

中小企業を買収するポイントは、相手の社長の自己評価欲求を満たすこと。そのために大切なのは、あなたがいかにその会社のビジネスをよく理解し、商品やサービスに魅力や可能性を感じているかを伝えること。


ページの先頭へ