名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島洋(教育者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島洋(教育者)のプロフィール

中島洋、なかしま・ひろし。日本の教育者。「長崎県立大学地域連携センター」特任教授。高校教諭、校長、県教育委員会高校改革推進室長、教育次長などを経て「長崎県立大学地域連携センター」特任教授。

中島洋(教育者)の名言 一覧

プランを立案し、その後フィールドワークに臨むわけですが、実は多くの場合、計画の変更や調整を迫られることになります。実際に人々の声を聞くと、頭の中で考えていたプランと現実とのギャップに気づくのです。リアルな体験に基づき、本物の課題を見出し、柔軟に対応する。まさにこの過程こそが重要だと考えています。


心がけているのは、学生たちが自由に考え、行動できる場を大事にすること。仮に学生たちのアイデアが現実的でないと感じても、それを正すようなことは決してしません。これまでの取り組みを間近で見てきて感じるのは、学生たちが本来的に自主性や自立心を持っているということです。高校までの学びは必然的に受け身のため、なかなかそれを発揮する機会がなかった。そうした潜在的な力を引き出すことが教員たちの役目なのです。


前提となるのがコミュニケーション力。自分の意見をきちんと発信し、相手の意見を聞いたうえで、自らの考えを修正し、再び発信する能力です。ともすると今の学生は、周囲を気にするあまり、人に合わせることに意識が向きがちです。しかし、そうした「同調」の中で真の課題や解決策を探るのは難しいと思います。互いに意見を戦わせ、認め合ったうえで「協調」することが本当の意味でのコミュニケーションであり、そうした中でこそ議論は深まります。グループ活動を大事にしているのはそのためです。


中島洋(教育者)の経歴・略歴

中島洋、なかしま・ひろし。日本の教育者。「長崎県立大学地域連携センター」特任教授。高校教諭、校長、県教育委員会高校改革推進室長、教育次長などを経て「長崎県立大学地域連携センター」特任教授。

他の記事も読んでみる

野田佳彦

私にとっての「素志」は、政治を通じて世の中をよくしたいということ。今を生きている人だけでなく、将来世代のことも考えた国益の実現こそが仕事。


大嶋啓介

やっぱり習慣が心を育てていく。習慣こそが人材育成そのものだと思いましたし、習慣イコール人生なんだと再確認しています。


岸見一郎

家族と過ごす時間が増えれば、家族からの応援も得やすくなる。それが、仕事に向かうエネルギーになり、かえって成果が出やすくなる場合もある。


梶原しげる

若い人のあいだでは「敬語など不要だ」という風潮があるようです。私は別にそれを否定はしません。敬語を使わなくてもいい人同士で集まって、仲良くやればいいだけの話ですから。でも、ある分野で活躍しているような人はみな、しっかりした敬語を使えますし、敬語を使えない人を見下します。敬語を使えなければいつまでもその世界に入っていけません。だから、仕事で成功したい、より高い目標を達成したいと思っている人は、敬語を身につけるべきなのです。


兼元謙任

いまでもバスに乗らずに歩いてみたりします。ただ、誤解しないでほしいんですが、ケチとは違うんです。歩くことで四季の移り変わりや自然の美しさを感じることができるでしょう。こういう心の余裕や感性をなくしたら、いい仕事もできないと思います。


桜井弘(櫻井弘)

相手の心に届く話し方のポイントは3つ。第一に「内容がしっかりしていること」。支離滅裂でわかりにくい内容では、届く届かない以前の問題です(笑)。第二は「気持ちが込められているか」。これは若い人の弱い部分でもありますね。冷静に話そうとするからか、無機質な話し方になってしまう人が多いんです。そして、三番目は「声がハッキリしていること」です。


伊勢谷友介

世界は今クローズしていく方向に向かっていますが、逆にオープンにしていくべきです。かなり苦しいこともあるでしょうが、そこをあえて歯を食いしばって日本が乗り越えていく。そうすることで、日本という国自体が特別な国になり、世界に対してもイニシアティブを取れる国になると思います。


唐池恒二

地域を元気にする、あるいはまちの賑わいをもう一度もたらす。まちの賑わいをつくることがまちづくり。


上田渉

私は書類や資料をすべてデジタル化し、ドロップボックスに入れています。これによりどこでも必要な資料を見ることができ、作りかけの資料を開くことができます。すると、荷物が減るのはもちろん、時間の使い方が変わります。たとえば地方出張の場合、行きの新幹線で資料を完成させ、現地のコンビニのネットプリントサービスで出力、ということも可能になるのです。


クリストフ・ウェバー

私がGSK(イギリスの大手製薬会社「グラクソ・スミスクライン」)のいくつかの会社でマネジメントを行ううえで大切にしたのは従業員のエンゲージメント、つまり、組織の目標達成に向け、誰もが熱意を持って力を発揮していくような会社との強いつながりだ。


稲本健一

言葉の障害、法律の障害すべてを乗り越えれば、一気にマーケットが広がりますし、一気に働く人の感覚も違ってきます。これはまさしくビジネスになってくるという意味では、世界に通じる飲食業になるという事が、僕たちのここ4~5年の目標です。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

わからないことがあると私は答えを求めて田園をさまよった。なぜ貝殻が山の頂上で見つかるのか。しかも、海にあるはずのサンゴや海藻などの跡をつけて。雷はなぜ起こった後までなり続けるのか。雷光は起こった瞬間から目に見えるのに、雷鳴はなぜもっとあとになって聞こえるのか。水に石を投げると、水面に輪ができるのはなぜか。鳥はどうして空中にとどまっていられるのか。こういう数々の疑問や不思議な現象が私の心をとらえていた。