名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

中島洋(教育者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島洋(教育者)のプロフィール

中島洋、なかしま・ひろし。日本の教育者。「長崎県立大学地域連携センター」特任教授。高校教諭、校長、県教育委員会高校改革推進室長、教育次長などを経て「長崎県立大学地域連携センター」特任教授。

中島洋(教育者)の名言 一覧

プランを立案し、その後フィールドワークに臨むわけですが、実は多くの場合、計画の変更や調整を迫られることになります。実際に人々の声を聞くと、頭の中で考えていたプランと現実とのギャップに気づくのです。リアルな体験に基づき、本物の課題を見出し、柔軟に対応する。まさにこの過程こそが重要だと考えています。


心がけているのは、学生たちが自由に考え、行動できる場を大事にすること。仮に学生たちのアイデアが現実的でないと感じても、それを正すようなことは決してしません。これまでの取り組みを間近で見てきて感じるのは、学生たちが本来的に自主性や自立心を持っているということです。高校までの学びは必然的に受け身のため、なかなかそれを発揮する機会がなかった。そうした潜在的な力を引き出すことが教員たちの役目なのです。


前提となるのがコミュニケーション力。自分の意見をきちんと発信し、相手の意見を聞いたうえで、自らの考えを修正し、再び発信する能力です。ともすると今の学生は、周囲を気にするあまり、人に合わせることに意識が向きがちです。しかし、そうした「同調」の中で真の課題や解決策を探るのは難しいと思います。互いに意見を戦わせ、認め合ったうえで「協調」することが本当の意味でのコミュニケーションであり、そうした中でこそ議論は深まります。グループ活動を大事にしているのはそのためです。


中島洋(教育者)の経歴・略歴

中島洋、なかしま・ひろし。日本の教育者。「長崎県立大学地域連携センター」特任教授。高校教諭、校長、県教育委員会高校改革推進室長、教育次長などを経て「長崎県立大学地域連携センター」特任教授。

他の記事も読んでみる

大塚哲芝

私はこれまでラーメン店の仕事でしかお金を稼いだことはありませんでしたから、「串カツあらた」の1号店がオープンし、最初にお会計してくださった瞬間は非常に感動しました。苦戦した時期もありましたが、串カツの味はもちろんのこと、漬物や刺身など他のメニューでも、いい意味でお客様のご要望を裏切ってきたことで評判も上がってきました。ロゴマークの浸透のためにオリジナルグッズを作成するなど、ブランディングにも力を入れています。


山口拓朗

クッション言葉――依頼の際に添える「大変お手数をおかけしますが」、誘いを断るときの「行きたいのは山々ですが」、催促時の「お忙しいところ恐縮ですが」などのひと言。これらの言葉は、言いづらいことを言うときに役立ちます。相手に快く対応してもらえるひと工夫が、目的を迅速に果たすことにつながるのです。


田中仁(経営者)

「自分は会社で何を実現したいのか」を書き出して見える化しておくといい。目標や指標を明らかにしておくと、判断や決断に迷いがなくなるので、仕事のスピードアップにつながります。


荻原浩

うちの奥さんは、銀行員からデザイナーに転身した人で。自ら堅実な道を拒否してきた人だけに、僕がフリーになるといったときも「いいよ」と。最初の小説を書き出して、「しばらくは家に帰んないでやるから」といったときも「うん、わかった」って。目の前の厳しい道にもたじろがない。そういう意味でも感謝してます。


リンダ・グラットン

海外の人たちは日本企業といえば、常にピラミッド型を想像します。つまり、上のリーダーが指示し、その下は言われたことをするというイメージです。しかし、階層的な手法はグローバル化すると通用しなくなります。


住谷栄之資

人間は理論より感情で動きます。「この人は肌に合わないな」「嫌だな」と感じる相手より、「この人は約束を守る人だ」「信頼できそうな人だな」と感じる相手の方が、当然、仕事がやりやすい。信用を得たあとは自然と相手との距離が縮まります。信じて欲しいと言うだけでは駄目で、実行することがポイントです。


大坪勇二

一人で1時間ほどファミレスにこもる「一人会議」をおすすめします。最近の目標の進捗状況や目標の変更などを、じっくりと考え直します。この時間を週1回は持たないと、行動効率が悪くなる。冷静に考えるには一人になる時間が必須です。これで大目標や小目標の微調整を繰り返すことで、目標達成が現実になった。面倒に見えますが、このひと手間が明暗をわけます。


津田全泰

初めての起業。成功するか失敗するかわからない中で、コストをかけなければ失敗しても大火傷はしないだろうという発想でした。


竹中平蔵

政治の世界で正しいことが理解されない経験がありました。それを突破するためには、何が事実かということよりもどう思われているかが重要だと考えるようにして、あるときは真摯に、あるときは巧みに相手を説き伏せていくということが大事だと考えています。


奥山清行

誰かに期待以上のものを与えようと思ったら、仕事はキリがありません。でもそうしてひとつのことを掘り下げていけば、その経験を通してそれ以外の分野にも通用する視点が持てるようになるものです。いわば「T字型」に仕事の幅が広がってくるんです。それが何よりの仕事の報酬であり、そのT字がどれくらい大きくなったかを教えてくれるのは、自分ではなく周囲の人たちなのです。


平井伯昌

その時にできるベストを尽くしていれば、調子は戻ってくる。


施崇棠(ジョニー・シー)

いまの時代に必要なのは、理性と感性の両方を持ち合わせた発想であり、右脳と左脳のバランスのとれた製品づくり。