中島洋(教育者)の名言

中島洋(教育者)のプロフィール

中島洋、なかしま・ひろし。日本の教育者。「長崎県立大学地域連携センター」特任教授。高校教諭、校長、県教育委員会高校改革推進室長、教育次長などを経て「長崎県立大学地域連携センター」特任教授。

中島洋(教育者)の名言 一覧

プランを立案し、その後フィールドワークに臨むわけですが、実は多くの場合、計画の変更や調整を迫られることになります。実際に人々の声を聞くと、頭の中で考えていたプランと現実とのギャップに気づくのです。リアルな体験に基づき、本物の課題を見出し、柔軟に対応する。まさにこの過程こそが重要だと考えています。


前提となるのがコミュニケーション力。自分の意見をきちんと発信し、相手の意見を聞いたうえで、自らの考えを修正し、再び発信する能力です。ともすると今の学生は、周囲を気にするあまり、人に合わせることに意識が向きがちです。しかし、そうした「同調」の中で真の課題や解決策を探るのは難しいと思います。互いに意見を戦わせ、認め合ったうえで「協調」することが本当の意味でのコミュニケーションであり、そうした中でこそ議論は深まります。グループ活動を大事にしているのはそのためです。


心がけているのは、学生たちが自由に考え、行動できる場を大事にすること。仮に学生たちのアイデアが現実的でないと感じても、それを正すようなことは決してしません。これまでの取り組みを間近で見てきて感じるのは、学生たちが本来的に自主性や自立心を持っているということです。高校までの学びは必然的に受け身のため、なかなかそれを発揮する機会がなかった。そうした潜在的な力を引き出すことが教員たちの役目なのです。


中島洋(教育者)の経歴・略歴

中島洋、なかしま・ひろし。日本の教育者。「長崎県立大学地域連携センター」特任教授。高校教諭、校長、県教育委員会高校改革推進室長、教育次長などを経て「長崎県立大学地域連携センター」特任教授。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

みなさんを取り巻くビジネス環境について、振り返ってみましょう。この10年くらいはまさに、激動と言ってもいい時代でしたよね。そして、それはこれからも続く。つまり、あなたも変化への適応が求められているのです。


海老一宏

かつて「縁」と「恩」を感じた人は、特にリスト化して定期的に連絡を取っています。後から喧嘩をしようが何をしようが、縁は縁だし恩人は恩人。こちらが大事にしていれば、そっぽを向く人はあまりいません。こういう人は、損得抜きで見返りを求めない客観的なアドバイスをしてくれます。


南壮一郎

初めは緊張して失敗したっていい。失敗した経験があるからこそ、その経験を糧に成功できるのではないでしょうか。


木村大作

さぼっている奴が働くようになれば、他の連中は2倍働くようになるから不思議ですよ。


田部文一郎

長い人生の中では「これで駄目かな」と思うことが何度かある。しかし、ヤケクソになってはいけない。何度突き放され、苦境に陥ろうとも、実力で這い上がるぞという気力、精神力が必要である。そういう努力する自分の姿は、誰かが教えてくれているものだ。捨てる神あれば拾う神あり。私はこう思って人生を生きてきた。


山口ひろみ(経営者)

相手の気持ち、お客様の気持ちが分かる人。相手の気持ちを慮ることのできる人。そして、商品をお勧めするからには自分たちの商品に愛着を持ち、商品の効能や特性をよく理解する。そういう人たちは伸びています。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

我々はあまりにも他人の目に自分を偽装することに慣れきって、ついには自分自身にも自分を偽装するに至るのである。


森下裕道

業務上の伝達や報告の際に話が冗長だったり説明不足だと、業務に支障をきたします。また、会議で意見を言いたくても「話下手だから」と黙っていれば、評価は上がらず、アイデアも共有できない。本人もチームも損ですね。


山田いずみ

選手を指導する際に大切にしているのは、自分で考えさせることです。私が理想とするフォームに選手をはめ込むのではなく、選手の感覚を私が共有することが第一。ですから、飛び終えた選手には、まず「今のジャンプはどうだった?」と聞きます。そうして本人の感覚を確認し、把握したうえでアドバイスをします。


戸塚隆将

いつも仕事関係の人とばかり付き合っていると、アイデアが行き詰まる。


今井雅人

過信・慢心による過剰リスクは崩壊を招く。


ビクター・ルイス(経営者)

ブランドを劇的に変えるには、エネルギーも時間もかかる。しかも商品だけでなく、店舗のコンセプトや広告、マーケティングも刷新する必要がある。


出口治明

思い込みや常識を排し、数字、ファクト、ロジックによって、目標達成に必要な道筋を考え、仕事を組み立てていく。それが当社が必要としている人材であり、私にとって共に仕事がやりやすい相手でもあります。年齢や世代は関係ありません。


大西洋

極端なことを言うと、社長がいて、あとは全部フラットというのが理想です。社長直下にいくつものワークグループがあって、そこから直接上に情報や報告が上がってくるようなイメージです。過去には、7層くらいあった階層を5層にしたこともありました。もう伝達ゲームの時代ではないということですね。


竹中平蔵

諦めて成功する努力を止めてしまえばすべては終わり。自分が諦めないかぎり、終わりは来ない。


ページの先頭へ