名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中島明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島明のプロフィール

中島明、なかじま・あきら。日本のプロデューサー。千葉出身。マーケティング会社、人材コンサルティング会社などを経てフリーランサーとして独立。人と人を「つなぐ」をテーマにコラボ型・参加型・共感型プロジェクトを専門とし、企画・マーケティング・各種イベント運営を行う。東日本大震災に出会った仲間たちとともに(株)イナズマを設立。

中島明の名言 一覧

イナズマを設立したのは、石川と辰濃に出会ったからです。3人の専門はバラバラです。石川はクリエイティブのプロ。辰濃は広告のプロ。僕は人と人の間に共感を生み出し、つなぎ、大きな力を発揮させるプロ。でも僕らには「世の中にもっと社会的価値を生み出すには、新しいコミュニケーションが必要だ」という同じ思いがありました。


ひとつつながるにはまず自分とつながる必要があります。それは本当の自分に気づくということです。自分とつながっている人ほど、人と深くつながれるんです。


フリーランス時代の僕はじっくり深く付き合える仕事だけで生きていました。いわばLOVEだけで生きていた。でも、もっと多くの人を巻き込んでいくには、ときにPOWERが必要です。


中島明の経歴・略歴

中島明、なかじま・あきら。日本のプロデューサー。千葉出身。マーケティング会社、人材コンサルティング会社などを経てフリーランサーとして独立。人と人を「つなぐ」をテーマにコラボ型・参加型・共感型プロジェクトを専門とし、企画・マーケティング・各種イベント運営を行う。東日本大震災に出会った仲間たちとともに(株)イナズマを設立。

他の記事も読んでみる

小原泰(ロビイスト)

政治家と議論する際に心がけるのは、「時間(=歴史)」「社会」「地球環境」の3つです。3つのうちのどれかひとつを通じてその課題を大局的に俯瞰し、「大義」を立ててそれを唱道(アドボカシー)します。たとえば、外資系製薬会社の国内ワクチン市場参入を促す際は、時間=歴史を100年単位で遡ります。当時は野口英世や北里柴三郎らが世界の感染症の研究をリードしていた。その日本が今やワクチン後進国とまで言われるようではいけない……という具合です。外資系の参入で風通しをよくし、弱体化した国内メーカーは彼らとの提携を通して技術を吸収し直し、再度一人立ちしなければならない。そのためにも、彼らの参入に協力してくれ、というわけです。


天坊昭彦

上場の提案をするときオーナーに伝えたのは、出光の事業規模に伴う社会的な責任の重さを考えると、もはやプライベートカンパニーではやっていけないこと、創業者の理念、人間尊重は、たとえ上場会社になっても実践できるという二点のみでした。私は経理部門の長として、やるべきことをやるべきときにやったまでです。オーナーが理解してくれなければ、私はクビを切ればいい。そう思っていました。仕事とはそういうものではないでしょうか。


田中晃

競合・競争のステージが変わったこの中で生き残るには、今こそコンテンツに力を入れ、クリエーターに魅力的な場を提供していく。


牛島信

私は、コーポレートガバナンスの究極の目的は「企業の持続的発展」だと思っています。なぜかと言うと、「それが国民のためになるから」です。企業が持続的に発展しなければ、国民は豊かになれない。上場株式会社システムというのは、いわば人類の行き着いた最高の知恵だと思っているんですが、それをどのようにすればうまくいくのかということに関心があります。


出澤剛

LINE開始当時、すでに米国発の「WhatsApp」がありましたし、日本の複数のベンチャー企業も同様のサービスを手掛けていました。我々としては、スタンプのようにきめ細かい機能をどんどん追加して、システムの安定性も特に重視したのです。早いタイミングで大々的にテレビCMを仕掛けるなどマーケティングに注力したことも、成長に弾みをつけました。


吉田松陰

つまらない人間の癖として、昔の心ある立派な人といえば、神様か、鬼か、天の人かと見なし、今の私どもとは、天と地ほども大きな違いがあると思っている。これは、自分を駄目なものと思い込み、将来を考えない、投げやりな態度の極みである。


出口治明

何も努力していなければ、神風が吹いたときに自分の凧を揚げることができません。大切なのは、来たるべきときに備えて準備をしておくことです。


戸塚隆将

ビジネスの世界で求められる「メンタルが強い人」は、アスリートの世界とは違うのではないでしょうか。ビジネスで問われるのは一発勝負の強さではなく、継続的に周囲の人たちと信頼を築いて、中長期的に成果を出し続けていくことだからです。


鈴木雅哉(経営者)

他社に仕組みは真似されても運用も含めては至難でしょう。


落合寛司

今では大学教授から弁護士、税理士、中小企業診断協会の診断士といった3万人を超える専門家の方々と連携し、お客様の課題を解決できる金融機関になることができました。当初は自分たちでやろうと思ったのですが、専門家ではありませんからうまくいかない。ありとあらゆる方々と連携した結果、半分ぐらいの案件で成功するようになり、お客様からの評価も上がってきたわけです。


松本晃(経営者)

経営を上手にやろうとすれば、夢を持たせてあげないといけないし、そうでなければ面白くないといけない。人が生きていて何が面白いかと言えば、実現するかどうかは別にして、夢に向かってチャレンジすることだと思っています。


前田晃伸

トラブルは起こらないことにこしたことはありませんが、あのような大トラブルを乗り越えたことで、グループの結束が一気に固まったことは確かです。旧三行の隔てなく、従業員全員が、みんな必死になって解決に取り組みましたから。
【覚書き|日本興業銀行、第一勧業銀行、富士銀行の合併後、大きなシステムトラブルが起きた当時を振り返っての発言】