名言DB

9490 人 / 112001 名言

中島明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島明のプロフィール

中島明、なかじま・あきら。日本のプロデューサー。千葉出身。マーケティング会社、人材コンサルティング会社などを経てフリーランサーとして独立。人と人を「つなぐ」をテーマにコラボ型・参加型・共感型プロジェクトを専門とし、企画・マーケティング・各種イベント運営を行う。東日本大震災に出会った仲間たちとともに(株)イナズマを設立。

中島明の名言 一覧

イナズマを設立したのは、石川と辰濃に出会ったからです。3人の専門はバラバラです。石川はクリエイティブのプロ。辰濃は広告のプロ。僕は人と人の間に共感を生み出し、つなぎ、大きな力を発揮させるプロ。でも僕らには「世の中にもっと社会的価値を生み出すには、新しいコミュニケーションが必要だ」という同じ思いがありました。


ひとつつながるにはまず自分とつながる必要があります。それは本当の自分に気づくということです。自分とつながっている人ほど、人と深くつながれるんです。


フリーランス時代の僕はじっくり深く付き合える仕事だけで生きていました。いわばLOVEだけで生きていた。でも、もっと多くの人を巻き込んでいくには、ときにPOWERが必要です。


中島明の経歴・略歴

中島明、なかじま・あきら。日本のプロデューサー。千葉出身。マーケティング会社、人材コンサルティング会社などを経てフリーランサーとして独立。人と人を「つなぐ」をテーマにコラボ型・参加型・共感型プロジェクトを専門とし、企画・マーケティング・各種イベント運営を行う。東日本大震災に出会った仲間たちとともに(株)イナズマを設立。

他の記事も読んでみる

ケタン・パテル(経営者)

成熟経済のもとでは多くの規制が生まれる。これは本来、企業に入るべき収益を国が奪っているようなもの。


松井道夫

利益を出してこその会社です。価格を上げられない、利益の出ない競争はやっても意味がない。もっと質の良い競争を自分はやりたい。


工藤公康

ケガや故障をすると「ついてない」で済ませてしまう選手がいますが、ケガをしたのも自分の「失敗」としてとらえれば、同じ失敗(ケガ)をしないための環境づくりやトレーニング方法を見出すことができます。


中村秀樹(経営者)

大手のシステムは、従来の電話配車が単にタブレット経由になっただけのもの。結局オペレーターが人力で空車のタクシーを探しています。我々のシステムではお客が配車を依頼した時点で、自動的にタクシー車内のタブレットが乗客位置までのカーナビの案内を始めるのです。さらには、世界に先駆けて収集してきた統計データがあります。「何時に、どこで」お客が乗ったかという過去データを積み重ねることで、営業の効率が日々高まっています。


吉越浩一郎

どんなに理屈をつけたところで、残業は悪です。いや社員全員が残業は悪であるという感覚を持たないといけません。残業を美徳として容認すると、「我々は一所懸命に働いている」という酔った雰囲気の中で、もっとほかにもある是正すべき会社の問題点が見えにくくなってしまいます。


藤本秀朗

社外から採用した人材で本当に使えるのは10人や20人に一人だが、社外から素晴らしい人材が一人入ってくると、それまでぬるま湯に浸かっていたかのような状態だったプロパー(前から板従業員)が目を覚ます。そのため、ヘッドハンティングの会社に依頼し、社外からよさそうな人を呼んでくるということも積極的に行なった。


辻範明

会社が経営支援を受けることになった1990年代、当時営業の責任者だった私が仕事を取ってこないと会社は潰れてしまう、まさに崖っぷちに立たされました。でもその苦しさが逆に社員の気持ちを一つにまとめました。


松井忠三

出店の際は、いつでも撤退できるよう準備をしながら、注意深く行わなければなりません。


正垣泰彦

何も問題がないときは、努力は「手を広げる方向」に行きがちですが、窮地に追い詰められたときほど、自分たちが社会から本当に求められているもの、一番の強みが浮き上がってきます。これもチャンスのひとつです。不連続なこと、予測できないことが起きたときこそ、既存のシステムを守るより「まさか」を受け入れなければ駄目です。根本的なものを考えられるタイミングはそこしかないんです。


政近準子

スーツの試着のヒントをひとつ申し上げますと、若い店員さんに全部を任せないほうがいいでしょう。例外はありますが、若い方は感性で選びがちなので、アドバイス通りに選ぶと「無理をしている感」が出やすいです。


中村慶郎

常に勉強し続けること、そして常に新しいものを学んでいこうという姿勢が必要。


庄司充

仮説・検証をすることに対して気持ちが盛り上がらないのは、小さな工夫が最終ゴールの「契約」に即つながらないからでしょう。その場合は、営業プロセスを「訪問」「ヒアリング」「プレゼン」というように細かく分解。各プロセスで工夫の成果を確認すれば、手ごたえがつかめるはずです。