名言DB

9413 人 / 110706 名言

中島明の名言

twitter Facebook はてブ

中島明のプロフィール

中島明、なかじま・あきら。日本のプロデューサー。千葉出身。マーケティング会社、人材コンサルティング会社などを経てフリーランサーとして独立。人と人を「つなぐ」をテーマにコラボ型・参加型・共感型プロジェクトを専門とし、企画・マーケティング・各種イベント運営を行う。東日本大震災に出会った仲間たちとともに(株)イナズマを設立。

中島明の名言 一覧

イナズマを設立したのは、石川と辰濃に出会ったからです。3人の専門はバラバラです。石川はクリエイティブのプロ。辰濃は広告のプロ。僕は人と人の間に共感を生み出し、つなぎ、大きな力を発揮させるプロ。でも僕らには「世の中にもっと社会的価値を生み出すには、新しいコミュニケーションが必要だ」という同じ思いがありました。


ひとつつながるにはまず自分とつながる必要があります。それは本当の自分に気づくということです。自分とつながっている人ほど、人と深くつながれるんです。


フリーランス時代の僕はじっくり深く付き合える仕事だけで生きていました。いわばLOVEだけで生きていた。でも、もっと多くの人を巻き込んでいくには、ときにPOWERが必要です。


中島明の経歴・略歴

中島明、なかじま・あきら。日本のプロデューサー。千葉出身。マーケティング会社、人材コンサルティング会社などを経てフリーランサーとして独立。人と人を「つなぐ」をテーマにコラボ型・参加型・共感型プロジェクトを専門とし、企画・マーケティング・各種イベント運営を行う。東日本大震災に出会った仲間たちとともに(株)イナズマを設立。

他の記事も読んでみる

藤本篤志

私のコンサルティングで営業マンの1日の活動とその時間を計測すると、多くの人の営業量(有効な営業活動の時間量)は全営業時間の20~25%程度でした。それ以外の時間は移動や営業日報の作成など、営業の成果には直接かかわらない活動に費やされているのです。上位営業マンになると営業量は上がりますが、それでも35~40%です。


佐々木正

多様性のある場があれば、そこで異質の才能がぶつかり合う「共創」によるイノベーションを起こすことができる。


酒巻久

どんな国のどんなメーカーでも、たとえそれが競合他社だとしても、助けを乞われれば私は手を差し伸べます。そうすることによって、あのとき助けてもらったから今度はこちらが、と助けてくれる人が必ず現れる。それが当社への発注という形に結びつくことも多いし、そうした相手は絶対にほかの会社に浮気はしない。私は日頃から「もし相手が困っていたら会社を裏切ってでもやりなさい」と言っています(笑)。


森田富治郎

50年後に人口1億人維持というだけでは、その時、今の担当者は生きてはいないでしょうから、それは本当の目標にはなりません。当然ですが、足元の目標にするとどうなるか、その責任者は誰かをはっきりさせなければなりません。


上西京一郎

人口動態をしっかり把握して、その視点で将来を見据えて対応しなければ、人口に合わせて1回来て終わりになってしまいます。装置産業は、リピートが多くなければ成り立たないものなので、投資の回転を良い形で維持しながら、効率よく投資をしていくことが、私どもの事業の肝だと思っています。


篠原欣子

事業が世の中のためにならなくてはいけませんので、いつまでも企業理念に沿って歩み続けたいと思っています。具体的には「雇用の創造・人々の成長・社会貢献」ということを目指し、お客様に信頼されるものを持つ会社になるということです。この部分は経営者が変わっても、絶対に変わらずにありたいと思っています。


森田俊作

仕事とはそもそも、「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の資源を上手に「整理整頓」していくことではないでしょうか。整理が習慣になっている人は、仕事もできる人なのだと思います。


和田勇(積水ハウス)

大事なのは次の顧客ニーズを見極めること。


和田勇(積水ハウス)

ビジネスマンは孤立を恐れず新しいことに積極的に挑戦すべきです。人がやらないことに挑戦すれば足を引っ張る人が必ず出てきます。それを気にしていても仕方がありません。出る杭は打たれますが、まずは打たれるくらいに出ないと始まりません。


大竹美喜

いい人が集まってくれれば、いい教育ができます。日本においても、まったく同じことが言えます。人づくりが国づくりなのです。


杉村太郎

流されてしまう人は、ある意味で真面目すぎるんです。まわりの期待に応えようとしているうちに、既存の価値観が刷り込まれ、それを自分の本心と勘違いしてしまう。でも、誰かから与えられた映像を頼りにしているうちは、そこに向かっていくパワーはなかなか湧いてこないですよ。


南部靖之

私は夢を語ることはできても経営者としては半人前です。ですが、それを補ってくれる社員が創業時からいた。これは大きかった。


ソクラテス

探求なき生は、生きがいのない人生だ。


石井ふく子

「あきらめない」と「あせらない」は同じだと思うんです。あせって結論を急ぐから、すぐあきらめちゃうわけでしょ?


野村克也

「部下がダメ」「上司がバカ」と誰かのせいにして逃げているチームは決して勝てない。あなたが変われば、部下や上司やチームも腹を決めるかもしれない。