名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島明のプロフィール

中島明、なかじま・あきら。日本のプロデューサー。千葉出身。マーケティング会社、人材コンサルティング会社などを経てフリーランサーとして独立。人と人を「つなぐ」をテーマにコラボ型・参加型・共感型プロジェクトを専門とし、企画・マーケティング・各種イベント運営を行う。東日本大震災に出会った仲間たちとともに(株)イナズマを設立。

中島明の名言 一覧

イナズマを設立したのは、石川と辰濃に出会ったからです。3人の専門はバラバラです。石川はクリエイティブのプロ。辰濃は広告のプロ。僕は人と人の間に共感を生み出し、つなぎ、大きな力を発揮させるプロ。でも僕らには「世の中にもっと社会的価値を生み出すには、新しいコミュニケーションが必要だ」という同じ思いがありました。


ひとつつながるにはまず自分とつながる必要があります。それは本当の自分に気づくということです。自分とつながっている人ほど、人と深くつながれるんです。


フリーランス時代の僕はじっくり深く付き合える仕事だけで生きていました。いわばLOVEだけで生きていた。でも、もっと多くの人を巻き込んでいくには、ときにPOWERが必要です。


中島明の経歴・略歴

中島明、なかじま・あきら。日本のプロデューサー。千葉出身。マーケティング会社、人材コンサルティング会社などを経てフリーランサーとして独立。人と人を「つなぐ」をテーマにコラボ型・参加型・共感型プロジェクトを専門とし、企画・マーケティング・各種イベント運営を行う。東日本大震災に出会った仲間たちとともに(株)イナズマを設立。

他の記事も読んでみる

高原豪久

常に10年くらい先を見通して考えています。主に、その国・地域の「欲求度合い」がどこにあるか、ということを考えます。商品のニーズは、米国の心理学者のアブラハム・マズロー氏が唱えた「欲求5段階説」と密接につながっています。人の欲求というのは、ピラミッドのように構成されているという理論です。底辺には「生理的欲求」というのがあり、「安全欲求」「所属欲求」「承認欲求」と続き、頂点は「自己実現欲求」です。これは社会の成熟度合いを考える上で、非常に参考になる。欲求レベルによって提供するカテゴリーや商品内容は必然的に違ってくる。


唐澤理恵

なぜ自分の外見を知る必要があるかといえば、人は相手に外見どおりの行動を期待するからです。ところが、その人の行動が期待と違うと、相手は裏切られたと感じます。


堀之内九一郎

私は自分が新入社員のころから、アメもムチも自分で自分に用意していました。欲しいアメ(目標)は自分で決めればいい。「いまのうちに苦労しておかないと、年を取ってから大変だぞ」なんて、説教くさいムチを入れてもらわなくても、自分で自分に厳しくすればいいわけですから。


田中和彦

もう「いつか」という考えからは卒業すべきです。「いつか」という言葉には納期がありません。これからは「いつかパリに行きたい」ではなく「○○までにパリに行きたい」と納期を決めて行動してください。


香山リカ(精神科医)

社会のために自分は何ができるのか、改めて考えてほしい。会社人生で培ったスキルは決して無駄にはなりません。次の世代に自分の力を貸す、むしろ提供するぐらいの気持ちも必要でしょう。


小杉俊哉

多くの会社では、上司は何年かで入れ替わるでしょう。評価に不満があるなら、「今の上司の器は自分を評価できないくらい小さいのだ」と考えて、力を蓄えながら、交代を待ってはどうでしょうか。


澤田秀雄

時代を先取りするシステムを作り上げていくことと、そのための人材を確保することは最も重要になっていきますね。店舗を持ち、何千人ものスタッフが商品を販売する時代は半分以上終わっています。今や、スマートフォンからお得な価格、ツアー情報など最新の情報を誰でも簡単に入手できます。そして、そこから予約が入ってきます。ですから、このようなシステムを持っていない会社は勝てないと思います。


近藤正樹

一律の固定化したメニューではなく、地域や曜日、時間帯ごとに異なるメニューを提供することを検討しています。チェーンストアとしては効率の良くないことですが、取り組まなければ、お客様に定期的に来ていただくことは今後難しくなる。そう見て実現を目指しています。


徳岡邦夫

助けていただくことを期待してお客様に接していたわけではありません。しかし、逆境に陥ったときほど、応援してくださるお客様の存在を心強く感じたのは事実です。普段からお客様と真摯に向き合って信頼関係を築くことがいかに大切であるか、改めて気づかされました。


林野宏

1982年、私は西武クレジット(のちのクレディセゾン)に転籍してきました。それまで西武百貨店で人事や企画、店次長など様々な仕事をしてきましたが、金融は全くの畑違い。そして、当時の我が社は倒産寸前……。周囲は「林野はさぞ落ち込んでいるだろう」と思っていたようです。しかし、実際の私は元気いっぱいでした。新しいことにチャレンジできるチャンスを得たと思っていましたし、倒産の危機は大ピンチではあるけれど、見方を変えれば、ただひたすらに浮上を目指せばいい。目標が明快です。


金田一秀穂

「価値ある情報を伝えなければ」「意味のないことは話しちゃダメだ」……。そんな堅苦しい態度だと雑談やムダ話ができなくなる。ラクにゆるく、意味ない話を!


小林りん

リスクをとらないことがリスクでもある時代、ビジネスマンの危機に対する意識変革も大切。