名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島明彦(不動産経営)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島明彦(不動産経営)のプロフィール

中島明彦、なかしま・あきひこ。日本の不動産オーナー。福岡県出身。北九州大学卒業後、日本紙運輸、外資系金融機関5社などを経て、ゴールドマン・サックスに入社。その後、不動産オーナーとして独立。屋久島にも土地を買い、東京と屋久島を行ったり来たりしている。ブログ『屋久島半分、東京半分、ときどき札幌』を運営している。

中島明彦(不動産経営)の名言 一覧

あの世にお金は持っていけません。持っていけるのは経験と感動、そして魂です。


お金をいかにして稼ぎ、いかにして使うか。いま、このテーマが世の中でますます大切になっています。ひとことでいえば、お金は幸せのための道具であり、幸せの循環を生み出すことが重要です。その幸せとは自己信頼、人や自然のつながりの中にあります。


不動産投資というより、事業や経営に近い感覚です。アパート経営で一番大事なことは、自分の住みたい場所に、自分の住みたい環境を提供することです。入居者の幸せ、ビジネス・パートナーの幸せ、自分の幸せという三方よしの哲学を大事にしています。


そこ(屋久島に買った土地)では、釣りをしたり、山菜を採ったり、妻と山に登ったり、現地の人と酒を飲んだり、親しい友人を招いて騒いだり。いまは一年の半分を屋久島で暮らしています。投資的には現在は年間100万円のマイナス・キャッシュフローですが、心と体の豊かさは大きく膨らんでいます。この場所を将来どう使うか思案中ですが、海と山に囲まれた隠れ家で、日々激務に追われる大人が童心に戻り、人生を見つめ直せるような場所にするのもいいですね。


中島明彦(不動産経営)の経歴・略歴

中島明彦、なかしま・あきひこ。日本の不動産オーナー。福岡県出身。北九州大学卒業後、日本紙運輸、外資系金融機関5社などを経て、ゴールドマン・サックスに入社。その後、不動産オーナーとして独立。屋久島にも土地を買い、東京と屋久島を行ったり来たりしている。ブログ『屋久島半分、東京半分、ときどき札幌』を運営している。

他の記事も読んでみる

佐藤可士和

何度も話をするそれが一番の近道です。人間は話すことで思考や情報が整理されます。対話を重ねると何をすべきかというゴールが見えてきます。ゴールの設定をすることは非常に重要です。どこに行くべきかを共有することこそ、本当の意味でのクリエイティブな作業です。仕事がなかなか上手くいかない人は、ゴールが見えないまま走り始めてしまっているのかもしれません。


土川健之

競馬の世界もグローバル化を避けて通ることはできないと私は考えています。日本の総人口が減ることを考慮すれば、海外の競馬ファン層も増やしていかなければならないと思います。


川村元気

失敗を報告するとき、タイミングは選びますが、率直に言ってしまいます。報告を先延ばしして抱え込んでいるとストレスになるし、他の行動にも悪い影響が及びます。なにより時間の無駄です。


小林喜光

社外に臆することなく発信することで、社内の人材を動かす側面もある。


鈴木喬(経営者)

不景気になったからって、グーグルやアマゾンのような企業はひっくり返らない。消費者が本当に欲しいサービスや商品を作っていれば景気は関係ない。


近藤史朗

我々は立ち止まっていることはできない。一人一人の取り組みが、日本の復旧・復興へとつながる。


南場智子

やっぱり球団を持って良かったと思います。まず会社の知名度が上がりました。私たちは消費者向けにサービスを提供しているので、知名度はすごく大事。いろんな意味でのPR効果、マーケティング効果になっていると思います。もうひとつは生身のユーザーを目にする機会が増え、会社として大人になるというか、地域経済への貢献など、要するに社会との接点が増えたということですね。社会の中でのDeNAの在り方というのを、今まで以上に考えられるようになったと思います。


古森重隆

今の学校教育では、答えのある問題を解く方法は教えますが、企業経営でリーダーが直面するのは、答えのない問題です。そういう問題を解くには、歴史、哲学、文学、美術といったリベラルアーツを学び、大局観や人間としての厚みを身に付ける必要があります。


迫俊亮

現場での仕事から学んでいくことも当然重要ですが、それだけでなく「どうすれば経営者的な立場で仕事ができるか」を考えてみて欲しい。


青木仁志

いまどのような営業マンが求められるのかといえば、相手の望みに焦点を当てながら、焦らず、慌てず、まずは信頼関係をつくれる人です。相手の会社の情報をよく理解したうえで、相手が役立つ情報を用意し、雑談をしながらコミュニケーションを深めていくとよいでしょう。


ローランド・シュミット

優秀な人間が、まずい計画の欠陥を修正することはできる。しかし、その逆はまず不可能だ。


南場智子

優秀な交渉者は「ダメな理由」を冷静に聞き取っています。すると、いま対立している部分以外で解決できることもあります。新しく立ち上げる会社の資本比率の問題で提携先と対立しているのであれば、自社の希望を通してもらうかわりに、取締役の人数で妥協するといった方法もあるでしょう。