名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

中島明彦(不動産経営)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島明彦(不動産経営)のプロフィール

中島明彦、なかしま・あきひこ。日本の不動産オーナー。福岡県出身。北九州大学卒業後、日本紙運輸、外資系金融機関5社などを経て、ゴールドマン・サックスに入社。その後、不動産オーナーとして独立。屋久島にも土地を買い、東京と屋久島を行ったり来たりしている。ブログ『屋久島半分、東京半分、ときどき札幌』を運営している。

中島明彦(不動産経営)の名言 一覧

あの世にお金は持っていけません。持っていけるのは経験と感動、そして魂です。


お金をいかにして稼ぎ、いかにして使うか。いま、このテーマが世の中でますます大切になっています。ひとことでいえば、お金は幸せのための道具であり、幸せの循環を生み出すことが重要です。その幸せとは自己信頼、人や自然のつながりの中にあります。


不動産投資というより、事業や経営に近い感覚です。アパート経営で一番大事なことは、自分の住みたい場所に、自分の住みたい環境を提供することです。入居者の幸せ、ビジネス・パートナーの幸せ、自分の幸せという三方よしの哲学を大事にしています。


そこ(屋久島に買った土地)では、釣りをしたり、山菜を採ったり、妻と山に登ったり、現地の人と酒を飲んだり、親しい友人を招いて騒いだり。いまは一年の半分を屋久島で暮らしています。投資的には現在は年間100万円のマイナス・キャッシュフローですが、心と体の豊かさは大きく膨らんでいます。この場所を将来どう使うか思案中ですが、海と山に囲まれた隠れ家で、日々激務に追われる大人が童心に戻り、人生を見つめ直せるような場所にするのもいいですね。


中島明彦(不動産経営)の経歴・略歴

中島明彦、なかしま・あきひこ。日本の不動産オーナー。福岡県出身。北九州大学卒業後、日本紙運輸、外資系金融機関5社などを経て、ゴールドマン・サックスに入社。その後、不動産オーナーとして独立。屋久島にも土地を買い、東京と屋久島を行ったり来たりしている。ブログ『屋久島半分、東京半分、ときどき札幌』を運営している。

他の記事も読んでみる

糸井重里

僕の経験だけで動いていてはいけないし、ほぼ日にも変化をもたらすことが必要だと思います。ほぼ日とは全く無縁だった世界の人とつながるとかね。ほぼ日に新しい血を入れることで、僕が考えつかなかったことが起こるかもしれない。


寺尾玄

私が様々なことに果敢にチャレンジできるのは、自分に自信があるからではありません。うまくいかなくても「それでも生きていける」と思っているからです。そんなことを学んだ海外放浪の旅は、高校を辞めるという「17歳の決断」から生まれました。今にして思えば、あの時の決断は間違っていなかったように思えます。


安藤宏基

油断は禁物。食品の価値は未来に向けてどんどん変わる。当然、カップヌードルも時代とともに進化していく。


林真理子

平凡な人生は1つもない。それだけ、人生って面白いもの。


匠英一

コカ・コーラのように息の長い商品になると、顧客がその商品に持つイメージは一つの信念になる。そこを無視して味だけ変えようとしたのが失敗の原因です。
【覚え書き|コカ・コーラが1980年代に味を一新し、顧客から猛反発を受けたことについて】


吉永泰之

自分たちが持つ個性は、自分たちでは意外と気づかないものです。安全という視点でスバルの歴史をひもとくと、クルマがぶつかった時の安全性や、そもそもぶつからないクルマにするという設計思想が根強くあった。ぶつからないクルマを可能にする安全運転支援の「アイサイト」も他社に先駆けて販売していた。でも、当時の日本では極めて異例で、自動車業界では「安全は商売にならない」というのが通説でした。それでもやろう、安全に完全集中しようと決めたのです。


アンドレイ・ズビャギンツェフ

じつはジェーニャと母親のエピソードを入れたことを後悔しています。重要なエピソードであると同時に、目を逸らしたくなるシーンですよね。しかもこのシーンによって、ジェーニャの行為の責任を母親にとらせることになる。けれどジェーニャはもう32歳なのだから、それでは余りに未熟で無責任です。キリスト教的な考え方かもしれませんが、人間には良心を持つ者と持たない者がいます。前者は自分のなかに善悪の境界線を引く人。一方、後者は自分と他者とのあいだに引くわけです。

【覚え書き|映画『ラブレス』について】


望月圭一郎

街の中のどんな仕事でも取っていけるくらいの間口を持った会社になっていこうという考え方の下で事業領域を広げてきました。結果、ラックランドを含めてグループ17社で、人々の生活における空間に何でもかかわれるくらいの間口になってきました。ですから環境変化にも対応できる体制になってきたことを実感しています。


稲葉善治

忘れてはならないのは、会社が強い体質を維持したまま存続すること。


岸田一郎

市場に影響力を持ったカリスマ性のある雑誌をつくるには、すでにある流行をレポートしたり、次の流行を予想するだけでなく、流行をこちらから積極的につくりだしていかなければなりません。そこでつくり手に求められるのが、読者に見立てを提案する能力です。『LEON』では、提案を説得力のあるロジックで記事に落とし込みます。


石坂敬一

東芝の常務から東芝EMIの社長になられた高宮昇さんからは、多くの面で教えられることがありました。とりわけ仕事に関しては、一途に、誠実に、さらに厳しくということを、高宮さんの背中から学んだ気がします。


ジャック・ウェルチ

コンサルタントには気をつけろ。知らないうちに、あなたのビジネスにずっと口出しし続けるようになってしまう。たとえあなたが望まないとしても。なにしろ、それが彼らの狙いだから。コンサルタントは会社にやってきて、困った状況を解決するだけではない。その後もウロウロして、別の困った状況を見つけ出しては解決しようとする。永遠に。