中島明彦(不動産経営)の名言

中島明彦(不動産経営)のプロフィール

中島明彦、なかしま・あきひこ。日本の不動産オーナー。福岡県出身。北九州大学卒業後、日本紙運輸、外資系金融機関5社などを経て、ゴールドマン・サックスに入社。その後、不動産オーナーとして独立。屋久島にも土地を買い、東京と屋久島を行ったり来たりしている。ブログ『屋久島半分、東京半分、ときどき札幌』を運営している。

中島明彦(不動産経営)の名言 一覧

あの世にお金は持っていけません。持っていけるのは経験と感動、そして魂です。


お金をいかにして稼ぎ、いかにして使うか。いま、このテーマが世の中でますます大切になっています。ひとことでいえば、お金は幸せのための道具であり、幸せの循環を生み出すことが重要です。その幸せとは自己信頼、人や自然のつながりの中にあります。


不動産投資というより、事業や経営に近い感覚です。アパート経営で一番大事なことは、自分の住みたい場所に、自分の住みたい環境を提供することです。入居者の幸せ、ビジネス・パートナーの幸せ、自分の幸せという三方よしの哲学を大事にしています。


そこ(屋久島に買った土地)では、釣りをしたり、山菜を採ったり、妻と山に登ったり、現地の人と酒を飲んだり、親しい友人を招いて騒いだり。いまは一年の半分を屋久島で暮らしています。投資的には現在は年間100万円のマイナス・キャッシュフローですが、心と体の豊かさは大きく膨らんでいます。この場所を将来どう使うか思案中ですが、海と山に囲まれた隠れ家で、日々激務に追われる大人が童心に戻り、人生を見つめ直せるような場所にするのもいいですね。


中島明彦(不動産経営)の経歴・略歴

中島明彦、なかしま・あきひこ。日本の不動産オーナー。福岡県出身。北九州大学卒業後、日本紙運輸、外資系金融機関5社などを経て、ゴールドマン・サックスに入社。その後、不動産オーナーとして独立。屋久島にも土地を買い、東京と屋久島を行ったり来たりしている。ブログ『屋久島半分、東京半分、ときどき札幌』を運営している。

他の記事も読んでみる

畠中雅子

お金が貯まる夫婦は行動が明確です。自分たちにどれくらいのお金がかかるから、いくら貯めるべきかを逆算しています。早い段階から調べていけば、「教育費用はいくら」など、具体的金額が見えてきます。だから、見えない将来にビビらなくなり、貯金への行動が前向きになり、貯まっていくんです。


和地孝

全社員が使命感を共有したときに、会社は本当に強くなる。


梅原一嘉

良い関係がなければ、良い取引は出来ない。


村口和孝

商品をきちっと出荷して顧客に喜んでもらうという事業は、起業家が自分一人でできるものではない。周りの協力あってはじめて実現できる良い仕事である。事業を支える社会関係、契約関係は、商品サービスを顧客に提供する重要な成長基盤である。


佐藤優

僕たちは、「諦めないこと」と「諦めるべきこと」を上手にマネジメントして生きていかないといけない。でないと報われないものにハマって自分自身をダメにしてしまう可能性がある。


つんく♂

僕らの世界で、新しいスタッフや弟子が入ってきたときにまずやらせるのは、お使いなんです。「弁当買うてきて」「ギターの弦を買うてきて」とか頼むわけです。本人は意気揚々と芸能界に入って来ただろうから、「クリエイティブな仕事を与えてもらえるんじゃないか」と期待します。でも最初はお使いです。仕事の基本がきちんとできない奴に、1千万円、1億円規模の仕事は任せられませんから。


林文子

なかなか成績の挙がらない営業マンというのは、お客様と少し話をしただけで、「このお客さんは買わない」「売るのは無理だ」と決めつけてしまうんです。そういう思いは必ず表情や態度に出てしまいます。それでは、売れるものも売れません。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

何をデザインするのだとしても、素直にしかも新鮮に対話を重ね、商品環境を理解し、企業の判断を促さなければならない。そこで企業の要望については、わからなければ何回も理由を尋ねることにしているのです。どんな些細な要望にもきちんと理由があるのですから。商品の高さを20センチ以下にしなければならないと言われてそのままデザインを手がけるよりも、「20センチ以下にしなければ、店の商品棚に収まらないからそうなっている。それなら、上の面は上の棚に隠れてお客さんからは見えない」などと、事情を知った上でなら、それぞれの面に載せる情報を考慮できたりもするわけです。そうして疑問や理由を検討した上でのデザインは、同じ「高さ20センチ以下」になっても、業界の常識に沿うだけのものとはちがうものになる。


米倉誠一郎

現場に行かないとわからない情報がたくさんある。中東では韓国LG電子の携帯電話が売れている。メッカの方角を指し示す機能がついているのだ。LGのビジネスはグローバルだが、マーケットは現地に根差している。


紀平正幸

今30代後半から40代前半の人なら50代で人生を区切るべく計画を立ててもいい。いずれにしても無目的に定年までというのが、一番むなしいパターン。


藤井聡

「自分」だけを考える癖を持った利己的な人は皆から嫌われ、結局「こいつは利用できるかも」と言って近づいてくる奴だけとしか付き合えない。結果、互いに利用して騙そうとするので、万事うまくいかなくなる。仕事でもプライベートでも、継続的に協力し合って富や幸せを築けない。そのとき彼らは「自分には運がない、不幸だ」と感じるわけだ。


三森久実(三森久實)

海外店舗の成功の秘訣は、日本人が食べて美味しいと言われる店をつくること。日本人は世界で一番味にうるさい。その日本人に評価されなければ繁盛店はつくれない。


田中良和(GREE)

楽天の社是のひとつが「スピード・スピード・スピード」です。社長の三木谷さんも「ほかの人が3年でやることを1年でやれ」というのが口癖だったし、実際あの会社は、みんなそういうペースで仕事をしていましたね。
【覚書き|楽天勤務時代を振り返っての発言】


山岸和実

コミュニケーションは、提案をするとき以前の、毎日の行動とつながっています。提案を通したいなら、持ちかける相手である上司と、普段から良い関係を築くこと。信頼関係の素地を作るために、ランチや夜の一杯などを通して、交流を深めておきましょう。


石黒不二代

企業のすべての業務が、大なり小なり顧客満足に結びついています。顧客を満足させなければ、売上は確保できません。営業部に商品企画部やマーケティング部、カスタマーサービス部もそれぞれの役割の中で顧客ニーズに応える。製造現場などは直接顧客と接することはありませんが、品質向上に取り組むことで、顧客満足の一翼を担っています。


ページの先頭へ