中島明の名言

中島明のプロフィール

中島明、なかじま・あきら。日本のプロデューサー。千葉出身。マーケティング会社、人材コンサルティング会社などを経てフリーランサーとして独立。人と人を「つなぐ」をテーマにコラボ型・参加型・共感型プロジェクトを専門とし、企画・マーケティング・各種イベント運営を行う。東日本大震災に出会った仲間たちとともに(株)イナズマを設立。

中島明の名言 一覧

イナズマを設立したのは、石川と辰濃に出会ったからです。3人の専門はバラバラです。石川はクリエイティブのプロ。辰濃は広告のプロ。僕は人と人の間に共感を生み出し、つなぎ、大きな力を発揮させるプロ。でも僕らには「世の中にもっと社会的価値を生み出すには、新しいコミュニケーションが必要だ」という同じ思いがありました。


ひとつつながるにはまず自分とつながる必要があります。それは本当の自分に気づくということです。自分とつながっている人ほど、人と深くつながれるんです。


フリーランス時代の僕はじっくり深く付き合える仕事だけで生きていました。いわばLOVEだけで生きていた。でも、もっと多くの人を巻き込んでいくには、ときにPOWERが必要です。


中島明の経歴・略歴

中島明、なかじま・あきら。日本のプロデューサー。千葉出身。マーケティング会社、人材コンサルティング会社などを経てフリーランサーとして独立。人と人を「つなぐ」をテーマにコラボ型・参加型・共感型プロジェクトを専門とし、企画・マーケティング・各種イベント運営を行う。東日本大震災に出会った仲間たちとともに(株)イナズマを設立。

他の記事も読んでみる

木川眞

オンリーワン商品を考え出したら、商品の価格設定が利益の先取りになっていないかをチェックします。まさに小倉(昌男)さんの経営哲学、「サービスが先、利益は後」です。お客様に喜ばれるサービスを開発し、価格は利用しやすい水準にとどめる。そうすれば需要は拡大して、利益は後からついてきます。うちの社員にはこの哲学が私以上に浸透しています。利益のほとんどをお客様に還元しようという案が出てきて、私が修正を求めるくらいです(笑)。


木島洋嗣

人とのつながりは重要です。僕の場合、「この仕事は何がきっかけで始まったのか」ということは、いつも振り返るようにしています。すると、つれていってもらったバーで隣に座っていた人が日系企業のトップで、のちに仕事につながったというケースが結構あります。だから人間関係づくりには、お金を惜しまないようにしています。といっても、飲み代と交通費ですが。


畠中雅子

投資は単年の結果でなく、5年、10年経ったときに平均で3%~4%の利回りが出ていることを目指すことが大切。


田中角栄

勤労から学べることは多々ある。勤労から逃げる者は不幸だと思っている。


谷本有香

ビジネスマンである以上、企業の利益を追求するのは当然です。しかし、どこかで利己的な気持ちを捨てられないと、「成功者」ではなく、ただの「お金持ち」で終わってしまいます。


橘フクシマ咲江

コミュニケーションのコツのひとつは、誤解を避けるために「話の途中で、言葉の定義を確認する」ことです。それぞれの人が違う定義でとらえている言葉の例は、私たちの会話の中に山ほどあると思います。日本人同士でも、同僚や家族との会話で、言葉の定義が一致しないことはたくさんあります。定義を曖昧にしたまま話を進めると、話がかみ合わなくなります。意思の疎通をすることは困難です。


鈴木喬(経営者)

売上や利益のみを追求している経営者には、周囲もついてきません。会社を経営する根源的な動機が、利潤の追求だけでは、存在基盤の弱い会社だと言わざるを得ないでしょう。


岩田松雄

ミッションを適切に進化させていくために、どうしても自分のことをその都度深く内省する必要が出てきます。それをするには細切れのスキマ時間ではダメです。ある程度まとまった時間が必要になります。若いうちは目の前の業務に追われて、なかなかそういった時間を確保しにくいでしょうが、意識してつくっていくべきです。


伊藤良二

いまやコンサルティングファームや投資銀行でさえ、自社の利益を最大化することに走っている懸念を感じますが、クライアントの利益を最優先に考えるのが真のプロフェッショナルであり、自社利益は後からついてきます。


齋藤正勝

自分のやりたいことを上に言い続けても、全部ができるわけではなく、余計なことを言って怒られることもあります。でも憎まれはしません。大切なのは己の分をわきまえることで、やりたいと打診し続けて、いいよと言われるまでは絶対にやらない。そして、OKが出たら必ず期待された以上に応える。すると安心感を持ってもらえます。


棚橋弘至

今の自分を受け入れることなく無理やりプラス思考に切り替えるのは、現実から目をそらすことと同じ。自分にウソをついているわけだから、どこか後ろめたい気持ちが残って、本当の意味で前向きになれない。


星野佳路

失敗して落ち込んでいる人をよく見かけますが、気を落とす必要は本当にないです。重要なのは失敗から何を学んで、どう活かしたかで差がついてくるということです。がっかりしている暇はありません。失敗を恐れずに、果敢にチャレンジしていきましょう。


辻野晃一郎

直接の対話なら、ひと声発するだけで情報を共有できますし、困っていることや抱えた課題を雑談ひとつで解決してしまうこともあります。


櫻田武(桜田武)

社会にはびこっている「甘えの構造」を叩き直さない限り、21世紀の日本はない。国民が安逸に慣れ、活力を失えば、資源も乏しく、国土も狭い我が国は世界に立ち行かなくなる。【覚書き:日経連名誉会長時の発言】


澤部肇

賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶといいます。私はまだ愚者だから、経験から学ぶことが多いのです。失敗の経験を繰り返し、歯ぎしりしながら是正してきたというのが実情です。


ページの先頭へ