名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島敦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島敦のプロフィール

中島敦、なかじま・あつし。日本の小説家。東京府出身。東京帝国大学国文学科卒、東京帝国大学大学院修了。私立横浜高等女子学校で国語と英語教師となる。十数年勤務したのち、パラオ南洋庁教科書編纂掛となる。戦後は小説家として活躍した。『古潭(『山月記』『文字禍』)』でデビュー。『光と風と夢』で芥川賞受賞。享年33歳。

中島敦の名言 一覧

人生は何事も成さぬにはあまりにも長いが、何事かを成すにはあまりにも短い。


中島敦の経歴・略歴

中島敦、なかじま・あつし。日本の小説家。東京府出身。東京帝国大学国文学科卒、東京帝国大学大学院修了。私立横浜高等女子学校で国語と英語教師となる。十数年勤務したのち、パラオ南洋庁教科書編纂掛となる。戦後は小説家として活躍した。『古潭(『山月記』『文字禍』)』でデビュー。『光と風と夢』で芥川賞受賞。享年33歳。

他の記事も読んでみる

宮本洋一

ある視覚障害の方から、思いがけない言葉を聞きました。「点字ブロックがあると、歩きづらいと思いませんか」。驚いた私は、思わず聞き返しました。「でも、あれがないと、みなさんお困りでしょう」。すると、こう切り返されたのです。「キャリーバッグを引いていると、あんなに邪魔なものはありませんよ」。こちらの思い込みだったわけです。すぐに社内で話し合いました。「デコボコにせず、誘導できる方法はないのか」。そして、建築物に発信器を埋め込んだ音声ナビゲーションシステムを開発しました。


吉野佳秀

運で勝てたとしても、運で得たものはまた失う。運、不運はあざなえる縄のごとく、順に出てくるものだから。したがって、たとえコインの裏が出ても勝ち抜いていけるだけのものを自分で作らなければならない。


植木義晴

もっと自分たちの会社を好きになってほしい。自分たちの仕事に誇りを持てば、責任感も生まれ、一致団結して邁進できるはずです。


アンドリュー・トーン

商品が良いのは当たり前。それ以外に様々な価値観を取り入れて、どんな人にでも「ここが好き」と言えるような商品を作っています。


溝口勇児

「どんな課題を解決するのか」を考え続けること。ビジネスの外枠より、中身のあるビジョンを持つことが大切。


水野学

デザインとは何でしょうか。僕は「かっこいい」「きれい」といった数値化できない事象の良しあしを最適化する行為だと考えています。消費者や顧客など、相手の心をつかむうえで、デザインセンスはとても重要です。


畑中好彦

新しいことをどんどん始めていくと不要な業務もたまる。新しいことを1つ始めるのなら、やめるものが3つないとダメだ。


出口治明

「なんとなく合わない」と、転職を繰り返すケースの場合は、その人自身にも問題があるのかもしれない。もし辞めたいという理由が明確でなくて「もう少し粘るべきかも」と思っているなら、3か月や半年など、期間を区切って、精一杯頑張ってみればいい。そのうえで、やはり合わないと思うなら転職すればいい。


入沢元

味はレシピで再現できても、精神は真似できない。会社が本物になるためには、数を増やすだけじゃなく、どれだけ本物をつくる人を世界に広められるか。それが一幸舎のブランド戦略です。


山本良一(経営者)

百貨店業界は苦戦が続いていますが、やはり、従来の百貨店の価値観の中で育ってきた人間同士がいくら一生懸命に知恵を絞っても、そんなに新しい領域や革新的な店づくりにはならないと思う。ですから、例えば現在、建て替えを進めている松坂屋上野店南館にしても、当社グループのパルコが入ったり、映画館の「TOHOシネマズ」が入る予定です。こうした従来の百貨店にない新しい発想や着眼点を取り入れ、今までになかった新しい商業施設として生まれ変わりたいと考えています。


市村洋文

考え方が変わると、行動が変わる。
行動が変わると、習慣が変わる。
習慣が変わると人格が変わる。
人格が変わると、運も仕事もよくなる。


桜井醜

日本は少し発想の軸を変えるべきではないかと思うんです。IT化やグローバル化など、時代は変わっているのに、高度成長期やバブル時代の夢や成功体験に縛られ、短期的な業績一辺倒で勝ち組、負け組を評価する。そうした価値観のせいで日本はますます元気をなくしているのではないかと思います。