名言DB

9412 人 / 110637 名言

中島敦の名言

twitter Facebook はてブ

中島敦のプロフィール

中島敦、なかじま・あつし。日本の小説家。東京府出身。東京帝国大学国文学科卒、東京帝国大学大学院修了。私立横浜高等女子学校で国語と英語教師となる。十数年勤務したのち、パラオ南洋庁教科書編纂掛となる。戦後は小説家として活躍した。『古潭(『山月記』『文字禍』)』でデビュー。『光と風と夢』で芥川賞受賞。享年33歳。

中島敦の名言 一覧

人生は何事も成さぬにはあまりにも長いが、何事かを成すにはあまりにも短い。


中島敦の経歴・略歴

中島敦、なかじま・あつし。日本の小説家。東京府出身。東京帝国大学国文学科卒、東京帝国大学大学院修了。私立横浜高等女子学校で国語と英語教師となる。十数年勤務したのち、パラオ南洋庁教科書編纂掛となる。戦後は小説家として活躍した。『古潭(『山月記』『文字禍』)』でデビュー。『光と風と夢』で芥川賞受賞。享年33歳。

他の記事も読んでみる

岡田斗司夫

プロでも企画を一人で考える人はいますが、慣れて上級者になったか、そうせざるを得ない状況にあるかです。企画をつくり慣れている人であればあるほど、「企画を考える=人と会う」になります。企画は人と人との間にできるものだからです。何となくやりたいことや困っていることを人に話していく中で、自分のやりたいことが明確になっていきます。


本田健

人を感動させるコツは、まず自分が自分の仕事に感動することです。私は時に、自分で書いた作品を読んで涙ぐんでしまうことがあります。娘には、「パパはナルシストだね」と笑われます。しかし、ちょっと気恥ずかしくなるくらい自分の仕事にワクワクし、打ち込むようでなければ、何をやっても人の心には響かないでしょう。


西村克己

仮説で大事なのは、「正しさを犠牲にしてでも先読みする」こと。後で実際に確かめればOKです。もし間違っていたら仮説を修正して再検証。そうすれば正しいゴールが見えてきます。


新将命

40代からは目の前の仕事をこなすだけでなく、定年退職や万が一のリストラも視野に入れて、会社を離れても食べていけるレベルまで仕事のスキルを高めましょう。


池田貴将

習慣を変えていくうえで、ひとつアドバイスがあります。それは、たとえ三日坊主になっても自分を責めないこと。いい習慣を身につけたり、悪い習慣を断ったりして自分を変えようとする。その挑戦が短期間で挫折してしまったとき、私たちはつい、「自分はダメなんだ」と思ってしまいます。けれども、本当は三日坊主がいけないのではありません。三日坊主のあとに諦めてしまうのがいけないのです。考えてみてください。いい習慣を三日間継続できたけれど、四日目に挫折した。ここで諦めればそれまでですが、諦めずに翌日から再チャレンジして、また三日間続けられたとします。この調子で三日坊主を一年間繰り返したら、一年の四分の三はいい習慣を実践できたことになります。もう、習慣が変わったといってしまっていいはずでしょう。


陰山英男

人から見れば多くのことに手を出していると思うかもしれませんが、私としては「周囲が求めることに応え、穴を埋める存在になる」という、非常に合理的な生き方を追求してきただけなのです。その結果、教師としてユニークなポジションを得ることができたのは、自分でも面白いなと感じています。「家を売る教師」なんて、日本中を探しても私くらいでしょう(笑)。「自分には突出した強みがない」と考え、ゼネラリストを目指していた人間が、最終的には唯一無二の個性を手に入れたのだから不思議なものです。


小泉文明

私自身も取材で失敗についてよく聞かれるのですが、ほとんど覚えていません。社会人1年目にある経営者から教わった「成功するまでやり続けるだけ」という秘訣を信じていますから。「失敗」というラベリングをする必要はなくて、次に生かせばいいのです。


宮坂学

今年は失敗とどうつき合うのかを問われる1年になるでしょう。失敗したことに対する経営陣の社内への発信も重要です。爆速、爆速と言われ、挑戦させられ続けたのに、撤退する時に叱責しすぎてしまっては、社内のモチベーション低下につながりかねません。


古森重隆

優先順位の設定は決断に不可欠と言える。どのくらいのスピード感や規模感で断行するか、それは優先順位を決めなければ判断できない。


金井政明

世界人口が100億に近づくと、食料や水などの奪い合いが起きかねない。日本は人口が減っても国民1人当たりの土地や自然は増える。悪い面ばかりではない。


井上ゆかり(経営者)

グローバルコミュニケーションとは英語をしゃべることだ、と思う方もいるでしょう。でも、相手をモチベートできないと、コミュニケーションにならないし、仕事は前にも進んでいきません。共通の目的を見出し、それに同意してもらって、自ら責任感を持ってもらって、モチベーションを上げて、「やるぞ」と思わせる。そういうコミュニケーションが求められるんです。


邱永漢

頭はお金儲けのためだけにあるわけではありません。私はお金持ちの人だから、偉いとは思っていません。ひとつのことを懸命にやっている人の方を尊敬します。ですから、大金持ちになる必要はない。中金持ちで十分だと言っているんです。


岡野雅行(岡野工業)

日本の製造業の多くが、経済が発展した中国とかに仕事をとられている。それなのに、うちはいっさい影響を受けていないんだよ。俺がやっているのは難しくて誰にもできない仕事なんだから、中国でも真似できるはずがない。安すぎて誰もやらない仕事にしたって、中国に負けない安さを生み出せる技術があるからね。


柘植康英

人は置かれた環境次第で能力以上のものを発揮するし、堕落もする。


諸富祥彦

おすすめしたいのは「NotToDoリスト(しないことリスト)」をつくること。「ToDoリスト」は多くの人がつくります。しかしこれをつくると、人生がリストをこなすための単なる手段になり下がります。本当にしたいかどうかわからないことを「すべき」と考えてしているうちに、ずっとし続けることになりがちです。やがて「本当に今自分がしたいことは何なのか」が自分でも見えなくなってしまいます。まず「心の空きスペース」をつくること。人生は時間もエネルギーも有限です。後悔しない人生を生きるためにも「したいのかどうかわからないことをしない」ことを目指したいですね。