中島敦の名言

中島敦のプロフィール

中島敦、なかじま・あつし。日本の小説家。東京府出身。東京帝国大学国文学科卒、東京帝国大学大学院修了。私立横浜高等女子学校で国語と英語教師となる。十数年勤務したのち、パラオ南洋庁教科書編纂掛となる。戦後は小説家として活躍した。『古潭(『山月記』『文字禍』)』でデビュー。『光と風と夢』で芥川賞受賞。享年33歳。

中島敦の名言 一覧

人生は何事も成さぬにはあまりにも長いが、何事かを成すにはあまりにも短い。


中島敦の経歴・略歴

中島敦、なかじま・あつし。日本の小説家。東京府出身。東京帝国大学国文学科卒、東京帝国大学大学院修了。私立横浜高等女子学校で国語と英語教師となる。十数年勤務したのち、パラオ南洋庁教科書編纂掛となる。戦後は小説家として活躍した。『古潭(『山月記』『文字禍』)』でデビュー。『光と風と夢』で芥川賞受賞。享年33歳。

他の記事も読んでみる


佐藤慎次郎

世界中の医療現場に、テルモというブランドを浸透させたい。製品の品質、迅速な納品や営業体制、丁寧なアフターサービスなど、全てを含めたトータルクオリティーで勝負します。そのために大事なのは人づくり。新入社員の段階から能力を磨かせます。


山名昌衛

既存市場に強引に参入してシェアを競う気はありません。安売り競争を避け、高いシェアを取れる可能性のある分野に経営資源を集中して切り開く「ジャンルトップ戦略」が要。


鈴木弘治

契約社員に対して、正社員という「出口」を用意すれば、職場のモチベーション向上につながります。ただし登用について、具体的な目標の数値を掲げているわけではありません。あくまで個々の能力を見ながら判断していくつもりです。
【覚書き|契約社員から正社員に登用する試験の受験資格を勤続5年から3年に短縮した理由について語った言葉】


森下一喜

仕事を楽しむために心がけていることは「悩まない」こと。新作ゲームの売れ行きが悪くても、何かトラブルがあっても、考え過ぎないようにしています。これは、かつて、必要以上に悩み過ぎて、身体を壊した経験があるからです。


冨田和成

子供の教育に数千万円かかろうとも、資産をしっかり引き継ぎ、それを元にさらに大きくしてくれれば、長期的には利回りは何十倍、何百倍にもなります。子供への投資は、自分への投資でもあるのです。しかも、子供に対する投資なら回収期間はどんな投資よりも長くなります。少子化が進んでいるものの教育業界の市場がいまだに減速していないのは、親が子供にかけるお金の額が上がっていることを物語っているのです。


古川武士

ひとつの新しい習慣を始めようとするだけでも、やる気になっている半面、人は心のどこかでその習慣に反発してしまいます。新しい習慣をふたつ同時にというのはよほど意志が強いか、必要に迫られていないと両立は困難でしょう。


谷田千里

タニタ食堂を始めたのは「新しいことに挑戦しよう」というメッセージを社員に伝えたかったから。製造業の会社がサービス業を始めれば、それだけでインパクトがあるでしょう?


ページの先頭へ