名言DB

9490 人 / 112001 名言

中島平太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島平太郎のプロフィール

中島平太郎、なかじま・へいたろう。日本の技術者、経営者。ソニーのCD(コンパクトディスク)開発の責任者でCDの父と呼ばれた人物。ソニーの子会社・音響機器メーカーのアイワの社長。東京工業大学電気工学科、九州大学大学院卒。工学博士。大学院卒業後、NHKに入局し音響技術研究に携わる。世界初のデジタル録音機作製などの実績を上げNHK音響研究部部長、NHK放送科学基礎研究所所長を経て、ソニーの井深大社長にヘッドハンティングされソニーの常務に。その後、CDの世界標準規格策定に尽力し、世界初のCDプレーヤーを発表。その後、ソニーの子会社アイワの社長を務めた。

中島平太郎の名言 一覧

一芸に秀でた連中が大きな目標を与えられ、レベルの高いフィリップスの技術者に刺激を受けて、それこそ寝食を忘れて規格化に取り組みました。翌年、まれに見る短期間でCDの規格は完成しました。世界標準規格を作るためのひとつの成功パターンです。


部下に示す方向性(目標)によって、組織のリーダーの力量がわかります。部下が大いに燃えて、それこそ世界的な偉業を達成できれば、そのリーダーは本物です。ただ、言うは易しです。私はアナログ技術全盛時代に「オーディオでデジタル技術を導入する」という方向性を打ち出しました。幸運にもCDの標準化を若い技術者に与えて成し遂げることができました。


CD規格化のための懇談会を設立したところ、オランダのフィリップスが独自開発のディスクとプレーヤーを持って日本の音響メーカーを訪ねてきました。ディスクの開発では先を進んでいたフィリップスでしたが、デジタル処理回路の部分では明らかにソニーの方が先を進んでいました。ただ、世界で2社がずば抜けていたのは事実で、共同でCDの標準化に取り組むことを提案しました。


私はソニーの社内外から十数人の精鋭を集め、CDの世界標準規格という大目標に向かって号令をかけました。競合メーカーでもあるフィリップスと対等に渡り合うためには、相手より劣っている部分を必死に勉強して補強し、同じ技術レベルまで底上げしなければなりません。我々はフィリップスのディスク技術部隊に若い技術者を送り込み、先方の技術者をデジタル処理技術部隊に入れました。言葉も社風も違う二社が共同作業をするのは難しいことです。会話は英語にし、私の判断でノウハウを含めすべてをさらけ出すことにしました。


いまでこそデジタル録音は、アナログに比べてノイズが少なく、何回再生しても音質が劣化しないなどのメリットがあることはよく知られています。しかしCDの標準化に取り組んだ1970年代後半は理解者が少なく、アナログ信者を説得するのに苦労しました。ソニーでもデジタルに対する風当たりは強く、肩身の狭い思いをしました。


中島平太郎の経歴・略歴

中島平太郎、なかじま・へいたろう。日本の技術者、経営者。ソニーのCD(コンパクトディスク)開発の責任者でCDの父と呼ばれた人物。ソニーの子会社・音響機器メーカーのアイワの社長。東京工業大学電気工学科、九州大学大学院卒。工学博士。大学院卒業後、NHKに入局し音響技術研究に携わる。世界初のデジタル録音機作製などの実績を上げNHK音響研究部部長、NHK放送科学基礎研究所所長を経て、ソニーの井深大社長にヘッドハンティングされソニーの常務に。その後、CDの世界標準規格策定に尽力し、世界初のCDプレーヤーを発表。その後、ソニーの子会社アイワの社長を務めた。

他の記事も読んでみる

橋本真由美

18年ぶりに外で働いてみて思ったのは、自分のために時間を使ってもいいんだということでした。それまでは、妻として母として時間を使うのが当たり前でした。家庭が嫌でキャリアウーマンになりたいなどという気持ちは毛頭なかったのですが、働きだすとのめり込んでしまいました。
【覚書き|ブックオフ1号店にパートとして入社した当時を振り返っての発言】


スタンダール

天才の特徴は、凡人がひいたレールの上に、自分の考えを乗せないことだ。


太田彩子

営業はやみくもに回るのではなく、「この提案は中小企業向き」など仮説を立てることが大事です。すると中小の社長の集まる会合に顔を出すといったアイデアも出てきて道筋が見えてきます。


森雅弘

上場はゴールではなく、あくまでもスタート。ストック型の既存事業で確実な成長を確保しつつ、その利益を積極的な新サービスの開発・展開、そしてアライアンスに投資し株主ならびに投資家の期待に応えていきたい。


内田和成

自社が市場を開拓したとしても油断はできません。みなさんはホームベーカリー(家庭用パン焼き器)を最初に世に送り出したメーカーをご存知でしょうか。いまやホームベーカリー市場は年間出荷数43万台に成長しましたが、この市場を切り開いたのは船井電機でした。しかしその後、大手メーカーが続々と参入し、船井電機は早々に市場から撤退を余儀なくされました。市場性が高ければ、他社にとっても魅力的な新規事業になります。たとえブルーオーシャン(競合なし市場)を見つけたとしても、その後の競合との戦いに負けてしまえば元も子もありません。


ロベルト・バッジョ

僕が知っているドーピングはたったひとつだ。それは努力だ。
【覚書き:1994年のワールドカップ・アメリカ大会でブラジルのマラドーナがドーピングで告発されたことについてのコメント】


板坂直樹

事業を立て直すために、仕事の内容を量から質に変え、営業利益も改善。さらに社員全員を集めて全社会議を行い、意見や提案を直接吸い上げる仕組みをつくりました。


泉谷直木

我々は規模ではなくポジショニングを大事にしていく。我々の持っている技術や「スーパードライ」というブランド、あるいは品質に対する細かい能力などを駆使して利益率の高いプレミアムの市場に出ていく。我々はプレミアムブランドで世界ナンバーワンを目指す。


堀紘一(コンサルタント)

コミュニケーションで大事なことは、どこまで心の深い部分で互いをわかり合えたか。その体験が一度でもあれば、あとはムダな議論をせずに済みます。ところが、互いを表面的にしか理解していなければ、同じテーマで何度も議論をしなくてはいけなくなる。結果的に、コミュニケーションで使う時間の総量が増えてしまいます。


桑原豊(経営者)

私自身が自分は外から来た人間だと思っていると、周りはそれを敏感に感じ取って距離を置きます。その組織の一員という意識を自分に植えつけるには、まず言葉から変えないといけない。たとえば「この会社は」という言い方は第三者的であり、中の人になりきれていない証拠。そうではなく、「ウチは」と言ったほうが当事者意識を持てます。


窪山哲雄

ホスピタリティーを「心のこもったサービス」と定義することもありますが、その神髄は「相手に合わせる」ことにあります。たとえば、ディズニーランドでは小さな子供の目線に合わせるように話しかけたり、対応したりします。決してサービスする側の都合や思惑で対応しない。どんな相手であろうと、相手が心地よく思うところまで自分を変形させていく姿勢こそが、ホスピタリティーの本質です。


倉田真由美

どんなに優秀な人でも、何でも得られるわけじゃない。諦めや妥協が必要なこともあると思う。結婚だって、ある程度、諦めがないとできない。結婚することで失うものはたくさんありますから。