名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島平太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島平太郎のプロフィール

中島平太郎、なかじま・へいたろう。日本の技術者、経営者。ソニーのCD(コンパクトディスク)開発の責任者でCDの父と呼ばれた人物。ソニーの子会社・音響機器メーカーのアイワの社長。東京工業大学電気工学科、九州大学大学院卒。工学博士。大学院卒業後、NHKに入局し音響技術研究に携わる。世界初のデジタル録音機作製などの実績を上げNHK音響研究部部長、NHK放送科学基礎研究所所長を経て、ソニーの井深大社長にヘッドハンティングされソニーの常務に。その後、CDの世界標準規格策定に尽力し、世界初のCDプレーヤーを発表。その後、ソニーの子会社アイワの社長を務めた。

中島平太郎の名言 一覧

一芸に秀でた連中が大きな目標を与えられ、レベルの高いフィリップスの技術者に刺激を受けて、それこそ寝食を忘れて規格化に取り組みました。翌年、まれに見る短期間でCDの規格は完成しました。世界標準規格を作るためのひとつの成功パターンです。


部下に示す方向性(目標)によって、組織のリーダーの力量がわかります。部下が大いに燃えて、それこそ世界的な偉業を達成できれば、そのリーダーは本物です。ただ、言うは易しです。私はアナログ技術全盛時代に「オーディオでデジタル技術を導入する」という方向性を打ち出しました。幸運にもCDの標準化を若い技術者に与えて成し遂げることができました。


CD規格化のための懇談会を設立したところ、オランダのフィリップスが独自開発のディスクとプレーヤーを持って日本の音響メーカーを訪ねてきました。ディスクの開発では先を進んでいたフィリップスでしたが、デジタル処理回路の部分では明らかにソニーの方が先を進んでいました。ただ、世界で2社がずば抜けていたのは事実で、共同でCDの標準化に取り組むことを提案しました。


私はソニーの社内外から十数人の精鋭を集め、CDの世界標準規格という大目標に向かって号令をかけました。競合メーカーでもあるフィリップスと対等に渡り合うためには、相手より劣っている部分を必死に勉強して補強し、同じ技術レベルまで底上げしなければなりません。我々はフィリップスのディスク技術部隊に若い技術者を送り込み、先方の技術者をデジタル処理技術部隊に入れました。言葉も社風も違う二社が共同作業をするのは難しいことです。会話は英語にし、私の判断でノウハウを含めすべてをさらけ出すことにしました。


いまでこそデジタル録音は、アナログに比べてノイズが少なく、何回再生しても音質が劣化しないなどのメリットがあることはよく知られています。しかしCDの標準化に取り組んだ1970年代後半は理解者が少なく、アナログ信者を説得するのに苦労しました。ソニーでもデジタルに対する風当たりは強く、肩身の狭い思いをしました。


中島平太郎の経歴・略歴

中島平太郎、なかじま・へいたろう。日本の技術者、経営者。ソニーのCD(コンパクトディスク)開発の責任者でCDの父と呼ばれた人物。ソニーの子会社・音響機器メーカーのアイワの社長。東京工業大学電気工学科、九州大学大学院卒。工学博士。大学院卒業後、NHKに入局し音響技術研究に携わる。世界初のデジタル録音機作製などの実績を上げNHK音響研究部部長、NHK放送科学基礎研究所所長を経て、ソニーの井深大社長にヘッドハンティングされソニーの常務に。その後、CDの世界標準規格策定に尽力し、世界初のCDプレーヤーを発表。その後、ソニーの子会社アイワの社長を務めた。

他の記事も読んでみる

吉沢悠

中途半端に仕事をしている時って、立ち位置としてはオンとオフの中間くらいじゃないですか。そういう時ほど、全体の流れに流されてしまう。でも俳優としての活動を休業してアメリカに渡ったことで、東京とは違うものを感じ取ることができた。


千金楽健司

重要なのは日常のコミュニケーション。社内のコミュニケーションがないと、業績も人の心も悪い方向へ進んでしまう。


畑中好彦

アステラス製薬は合併によって誕生した企業ということもあり、多様性を尊重し、様々な人の意見を受け入れる企業風土が整っています。これは我々の大きな強みです。


矢野博丈

海外では安いからダイソーで買うという消費者はいません。海外では最初から「高品質」をコンセプトにしています。価格を主要なコンセプトにしてはいけないと、日本で学びましたから。


樋口武男

上司は上から目線で話をせずに、相手の立場で話を聞くことが大切だ。


香藤繁常

当社の子会社ソーラーフロンティアが手がけてきた太陽電池事業に、ようやく黒字化の目途がついた。一時は200億円以上の深刻な赤字が続き、事業継続へのご心配もいただいたが、前期は通期での黒字を見込めそうだ。エネルギーソリューション事業の柱として位置づけた太陽電池は、苦難の歴史だった。撤退の判断をしないで踏ん張ってこられたのは、私どものCIS型太陽電池がオンリーワンの技術であったこともさることながら、それを担った技術者たちの真剣さ、自信の深さに確信が持てたからである。


ジャック・マー(馬雲)

企業家精神ではチャンスは待つものではなく、創るものです。


森下裕道

売り言葉に買い言葉で、勢いで相手にひどいことを言いそうになることもあるでしょう。私も妻から「あなたは、いつも服を脱いだら脱ぎっぱなし」と小言を言われると、「いつもじゃないだろう!」と怒鳴り返したい気持ちになります。でも、そこはぐっとこらえて、笑顔で対応するようにしています。感情に任せて言い返せば、自分としてはスッキリするかもしれませんが、二人の関係は険悪になります。後になって「あんなこと言わなきゃよかった」と後悔するに違いありません。これからも続く二人の関係を考えれば、ここはこらえて、楽しい気分で過ごしたほうが幸せです。


川田達男

自分の頭で何も考えないのは企業の体をなしていない。


マザー・テレサ

もしも私たちが謙遜ならば、褒められようと、けなされようと気にしません。もし誰かがあなたを非難しても、がっかりすることはありません。反対に誰かがあなたを褒めてくれたとしても、それで自分が偉くなったように思う必要もありません。


冨田哲郎

鉄道会社にとっては、人を運ぶだけでなく、いまや生活基盤の提供も新しい使命になったと言えるでしょう。


佐藤裕久

競争相手がいないと、何も成長していかない。