名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島平太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島平太郎のプロフィール

中島平太郎、なかじま・へいたろう。日本の技術者、経営者。ソニーのCD(コンパクトディスク)開発の責任者でCDの父と呼ばれた人物。ソニーの子会社・音響機器メーカーのアイワの社長。東京工業大学電気工学科、九州大学大学院卒。工学博士。大学院卒業後、NHKに入局し音響技術研究に携わる。世界初のデジタル録音機作製などの実績を上げNHK音響研究部部長、NHK放送科学基礎研究所所長を経て、ソニーの井深大社長にヘッドハンティングされソニーの常務に。その後、CDの世界標準規格策定に尽力し、世界初のCDプレーヤーを発表。その後、ソニーの子会社アイワの社長を務めた。

中島平太郎の名言 一覧

一芸に秀でた連中が大きな目標を与えられ、レベルの高いフィリップスの技術者に刺激を受けて、それこそ寝食を忘れて規格化に取り組みました。翌年、まれに見る短期間でCDの規格は完成しました。世界標準規格を作るためのひとつの成功パターンです。


部下に示す方向性(目標)によって、組織のリーダーの力量がわかります。部下が大いに燃えて、それこそ世界的な偉業を達成できれば、そのリーダーは本物です。ただ、言うは易しです。私はアナログ技術全盛時代に「オーディオでデジタル技術を導入する」という方向性を打ち出しました。幸運にもCDの標準化を若い技術者に与えて成し遂げることができました。


CD規格化のための懇談会を設立したところ、オランダのフィリップスが独自開発のディスクとプレーヤーを持って日本の音響メーカーを訪ねてきました。ディスクの開発では先を進んでいたフィリップスでしたが、デジタル処理回路の部分では明らかにソニーの方が先を進んでいました。ただ、世界で2社がずば抜けていたのは事実で、共同でCDの標準化に取り組むことを提案しました。


私はソニーの社内外から十数人の精鋭を集め、CDの世界標準規格という大目標に向かって号令をかけました。競合メーカーでもあるフィリップスと対等に渡り合うためには、相手より劣っている部分を必死に勉強して補強し、同じ技術レベルまで底上げしなければなりません。我々はフィリップスのディスク技術部隊に若い技術者を送り込み、先方の技術者をデジタル処理技術部隊に入れました。言葉も社風も違う二社が共同作業をするのは難しいことです。会話は英語にし、私の判断でノウハウを含めすべてをさらけ出すことにしました。


いまでこそデジタル録音は、アナログに比べてノイズが少なく、何回再生しても音質が劣化しないなどのメリットがあることはよく知られています。しかしCDの標準化に取り組んだ1970年代後半は理解者が少なく、アナログ信者を説得するのに苦労しました。ソニーでもデジタルに対する風当たりは強く、肩身の狭い思いをしました。


中島平太郎の経歴・略歴

中島平太郎、なかじま・へいたろう。日本の技術者、経営者。ソニーのCD(コンパクトディスク)開発の責任者でCDの父と呼ばれた人物。ソニーの子会社・音響機器メーカーのアイワの社長。東京工業大学電気工学科、九州大学大学院卒。工学博士。大学院卒業後、NHKに入局し音響技術研究に携わる。世界初のデジタル録音機作製などの実績を上げNHK音響研究部部長、NHK放送科学基礎研究所所長を経て、ソニーの井深大社長にヘッドハンティングされソニーの常務に。その後、CDの世界標準規格策定に尽力し、世界初のCDプレーヤーを発表。その後、ソニーの子会社アイワの社長を務めた。

他の記事も読んでみる

柳川範之

経済学や法学のような社会科学系の学問は、むしろ社会に出て実際に経済活動に参加することによって初めて理解できる面が多い。商売をしたことのない若者にとって、経済学や経営学は机上の空論に見えてしまう。だから暗記に走ってしまう。多くの卒業生が、実際に仕事を経験した後になって、あの科目をもっと勉強しておけばよかったと悔やむというのはよく聞く話だ。


鈴木優輔

病気を防いで健康を維持したいと思っても、病院では予防のためのケアを教えてはくれません。日本にはそうしたことを教えてくれる施設がないのです。この現状を憂慮し、予防医療を広める拠点として「予防ケアステーション」を展開し始めました。ここにはヘルスアドバイザーが常駐し、たとえば自己治癒力をどう高めるかといったアドバイスをするなど健康支援を行っています。各店舗は地域の子供からシルバー世代まで様々な方でにぎわい、健康について気軽に学べる、健康観が変わったと喜ばれています。


村上憲郎

Google創業者のラリー・ぺイジとサーゲイ・ブリン、またエリック・シュミットら、経営陣が共有していた考え方が、「優秀な若者の力を活かす」ということです。


大串亜由美

同じ職場だからわかっているはずという思い込みは誤解を招く原因になる。具体的に説明し、相手から「そうだね」という小さなイエスをもらいながら話を進めましょう。


原田泳幸

本社では6時以降の残業は禁止としました。6時に帰れと言うと、みんな異口同音に「無理です」と答えます。しかし、禁止命令が出れば「どうやったら6時に帰れるか」を考えざるを得ない。そのことによって仕事の質が上がる。私の狙いはそこにあるのです。


越智通勝

経営者が自社の本業に信念と情熱を持たないと、ベンチャーは単なる打ち上げ花火で終わってしまいます。大義名分を掲げて経営に集中する。そして、その経営者の志に共感して社員が集まり、独自性と社会性を持ったビジネスを展開していく。これがベンチャー企業だと思います。


ピーター・ドラッカー

知的労働者が成果をあげるための第一歩は、実際の時間の使い方を記録することである。時間を記録する、整理する、まとめるの3段階にわたるプロセスが、成果をあげるための時間管理の基本となる。


生田正治

何事も現状維持は衰退に通じる。


日覺昭廣

滅私奉公ではなく、自分というものがしっかりわかっていることが大事。自分はどうでもいいからというのは偽善。やはり自分がかわいいし、人も同じようにかわいいと、そうなるのが本来の姿。そういう姿勢だと、相手を説得できる。自分のことを相手の立場に立って考えることができれば、必ず説得できる。


テリー伊藤

「不満なことは、これとこれ。でも、幸せなことはこれとこれ」。その割合が「幸せ51:不満49」であれば、人間相当ハッピーだ。


観音寺一嵩

初対面で相手を認知し、3秒以内に自分から、にっこりとした笑顔で話しかけるのがポイントです。そのときの話題は天気や気温といった時候の話題や出身地、出身校など、ラポール(信頼関係)づくりに役立つものがいいでしょう。盛り上がりそうな話題が見つかったら、そこから話を展開していくのです。


石川康晴

成功の秘訣はお客様の内側に入ること。