中島平太郎の名言

中島平太郎のプロフィール

中島平太郎、なかじま・へいたろう。日本の技術者、経営者。ソニーのCD(コンパクトディスク)開発の責任者でCDの父と呼ばれた人物。ソニーの子会社・音響機器メーカーのアイワの社長。東京工業大学電気工学科、九州大学大学院卒。工学博士。大学院卒業後、NHKに入局し音響技術研究に携わる。世界初のデジタル録音機作製などの実績を上げNHK音響研究部部長、NHK放送科学基礎研究所所長を経て、ソニーの井深大社長にヘッドハンティングされソニーの常務に。その後、CDの世界標準規格策定に尽力し、世界初のCDプレーヤーを発表。その後、ソニーの子会社アイワの社長を務めた。

中島平太郎の名言 一覧

一芸に秀でた連中が大きな目標を与えられ、レベルの高いフィリップスの技術者に刺激を受けて、それこそ寝食を忘れて規格化に取り組みました。翌年、まれに見る短期間でCDの規格は完成しました。世界標準規格を作るためのひとつの成功パターンです。


部下に示す方向性(目標)によって、組織のリーダーの力量がわかります。部下が大いに燃えて、それこそ世界的な偉業を達成できれば、そのリーダーは本物です。ただ、言うは易しです。私はアナログ技術全盛時代に「オーディオでデジタル技術を導入する」という方向性を打ち出しました。幸運にもCDの標準化を若い技術者に与えて成し遂げることができました。


CD規格化のための懇談会を設立したところ、オランダのフィリップスが独自開発のディスクとプレーヤーを持って日本の音響メーカーを訪ねてきました。ディスクの開発では先を進んでいたフィリップスでしたが、デジタル処理回路の部分では明らかにソニーの方が先を進んでいました。ただ、世界で2社がずば抜けていたのは事実で、共同でCDの標準化に取り組むことを提案しました。


私はソニーの社内外から十数人の精鋭を集め、CDの世界標準規格という大目標に向かって号令をかけました。競合メーカーでもあるフィリップスと対等に渡り合うためには、相手より劣っている部分を必死に勉強して補強し、同じ技術レベルまで底上げしなければなりません。我々はフィリップスのディスク技術部隊に若い技術者を送り込み、先方の技術者をデジタル処理技術部隊に入れました。言葉も社風も違う二社が共同作業をするのは難しいことです。会話は英語にし、私の判断でノウハウを含めすべてをさらけ出すことにしました。


いまでこそデジタル録音は、アナログに比べてノイズが少なく、何回再生しても音質が劣化しないなどのメリットがあることはよく知られています。しかしCDの標準化に取り組んだ1970年代後半は理解者が少なく、アナログ信者を説得するのに苦労しました。ソニーでもデジタルに対する風当たりは強く、肩身の狭い思いをしました。


中島平太郎の経歴・略歴

中島平太郎、なかじま・へいたろう。日本の技術者、経営者。ソニーのCD(コンパクトディスク)開発の責任者でCDの父と呼ばれた人物。ソニーの子会社・音響機器メーカーのアイワの社長。東京工業大学電気工学科、九州大学大学院卒。工学博士。大学院卒業後、NHKに入局し音響技術研究に携わる。世界初のデジタル録音機作製などの実績を上げNHK音響研究部部長、NHK放送科学基礎研究所所長を経て、ソニーの井深大社長にヘッドハンティングされソニーの常務に。その後、CDの世界標準規格策定に尽力し、世界初のCDプレーヤーを発表。その後、ソニーの子会社アイワの社長を務めた。

他の記事も読んでみる

山下泰裕

山登りに例えれば、山頂には自分の理想とする柔道があった。それを言葉で表現すれば「常に冷静で隙がなく、素晴らしい技の切れを持つ柔道家」といったところでしょうか。オリンピックだって、その理想に至る道程に過ぎなかった。だから、金メダルを取っても「まだまだだ!」と思っていた。


大野寿子

夢の実現にはたくさんの人がかかわっています。様々な企業や人気アイドル、有名スポーツ選手、ボランティアさんの協力も大きい。でも、それはみんな夢をかなえようとする子供の存在があってこそ。その子の魅力がまわりをどんどん変えてゆく。だから「夢をかなえたのは君の力なんだよ」と伝えることを、とても大切にしているんです。


三村起一

こんなむごいことがあってよいものだろうか。1日40人からの大小の負傷者を出し、ある年は7名の殉職者を出していた。いったい何事だ。生産は社会のためになるものをつくるのだ。その生産者の生命身体を犠牲にしてもよいのか。災害なき生産こそ真の生産だ。安全生産こそ工場生活の基本である。私はこのときから一生を安全運動に捧げようと堅く胸に刻んだ。
【覚書き|新人時代、工場で機械に巻き込まれ死んだ工員を見たとき、安全管理を徹底しなければと決意した当時を振り返っての発言】


夏野剛

社長や上司を反面教師にすることが大切です。これまでは「仕事のスキルは上司から盗め」といわれてきたけれども、いまは逆。上の人間の真似をしていると、鉄砲の時代に槍で戦わなくてはいけなくなります。社長や上司がいうことは礼儀のうえでは聞いてもいいでしょうが、心のなかでは「自分は絶対にあんなふうにはならない」と自分自身に言い聞かせることが大事ですね。


小松易

片付けが苦手な人は、不要なモノが溜まらないようにライフスタイルを見直すことも大切でしょう。


淡輪敬三

地球的、社会的な価値追求の志や信念、哲学が重要です。お金だけで人はモチベート(動機づけ)できませんし、持続性もありません。


森辺一樹

東南アジア市場で商品を販売する際、最も重要となるのが国別に異なる流通構造の理解だ。特に消費財となれば小売流通の構造を確りと理解しなければ商品は売れない。日本の流通構造の例に習えば必ず失敗が待っている。


千本倖生

最短距離とは本質を行くことです。つまり、経営者なら1円でも経費を節減し、1円でも売上をあげ、お客さんに「ありがとう」と言ってもらえるように汗を流す。少なくとも僕は、この方法以上に効率的なやり方を知りません。


俣野成敏

部署の人間が残業しているのに、自分だけ帰るのは気が引けるという声を耳にします。こうした方々には、「思い切って慣れ合うのをやめよう」といったアドバイスをしたいと思います。たとえ、「チームの和を乱す」と陰口を叩かれようと、気にせず「お先に失礼します」と言って帰りましょう。残業が常態化した人たちに合わせていては、いつまで経っても仕事を効率的にこなすクセはつきません。もしも、今の残業体質の職場に少しでも違和感を抱いているのなら、「自分がこの状況を変える」くらいの気概を持って欲しいものです。


佐藤優

綱渡りで仕事するのはリスクが高いという声もあるだろう。だが、たとえ綱渡りでも、落ちなければ問題はない。綱から落ちたときのためにスケジュールにバッファを多めに入れる人もいるが、入れすぎると緊張感が失われるリスクがある。むしろ予定を詰め込んでギリギリの状況に追い込んだほうが、いい仕事ができるはずだ。


服部利光

京都大学には研究成果や知的財産が豊富にあります。これをビジネス視点から見つめ直し、特許を絞り込んでビジネスに使えるものに変えていきます。それにより、商品を市場に上市することが可能になり、新たな価値を社会に提供できると考えています。


山海嘉之

小学3年生のときにアイザック・アシモフのSF短編集『われはロボット』を読みました。物語は西暦2058年が舞台。テーマは人とテクノロジーの関係です。小学6年生までには「社会の役に立つロボットを作りたい」と明確に思っていましたね。そして、研究者や科学者としての倫理にも目覚めていました。当時の文集には「科学とは悪用すればこわいもの」と書いていましたから。


岡素之

会社の信用とは、結局、社員一人一人が支えていくものです。毎日の仕事の中で、それぞれの社員が取引先やパートナーに信頼されることがすなわち、我が社の信用そのものなのです。


星野佳路

私は働く日と遊ぶ日をあまりきっちり分けないほうです。遊びながら仕事をするスタイル。しっかり区切ると生きにくくなると思っています。


チャップリン

わずかの人間で決めた賞なんて、そうたいした名誉ではない。私のほしいのは大衆の喝采だ。大衆が私の仕事を賞賛してくれるならば、それで十分だ。
【覚書き|『サーカス』で第1回アカデミー賞の特別名誉賞を受賞したのちの発言。チャップリンは授賞式に欠席しただけでなく、贈られたオスカー像をドアのつっかい棒にした。】


ページの先頭へ