名言DB

9429 人 / 110879 名言

中島圭一(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

中島圭一(経営者)のプロフィール

中島圭一、なかじま・けいいち。日本の経営者。工作機械メーカー「シチズンマシナリーミヤノ」社長。大阪出身。法政大学工学部卒業後、シチズン時計に入社。同社で工作機械事業に携わる。タイに赴任しゼロから工作機械工場の立ち上げを行う。シチズンマシナリーアジア社長、シチズンマシナリー(のちにミヤノと合併してシチズンマシナリーミヤノ)取締役、執行役員、シチズンマシナリーサービス社長、シチズンマシナリーミヤノ取締役執行役員、管理本部長などを経て社長に就任。

中島圭一(経営者)の名言 一覧

バランスを重視するのは、客観的な判断をするためです。仕事に真面目に取り組むのは大事ですが、のめり込みすぎると判断に偏りが生まれるので、良いことではありません。


覚え続けていられるか不安を感じていては、頭を切り換えて新しいことを考えるのが難しいでしょう。メモは頭を切り換えてメリハリをつけるためにも役立ちます。


アイデアや部下への指示、アドバイスも紙に書きます。先日、ある社員のノートを見たら、私が渡したメモで埋まっていました。メモを書けば「忘れても構わない」ので、安心して別のことを考えることができます。


休日や移動時間は、本や雑誌をよく読みます。いろいろな経営者のインタビュー記事で「これだ!」と思う文章を見つけたら、すぐに手書きでメモをとります。いつでも読み返せるように、手帳にたくさんのメモを挟んでいます。


社員にはよく「バランスを大事にし安にしよう」と話しています。目の前の仕事も大事だけど、趣味や文化、育った風土なども大切にして欲しいのです。


タイで工作機械の生産を始めるため、現地に駐在しました。ゼロから会社を立ち上げ、工場を建てるのが私の仕事です。最初に20代の若いタイ人スタッフを1人雇いましたが、彼はシチズン時計という社名も、工作機械がどんなものかも知りませんでした。不安もありましたが、幸いにも彼は正直で熱心でした。会社のこと、工作機械産業のこと、2人で毎日話し込みました。気がつけば、考えや目標を分かち合えていました。彼はいま、タイの現場をまとめてくれています。現地での4年間で学んだのは、顔を合わせて話すことの重要性でした。


中島圭一(経営者)の経歴・略歴

中島圭一、なかじま・けいいち。日本の経営者。工作機械メーカー「シチズンマシナリーミヤノ」社長。大阪出身。法政大学工学部卒業後、シチズン時計に入社。同社で工作機械事業に携わる。タイに赴任しゼロから工作機械工場の立ち上げを行う。シチズンマシナリーアジア社長、シチズンマシナリー(のちにミヤノと合併してシチズンマシナリーミヤノ)取締役、執行役員、シチズンマシナリーサービス社長、シチズンマシナリーミヤノ取締役執行役員、管理本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

藤本昌義

商社という形態は世界でも珍しいと言われますが、時代の流れで変化していかないと稼げなくなっています。私が入社した時から商社冬の時代が叫ばれ、いつかはなくなると言われ続けてきましたが、今でも存続しているのは、どのステージでもその収益構造を変えてきた証左だと思います。


高松信彦

1990年代前半、新日本製鉄室蘭製鉄所(当時)に赴任した時のこと。高炉を止める計画が一転、新会社を設立して存続させることになりました。でも急に業績が上がるはずもない。厳しい状況でした。そんなとき、高炉の担当者が私を呼び出しました。行ってみると、何やら自分たちで棒材を溶接して道具を作っている。買えば数千円くらいの道具を自作することで経費を削減していたのです。実は以前、彼らの出張を認める時、冗談半分に「出張には30万円かかるから1年くらいで取り返して」と伝えていました。それで「28万円分まで削減できました。あと2万円です」と言う。涙が出ました。結局、その年に出た20億円の利益の半分がこうした小さな改善の積み重ねでした。


テリー伊藤

イルミネーションを見て「いいなあ」と言うのか「さあ、クリスマスだ」と言うか、まずそこが大違い。うらやましがっているのではなく「よし、行くぞ、クリスマス!」という気持ちを失ってはいけない。


井上礼之

完璧な人間などいないのですから、最初から100点満点の戦略などあるわけがありません。そのことを頭に入れておくだけで、決断のスピードが上がります。


三宅宏実

本気で自分を変えようと行動し、諦めずに努力し続ければ、本番で力が発揮できる。


上野和典

アイデアを2本出せと言われて、2本しか考えない人の案が良かったということはほとんどありません。良い案を出す人は、その良い案1、2本の裏で100本は考えているはず。その作業を通して、発想力そのものが鍛えられていく。


大島康朋

例え苦しい事が起こっても、ピンチの後はチャンスがくると確信しています。ツーアウト満塁で攻められているならここをガンバル!!そういう習性しかないですし、だからこそ全てに対して前向きに頑張れるのかもしれません。


佐久間俊行

昔、ビジネス誌に尊敬する経営者のインタビューが掲載されていまして、その中に、「ビジネスマンとして上達する近道は、とにかく仕事の量をたくさんこなす。 圧倒的な量をこなすことで、見えてくるものがある。私はそのために職場の行き帰り以外は、ずっと仕事をしていた」といった内容が書いてありました。それなら、私は泊まりこんでみようと。尊敬する経営者の仕事量をまずは上回ってみようと、最初の6ヶ月間は家に帰らず、ずっと泊り込んで仕事をしていました。単純に忙しくて、家に帰る暇がなかったということもありますが、それは経営者として経験の浅い私なりの工夫と挑戦でもありました。


福嶋康博

人間は、なかなか発想の転換ができないのです。だからこそ、リーダーが大きな目標を掲げ、社員に発想の転換を促していくことが大切なのです。


庄野直之

企業は人が全て。会社にはいろいろな人がいますから、トップは社員にチャンスを与えて、向き不向きを見極める目が必要。今後、ますます経営者の役割は重要になってくると思います。