名言DB

9490 人 / 112001 名言

中島厚志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島厚志のプロフィール

中島厚志、なかじま・あつし。日本の経営学者、エコノミスト。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。国際営業第一部課長、産業調査部副部長、パリ支店長、パリ興銀社長、みずほコーポレート銀行執行役員調査部長、みずほ総合研究所チーフエコノミスト・専務執行役員、経済産業研究所理事長などを務めた。

中島厚志の名言 一覧

これからはイノベーションが新たな世界経済を切り開いていく。


何よりも企業トップがその気にならなければ、いくら政府が様々な支援態勢を完備してもうまくいかない。


多様な人材を活用し、新しい文化や発想が出てくる土壌を社内に作らないと勝負にならない。


ブレークスルーしかない。第4次産業革命のような大きなイノベーションと言ってもいいかもしれません。要するに、現在の世界経済の、すぐ供給過剰となって先進国と途上国との間で摩擦が起きるような枠組みを吹き飛ばすために、違う次元のステージに進むしかない。


我々日本人は金儲けを汚いものだと考えずに、もっと正面から向き合うべきです。日本の国益という観点で、きちんとそしてより多く稼ぐことがいかに大事なことであるか。海外からの収益の国内分配ということを含めて、稼ぐということを、我々はもっと正面から議論するべきだと思います。


中島厚志の経歴・略歴

中島厚志、なかじま・あつし。日本の経営学者、エコノミスト。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。国際営業第一部課長、産業調査部副部長、パリ支店長、パリ興銀社長、みずほコーポレート銀行執行役員調査部長、みずほ総合研究所チーフエコノミスト・専務執行役員、経済産業研究所理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

深野康彦

老後の貯蓄として足りないならば、定年後も働けばいいだけのこと。それはそれで大変な決断でしょうが、今から不安を抱えて悶々とするのは、決して賢い態度とはいえません。ただし、健康には留意してください。


堀場雅夫

日本は反撃不能なほどダメージをまだ受けてませんよ。国難だとか、何を大げさなことを言うとんのやと。三度の飯が食えるどころか、医者から肉を食ったらいかん、酒を飲んだらいかん、白い飯もあんまり食うなと言われている、そんな時代やないですか。どこが不景気やねん。


福嶋宏盛

何のメリットも相手に提示せず、強気で押していく交渉の仕方もあります。ただし、強気の交渉が有効なのは、購入側の選択肢がたくさんある場合です。たとえば家電メーカーのように、多くのサプライヤーが競い合っている市場であれば「こちらの要求が通らないなら他社と取引する」という腹づもりで交渉に臨めるわけです。逆に一社の独占市場では、取引できなくなると困るのはこちら側ですから、強気に出るのは難しくなります。


松本晃(経営者)

私はアメリカに駐在していたとき、彼らの働き方に強い刺激をうけた。アメリカではエリートほど朝早く出社する。そして3時ごろには仕事を終えて、趣味のために時間を使う。私の同僚は仕事を終えてから、よく日が暮れるまでヨットに乗っていた。もちろん翌日はいつも通り朝早くに出社してくる。彼らは、よく働き、よく遊んでいる。なぜここまで違うのか。それは日本企業にそうした働き方ができる「仕組みと文化」がないからだ。仕事が終わった人間から帰る、という仕組みがあれば、「よく働き、よく遊ぶ」という企業文化が根付く。そうなって初めて、「残業は無駄だ」という正論を誰もが堂々とぶつけられるようになる。


木村惠司(木村恵司)

ビジネスは日進月歩の勢いで変化しています。ふと立ち止まるだけで、変化についていけなくなりかねません。この激動の中で、チャレンジする精神を持ち続けることは、たしかに容易なことではありません。そのために必要なのが、先見力、先を見通す力です。ライバルたちより一歩先を読めれば、優位に立つことができるはずです。気持ちに余裕も生まれます。


松尾静磨

当今は万事合理主義の時代になって、昔のような厳しい訓練がないので、いざという肝心なときに粘りがない。競技にしても、やれ向かい風が強かっただの、雨が降っていたのとコンディションのせいにするが、自分だけでなく相手も同じ条件でやっているのだ。日ごろの訓練が足りないから、とんでもない泣きごとを言ってしまうのである。


箭内道彦

会社の中で優等生にしていると、周囲から引っ張りだこで都合よく使われ、自分が本当にやりたい面白い仕事にありつけなくなります。それはどうしても避けたかった。


谷所健一郎

社員のスキルアップは、当然企業側にとっても重要な課題ですが、そこで鍵となるのがまさにキャリアパスの提示です。どんなステップを踏んでいけば、成長できるかがはっきりしている会社は、社員のモチベーションが総じて高い。キャリアアップは、ある面で社員と会社の共同の作業です。お互いに意識、目的を共有することは大事なポイントでしょう。


奥田健次

顔がカッコイイのにモテない。イケメンで一時的にはモテるのに、決して長続きしない。そんな人が、周囲にいるのではないでしょうか。彼らがモテないのは、女の子に嫌われる行動をとっているからです。わかりやすく、モテないABCをあげてみます。「A・相手の興味のない話を延々と続ける」「B・相手の話を全く聞かない」「C・ネガティブな発想から始まる」。これらABCのことをしていたら、およその女の子に嫌われることは簡単です。


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)

リスクを取らねば常に三番手。だから、そこに伸びしろがあるならば、必ずリスクを取らねばならない。賢い人ならば失敗しても学ぶ。だから、マイナスはない。


藤沢武夫

私の経営信条は、すべてシンプルにするということです。シンプルにすれば、経営者も忙しくしないで済む。そのためには、とにかく一度決めたら、それを貫くことです。状況が変わっても、一筋の太い道を迷わず進むことです。


小笹芳央

コミュニケーションが滞っている会社では、上司の考えや部下の思いが、まったく行き来しません。そのような組織では、社員のやる気が下がり、能率も業績も落ちてしまいます。