名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中島厚志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島厚志のプロフィール

中島厚志、なかじま・あつし。日本の経営学者、エコノミスト。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。国際営業第一部課長、産業調査部副部長、パリ支店長、パリ興銀社長、みずほコーポレート銀行執行役員調査部長、みずほ総合研究所チーフエコノミスト・専務執行役員、経済産業研究所理事長などを務めた。

中島厚志の名言 一覧

これからはイノベーションが新たな世界経済を切り開いていく。


何よりも企業トップがその気にならなければ、いくら政府が様々な支援態勢を完備してもうまくいかない。


多様な人材を活用し、新しい文化や発想が出てくる土壌を社内に作らないと勝負にならない。


ブレークスルーしかない。第4次産業革命のような大きなイノベーションと言ってもいいかもしれません。要するに、現在の世界経済の、すぐ供給過剰となって先進国と途上国との間で摩擦が起きるような枠組みを吹き飛ばすために、違う次元のステージに進むしかない。


我々日本人は金儲けを汚いものだと考えずに、もっと正面から向き合うべきです。日本の国益という観点で、きちんとそしてより多く稼ぐことがいかに大事なことであるか。海外からの収益の国内分配ということを含めて、稼ぐということを、我々はもっと正面から議論するべきだと思います。


中島厚志の経歴・略歴

中島厚志、なかじま・あつし。日本の経営学者、エコノミスト。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。国際営業第一部課長、産業調査部副部長、パリ支店長、パリ興銀社長、みずほコーポレート銀行執行役員調査部長、みずほ総合研究所チーフエコノミスト・専務執行役員、経済産業研究所理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

森本千賀子

仕事においても家庭においても、私は自分でやるべきことと、私でなくてもできることを整理し、ほかの人でもできることはできるだけアウトソーシングしています。家事の合理化には、最新型の家電を取り入れるようにしています。


肥後克広

きっかけとなったのが、ビートたけしさんの『お笑いウルトラクイズ』。ここでリアクション芸人としてブレイクしたけど、僕らはそれ以上に番組作りの方法や人間関係の大切さを教えてもらいました。


小倉昌男

リーダーに求められる条件はいろいろありますが、その第一は論理的に考えることだと思います。


山崎敦彦

とくに社員同士のコミュニケーションを重視しています。そこで、年に2回のグローバルマーケティングミーティングを開催し、世界各地から集まった社員がチーム力を付ける場として活用していま式高度な通信環境がある今でも、やはりフェイス・トゥ・フェイスで一堂に会し、同じ空気を吸いながら考えることが大切なのです。


木川理二郎

中国人は食事を大切にします。一緒に食事をして個人的に親しい関係を築くことは、中国で仕事をするうえで本当に大事ですね。あの円卓というのは便利なもので、どこに座っても、みんなと目が合います。目が合ったら乾杯をしなくてはならないのですが、何度も乾杯した末に酔っ払った時など、不思議なことに片言の中国語でも意思疎通できましたね。一度、食事をして親しくなれば、それ以降は仕事もスムーズに進むようになります。


張瑞敏

変えるのが当たり前の組織でないと、顧客の変化を捉えられません。改革を絶えずしてきたことで、当社の社員は変化に慣れています。そのことが最も重要だと思っています。


加藤秀一(不動産コンサルタント)

本や新聞などに登場した方々のお話に感動したときには、どうしてもご本人に連絡が取りたくなるんです。でも、いきなり電話をかけるわけにもいかないですよね。そこで私は、まず手紙を送るようにしています。どういうところに感動したのかをていねいに書けば、コネクションがゼロでも、意外に返事をいただけるものですよ。有名な経営者の方でも、私の経験では八割は返事をいただいています。お互いに何をしたいのか、何を一緒にできそうかがはっきりしているときは、返事をいただけることが多いですね。


村田昭治

必要なのは、やりぬく粘り、あきらめない根気、燃えるファイトをもった突進力だ。そのパワーが市場からの最良の見返りを手にする途(みち)を拓く。


野口聡一

どんなプロジェクトでも、仕事をやっていれば、ハズレくじを引いたり、終電逃した感に襲われるときがあると思います。そこで「この先、どうなるんだろう?」と漠然とした不安にばかり気をとられていると、本当に潰されてしまうでしょう。そんなときでも、いま自分たちがやるべきことはあるだろうし、目の前の作業に集中する。「自分の仕事に熱くなれる瞬間」というのを大事にして、その日、その日を乗り越えていけば、道は必ず拓けていくと思っていま


竹島愼一郎

企画の良し悪しについて判断するとき、企画内容だけが問題にされがちですが、それ以上に根本的なのは前提条件の正否です。つまり、「何のための企画か」が相手と共有されているかどうか、ということです。これが共有されていないと、企画が採用されることは難しいでしょう。


ロミオ・ロドリゲス・ジュニア

即答すると説得力が高まる。質問の返答は、普通1秒以内。それ以上沈黙すると、「この人、何もわかっていないのでは?」と思われてしまう。何かを聞かれたら、「はい」でも「そうですね」でもいいので、すぐに返す癖をつけましょう。


羽入佐和子

これまでも、組織を担う立場になった時には、まず職員とビジョンを定め、それを核に組織運営に当たってきました。保つべきことを保ちつつ、社会の変化を意識して対応していかなければなりません。