中島厚志の名言

中島厚志のプロフィール

中島厚志、なかじま・あつし。日本の経営学者、エコノミスト。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。国際営業第一部課長、産業調査部副部長、パリ支店長、パリ興銀社長、みずほコーポレート銀行執行役員調査部長、みずほ総合研究所チーフエコノミスト・専務執行役員、経済産業研究所理事長などを務めた。

中島厚志の名言 一覧

これからはイノベーションが新たな世界経済を切り開いていく。


何よりも企業トップがその気にならなければ、いくら政府が様々な支援態勢を完備してもうまくいかない。


多様な人材を活用し、新しい文化や発想が出てくる土壌を社内に作らないと勝負にならない。


ブレークスルーしかない。第4次産業革命のような大きなイノベーションと言ってもいいかもしれません。要するに、現在の世界経済の、すぐ供給過剰となって先進国と途上国との間で摩擦が起きるような枠組みを吹き飛ばすために、違う次元のステージに進むしかない。


我々日本人は金儲けを汚いものだと考えずに、もっと正面から向き合うべきです。日本の国益という観点で、きちんとそしてより多く稼ぐことがいかに大事なことであるか。海外からの収益の国内分配ということを含めて、稼ぐということを、我々はもっと正面から議論するべきだと思います。


中島厚志の経歴・略歴

中島厚志、なかじま・あつし。日本の経営学者、エコノミスト。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。国際営業第一部課長、産業調査部副部長、パリ支店長、パリ興銀社長、みずほコーポレート銀行執行役員調査部長、みずほ総合研究所チーフエコノミスト・専務執行役員、経済産業研究所理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

長谷川穂積

試合前の練習の最終日。俺は必ず4ラウンドのミット打ちをやります。普通ならコンディション調整を行って終わりのところを、最後に追い込む。他のボクサーはまずやらないでしょうね。減量でとことんまで絞った後、そこで4ラウンドやったからってスタミナがつくわけでもないし、体のためにもならない。じゃあ、なんでやるのかと言えば、その頑張りが土壇場での根性をつけてくれると思うから。あんな苦しい状態でもやりきったんやから、試合でどんな展開になっても力を出せる、と。これが俺なりの調整法で、根性と自信の源です。


佐藤有美(経営者)

「旧」の部分を知らないと新たなこともできない。


包行均

中小企業は量を追わなくてもいいから、ニッチな商品を作って世界中のニッチな市場に出ていける。そのニッチ市場で独占的なシェアを取れば、絶対大企業は来ない。そういうところを探していけば、価格競争にも陥らない。コストダウンだって必要ない。


持塚朗

以前に比べると、かなり情報セキュリティに対する意識が高まっているように感じます。ただ、「被害を受けた場合に、どの程度の被害額が発生するのか」を把握している経営者はまだまだ少ないでしょう。情報漏えいやサイバー攻撃で被害が発生すると、損害賠償が求められるだけでなく、上場企業ならば株価にも影響が出ます。ECサイトを運営していれば、一時閉鎖による機会損失が発生します。さらには、原因の特定や告知にかかる費用、セキュリティ対策の再構築費用まで含めると、決して安価ではありません。


武田信繁

常に功労がなくて立身することは難しいものと覚悟しなくてはならぬ。「千里の道も一歩より始まる」という語もある。


佐々木正悟

楽しくないこと、やりたくないことほど、記録をつけて仕組み化してしまうといいでしょう。


堺美保

顕在化したニーズを新商品にしても魅力が乏しい。


竹村富士徳

当社には、たくさんの小さな石と大きな石をひとつのバケツの中に入れてもらう演習があります。大きな石は私たちの大切な事柄、小さな石は些細な事柄の象徴です。ほとんどの人は先に小さな石をざっと入れ、それから大きな石を入れていきます。先に小さな石をバケツに入れていくと、大きな石が入りきらなくなってしまいます。


飯田亮

最後にあと5分考えろ、考え抜いたら大胆にやれ。


尾崎元規

いくら企業理念が立派にあっても、現場から反応情報を取って、消費者を見て、いろいろなものごとを動かし形にするのは社員。その社員にやる気がないとダメです。


西藤彰

日本は何か大きな課題、逆境があった時には、それを克服しようと頑張る。だからこそ土台がしっかりしている。


亀井静香

経団連の御手洗冨士夫会長を怒鳴りつけてやりましたよ。「大企業が、下請けの中小、零細企業に儲かりもしない仕事を押しつけておいて、テメエ(一部の大企業)のとこだけ儲けを奪っているなんて、おかしいだろう!」って(笑)。

【覚え書き|金融担当大臣時の発言】


平塚常次郎

私と堤が荒海の北洋に乗り出したのは、ポーツマス条約による我が国家権益の開発にあった。事業をやるからには利益を求めるのは当然であるが、資本家的な欲望からではなかった。もし我々が小さい自我自欲にのみとらわれていたら、ロシア側に押されて一人ずつ落伍したかもしれない。


近藤史朗

本や新聞を読んで知識や情報を仕入れることは日常的に行っています。しかし、本や新聞から学ぶのは、きれいに調理された豪華な料理を食べるようなものです。加工されたものなので、面白いがあまり役立たないという思いが少なくありません。


トーマス・エドワード・ロレンス(アラビアのロレンス)

確実な成功にはなんらの栄誉もありえないが、確実な敗北からは多くの力がほじくりだされるはずだ。


ページの先頭へ