名言DB

9490 人 / 112001 名言

中島健(銀行家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島健(銀行家)のプロフィール

中島健、なかじま・たけし。日本の銀行家。三井信託銀行(のちの三井住友信託銀行)社長。東京出身。東京帝国大学経済学部卒業後、三井信託銀行に入行。取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、信託協会会長などを務めた。

中島健(銀行家)の名言 一覧

競争に勝つノウハウを組織の中に作れ。


中島健(銀行家)の経歴・略歴

中島健、なかじま・たけし。日本の銀行家。三井信託銀行(のちの三井住友信託銀行)社長。東京出身。東京帝国大学経済学部卒業後、三井信託銀行に入行。取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、信託協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

黒川博昭

社長を辞めてから大学院などで講義をする機会ができましたが、学生たちと話すと、みんなガッツはあるし、頭も悪くありません。でも、大学院で受けているカリキュラムは、企業が求めているものとかけ離れています。学生たちにも話していますが、いまのカリキュラムをこなすだけで、世界でどれだけ勝負できるようになるかは疑問です。


武井壮

技術を習得する前に、自分の体を自分でコントロールする力を磨くことが、なりたい自分になるための近道。


松本謙一

企業が変わるとき、人材も入れ替わります。現在の大久保和夫社長は、顕微鏡から撤退して血液関連の事業へ進出するにあたって、中途採用しました。企業というのは、外部から定期的に人を入れていないと停滞します。その意味でも、新しい事業を開拓することはプラスに働きます。


樋口裕一

会議などで上司をまともに敵に回したら損をするだけです。味方のふりをしてチクリと刺すのが賢い人のやり方です。「たしかにおっしゃるとおりです」といったん相手の主張を認めたうえで、「しかし」と切り返し、「その案を実行に移そうとしたときに、部長のような優秀な方ならできるかもしれませんが、私のような凡人では……」などと、相手を上手く持ち上げながら持論を展開していくのがコツです。これなら上司のメンツを潰さずに、自分の言いたいことを言えます。


岡野雅行(岡野工業)

義理を欠いたツケは必ず戻ってくる。自分じゃうまく立ち回ったつもりで、してやったりなんて思ってても、お天道様はお見通し、頭隠して尻隠さずっていう無様なことになっちまうんだ。義理人情を忘れた世渡りをしちゃいけないよ。


遊川和彦

一番大事なのは最終的に観てもらう観客で、その反応に対して悔しいとかよかったと思うことが一番大事。


木村博紀(経営者)

私の健康法は、気分転換も兼ねたスポーツジム通いです。40歳を超えた頃、少し健康のことを考えなければならないと感じ始めたことをきっかけに、スポーツジム通いを始めました。最近は土曜日、日曜日のどちらか1回くらいしか行くことはできませんが、疲れている時でも運動をして一汗かくと疲れが取れることがわかりました。その点でも健康にいいのだろうということが実感できます。


西成活裕

「もっと現実の社会に役立つ研究がしたい」という思いがずっとありました。そんなあるとき、最新の数学の研究成果を応用すると、渋滞現象のメカニズムを解明できることがわかったんです。「これは一生をかけるに値するテーマだ!」そう気づいたとき、まさしく身体にビビッと電気が走ったような感じでした。実はほかにも色々な研究をしていたのですが、それを機にすべてやめました。


飯田久恵

よく使うモノほど近くに置くこと。遠ければ戻すのが面倒で、つい置きっぱなしになるからです。


森永雄太

日頃、「やらされ感」を持ちながら、あるいは、退屈だと感じながら仕事をしている人は少なくないと思います。そのままでは、仕事にやりがいを感じられませんし、生産性も向上しないでしょう。こうした問題を解決するための一手法として、「ジョブ・クラフティング」が注目されています。従業員が、与えられた仕事の範囲や他者との関わり方を、主体的に変えていくことです。従業員が、組織から与えられた役割をこなすだけでなく、持っている能力を活かして、自ら仕事をつくり変えていくことは、いきいきと仕事をすることにつながると考えられています。


上田準二

社長としても、いつでも勝負できる体制を整えておく必要があります。だから、私がいま心がけていることは、取引先と夜の会食があっても、部下が残業していても、午後10時までには切り上げて家に帰り、女房と1時間ほど晩酌をしてから、その日のうちに寝ることです。


今野敏

自由自在に読者の気持ちを、こっちに振れさせ、こっちに振れさせと引っ張って、しかもその手が見えないように、あたかも読者が自分でそう思っているかのように持っていく。それがプロの作家。