中島健(銀行家)の名言

中島健(銀行家)のプロフィール

中島健、なかじま・たけし。日本の銀行家。三井信託銀行(のちの三井住友信託銀行)社長。東京出身。東京帝国大学経済学部卒業後、三井信託銀行に入行。取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、信託協会会長などを務めた。

中島健(銀行家)の名言 一覧

競争に勝つノウハウを組織の中に作れ。


中島健(銀行家)の経歴・略歴

中島健、なかじま・たけし。日本の銀行家。三井信託銀行(のちの三井住友信託銀行)社長。東京出身。東京帝国大学経済学部卒業後、三井信託銀行に入行。取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、信託協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

後田良輔

褒めたり叱ったりするには、周囲を巻き込むことも有効です。人前で褒めることは、相手が嬉しいだけでなく、周囲に褒める習慣を浸透させる効果もあります。叱るときも、自分が言ってもダメなら他の人に叱ってもらうように頼むなど、協力態勢を作りながら行なうと職場の関係性が緊密になります。


笹川祐子

「才能がないのかな…」とすっかり弱気になっていた時期、恩師から「あなたは経営者に向いている。頑張りなさい」と激励され、また無我夢中で働きました。すると、気が付くと、問題は収束し、事業もうまくまわっていました。


川村六郎

「2:6:2の法則」というのがあります。2割が反対して、6割が無関心でも、2割の賛同者があれば組織は変わるというものです。改革を始めて3年くらいたったとき、ある部長にこう言われました。「会議で部下に話していてハッと気づきました。自分は社長と同じことをしゃべっていると」。以前は反対派の急先鋒だったこの部長の言葉を聞き、改革の成功を確信しました。


戸塚隆将

他人との競争が目的になってしまうのは本末転倒。


鈴木孝博

人間が持つ「健康に生きよう」とする本能を目覚めさせれば、ジム通いやサプリメントもその効果が増し、明るく活き活きとした毎日につながる。


宮内義彦

オリックスでは、以前から「オリックスの経営陣は『中長期的にこの会社の成長を見届けたい』という株主を重視している」と繰り返し株主に伝えてきました。これは暗に「短期的な投資効率を追求しようとする株主の期待に応えるつもりはない」ということを意味しています。それを許せないと思う方はどうぞ株を売ってくださいという意味です。経営者が株主像を明確に示し続けることで、少しずつでも経営者の思い描く株主像と実際の株主構成とを近づけていく努力は大切だと思います。


石田宏樹

「様々な声を分析した結果、何%がこうでした」という話に終始しても、今の日本製品のように腑抜けたものしか出て来ません。


三浦善司

新しいビジネスを組み込んで、お客様により多くの価値を提供していくことが大事。事務機を中心とした既存の事業では周辺のサービス事業を拡充して収益力を徹底的に強化する。


戸塚隆将

ミーティングなどでノートにメモを取る効用は3つ。ひとつは自分のための備忘録。2つ目は、内容の整理。3つ目は、話し手が聞き手の理解を視覚的に確認できることにある。


坂根正弘

評価された人すべてが、社長になれるわけではありません。運も必要です。トップリーダーになれるかなれないかに執着するのではなく、定年を迎えても、周囲から「残ってほしい」と言われる人材を目指してはいかがでしょうか。そういう人は、人の神輿に乗って管理職として仕事をしてきた人ではなく、自ら汗をかき、知恵を絞って働いてきた人です。自分で考え実行する。そんな人こそ、企業に最も必要な人材だと思います。


円山法昭

私は常に「人とは違うことをやる」という思想で生きてきました。人と同じ努力をしても勝てない。


中畑清

私もジャイアンツ時代に長嶋茂雄監督による「地獄の伊東キャンプ」を経験した。伊東キャンプは私の一生の財産だ。一緒に汗水垂らして、苦しい時間を共有してね。ヘドを吐いてついていった。


中山泰男

社長になってから、創業者の飯田(亮)の言葉「もう5分考えろ」が、大変重要だと認識するようになりました。一旦考えても、実際もう一回考えると「あの判断は必ずしも正しくなかった」と思うことがときどきあります。結論を出しても、もう5分さらに考えることを、より意識するようになりました。


正垣泰彦

どこの会社も、創業社長はなかなか変われないものです。社内には有能な社長候補がたくさんいたけれど、あのとき不祥事が立て続けに起きたからこそ、「もう何も起きないぞ、安心してやってみろ」と背中を押せたのです。会社にとって社長交代の絶好のチャンスに変わったんです。
【覚書き|社長から会長に退いた当時を振り返っての発言】


佐藤洋治

教え方は専門的でなくても、拙くてもいいのです。一生懸命、このことを皆さんに伝えたい、ということが伝わることが一番なのです。一緒に寝泊まりをして、一緒に飯を食いながら、ずっとやり続けていく。これが、教育の一番大事なところだと思います。


ページの先頭へ